Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


賽は投げられた
2007年06月09日 (土) | 編集 |
残念!でも準優勝おめでとう

Katarina Srebotnik and Ai Sugiyama

@AFP


女子ダブルス決勝、惜しくも杉山組は敗れてしまいましたね~あぁ~残念!モリックが優勝したのはうれしかったけれども。いやーストーサーレイモンド組に勝ったから期待してしまったんだけども、決勝はまた雰囲気違うもんね…。でも、決勝にすすんだことは本当にすばらしいことだと思います。次のウィンブルドンでも、シングルス、ダブルス、両方での活躍を期待しています。おつかれさまでした!


準決勝

①Roger Federer(SUI) 7-5 7-6 (5) 7-6(7) ④Nikolay Davydenko(RUS)

うわ~すごい試合ですな…いちおストレートではあるが、どれも12ゲームまでもつれておる。試合時間も3時間。1セット1時間、ですな。最後のセットは9-7ですか…しかしニコちゃん惜しかったね。いいプレーはできても、勝つというのはまた違う次元の話ということなんだろうか。

とにかくすごい打ち合いだったようですねー。ニコちゃんも必死で食らいついていきました。10以上続いたストローク戦ではニコちゃんのほうが多くポイントをとっていたようです。ローマのナダル戦もすごかったからな…あんな感じでどんどん攻めていったんだろうな…。一方王者のほうはミスが多く、オーバーヘッドをネットしたり、横にあるお花の中にボールを入れちゃったり、ペースをつかめませんでした。そのせいで、せっかくニコちゃんに集まっていた声援が王者に傾くようになってしまいます。まるで王者が挑戦者であるかのように。

そんなわけで第1セットはニコちゃんが4-2と最初に流れをつかみましたが、王者がそこから追い上げて逆転する光景はもう飽きるほど見てきた。昨日もそうなりましたね。

「精神的に彼にやられた」。やはりいくら技術がよくて対等でも、本当に大切な心の部分、そこで、どうしてもやられてしまうから、いつも勝てない。でもこれでニコちゃんを責めることは当然できない。

第1セット競った展開で落としたニコちゃんですが、その後も厳しい攻めは続きましたね。普通こういう状況でセットを落とすとあとずるずる~といってしまうものだけども。やはり今年のクレーしり上がりに調子をあげてきたニコちゃんだけに、簡単には勝たせません。第2セットも、5-4でサービス・フォー・ザ・セットだったニコちゃんですが、またもここで破られちゃったんですね…。

でも、ベスト4はもちろんすばらしい成績です。そしてランキングもこれでまたトップ5が定着しそうですね。いつもたくさんの大会に出ている頑張りやさんのニコちゃん、これからも応援してくよ!おつかれさまでした。

いやーしかしこれは、見てて疲れる試合だったろうな…。私は見ていませんでした。いやはや。テニス観戦は体に悪い…。



②Rafael Nadal(ESP) 7-5 6-3 6-2 ⑥Novak Djokovic(SRB)

昨日は朝から一日中心配でした、また。ジョコビッチ手ごわいだろうな…どうかな…勝てるかな…マイアミのときみたいになっちゃわないだろうか…朝からずーっと心配し通し。もう気を揉みすぎて精神的に疲れてしまって不覚にも寝てしまいましたzzz。目が覚めたら第1セット5-4とかなってるし(汗)。あぁいかん寝過ごした!でもなんかサービス・フォー・ザ・セットとかになってるじゃん!いよぉし!…と思ったら…また破られとる…がびーん。なんでいつもそうなんだ(- -)。

でもそのあとすぐにブレイクするんだよね。QFのモヤ戦もそうだったな、たしか。でもなんか危なっかしいよなあ。こんなんで次大丈夫なのか?しかし、2回目のサービス・フォー・ザ・セットはなんとか切り抜けて第1セットがとれました。

ジョコビッチはとにかくすごく攻撃してきましたねー。ナダル君の回転のかかったボールにも懸命に食らいついて、厳しいコースに持ってくる。それがところどころで効果的に決まっていたけど、なかなかブレイクにつながらない。ナダル君もほんとによく拾うよ…もう、あーこりゃだめだ、と思った瞬間すごいショットがどかーん!うっそ!ていうのが何回あったっけな…あれは対戦相手はへこむよな…。

