Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スターウォーズを制したのは
2007年06月06日 (水) | 編集 |
ピンクパンサー終幕

Serena Williams

@Getty Images


⑦Ana Ivanovic(SRB) 6-0 3-6 6-1 ③Svetlana Kuznetsova(RUS)

イバノビッチがグランドスラム初の準決勝進出!…クジーは後半残念でした。腹筋を痛めてしまったようで、薬を飲みながらのプレーでしたが力が出せませんでしたね。やはり腹筋は力を入れるところだろうしね…。

イバノビッチは最初から飛ばしていましたねー。今日もハードヒットは健在、速い攻撃でクジーを封じ込めていました。そして、バックのスライスがところどころで効果的に決まっていた。クジーも粘ろうとするけどちょっとミスが多すぎました。イバノビッチがなんと1ゲームも落とすことなく第1セットあっけなく終わってしまいました。

しかし6-0でとった後、一気に流れが変わるってよくあることですね。今日もそうなりかけました。第2セットでクジーが先にサービスブレイクに成功すると、イバノビッチも一時はブレイクバックしたんだけども、また突き放されてしまいます。やはり第1セットのようにハードヒットしてミスが出ない、なんていうことはそんなに長くは続かない。イバノビッチにミスが出てきて、クジーにミスが減ってきました。

去年の準決勝、クジー対バイディソワの試合を思い出して、あぁやはりイバノビッチも若さゆえの過ちをおかしてしまうのか…と思っていたら。クジーに故障発生~!それ以降は思うようなプレーができずファイナルセットは一方的になってしまいました。イバノビッチも相手にトラブルが起こっているのを知ってやりづらいとは思いますが、よく自分のプレーを貫けたと思います。

「何もかもが速く過ぎ去って、深く考える余裕がなかった」。

でも、さすがに勝利が決まったときはうれしそうでしたね。

クジーはこれで去年のファイナルの再現はならなかったわけだけども、あれほど第2セット追い上げていたから惜しかったですね~。あの故障さえなければ、クジーが勝っていたかもしれないね。でもそんなこといっても仕方ない。負けたという事実は覆ることはない。しっかり怪我を治して、また芝で元気な姿を見せてほしいと思います。

①Justine Henin(BEL) 6-4 6-3 ⑧Serena Williams(USA)

「スターウォーズ」とまで言われたこの対決でしたが、いざ始まってみると…終始エナンのペースでしたね~。もっと競るかと思っていた人が多かっただけに、ちょっと拍子抜け?前の日のナダルVSヒューイットみたいなことになってしまいましたね。しかしそれより今日はややワンサイドでしたか。

しかしやはりこの2人のゲームは、ハイレベルでしたね~。見ていてやっぱりなんか違う。ボールの速さとかストロークの質とか、かもし出される雰囲気とかが、やっぱ特別な感じがしました。

エナンのスライスが効果的にセレナを苦しめていましたね。やっぱエナンのバックはかっこいいわ…トップスピンもスライスも…うつくしい…。決して愛想よくないかもしれないけど、そのストイックな静かな闘志が、なんかいいなあ。やっぱエナン大好きだわ♪

今日はエナンがセレナにあのハードヒット攻撃をさせないように先に攻撃して封じ込めていました。たしかにセレナは調子に乗らせるとすごいことになりますからね…だから、とにかく深いボールやアングルショットで、甘い球は全然ありませんでした。

「グランドスラムでこんなに悪いプレーをしたことがない」。全豪ではしり上がりに調子を上げていっただけに、今回のこの大事な一戦での自分のふがいなさにイラついているセレナ。試合中も、ラケットを投げてブーイングをもらってしまいました。

エナンには、当然今年のマイアミのあの大逆転が頭にあったはずです。あのときはエナンが一方的にリードして勝つかと思ったら、あそこからセレナが逆転するんだもんなあ。
「第2セット6-5ダウンのときは、自分自身を見失っていた。あのときは自分の感情をコントロールできなかった」。

今回は、違いました。

私は、これが決勝戦だったらセレナが勝っていたかもしれないかな、とも思った。準々決勝ということで、ややセレナのモチベーションが、エナンと対戦するには足りなかったのかな、とか。

④Jelena Jankovic(SRB) 6-3 7-5 ⑥Nicole Vaidisova(CZE)

イバノビッチに続いてヤンコビッチも勝ちました!いや~すごいですねセルビア勢。しかしヤンコビッチはほんとに強くなりましたねー。全米で活躍したときもすばらしかったけど、こうやって今は当たり前のように勝ちあがるようになりました。

「どこへいっても、セルビア人がいて、試合に勝っている。信じられないことだわ」。
先週はティプセラビッチも勝ちましたしね。そして今の時点で3人残ってます。

この試合は、攻めるニコちゃんに対し、ヤンコビッチがよく走って守ったのが勝因だったと、語っています。
最後、サービス・フォー・ザ・マッチでブレイクされてしまうあたりはさすがにヤンコビッチも人間なんだと思いますが(^^;)、それでもそのセットをとられることなく最後決めてしまうあたりは、さすがですね。

ストレートではありますが、自分にもチャンスがあったと、悔しさを見せるニコちゃんです。

「彼女のサーブゲームのときほとんど、ブレイクチャンスがあったけど、決められなかった。でも、全体的にはそんなに悪くはなかった。特に第2セットは、安定したプレーができた」。

②Maria Sharapova(RUS) 6-3 6-4 ⑨Anna Chekvetadze(RUS)

