Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


よくがんばった!!
2007年05月21日 (月) | 編集 |
優勝おめでとう

ついにやりましたネ

Roger Federer

@Getty Images


ああぁ~っ、クジー…また負けとる…女子のほうも前哨戦終盤ですが、クジーこれまで度々決勝進出して、ことごく負けている。昨日のローマでもヤンコビッチに負けてしまいました…切ない…そして優勝したのは、ヤンコビッチ。こりゃあ全仏は注目の選手になりそうですねー。宿敵エナンを全仏でとらえることができるか。楽しみですな。クジーも、優勝がなくて残念だけど、でも、前哨戦いい戦いをしているようだから、また今年も活躍してくれそうですね。いいのさ、前哨戦は。一番大切なものは最後に手にすればいいのだから。クジーおつかれ~。

と、女子のほうも全仏にむけて楽しみな展開になってきましたが。男子のほうも、ここへきてまた大きな展開がやってきました。


Masters Series Hamburg

決勝

①Roger Federer(SUI) 2-6 6-2 6-0 ②Rafael Nadal(ESP)

ついにこの日がやってきてしまいましたか。ナダル君を止めたのは、やはりこの人だった。王者ロジェ君が久々に、いやクレーでは初めてナダル君を破り、この大会4回目の優勝~!おめでとうやはりここは王者には縁起のよい大会であった…。

第1セットは調子よかったんだけどねぇ…いきなり王者のサービスを2回も破り、自らはサービスでピンチになっても挽回して、サービス・フォー・ザ・セットもしっかりキープして、今までのこのハンブルクでの危ない立ち上がりとは違っていたのでかなりびっくりしていました。序盤は王者にもミスが多かったですしね。ペースをつかみきれなかった。

しかし第2セットの立ち上がり、ロジェ君が苦しみながらサービスキープした、あそこがポイントでしたかね。ナダル君にチャンスがたびたびあったものの、とりきれなかった。ほんのちょっとしたことで、流れがこうやって大きく変わってしまう。テニスとは恐いスポーツだ…。
ナダル君もネットプレーなど度々成功して、今までとは違うプレーをみせてくれたけども、やはり、肝心なところで最後に先にミスをしてしまうのはナダル君のほうだった。逆に、王者は後半になるにつれてミスが出なくなりましたね。フォアの逆クロスが効果的に決まっていた。

最終セットは、ナダル君にはもう力が残っていませんでしたね。王者のショットが冴え渡っていたのもあるけども、いつもの粘り、覇気があまり感じられなかった。でも仕方がないと思う。今まで、モンテカルロ、バルセロナ、妙なエキシビジョン、ローマと、全部フルにこなしてきて、そして2週連続でこのマスターズシリーズ、ハンブルグも決勝まで来た。これ以上の結果をこの大会で要求するのは酷というものだ。

いくら精神的に強くても、やはり体がついていかないと、勝つことはできない。それでも他の選手では倒すことができなかった。最後にロジェ君がそれをやってのけた。やっぱり王者だなーと、思います。

今までクレーでは数々の敗戦を繰り返し、そして他の選手にまで負けるようになった。そんな崖っぷちからの王者の逆襲、見事でした。ナダル君に初めて勝てて、よかったね。よくがんばったと思います!ほんとおめでとう…ていうか…ローチさんと分かれたとたんにこの活躍…ま、ぐ偶然です、かね…ははは…。

「信じられないくらいいいプレーができた。こうやって調子がよくなるのはいいことだよ。この数年でクレーで初めてのタイトルだ」。

…そうだねえ。ロジェ君が最後にクレーでタイトルをとったのは、やはりこの大会、2004年にコリアに決勝で競り勝ったのでした。…コリア…元気だったよなぁあの頃…この試合をどこかで見てたりしてんのかな…何やってんのかな…。

閑話休題。今まであえてナダル君のクレー連勝記録については一切語らなかった。どっかで負けるか、勝ち続けてローランギャロス優勝したときにこの話をしようと思ってたので。んで今日負けたから、思いっきり語ろう。

クレー81連勝達成おめでとう!

