Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


体力との戦い
2007年06月07日 (木) | 編集 |
ベスト8おめでとう!

Igor Andreev

@AFP


昨日で、男女ともベスト4が出揃いましたね。今日は、前日に行われたトップハーフも含めて男子の準々決勝を。

①Roger Federer(SUI) 7-5 1-6 6-1 6-2 ⑨Tommy Robredo(ESP)

王者はこれまでグランドスラムセット獲得の連続記録が続いていたわけだけども、ついにそれがストップしました。今まではマッケンローが36という連続セット獲得記録を持っていたわけで、それにこの試合の第1セットで並んで、さあ追い抜くか?というところだった…これがとられたのが第3セットだったら、記録更新だったのにね。

しかしマッケンローはいろんな記録を持っているんだねぇ~。なんかここ数年こうやってマッケンローが出てくることが度々ありますね。そしてことごとく記録更新されているかわいそうなマック(^^;)。今回は、抜かれずにタイで並ぶことができました。…いや、やっぱ破られたのか。マッケンローは35だったそうです。あぁマック…でもマッチ連勝記録は、たしか破られてませんね。

その第2セットは、風も強く、なかなかやりづらかったようですが。でもそれは両者とも同じ条件だしね。ロブレド君のショットがとてもよく決まっていたようです。ロブレド君は第1セットも5-5まで食らいつき、この2セット目をとって、さあこれから!と意気込んでいたんでしょうが…そこからこの第3、4セットのスコアだからね…やはり王者の壁は厚いということなのか…。

まあ、セットはとられて記録が途切れたけど、そんなことよりこの試合に勝つことのほうがよっぽど重要なことだよね。ロブレド君はボランドリ戦すごく調子よさそうだったので、王者も少しは苦しめられるかな、とは思っていましたら、そのとおりになりました。でもやはり1セットとるのが精一杯だったということか…でもこれでベスト8、トップ10としての役割はしっかり果たしましたよね。


④Nicolay Davydenko(RUS) 7-5 6-4 6-4 Guillermo Canas(ARG)

ニコちゃんがカニャスを止めた!この日のニコちゃんはしっかり締めていたようですね~。カニャスの粘りに対して一歩もひかず、むしろニコちゃんのほうが粘り勝ち、というところか。

第1セットはお互い1ブレイクずつで第10ゲームはニコちゃん4-5でカニャスにセットポイントもあったようだけど、ピンチのあとにはチャンスあり。その次のゲームで見事ブレイクに成功したニコちゃんが、次のゲームしっかりキープ成功して第1セットを先取しました。

第2セットはニコちゃんが先にブレイクアップして、その後はそのブレイクリードを守りました。第3セットは、第1セット同様お互いブレイクしあって4-4からニコちゃんがまた先にブレイクして、勝負あり。

やはりカニャスも連戦で疲れているようでした。ニコちゃんにはそれがコートの向こう側にいてもわかったようです。
「僕は彼ほどは疲れていなかったからね。彼はパワーがなくなっていたけど、僕はまだ強いボールでポイントを取ることができていた」。
カニャスは、2005年もベスト8で涙を飲みました。そして今回もまた…これでグランドスラムの準々決勝の壁を破ることがまたできませんでした。
しかし、出場停止明けてATPツアーに復帰して半月足らずでこの活躍。ひとえにアメリカハードコートシーズンでのあの活躍が大きいわけだけども、クレーでもバルセロナでは決勝進出したし、そしてこのローランギャロスでベスト8。アルゼンチンをひっぱる存在になっていますね。カニャスのこれからの活躍を期待しています。


ストレートではありましたが、その内容は決して楽なものではありませんでした。「3セットにしては3時間というのは長いよね」。ニコちゃんの言う言葉の意味は私は本当によくわかる…(- -;)

しかしニコちゃん、こないだナル戦の後言っていたように、3セットでまずは勝ちましたね。これで第1段階をクリア。さぁ…この次が大問題なのさ(- -)…。

準決勝、フェデラーVSダビデンコ、か…。う~ん。ニコちゃんを応援したいのは山々だけども、とても勝てる気がしない…。ニコちゃん自信も、あんまり大きな期待は抱いていないようです。
「カニャスに今日通じたことが、フェデラーには通用しない。でも自分にあまりプレッシャーをかけないようにするよ。ただコートの上で楽しみたいと思う。そういうときにこそ、いいプレーができるというものだしね」。

あんまり期待しちゃいけないと思いつつ、やっぱり期待してしまう(^^)。ニコちゃんがんばって!


