Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


楽しみはあとにとっておくほど味が濃い
2007年03月05日 (月) | 編集 |
優勝おめでとう

7年ぶりのトロフィーとの再会

Juan Igancio Chela

@Yahoo!sports


日曜日ももう夜ですね。あぁ…月曜日…すっかりブルーマンデーに染まっている私ですが。休日は朝から一日部屋のお掃除に徹しました。ズボラであまりに部屋が汚いので今日しないとまた一週間この豚小屋に住まなくちゃならない!と思って(そうなる前にちょこちょこやれよ…)今日はなんとか掃除しました。いやーエアコンのフィルターの汚いこと…でもきれいにしたので、なんだか気分も爽快です。

それでは、今週行われた大会の結果を見てみることにしましょう。

ABIERTO MEXICANO TELCEL

決勝

④Juan Ignacio Chela(ARG) 6-3 7-6(2) ⑧Carlos Moya(ESP)

今日はクレーのアカプルコから。ここの大会のことにほとんど触れてなかったので。3度目の優勝を狙うモヤちんと2回目の優勝を狙うチェラの争い、と、優勝経験のある2人の戦いでしたが、チェラがストレートでモヤちんを撃破。いやーこれはちょっと意外だったな。といったらチェラに失礼である。

準決勝ではほとんど負け同然だったのが相手のリタイアによりなんとか首の皮一枚でつながって決勝にすすんできたチェラ。まさにゾンビぶりを発揮していたわけだけども。こういう負けそうな試合で勝ちあがると選手は強いですね。今日のチェラは、強かったですね。第2セットはタイブレーク先にモヤちんがミニブレーク成功して2-0とリードしましたが、そこからチェラが一気に7ポイント連取! おおお~。こういうのって気持ちいいだろうなあ~。やられたほうはたまったものじゃないけど…。

チェラはこれで2004年のエストリル以来3年ぶりのツアータイトル獲得。それも、このIS Goldという大きな大会での優勝となりました。2000年にもチェラはこの大会で優勝していますが、そのときは予選からの勝ちあがりでグーガを破っての優勝だった、とのことです。
そして去年も決勝に進出。ほんとこの大会はチェラが強い。その去年の決勝ではホルナに敗れたんだっけ。それだけに、今年の優勝の喜びはひとしおでしょう。

「メキシコの大会は特別なものだ。ここにくるといつもいいプレーができる。」これで今回を含めて3度決勝進出。
「去年は、ガールフレンドに勝利を捧げようと思って戦ったんだけど、負けてしまった。今年は彼女が応援にきてくれた。だから2倍にうれしい」。

愛の力は大きい、ですね。これで今度こそ彼女に優勝を捧げることができました。

愛の力といえば、モヤちんは恋人のペネッタとダブル決勝進出を果たしていましたが…そのペネッタも決勝ではフランスのLoitに敗れて、2人そろって準優勝となってしまいました。しかし、こうやって2人ともがんばっている姿はなんだかいいですね。

The Dubai Tennis Championships

決勝

①Roger Federer(SUI) 6-4 6-3 Mikhail Youzhny(RUS)

2年ぶりにお船のトロフィーがご主人さまのところに戻ってきました。いやーここのトロフィーってほんとおもろいわ。王者ロジェ君が優勝です。おめでとう!去年はもらえなかったもんねえ。ドーハといいドバイといい、ここの中東の大会ってトロフィーがなかなか凝ってますね。女子のほうではエナンがドーハ、ドバイと優勝して「Double Gulf」達成して鷹のトロフィーもらってましたが。ロジェ君の場合は今年はドーハには出ていなかったので「single gulf」ですな。

試合のほうは、ユーズニーがいきなり最初からブレイク成功して2-0アップとしました。立ち上がりから相当攻めていったんでしょうねー。フォアハンドの鋭いショットが決まっていたみたいです。結構王者戦というのはこういうふうに、相手がやる気まんまんで最初は先手をとる場合が多い。全豪のゴンのときもそうだったしね。んだけど…その後さくっと逆転されちゃうんだよね~。

相手は勝気まんまんで力入っててがんがん攻めてくるんだけど、王者のほうは、それを見る余裕がある。その後中盤になってきてぐぐ~っときのこを食べたスーパマリオ状態になって一気に逆転。いつもそのパターンだけど、今日もそうでした。第4、8、10ゲームと立て続けにサービスブレイク成功していつのまにか…あれれ…さっきのユーズニーのブレイクアップは何だったの…?

