Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジョコジョコの奇妙な冒険
2007年04月02日 (月) | 編集 |
優勝おめでとう

ジョコジョコ

Novak Djokovic

@Yahoo!sports



男子 決勝

⑩Novak Djokovic(SRB) 6-3 6-2 6-4 Guillermo Canas(ARG)

ジョコジョコにとって、最後の決戦がやってきた。前回のAMSは決勝で敗れた。自分のプレーができなかった。できそうになったときはもう遅かった。相手がマスターズシールドを高々と掲げるのを、遠くで見ているしかなかった。しかし、この経験が、この日のジョコジョコの力となった。

立ち上がりはお互いサーブをキープしてスタートしたものの、第3ゲーム(だったっけ?忘れた)で早くもカニャスにピンチ到来。サーブゲームで0-30と遅れをとり、さらに次のセカンドサーブ、なんと「フットフォルト」の判定。今までフットフォルトはとられたことがないというカニャス。それが、この決勝戦の最初のブレイクピンチを生み出す場面でやってきてしまった。
「なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」(注)
怒り心頭で主審に抗議するも、判定は当然覆らず。そして結局ジョコジョコがブレイク成功。

それからのジョコジョコはすさまじい攻撃をみせた。早い攻めと厳しいコースをついて、ストロークが得意なカニャスをそのストロークで圧倒。ウィナーが炸裂する。
「「震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!山吹色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)!!」

まさに波状攻撃で次々とゲームを奪っていく。そして第1セット先取に成功。

第2セットもジョコジョコのペース。
「おああああ!くらえ!波紋疾走!」
ドロップショップもよく決まり、カニャスにペースを握らせません。そして、ワンチャンスをものにしてまたしても先にブレイク成功。
しかし、第6ゲームで転機が訪れる。センターにボールを返すカニャスに対してジョコジョコがミスを連発。デュースにもつれるゲームとなった。
「波紋?波紋疾走だとォーッ!」
ネットに突進するジョコジョコに対してより鋭いパッシングショットをお見舞いするカニャス。ドロップショットにも追いついてジョコジョコの裏をかくロビング。これまでカニャスが勝ちあがってきた粘りが、徐々にジョコジョコを苦しめ始める。
「いかァんッ!ああ大変なことに!絶対にまずい!」

必死でブレイクピンチをしのぐジョコジョコ。カニャスも破れそうでなかなかジョコジョコのサービスを破れない。そしてついに、ジョコジョコが渾身の力を振り絞って打ったダウンザラインが、見事ウィナー!

窮地を乗り切ったジョコジョコはまたひとつ強さを増し、逆に次のゲームはまたもやブレイクチャンス。そして苦しむカニャスを尻目に、自分はきっちりチャンスをものにし、5-2と圧倒的優位を確立した。

第3セットに入ったころから、カニャスが左足の痛みを訴えはじめる。これまでぎりぎりの苦しい戦いをつづけていた。予選からずっと戦ってきた疲れが出始めていた。しかし。「俺は…黒騎士ギジェルモ、これしきの痛みッ!へこたれぬわッ!」と、なんどもジョコのエース級のボールに食らい付く。サービスを必死でキープして最後の望みをつないでいく。

「フフフ…この『痛み』こそ『生』のあかし。この『痛み』あればこそ『喜び』も感じることが出来る」。

しかし、第9ゲーム、ついにカニャスが力尽きるときがきた。30-30から、自らのダブルフォルトでまたしてもブレイクピンチ到来。
「死んじゃだめだよ、ガンバルんだよ!」。
観客が必死でカニャスを援護する。しかし無常にも、ジョコジョコの波紋攻撃はラインをとらえ、万事休す…。

「クックックッ、最終ラウンドだ!いくぞッ!『世界』(ザ・ワールド)、時よ止まれッ!」。ジョコジョコは第10ゲーム、サービス・フォー・ザ・チャンピオンシップ。しかし30-0からまたもや追いつかれる。なかなかすんなりとは勝たせてくれない。しかし、30-30からついにマッチポイント。最後は、今日の試合を象徴するかのようなきれいなショットが決まり、the・end。
「俺が時を止めた…3セットでな…そして脱出できた…やれやれだぜ…」
そして戦いを制したジョコジョコはコートに倒れこんだ…。