ナダル君がハンブルグに欠場せず戦うと知ったとき、私は、彼が連勝記録よりもクレー王者としての意地とプライドをとったのだと、感じた。たしかに、ここを欠場すれば、連勝が途切れるのがもう少し先になったかも、という人はいるかもしれない。しかし、ローマ優勝の時点ですでに77連勝だった。ビラスの記録よりはるかに上回り、マッケンローの同一サーフェス連勝記録も塗り替えた。これ以上この記録を続けることは、もちろん大切な記録ではあるけども、それほど彼の中で大きな位置を占めるものではなかったはずだ。

連勝というのは大切な偉大な記録ではあるけども、あくまでそれは後からついてくるものであって、決してそれが優先事項になるべきものではない。それよりも、降格問題で訴訟にまでなっているこの大会に出場することで、モンテカルロ、ローマ、ハンブルクと、クレーのTMSにちゃんと参加し、クレーのTMSの地位を保つこと、それがローランギャロスを戦う前にクレー王者がやるべきことだと、ナダル君が選択してくれたことをうれしく思う。

昨日の敗戦は確かに残念だしつらいけれども、いままでの81の勝利は、他の選手の同じ思いの上に成り立っているものだ。準決勝のレイトン、ローマ準決勝のニコちゃん、去年のRGのマチュ~くん、フェレロやモヤちんも、そしてロジェ君も、みんな悔しい思いをしてきた。彼らにそういう思いをさせてきたナダル君が、同じ気持ちをこうやって経験することは、絶対必要であると思うし、連勝を伸ばすことよりずっと大切なことではないだろうか。

…もう十分でしょう。クレー81連勝は、立派な記録です。

ナダル君はまだ20才。まだまだこれからの選手だよね!敗戦から学ぶことは多いと思う。こうやってひとつづつ登ったり降りたりしながら、すすんでいってくれればいい。大人の階段のぉ~ぼる~きみはまだぁ~シンデレラ、さぁ~♪(またそれかい)

まあ連勝が途切れたのがローランギャロスじゃなくてハンブルクでよかったよ、ほんと…それだけが唯一の救いです(笑)。ずーっとここも勝ってて最後の最後にあそこで負ける、とか考えただけでも背筋が寒くなる。それよか、今日みたいに最後1タコですかーっと負けたのは、すっきりしてまあよかったんじゃないかと。相手が王者ということもよかったのかもね。これでもう試合するたびに連勝のこといちいち言われなくてすむし。正直あの記録と戦いつづけるナダル君を見るのは辛いものがあった。ローランギャロスはこれで、すっきりして気持ちを新たに戦えるでしょう。短いけども1週間ゆっくり休めば、また強いナダル君が戻ってきてくれると信じてます。そして、また1からやり直し、これから82連勝すればいいしね…ってそりゃ何年かかるんだ…。とにかくおつかれ~!よくがんばった!準優勝おめでとう


はぁ…つかれた。さすがに、負けると疲れが倍増する(笑)。やっぱ落ち込むな…まあ仕方ない。たまにはこういうのも味わわんと。2005年の全米のときほどではないし。あのジェームスブレイク戦はほんとにショックだったもんなあ。なんであの敗戦があんなにショックだったのか今でもよくわかんないんだけども。ちょっとアレに似た脱力感がある。今はしばらくナダル君のこともテニスのことも忘れたい。今週はARAGもあるし気合入ってたんだけども、ちょっと精神的に疲れてしまったので、やっぱやめよう…(ごみん)ウィークデーはどこのテニスサイトも見ない!(←この気もちわかりますよネ)ブログも書かない!まともな生活をしばらく送りたいと思います。あ、でもランキング更新は明日やりますが、たぶん。そのあとはローランギャロスまでにエネルギーを蓄えときます。