「最初ユーズニーがすごくプレッシャーをかけてきたから、僕もいいプレーをすることが必要だった」。

まさに小憎らしいまでのこの試合運びのうまさ。最初に相手にブレイクを与えておいて喜ばせておいてその後のこの逆襲だもんね~。もちろんロジェ君だって最初からリードしたいと思ってやっているに違いないんだけど、立ち上がりというのはやはりややペースがつかみにくいところがある。そこでリードされても決してあわてずチャンスをうかがってそれがきたら逃さない。簡単に書いてるけど実際なかなかできないよねこゆこと…。

1セットアップで有利になったロジェ君は2セット目は先手をとりましたね。ユーズニーの最初のサービスゲームをブレイクして優勢にすすめ、そして第6ゲームでダメ押しのブレイク。…もうなんにも言うことありません…。

ユーズニーも最後まで諦めずがんばりました。マッチポイントを実に6回逃れて、7回目でやっと優勝が決まったようです。敗因は自身のサーブにあった、と語っている。
「ロジャーに勝つのは、本当に大変だ。」
「彼に近づきたいと思うなら、ゲームのすべての部分をもっとよくしなければならない。特にサーブだ。」先週のロッテルダムで優勝し、ここでも準優勝。去年と比較してぐっと成績が向上したのもそのサーブがよくなったから、と自己分析しています。
「でもロジャーを破るにはまだまだだった」。

優勝したロジェ君は、これで5回の参加で4回目のお船獲得。でも、そんなに楽な道のりではなかった。初戦や2回戦では下位の選手相手に結構苦労してましたよね。
「いつもドバイではそうなんだけど、今年も最初はちょっとあまりよくない勝ちあがりだった。でも、一番いいところを最後にとっておくことができてよかったよ」。save my best for the last、といっておる。おぬし、それを言いましたな…そんなこと言っちゃったら…あの曲が浮かんでくるではないか♪

ロジェ君については、最近は連勝記録のことをよくいろいろ書かれていますが、まあそれについてはまたインディアンウェルズのときにでもゆっくりと。しかし…最後に負けたのが8月のマレイ戦っていうのがすごいね。オフシーズンを間に挟んでいるとしても半年以上一回も負けていないのだから。まあ次のAMSアメリカは2連勝するだろうから50連勝はカタイな。モンダイはその後のクレーシーズンなんだよ…モンテカルロのどこかで負けてもらわないと困る!うーこれはやばい!

「トーナメントがひとつ終わると、精神的にも身体的にもホッとするんだ。次の大会がくるまで6日間プレッシャーから解放されるんだ。」
「いつもすばらしい気分になれる。自分のやってきたことが報われて、自分の選んだ道が正しかったと感じることができるから。」


Tennis Channel Open

準決勝
②Lleyton Hewitt(AUS) 7-5 6-1 ③Marat Safin(RUS)
Jurgen Melzer(AUT) 6-7(4) 6-2 7-6(4) Evgeny Korolev(RUS)


ラスベガスはまだ準決勝。ていうか、ドバイはなんであんなに早々と決勝をやっちゃうのか?アカプルコはまあ毎年土曜日が決勝だし女子とのかねあいもあるからまあわかるとしても…去年のドバイって決勝土曜だったっけ…忘れた。

こちらの準決勝はビッグカードが実現しましたね。2005年全豪決勝の再現となりました。あのときはサフィンが見事勝ちましたが、今度はレイトンがリベンジ成功!ストレートでサフィンを下しました。とはいっても、最初はサフィンが1ブレイクアップでリードしていたみたいですね。しかしサフィンはそこからミスが多くでしまい調子を落としてしまったようです。

「立ち上がり、彼(サフィン)は信じられないショットを打ってきた」。サフィンの鋭いショットに相当てこずったみたいですが、持ち前のフットワークで切り抜けたのかな。そして粘るレイトンにサフィンが我慢しきれずミスる…試合みてないけどなんとなく想像できるような…。

「僕にチャンスがあったのに、急ぎすぎてしまってミスがたくさん出てしまった。今日は僕の日じゃなかったね」。大事な場面でレイトンのほうがいいショットを打っていたしレイトンのサーブがよかった、と。サーブか…やはりサービスというのは試合におけるとても大きなポイントなんですね。もちろんフォア、バック、ボレー、すべて大事だけどもやはりこのサービスというのがいちばん重要な、そしていちばん難しいショットといえるのかもしれません。