戦い終わった2人はさわやかな握手を交わした。
「悔いはない…心からお前の成長が見れて良かったと思うよ。俺はお前に出逢うために15ヶ月もさまよってたのかも知れぬ」。
「あんたの名前を聞かせてくれ…」「ノバク・ジョコビッチ!」
「ジョコビッチ…この俺のラケットに刻んであるこの言葉をお前に捧げよう!」彫られていた言葉は『LUCK!(幸運を)』。「そして君の未来へこれを持って行けッ!」

AMS初タイトル獲得をマイアミ大会史上最年少で成し遂げたジョコジョコは、喜びを爆発させる。ラケットを投げ、ウェアを投げ、そして両親、コーチと堅く抱き合う。
「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアアハハハハハハーッ!」。



はぁ疲れた。この漫画読んだことないので、非常にキツかったです(笑)。書いててちょっと恥ずかしかった…やめようかと思ったけど、まあ乗りかけた船だし、ということで。もうやらない。漫画を読んだことのある方、どうもすいません(^^;)。しかしジョコジョコは強かったなあー。IWのときの決勝のおどおどした緊張した様子とはもう別人でしたね。とにかく攻めが早くて、鋭い!あれはライジングで打ってたのかなー。ボールがはずんでから打って相手に返ってくるタイミングが早いくて、コースが厳しくて。王者みたいなテニスだった。若い人は経験をどんどん積んで、どんどんたくましくなっていくね。

ジョコジョコはスピーチも立派でしたね。言葉もはきはきして聞き取りやすいし。カニャスやアルゼンチンのファンにエールを送っていたのは、サフィンが全豪でトーマスに負けたときにトーマス応援席にエールを送っていたのをちょっと思い出した。

カニャスは今回は残念な結果だったけど、あのあきらめない粘り強いストロークは見事の一言でした。とくに第2セット第6ゲームねぇ…あそこブレイクしてたらまた流れはずいぶん違っていただろうねー。そのあとジョコジョコもちょっと引いてしまった部分もあったし。さすが王者を2回倒したカニャスだけある。


さあ男子もこれにて終了。第1シード、第2シードがともに破れましたが、その2大巨頭を倒した2人が決勝進出ということで、決勝にふさわしい戦いでした。なんといってもカニャスの活躍、これはすばらしい。こりゃ来年のカムバック賞はカタいかな?そういえばジョコジョコは2006年のmost improved playerに選ばれてましたね。こちらもマレイ君にまた差をつけちゃいました。

「セルビアという国を誇りに思う」。
アメリカ、オーストラリアといったかつてのテニス大国が伸び悩む中、セルビアという複雑な環境をもつ国からこのような選手が出てきたことは大変喜ばしい。テニス大国には負けたくない、という意地とプライドは、強いものがあるでしょう。ジョコジョコ優勝おめでとう~!カニャスも、カムバックおめでとう。

しかし、調子の良さというのはそんなに長続きするもんじゃない。全豪のゴンちゃんを見ればそれは明らかだ。ジョコジョコのこの勢いがどこまで続くのか。…あんまり続くと困るな…とりあえずモンテカルロではぜひとも王者ブロックに入って今度は打倒王者めざして頑張って欲しいと切に願う私である。カニャスも、もうランキングも30位代になるそうだし、ローランギャロスはシードがつくかもね。それはよいことだ…こんな選手がノーシードなんて、考えただけで恐ろしい。

ま、マイアミの優勝は先越されちゃったねーナダル君。しかし、これからはナダル君の季節がやってくるぞ!デ杯が終わると、そこは…土だった…あぁクレーコートシーズン、か…楽しみというより正直ちょっと恐ろしい…ジョコがこんなに強くなって、カニャスまでこんなに…そして王者ももちろんいる…今年はどうなるのだろうか…ま、先のことばかり考えもしゃあないね。とりあえず、今は故郷でゆっくり静養していることだろう。次のAMSは最近何かと話題の、モンテカルロですね。このアメリカとはまた一味違う戦いが見られるに違いない。それを楽しみにしばらく私も静養することにしよう。

(注):これは史上最も有名な誤植だそうで、本来は「何をするんだぁー」になるはずが、「ん」が抜けてしまったため、いなかっぺセリフになってしまったそうだ。おもしろかったので使った