第2セットは中盤まではキープキープの緊迫した展開でしたね。あれは何ゲーム目だったかなー。ナダル君がサービスで0-40になって、超ピンチだったけど、あそこから挽回できた。あの場面、きわどい判定で悩むジョコビッチが審判に慰められる場面がありましたね。あれで重苦しい雰囲気がふっと和らいで、それがナダル君にいい方向に働いたように思う。

ジョコビッチは表情豊かでとても爽やかで見てて清々しい選手だけど、ちょっと清々しすぎるのかもしれない、と思った。あれで集中が切れてしまうのだ。他の選手でもよく見かける、ラケットを投げたり、叫んだり、感情を表に出すということは、そこでストレス解消になっていいこともあるかもしれないけど、逆にそういうとこに力を発散してしまうのではないかという気もする。その点、ナダル君は試合中に笑顔を見せることはめったにないし、観客や周囲の状況も全く気にしない。いつもマイペース。完全に自分の世界に入り込んでいる。ありゃ絶対B型だと思うけど、あのジュースの置く位置の細かさや他のルーティンの仕草みてたら違うかなとも…B型はああいうジンクスにはこだわらない。何やったって負けるときは負ける、勝つときは勝つ。

どっちが先にサービスを破るのか…第7ゲームはよく、「なにかがおこる」とか言われますね。実際はそんなになんにも起こらないことも多いんだけど(笑)、ここでそれがおこらないかな…と思っていたら、起こりました!ナダル君がついにブレイク成功。その後はもう流れを変えることを許しませんでしたね。第3セットはほぼ一方的な感じになりました。

でもジョコビッチはほんと大活躍の2週間でしたね。トップシードとして、こうやって準決勝に残って、やはり「第三の男」としての役割を果たした。途中負けそうになった試合も見事に勝ちましね。速いコートやグラスではさらに活躍が期待できるでしょう。そしてなんといってもセルビア人。ジョコが今年インディアンウェルズやマイアミで活躍してトップ10入りしたからこそ、ヤンコやイバノビッチが触発されてがんばれた、という部分もあるのではないかな。今大会のセルビア旋風を作ったのは間違いないジョコビッチでしょう。お疲れ様!爽やかなジョコジョコは私も大好きです。


1試合の中でセットを重ねるごとに、そして1大会で試合を重ねるごとにどんどんよくなっていくナダル君。第3セットと第1セットはとても同じ2人の人間が戦っているとは思えない内容でした。昨日はQFよりはスコアは競っているけど相手の厳しさも上だから、この勝ち方はまたレベルアップしているといえるでしょう。でも、今のままではまだ不十分だ。決勝の相手は、そう、王者フェデラー。今までの相手とは比べ物にならない。

「すごく、すごくめちゃくちゃにいいプレーをしなければ勝てないだろう」。
普通にいいプレーをしたくらいでは、だめなのだ。それは本人が十分よくわかっている。ジョコビッチはとにかく厳しい攻めをして第1セット苦しめたけど、王者の攻撃はさらに上をいく厳しさだ。昨日と同じレベルでは、だめだ。もっとレベルアップしなければ。それができるのか。

でもまあ、もうここまで来たら、やるしかない。最後まで突っ走るしかない、よね。とにかく、長かったきつかった春のクレーシーズンもあと1試合です。今までやってきたことを思い出して、自信もって、がんばっておくれ!私は信じているよ。きっと大丈夫。どーんといっといで!
Vamos,Rafa~


No. 1 Federer vs. No. 2 Nadal in French Open final(AP)


今日の1曲
I Don't Wanna Stop/Ozzy Osbourne


ハードロックを今回全然かけてませんでしたが、ここできました。しかも只者ではありません(笑)。オジーですね!6年ぶりとなる久々のオリジナルアルバムが先月末にリリースされ、話題になってます。ビルボードでも初登場3位を記録。いやー、オジーはもう還暦なんだってね。こないだ90才のアーティストをご紹介したけど、オジーだって負けてませんよ。ま、最近は「ファミリー」のほうが話題になっている感もあるオジーだけども(笑)、ロック魂は60才になっても健在です!若いもんにはまだ負けぬ!とばかりにヘビーな音をきかせてくれます。これはそのニューアルバムからの第1弾シングルです。キャッチーでノリがよくて、かっこいい!さすがオジー!