でもサフィンは、この日は負けてしまったけど、調子は上向いていると手ごたえを確実につかんでいるようです。
「ボールをとてもうまく打てていると思う。あとちょっと修正しなきゃいけないとこはあるけどね、そしてもうすこし我慢強くなることと焦らないこと、が必要かな。」。
「サンノゼはベスト8で、ここではベスト4。そんなに信じられないくらいすばらしくはないけど、まあ僕にしては悪くないんじゃないかな」。

今まではこの時期はヨーロッパやドバイに出ていたサフィンは、今年は「気分を変えて」アメリカシリーズに挑戦。それがいい収穫をもたらしたようですね。

「2日休みがあるから、ラスベガスをエンジョイするよ」。ほどほどに!(笑)

さあそしてもう一人のファイナリストは、メルツァーです。ここまでシンデラボーイ的な存在で勝ちあがってきたコロレフですが、ファイナルタイブレで力尽きたか…惜しかったですねー。でもこのコロレフも、まだ19才ということで、新たな若手登場、という感じですね。若い人がどんどん出てくるなあ。プロの世界は下克上の嵐。でも、今回は、メルツァーの経験が上回ったようです。

ファイナルセットはコロレフがリードして5-3だったそうですが、5-5に追いつかれてしまいました。あちゃ~。…きっとサービス・フォー・ザ・マッチでブレイクされたに違いない…。経験の少ない選手は、こういう大きな勝利が目前になるとプレッシャーかかっちゃうよねぇ。それは、最後のタイブレークでも表れたようです。

「第1セットのタイブレークのとき、彼(コロレフ)はとてもサーブがよかった。」若い選手の勢いをひしひしと感じていたメルツァーですが、逆にその若さで崩せると読んでいました。
「彼に初めてのATPツアー準決勝というプレッシャーを与えたかった。ファイナルのタイブレークで、彼は”勝たなければならない”という状態にあると感じた。」そのあたりが勝負を分けたのではないかと、分析している。

コロレフは初のATP決勝進出があと一歩で阻まれたわけだけども、でも今回の活躍をみればそれが実現するのも時間の問題という気もしますね。なんといっても第1シードでディフェンディングチャンピオンのジェームス君にあのストレート勝ちだもの。この先楽しみな逸材です。


そしていよいよ決勝ですね!レイトンは去年のクイーンズ以来優勝がありません。メルツァーは、去年ブカレストで初タイトルを獲得しました。どっちが勝っても今年ツアー初優勝。対戦成績はレイトンの4勝負けなしですが、メルツァーも調子よさそうだし、こりゃわかりませんね~。楽しみです。

Chela, Loit win Mexican Open titles(AP)
Federer beats Youzhny to win Dubai Open(AP)
Federer claims fourth career Dubai title, extends winning streak(Ticker)


今日の1曲

Save The Best For Last/Vanessa Williams


ロジェ君があんなこというからこの曲が頭から離れなくなったではないか~。というわけで今日は久々にこのコーナー復活。なつかしいなあ。これ91年の作品なのかあ。このころ私は何やってたっけ…よく覚えてないけど、なんか受験勉強しながらよくFMから流れていたのを聴いていた記憶がある。黒人女性初のミスアメリカ受賞(しかしのちに剥奪されちゃう)という美貌も大いに話題でしたが、アーティストとしても結構活躍してましたね。その中でも彼女最大のヒット曲といえるのがこれです。美しいメロディーとバネッサの澄んだ声が今聴いてもとても新鮮でよいです。今でもよくオムニバスものや90年代のベストとかにだいたいよく入ってますね。

楽しみはあとにとっておく、か…。いっつもおいしいところは全部王者が持っていっちゃうんだよなぁ~(笑)。まいっけど…。王者にとって、一番最後にとっておきたい楽しみは何か?それは…もちろん、あれでしょう…ふふふ…(不敵な笑み)本当に最後にそれをつかむことができるかな?今年は本当に真価が問われる年になると思います。がんばれといいたいところですが、立場上とてもそうは言えません。ごみんちゃい。

Just when I thought our chance has passed
You go and save the best for last

チャンスが巡ってきたと思ったら通り過ぎてしまった
あなたは去った、でも幸せは一番最後にとっておくからいいのよ


聴いてみる



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。