ジョジョの名場面50選

今日の1曲

Shine Like A Star/Wise



テリヤキボーイズのメンバーとしてすでにCDデビューは果たしていたWiseがついにソロデビュー。最近地元のFMではヘビーローテーションとしてがんがんオンエアされてたからよく耳にしているうちに最近のお気に入りになってしまいました。今ATPで最も光り輝いているジョコジョコにぴったりの曲ですね。ストリングを効果的に使った斬新なサウンドが爽やかで明るい気分になれます。

Back in the day 初めはごく単純な絵
思い浮かべ憧れてたっけ
Lights, Camera, Action!
華やかな世界への夢と Passion
そして いつか いつの日か必ず
輝く I wanna be something

手を伸ばしつかめ 自分だけの夢
あきらめたくなったって You can't give up You can't give up
進む道を定め 未来に光あて
くじけそうになったって You gatta get up You gatta get up


(PVを見る)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
テニスウェア
>ゴランさん

デルポトロはウェアはナイキだったんですね。他にナイキを着ているのはジェームス君とか…モヤちんとかロペス君ですかね…意外に思いつきませんが…たしかにフェデラーモデルなら私でも着れそうです。ノースリーブは男性のものはとても女性は着れません(笑)

ジェームス君やモヤちんもすっかりノースリーブが板につきましたね。私はナダル君はノースリーブよりじつは半そでのほうが好きなんですが(^^;)デ杯のときやシュトゥットガルトで着ていました。派手なものが多いけどシンプルなものも着てほしいな~という気も最近しています…。

>アイリーンさん

おおデルポトロとそんなに接近したのですね!将来のスター間違いなしと言われているデルポトロに。それは貴重な体験ですねー。あと数年経ったら自慢できますよ、絶対(^^)
デルポトロは写真で見てもたしかに体細いですよね~。あれで5セット戦って勝っちゃうんだから、南米の身体能力はすごいですね。


リンクの件は、私のブログは大いにリンクしていただいて結構です!リンクはフリーなので承諾なしでどんどんとやっちゃってください(笑)。このブログにも以前いろんな人のブログを貼っていたのですが、RSSを表示させようとブログパーツ使うと重くなって開きにくくなったりするので最近は載せてませんでした。他の人のブログにはたいていお気に入りブログとしていろんなブログが載ってますね。そのうち私も他ブログリンク再開しようと思ってますので、そのときはもちろん!ultra soulを載せようと思ってます♪
2007/04/04(水) 22:33:28 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
デルポ
さっちさんにも、ゴランさんにも迷彩パンツ見ていただいて、嬉しいです。
あの柄は本物見るまで意外だったんですよ。
ただの迷彩柄だと思っていたので。

でも、ゴランさん、フェデラーモデルをお持ち
って言うことはあのウロコシャツですか?
私もナダル君のノースリーブはさすがにメンズなので脇が開きすぎるから試着もしませんでした。
でも、モヤさまモデルだと思うと欲しいかもv-10

デルポは本物は電信柱のようにヒョロロンとしてますよ。
私、AIGの時にぶつかりそうになって誰だって見上げましたもの。
近すぎて真上を見ちゃった感じでした。
彼にはどんなのが似合うかなぁ。
やっぱり横に広く見せるために横縞の膨張色かな?

ところで、さっちさん、テニスの話題が少ない私のblogですが、リンクお願いしてもよろしいですか?
2007/04/04(水) 00:17:40 | URL | keichocolat(アイリーン) #7NtR3EzI[ 編集]
私も見ました
> アイリーンさん

迷彩パンツ見せてもらいました。
なかなか派手でテニスに着るには勇気が要りますが、ナダルはすごく似合っていますね。
ナダルのウエアは着たいなーって思うのですが、いつもノースリーブなので、腋毛ボーってなってしまうのが恥ずかしいので、まだ買っていません。
逆にフェデラーのは無難ですので、ちょこちょこ買っています。
ナイキもナダルかフェデラーかになっているので、第3のナイキマンを期待したいですね。

アンチッチがアディダスに移ってしまった今、やはり君しかいない!デルポトロ君!
偽フェデラーではなく、デルポトロスタイルを確立してほしいですね。
2007/04/03(火) 23:47:55 | URL | ゴラン #-[ 編集]
ジョコの鷹の目
>アイリーンさん