⑥Novak Djokovic(SRB) 6-3 6-3 6-3 Igor Andreev(RUS)

ジョコがまたひとつ大人の階段を登りました。去年のベスト8から一歩前進、ですね。これでベスト4進出です。いやはや、これは接戦になるかと思っていましたが。

第1セットの序盤はブレイク合戦になってやや緊迫したようですね。しかしそこからジョコが8ゲーム目にブレイク成功して、次でしっかりサーブを締めました。そしてセットをとって勢いづいたジョコが次の第2セットでいきなりブレイクスタート。これで主導権を完全にジョコが握ってしまったようですね。第3セットもだいたい似たような展開で、序盤でジョコがブレイクして先手をとってあときっちり締める、という感じだったようです。これ録画してあるのだけど当然見る暇がなくって。

「彼は危険な選手だとわかっていたから、こうやって集中できて試合をコントロールできてよかった」。
「最初から積極的にいけた、それが鍵だった」。

これでジョコビッチは女子の2人に続くセルビア勢ベスト4入りですね。

アンドリエフ君はやはり、連戦の疲れが出てしまったようですね。前のマルちゃん戦も1セットダウンからの厳しいものでした。
「僕にとって初めてのグランドスラム準々決勝だった。4つも続けて勝ったのは初めてで、それはとても体力が必要だった。長くプレーしていなかったから、僕には厳しかった」。

アンドリエフ君は去年は膝の怪我で半年以上ツアーから離れていましたものね。
グランドスラムの戦いは、本当に過酷です。5セットマッチで、それを優勝までに7回して最後まで勝たなければならない。しかも芝やハードと違い、ここクレーは、ポイントがいつまでも続く消耗戦です。

でも、アンドリエフ君は今大会のシンデレラボーイでしたね!なんといっても1回戦のアンディ戦、すばらしいプレーぶりでした。あと4回戦のマルちゃん戦も、ほんとすごい粘りで、あれマルちゃんが勝ってもおかしくなさそうだったけどなぁ~。すばらしかったです。

私はナダル君を好きになるずっと前から、このアンドリエフ君が好きで実はひそかに応援していた時期がある。今もだけど。あれは…2004年のこの全仏だったかな、2回戦で前年優勝のフェレロに勝ったときに初めて彼を知ったのだった。そしてそれからなんとなく気になって応援していた。そのころはまだブログは書いていなかった。だから、今こうやって怪我を乗り越えてデ杯でも活躍してこんなにATPツアーになくてはならない人物にアンドリエフ君がなってくれたことが、本当にうれしい。

②Rafael Nadal(ESP) 6-4 6-3 6-0 Carlos Moya(ESP)

これは家に帰ってきたらすでに始まっていたのでリアルで見た。いやー初めのところはなんかやばい感じだったのでドキドキしていましたが、終わってみれば…こんなスコアになるとはとても予想できなかった。

やっぱさすがにナダル君は最初やりにくそうでしたね。もちろんコートの向こうにいるのは敵でしかないわけで、友人だろうがなんだろうが関係ないわけだけども、そこはやはり人間だし。でも、これはクレー王者に神様が与えたひとつの試練だったのだと思う。どんな相手でも倒す。それがチャンピオンだ。自分の一番身近な、一番大切にしている人が相手になった場合、どのように戦うのか。ここでヘンな感情が入って力を出せないようでは、王者の資格はない。見事!しっかり力を出して勝利してくれました。

実際モヤちんは相当ミスをさせられてしまいましたね。2005年の準決勝のフェデラー戦を思い出した。あのときも王者がミスしまくっていた…ナダル君の回転ショットに相当手を焼いていた。今日のモヤちんもまさにそうでしたね。

ナダル君はバックハンドがとてもよくなっていますね!それが見ていてとてもうれしかった。バックであれだけ攻撃できれば、なかなか崩れることはないであろう。

モヤちんは、今日は敗れてしまいましたが、しかし、98年優勝のモヤちんがいたからこそ、今日のナダル君があると、いえる。それは間違いない。今このときの瞬間だけを切り取った結果で判断することなんてできない。ナダル君はたしかにすばらしい選手だけども、モヤちんは偉大なプレーヤーであると思う。これからはおじちゃん軍団として、がんばっていってほしいと思います。おつかれさまでした。


WOWOWの人とかが、ナダル君のことを「強すぎる」とよく言っているが…そうか?確かに強いけども、「すぎる」ということはないよ…ブレイクした後また破られるし、サービス・フォー・マッチやセットでも破られるし、デルポトロ戦では3-5とかなるし、サービスゲームではよく30-30になるし…。リードされていればこのまま持っていかれるのではないか、リードしていたらいつ逆転されるのではないか、…。見てるこっちはもう毎試合、毎セット、生きた心地がしません。王者フェデラ~のほうがよっぽど強そうに見える。

やはり先に攻められるとちょっと恐いですね。今日のモヤちんもハードヒットで攻めてきたときにはナダル君はなかなか苦しそうだった。そして次の準決勝、相手がジョコビッチ。ジョコはもっと厳しく攻めてくるだろう。それに耐えられるのだろうか。

ローマで対戦したときはナダル君がストレート勝ちしたけども、あのときはジョコがエストリルからの連戦で疲れていたからあんなのあてにはならん。今回は、そういうフィジカルの問題は両者ともにないでしょう。今日も快勝していたし。うーむ…恐いなジョコ…。ま、ここパリはローマほどはボールは速くはないということなので、そこらへんがナダル君にいいように働いてくれるといいけども。
しかしなぁ…マイアミでは負けているからな…やはり心配だ…そういう意味では、その後ローマで1回当たって勝ってるっていうのは精神的にはよいかもね。