そしてロシア対決を制したのは、マリアちゃん。今回はすんなりいったみたいですね。しかしなんだかんだ言われてもこうやって勝ちあがってくるんですなあ。大会前は全然期待されてなかったような気がするのだが…。

実際、右肩は痛めていて注射をして今大会臨んでいるようですね。今のところなんとかそれが持っているというところですが、どこまで持つのか。

「今日はよく動けたしよく守れた」。チェクベタゼのあの速いショットにも対応できていたのでしょう。第1セットは第6ゲームといういい時間帯でブレイクに成功すると、39分でフォアのウィナーを決めて第1セットをもぎ取ります。第2セットはブレイク合戦になりましたが、マリアちゃんが第9ゲームで再びブレイクしてその後のサーブをしっかり守りました。

そしてこのローランギャロス、初めてのベスト4入り。去年は4回戦、その前は…QFだったかな?敗れていましたね。

そしてマリアちゃんはまだ今季タイトルがありません。え?そうだっけ?なんか信じられない感じだけど、前哨戦もほとんど出てないもんね。それでグランドスラムでこの成績なのだから、ほんとすごいわ。


と、いうわけで。準決勝はエナンVSヤンコビッチ、そしてイバノビッチVSシャラポワ!特にエナンVSヤンコだよねえ~。これも見たかった対戦。楽しみだわ。過去5回の敗戦をヤンコがここで払拭できるか。エナンが女王として再度強さを見せるのか。いやーなんともいえませんなあ。

シャラポワVSイバノビッチも、楽しみですね。チェクベタゼよりボールが重くてやりにくいでしょうね。でも、競った展開になったら、やはりマリアちゃんのほうが精神的にアドバンテージがあるから強いのではないかという気がします。イバノビッチはクジー戦みたいに出だしいいスタートが切れないと厳しいですね。いよいよ大詰めに近づいてきましたね。





Henin makes quick work of Serena in straight sets(ESPN)
Jankovic stops Vaidisova to reach last four(Reuter)
Sharapova makes Paris last four for first time(Reuter)


今日の1曲
Rich Girl/Gwen Stefani feat. Eve


グウェン姐さんのソロデビューした時期に出たこの曲。イブとはよくコラボしてますね。かっこいい!

今大会は、男女の賞金が同額になったことが話題にもなりました。今日ベスト8を戦った8人は、男子のベスト8と同じだけの賞金をもらえます。当たり前のことのように思えるけど、それが今まで当たり前じゃなかったということがなんだか不思議な感じもしますね。

女子のテニスの地位はだんだん上がってきているともいえますね。男子に決して負けてない。いい選手もたくさん出てきているし、大会の賞金もますます増えていくでしょう。これからもどんどん繁栄していってほしいですね。

(聴いてみる)


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
いよいよ明日ですね!
>Dept.さん

こちらこそ初めまして!コメントありがとうございます~。これからもどうぞよろしくお願いします。

セレナVSエナンはなんだか重々しい雰囲気の中始まりましたが、エナンがすごくいい集中をしていましたよね。一方のセレナはウェアを気にしていたりなかなか集中しきれていなかったように思います。ショットの選択やフットワークなど、やはりクレーでは2連覇中のエナンが一枚上手だったでしょうか…。
ほんとそうですよね、エナンはあんなにちっちゃいのになぜあんなにすごいサーブが打てるのでしょうか…。でもやはり怪我も多いし、身体が小さい分負担も大きいのでしょうね。

東レのマリアVSアナ戦は見ていないのですが、サーフェスがクレーだからイバノビッチにもチャンスがあるかもしれませんね。でもシュニーダー戦のときみたいにすごく接戦になったらメンタルが強いマリアかな?
やはりエナンVSヤンコ、前哨戦を見ているとこれはぜひRGで見たい!と始まる前から思っていたので、実現してうれしいです。どうですかねぇ~。どっちが勝ちそうか、全くわかりませんが。。良くも悪くもエナン次第かな、という気がしています。
2007/06/07(木) 00:24:04 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
はじめまして!いつも楽しく拝見しています。
エナン、さすがでしたね。粘ろうとするセリーナでしたが、エナンがその芽をことごとく摘み取ってしまったような感じでした。それにしてもエナンは、憎らしいくらいに良いタイミングで良いサービスを打つな~と感心しました。あのクイックサーブは男子選手並みのバネと足腰の強さがないと打てないですよね~。常にクールで取っ付きにくい感じは否めないエナンですが、やっぱり表情とか雰囲気はまさしく「ファイター」で、カッコイイですよね。こういう選手は貴重です。
いよいよベスト4ですね!シャラポワが残ったのはなんというか・・・意外。同じ山のモレスモが早々と負けたので、彼女としてはラッキーだったのかも。私は、決勝は「セルビア対決実現」になるのでは、と予想してるんですが、いかがでしょうか?シャラポワは東レで甘いサービスをイバノビッチに思いっきりアタックされていました。エナンも今年はあまり絶対的な強さを見せてないですし、自滅することがなくなったヤンコビッチが全米の教訓を活かして今回リベンジを果たすのでは・・・と期待してますw
2007/06/06(水) 20:40:32 | URL | Dept. #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
スター・ウォーズ『スター・ウォーズ』 (Star Wars) シリーズは、ジョージ・ルーカスが温めていた構想を元に映画化された、スペースオペラの代表作である。ストーリー遠い昔、遥か彼方の銀河系において、銀河共和国という巨大な共同国家体が存在した。し
2007/06/20(水) 10:45:15 | ゆうはのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。