ジョコビッチはインディアンウェルズのときのマレイ戦でもホークアイチャレンジ成功してましたね。かなり自信満々にチャレンジしていたのですごいなーと思っていました。この決勝では自信なさげな感じもありましたが、見事な成功率でしたね。

ドロップショットはほんとよく決まってましたよねー。バックはもちろん、後半ではフォアでも1本決めていましたね。クレーであれをやるとさらに効果的なんでしょうね~。カニャスの動きをしっかり見ていたのも感心しきりです。いや~すごい選手に成長してきましたね。

ナダル君の迷彩パイレーツパンツ見てきましたよ!あんなに近くでまじまじ見れたのは初めてだったので、楽しかったです。しかし穿くのはちょっと恥ずかしいかなあ(笑)家の中だけなら、いいかな?夏は涼しそうですし。あれはいて外に出たら、知ってる人にはすぐわかっちゃいそうですね。
2007/04/03(火) 21:35:38 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
ジョコジョコ
さっちさん、ゴランさん、こんばんは。

私もジョジョはジャンプでちょっと見たことがあるだけだけど、なかなかいい組み合わせでしたねv-291

まだジョコのスピーチを見ていないんですが、第二セットの第6ゲーム
息が詰まりました。
ジョコのチャレンジ成功率って本当に高い!
でも、緊迫したいい試合でしたね。
ジョコのこれからが楽しみです。
ドロップショット上手かったでしょ?

ところで、のびたさんとれいこさんが私のblogに遊びに
来てくれた時にパイレーツパンツの話題が出たので、
ナダル君の迷彩モデルを写真に撮ってアップしてあります。
柄のアップもありますので、見てくださいね~
さっちさんも是非!
2007/04/03(火) 00:24:38 | URL | keichocolat(アイリーン) #7NtR3EzI[ 編集]
実はコミック好き
>ゴランさん

>一番好きな漫画

そうなんですか!どうもすいません(^^;)私はじつはこれは読んだことはありません。しかし有名な漫画なので名前はもちろん知っていました。ジャンプに連載されてましたもんね。んで、最初はタイトルだけ使おうと思ってたんですが、どうせならジョジョにちなんだように作ったらおもしろいかな…と思って。なので今回いろいろ調べましたよ(笑)。ジョジョの名場面集、ていうサイトで研究しました(笑)。やたらと擬音が多いのが特徴というか、おもしろいですよね。ァとかィとかェとか小さいカタカナがやたらとたくさんでてくる(笑)

お察しの通り、使っているのはほとんど第一部から第三部までのものです。ジョジョ、という愛称は初期のこのころだけに使われていた、と書かれていたので。黒騎士とか波紋とかなんのことやら意味はさっぱり、という感じなんですが(^^;)楽しんでいただけてうれしいです。

少年漫画はあまり読みませんねー。読んだことのあるのは…両さん、ドラゴンボール、デスノート。ベタすぎですな。テニスの王子様もありますね。基本的にはのだめ系のレディースものがやはり好きなんですが、男性向きでは浦沢直樹の漫画が好きででモンスターとかマスターキートンなど読みました。あ、HAPPY!も(笑)あれはスピリッツだから少年というより青年、ですかね。

テニスと全く関係ない話になってしまいました。ジョコビッチすごかったですね!(←とってつけたようなフォロー)
2007/04/03(火) 00:01:33 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
セルビアのテニス力は世界一ぃぃぃー
ジョコジョコの奇妙な冒険、サイコーです!

私の一番好きな漫画と一番好きなスポーツとのコラボレーションにニヤニヤしながら呼んでしまいました。
「黒騎士、波紋」と初代を選ぶ辺りが、渋いねぇオタク渋いよという感じでサイコウですね!!
スタンドもいいけどやっぱり波紋でしょう!

でも、女性であるさっちさんが
山吹色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)
を知っているなんて驚きです。
昔から読んでられたのですか?
(女性でここまで知っている人はしりません)
私は小学校のころからずっと読んでたので、この台詞で昇天してしまいます(笑)。

…とあまりに面白くて、テニスと全く関係ないことを書いてしまいました。
ジョコジョコの冒険、第2部完ですね。
セレナの神がかり的な逆転劇も、カニャスの大躍進もこのブログに圧倒されてしまい、忘れてしまいました。

2007/04/02(月) 17:08:53 | URL | ゴラン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。