Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お初NO.1です
2007年05月02日 (水) | 編集 |
ATP 2007 RACE

4月30日付 ( )内はエントリーランキング

1位(2) Rafael Nadal 365p[POINT GAINER]
2位(1) Roger Federer 346p
3位(5) Novak Djokovic 287p
4位(10) Andy Murray 212p
5位(3) Andy Roddick 210p
6位(11) Tommy Haas 209p
7位(8) Ivan Ljubicic 195p
8位(16) David Ferrer 172p
9位(6) Fernando Gonzalez 171p
10位(10) Guillermo Canas 162p


…う~む。ナダル君の名前がこうやって一番上にあるのって、なんだか新鮮というか、落ち着かない(笑)。フェデラーナダル、に慣れていたから、ね…。なんだか妙な気分。でもやっぱり、これはとてもうれしいぞ!ナダル君ついにNO.1ゲット!

とはいってももちろんエントリーランキングではまだまだ王者ははるかとぉーーーく先なわけで、まだまだ万年2位は変わらないわけだけども。それにこのレースでもまだまだこれから追い抜かれる可能性だってじゅう~にぶんにあるわけで…まあグラスがあるしね…しかし考えてもみてくださいよ。史上最強のNo.2、なんていうありがたいのかどうかよくわからない称号をつけられているこのナダル君がエントリーやレースランキングで、これまで一度でも、瞬間的にでも王者を抜いて1位になったことがありますか?ない。全く、ただの一度もなかった。だから私のこのぬか喜びも仕方がないのである。

去年との大きな違いは、王者がインディアンウェルズとマイアミで早く負けてしまってポイントがほとんどはいらなかった、あそこでしょう。いつも王者が全豪とあのアメリカで1年の最初の4分の1で400ポイントとってしまうから、いくらナダル君がクレーシーズンがんばってもなかなか追いつけなかった。今年は、そのうち200ポイントが入らなかった分追いつくことができた。

しかしナダル君はクレーシーズンに入って大忙しですね。モンテカルロを最終日までフルでやったあとは、優勝のお祝いをすることもなく車を飛ばして翌日バルセロナ入りして自分の本の出版のサイン会みたいなのをやってて大会の記者会見もあり、そのバルセロナはシングルスだけじゃなくダブルスまであって両方とも決勝まで戦って。んで今週は例のロジェ君とのエキシビジョンがある。そして来週はローマ、さ来週はハンブルグ、そしてローランギャロス…。すごいスケジュールだ。体を壊しやしないかと心配だ…。今はクレーシーズンの中盤、一番辛い時期かもしれないね。でも、こういうきつい時期を乗り切らなきゃいけないときって、あるよね、誰でも…今がふんばりどきじゃ、がんばれラファ

あとは、フェレル君とカニャスがバルセロナの活躍で一気にトップ10入り。フェレル君は去年も一昨年もあとちょっとでTMCを逃したのでした。去年はロブレド君がTMC入りしたし、今度はフェレル君も負けてられませんね。カニャスは、ほんとどこまで上がるかわかりませんね~。このカニャスが王者とまた当たることが、あるんでしょうか。もちろんお互いずっと勝ち進めばどこかで当たるには違いないが。


そのほか注目

24位(←44位)(28) Agustin Calleri 74p
24位(←51位)(42) Paul-Henri Mathieu 74p
[RANKING GAINER]

カサブランカ優勝したマチュ~くんと、バルセロナベスト4のカレリが、ともに24位で並びました。でもエントリーランキングはずいぶん違っているが…。マチュ~くんはローマは本戦出場できるのかな~。ちょっと微妙な位置かもしんないが。そのマチュ~くんは、今週一番のアップ率でRANKING GAINER獲得です。ジュニアの頃はNO.1を競っていたというマチュ~くん、あ、そういえばマチュ~くんのbiofileがTennis Weekに載ってましたね。好きなアイスクリームはミントだそうです。