ジョコビッチの意気込みは。
「すごく難しいことになるだろうね…1回勝ったことが助けになるといいけど。このコートでは、誰が対戦しようが彼のほうが強力な本命だよ。でも次の試合がいい試合になるといいね」。
あの強気のジョコビッチが珍しく謙遜している。…それは本心か?それとも…しかし、そんな謙遜しなければいけないようなことはないはずだ。むしろ、ナダル君にとっては大変な相手になるに違いない。

あぁぁぁぁ…もうなんか今からすでに胃が痛い…こんな生活もういやだ…でもがんばって応援しなくてはね。金曜日はまた全力で応援しまっせ!がんばれRafa


Tennis-More joy for Serbia with stylish Djokovic win(Reuter)
Federer shaken, not stirred by second set blip(Ticker)
Davydenko sets up showdown with Federer(Reuter)

今日の1曲
The Other Side/Aleksander With


ジョコビッチと同じ87年生まれの19才のアーティストを今日はご紹介。ノルウェー出身だそうですが、最近こういうヨーロッパの新しい人がどんどん出てきてますね。ノルウェーのオーディション番組で優勝したんだって。どこの国にもそうゆうのあるのね…。んで去年デビューしたシングルが母国で大ヒット。ピアノを基調とした切ない歌詞とメロディーがまだこんなあどけない顔の少年から出てくるなんて…ととってもピュアな気持ちにさせてくれます。そういうとこはジョコにちょっと通じるところがあるかな。

すでにデビューアルバムは去年海外では発売されてますが、日本盤がこのほど7月にリリースされるということで、これから各メディアでも話題になっていくのではないでしょうか。これは必聴ですよ~。

(聴いてみる)

(myspaceでも聴ける)
(オフィシャルサイト)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
いよいよ今日は男子SF
>アイリーンさん

モヤちんはたちあがりすごくプレッシャーかけていましたよね。正直ちょっとこわかったです。第2セットもモヤちんにはチャンスがあったようにも思いますが、そこをとらせないあたりはさすがナダル君だなと思いました。

ニコちゃんは絶好調でいって勝てるかどうか、というとこですかね。でもやはり王者にはいいプレーはできても勝利というのは難しいように思います。でも、最後まで諦めないでがんばってほしいと思います。

アンドリエフ君は見事に復活してくれましたね。私も大変うれしいです。ハードコートでも、アンディを破ったりして結果を出しているから、これから楽しみですね。若手選手に負けない活躍を期待しています。

モナコは今季ツアー初優勝もしたし、この全仏の活躍もあり、とても自信をつけたのではないでしょうか。同国のデルポトロと刺激しあってがんばってほしいですね。デルポトロはハードコートが好きそうだけど、モナコは生粋のクレー育ち、という感じですね。
モナコがスペイン語ブログ書いていたとは知りませんでした。モナコはナダル君ととても仲がよい、と以前から言われていましたしね。ああいうのを見るとなんだかほっとした気持ちになれます。最近自分のブログ書きで忙しくてなかなか他のサイトをチェックするひまがなかったので、情報ありがとうございました!

そうそう、杉山さんは今日決勝ですね。あのレイモンドストーサー組に勝ったということで、これはもう期待しますよね。放送されるかな…?とにかく、がんばってほしいです!
2007/06/08(金) 07:23:37 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
モヤさま&モナコ
さっちさん、お久しぶりです。

モヤさま、いいところまでいったけれど、攻め続けることができませんでしたね。
無駄におじちゃん対決で1セット献上したのが響いたかしら?
でもナダル君は最終セットも1ゲームも与えてくれず、手を緩めないでモヤさまへの尊敬を感じました。
カウンターショットが今までよりも威力を増していますね。
ジョコジョコとの対戦、楽しみです。

デンコも調子良さそうですね。
王者も今回は手を焼くと思います。

イゴール君は今回私も期待していましたよ。
彼のフォームは決して綺麗とはいえませんが、あの蟹股から繰り出される重いフォアハンド、クレイコートにぴったりですよね。
まだまだ伸びそうです。
お顔も王子系でキリレンコちゃんとの2ショットは綺麗ですよね。

私は今大会の一番収穫は、大好きなモナコ♪
すいません、好きな選手が全滅なので、ほとんど私の中の全仏は終わっています。
一昨年、去年と応援しながら、どこまでできる選手になるのかな?って不安だったのに、今年に入ってから安定してきました。
スペイン語バージョンの裏blogまで書いていたんですよ。
詳しくは、のびたさんのところでいっこさんが訳してくれていますよ。
ナダル君の話題は↓
http://smash.blog2.fc2.com/blog-entry-753.html#comment
モヤさまとモナコの活躍で、楽しく過ごせました。
後の試合は純粋に試合として観戦させてもらうつもりです。

杉山愛ちゃんがダブルスで決勝に行って、良かったなぁと思います。
いい顔してプレーしてますよね。
2007/06/07(木) 20:57:06 | URL | アイリーン #7NtR3EzI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。