「誰かに負けるとしたら、彼こそがその人だ。世界一の人に負けたんだから、悲しくはないよ」。


Federer ends Nadal's run in final of Hamburg Masters(AP)

今日の1曲

Alive/Locktown&Alexandra Prince


ハンブルクの大会ということで、今回は、ハンブルグ出身、のこの方の曲をご紹介しましょう。このAlexandra Princeという人がそうなんだそうです。プロフィールがあんまりないのでそれ以上よくわかんないんだけども…。

スウェーデンのプロデューサーユニット、Locktownのデビュー曲にハウスディーバのAlexandra Princeがフューチャリングアーティストとして参加したこの1曲ですが、クラブなどで大ヒットとなっているようです。私はクラブとかもういかないのでよくわからないが…地元のFMで最近までよくかかってたのでたくさん耳にしてました。華やかでテンション高いまさにハウスの王道、という感じですね。ボーカルも伸びやかで気持ちいい。聴いててスカっとした気分になれます。キャッチーな曲調も大変聴きやすいです。

今回は王者が「Alive」したわけだけども、さぁ~ローランギャロスはそんなわけにはいきませんことよ~ふっふっふっ。今回はナダル君もやや疲れが見えていたし、これで王者が優位に立ったとはいえない。パリの参考にはならん。ナダル君には、3つのクレータイトルと81連勝という勲章まである。自信はゆるぎないはずだ。でも、王者がここで一矢報いたことで、全仏がおもしろくなったことはたしかですな。果たして本番のローランギャロス、最後に生き残るのはラファかロジャーか、また別の誰かか??答えが出るのは、3週間後です。

聴いてみる①:開くと別の曲が流れてくるので左下のコントローラーで早送りボタンかまき戻しボタンでAliveを選択すると聴けます
聴いてみる②:myspaceでもプレーヤーでAlive Eu seiを選択すると聴ける
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます
>ゴランさん

コメントありがとうございます。ただいま充電中です(笑)。でもおかげさまで元気がでました。

ローマのときは私もまだ元気あったんですが…やっぱ年には勝てない(^^;)2年前より書くのがしんどくなっているのに気づく今日この頃です。全仏大丈夫かなー。ナダル君のガオラ出場はマイアミのときにありませんでした。それ以外は今んとこ全部フル出場ですね。

ハンブルグに出てくれてよかった、と自信持って書いたんですが、心のすみ~っこでは、…欠場でもよかったかもしれないかな?てちら~っと思わないでもなかったりして…(すいません^^;)。去年も一昨年も出てないですが、コートサーフェスもRGに比較的近いモンテやローマと比べてハンブルグはずいぶん違うみたいだから疲れを押して出場するメリットはあまりない、ともいわれてましたし。…ま、でもハンブルグ大会そのものに出たかったんでしょうね、たぶん。あんだけ降格騒ぎになってるハンブルグが大盛り上がりになったので、やっぱよかったです。ポイントも獲得できました。

決勝で負けたのは残念です。これで決勝での勝率がちょっと下がってしまいました。今までは王者を上回ってたんですが、これで逆転されたかもしれませんね。

ギルバートさんもローチさんとわかれたのがよかったのかも、と言ってますね。まあ対戦成績はクレー以外ではまだまだ王者にかなわないと思うので仕方ない部分もあると思います。なのでできればクレーくらいはなんとかナダル君にがんばってもらいたいと思うんですが。

レイトンはハンブルグ大会光ってましたね!倒した相手もチェラやアルマグロなど、クレーが強い選手だったので、本物の強さが戻ってきたように思います。去年も全仏は負けた相手はナダル君だったので、他の選手としては怖い存在になりそうですね。



>momoさん

あのとき、ときーどき(負けることを)考える、なんて書いたらさっそくそうなってしまいましたね(^^;)ありゃりゃ…でももうこれでこのことに悩まされることがなくなりましたし。ごめんなさいだなんてとんでもないです~。ハッキリ言うとまだ今日もちょっと凹んでますが(おいおい)、momoさんのコメント読んだら励まされた気分で元気になれました。ありがとうございます!