30位(←49位)(57) Albert Montanes 67p
38位(←51位)(64) Potito Starace 54p


カサブランカ準優勝のモンタネスですが、当然順位、ポイントとも大きくアップしました。エントリーランキングもトップ50にもうすぐですね。TMSは本戦入りはちょっと厳しいか。スタラーチェはバルセロナベスト8。このスタラーチェは、優勝したナダル君を一番苦しめた選手といってもいいかもしれませんね。特に第2セットはやばかったです。

49位(←60位)(38) Marc Giquel 47p

カサブランカベスト4でマチュ~くんに敗れたギケルも、ポイント、順位をあげてトップ50入りです。エントリーランキングは38位なんですねー。グロージャンやクレメン、モンフィス君より上だ。このギケルは今年で30才になります。若い選手が台頭するフランスの中でベテランが頑張ってますね。誕生日は…おぉ5月。今月末じゃないか。ちょうどローランギャロス期間中におじちゃん軍団入りするというわけですな。あの時期誕生日の選手って結構多いですもんね。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
万年2位
>ゴランさん

ま、1位といったって○日天下という言葉もありますし…もうすこしエントリーランキングで王者に肉薄してほしいんですが、まあそれはまだまだ先の話ですね…。

例のエキシビジョンは接戦でナダル君が勝ったようですね。まあ勝敗はあまり大きなことではないですが。また来年もするのかな。
ローマはサーフェスがクレーにしては速いコートなのがちょっと気になりますが、モンテカルロも晴天で比較的例年より速かったようなので、それであのような勝ち方ができたのはナダル君にはちょっといい材料かな、とも思います。しかしローマはアメリカ選手やレイトンなども出てくるだろうし全仏の前哨戦としては一番盛り上がる大会なので、またまた非常に心配です(^^;)

ナダル君は去年はちょっとあぶなかっかしい感じだったけども、今年は去年よりは安定していますね。重要な場面でもきっちりポイントがとれているようだし。でもまあうまくいっててもこの先何が起こるかわかりませんから、気を引き締めて今後もがんばってもらいたいと思います。

ニコちゃんはエストリル初戦敗退してしまいましたね。モンテカルロでも精彩を欠いていたし、デ杯も負けてしまっていたし、ちょっと心配ですね。ゴンちゃんは、全豪以降さっぱりですね。またゴンゾーに戻ってしまったのかな…。逆に調子よさそうなのが、マチューくんですね。接戦で初戦突破したジョコビッチとの対戦が決勝で実現するかどうか、楽しみです。
2007/05/03(木) 22:48:07 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
グラスVSクレー
こんにちわ。

ナダルNo.1おめでとうございます。
やっぱりナンバーワンは一瞬でもうれしいものですよね。

注目のグラスVSクレーはナダルが逆転勝ちしたようですね。
最後のタイブレークはフェデラー優位だったみたいですが、逆転勝利みたいですね。
今のところ、ナダルの調子がかなりいい感じですね。
いずれにせよ接戦だったみたいで、主催者はきっとこの企画をしてよかったと思っているでしょうね。

ハーバティは今年の最初の対戦の勝者が王者のクレー(笑)と言っていましたね。
ということは(笑)、やはり今年の主役はナダルになりそうですね。
カニャスとフェラーを全く寄せ付けないのを見ると、この連勝はどこまで続くのかと思います。

ゴンちゃんとダビデンコはここのところ調子を落としていますね。
まあ、プロ選手とはいえ、調子のいい時期と悪い時期があって普通ですから、こんなものなんでしょうね。
そう考えると、1年中勝ち続けけるフェデラーとクレーで負けないナダルは本当にすごいなって思います。

次はローマでの対戦が実現されるんでしょうか?
ローマは一日にしてならず
もしくは
モナコの仇をローマで討つ
になるのか?
早いクレーだけに接戦が期待されるので、楽しみですね。
2007/05/03(木) 09:37:32 | URL | ゴラン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。