「こんだけ今までおいしい思いしてんだから1こ負けたくらいでガタガタいうな!我慢しろ!」ともうひとりの自分が言ってます(- -;)

そうですよね、レイトンのほうがNo.1だった頃と比較されたりして、ファンもずっと辛いはずですよね。サフィンやフェレロもそうですが。

ところでレイトンは今週オーストリアの大会に参加してますね。順当にいけばアンディ、ニコちゃんとの対戦になりますね。クレーでナダル君をひじょう~に苦しめた2人の対決が見たい気がします。
2007/05/22(火) 21:47:08 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
お疲れ様でした
さっちサンもラファも、お疲れ様でした。
少しは気持ち、落ち着かれたでしょうか。
ごめんなさい、「どうせ負けるならフェデラーかレイトンがいいんじゃ」なんて書いてしまって。

あちこちで書かれてますが、やはりナダルは相当に疲れていたんだと思います。出来るならハンブルグは欠場したかったでしょうね。降格問題その他で、それが出来なかったんでしょうね。

今は凹んでらっしゃるかもしれませんが、今だってナダルのクレーでの強さは圧倒的なことは誰しもが認めていることですもの。第一、まだ若いんですし!
(レイトンファンなんてこの2年、すんごく辛かったですよお~ちょっと復帰しては無理してまたすぐ怪我して・・・の繰り返しで)

全仏、どの選手も怪我無く良い試合を期待したいですね!
2007/05/22(火) 16:05:51 | URL | momo #XbnZBJT2[ 編集]
やはり第一の男か…
こんばんわ。

ブログお疲れさんでした。
ナダルもお疲れさんでした。
やはり人間ですから、常に完全とはいかないですよね。
さっちさんのブログにも疲れが見えた頃、ナダルにもやはり疲れが少しあったんでしょうね。
でも、ナダルもそうですが、ハンブルグをスキップしなかったのは、すばらしいと思います。
81連勝、すばらしい記録ですね!

王者はついにやりましたね。
白戸さんも言っていましたが、ナダル相手にどうすればポイントを取れるのかを試していて、取れるパターンを捨てるセットでは使わなかったという解説に、王者のおそろしさを感じました。
ローチがいなくなった分、自分でいろいろ考えるようになって、そのことがかえっていい方向に進んでいるのかもしれませんね。
全仏は本当に楽しみですね。
王者は、1つ切欠と自信を見つけると、今までの対戦成績がうそのように勝ち続けるので(アガシやヒュー、ナルバンディアン、ヘンマンなど)、ナダルといえども今回は最大のピンチかもしれませんね。

王者の快勝も、ナダルの連勝もすばらしかったのですが、今週自分が驚いたのはやっぱりヒューのクレーでの活躍です。
カレリ、チェラ、ダビデンコ、アレマグロ、全部クレーコートスペシャリストに勝って、しかもナダル戦もブレークポイントをあと少し取れていたらという充実の内容でしたね。
「元ナンバーワンは伊達じゃないなと思いました」

ナダルとの試合も本当に面白かったですね。
ヒューイットが早いフラットボールが得意だと分かったら、大きなスピンを打ってペースを変えようとするナダル。
ナダルを右に左に振っても、自分と同じスタイルを分かっていてか、全然あせらずミスをしないで丁寧にコースをついて返すヒュー。
二人ともテニスを知っているなーって感心しました。
あとヒューイットの強打がすごく多くて、こういうテニスもできるのに普段はあえて打たないヒューのテニスの奥深さを感じさせられました。
ナダルとの試合は兄弟対決みたいで本当に楽しいですね。

ところでナダルはこれで今年はガオラ全部放送されてますね。
さっちさんも自分の時間が完全に取られてしまわないか心配です(笑)。
全仏までは充電してくださいね…
2007/05/22(火) 00:26:08 | URL | ゴラン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。