いよいよ決勝、宿命の対決が再びやってきました。どっちが、どっちを、止めるのか。そんなの決まっとるわい。このローランギャロスで、彼を止められる奴なんて、いないのさ。

(聴いてみる)

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
決戦間近
>ゴランさん

ほんと、拾いまくりますよね(笑)。ファンとしては、追い込まれていても最後まで望みを捨てないでいられるのはいいんですが、ああなる前にもうちょっと楽な展開にしてくれという気も…(^^;)

第1セットは互角でしたものね。特に5-5に戻されたときは、正直セットダウンの可能性もあるかもしれないと思いました。マイアミのときもあのような感じでどんどん攻撃していって成功したんでしょうね。今年夏のハードコートシーズンはほんと恐い存在になりそうです。

王者は本当にバックのスライスを使わなくなりましたねー。たしかにスライスで緩くレフティーのフォアに返すのは危険ではありますが、結構スライスが有効な場面もありそうにも思えますが…。ネットプレーをどういう感じで使ってくるのか、気になります。ナダル君はパスがうまいから中途半端に出ると逆襲されてかえってダメージが大きいし、選択が難しいと思います。

ニコちゃんマークはサフィーナも使ってましたね。おかげであの振動止めについ目がいってしまいました(笑)。いつもニコニコしているジョコらしい感じですね。ふつうにスポーツ用品店とかには売ってないのでしょうか…?楽天とかにあったりして(笑)

>のびたさん

ジョコビッチはもともと正確なストロークと速い攻めが武器だから、ナダル対策が効果的に出来たんではないかと思います。それが成功したのが今年のマイアミでしょう。ただクレーでは少し違いましたかね。一気に攻めきれないところで無理が出てきてしまっているのを感じました。

王者は…戦術が多すぎて何が彼の本来のスタイルなのかよくわかりません(^^;)でも、ジョコビッチみたいに精密機械のようにがんがん打っていく、というタイプではないと思います。流れるようなプレーと以前からよく言われていたので、相手のプレーにあわせて戦術を変えていくのでしょうか。でも、策士策におぼれる、なんていう言葉もありますし、戦術が多すぎてもそれが通用しないと逆に混乱するだけだし、特にハンブルグで通用したことがRGでは通用しないでしょうから、あまり考えすぎずどんどん打ってくるのでは…と思います。モンテカルロのときのように。やはりネットプレーが気になります。

ナダル君はこのところ第1セットが多少鍵になっている感じがありましたから、決勝戦は立ち上がりが注目ですね。いままでの反省点としてコーチとよく話し合っているでしょうから、決勝は最初からきっちり締めてくるでしょう。
もう今からドキドキしてますが、まだ24時間近くあるので今から気を揉んでいても仕方ないので(笑)、女子の決勝を楽しみたいと思います。

2007/06/09(土) 20:38:03 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
優勝はいずこ?
試合中、よく柳さんが言っていますよね、
ナダルに勝つためにはどう打てばよいのか を。
ナダルは短いボールの処理をよくミスする、とか、
繋いでいないで強打で攻めろ、とか。
その戦術は効果的なのはわかるのだけれど、
選手は自分の得意とするプレーを我慢して、対策のための戦術だけで試合を続けられるものなのか?
と聞くたびに疑問に思っていました。
昨日ジョコビッチは、試合の最初から柳さんの戦術を(!)効果的に用いていたと思います。
とにかくハードヒットしていましたものね!
その結果、ラファを苦しめはしたものの、3セット目は明らかに疲労困憊してへろへろ状態。
残念ながら、作戦失敗と言わざるをえませんでした。
試合後の解説で『(ジョコビッチは)まず体力をつけなくっちゃ!』って言う柳さんに対し、
『負けてからじゃなく、戦う前に言ってよ!!』というジョコの声が聞こえてくる気がしました!!

フェデラーはどんな作戦を立てて、それに自分の得意技を絡ませてくるのか、
きっとジョコより数段上の戦いっぷりなはず。
とても楽しみです。

2007/06/09(土) 19:11:21 | URL | のびた #T5DPT7Jo[ 編集]
ニコチャン振動止め
ナダルさっすがですね。
とにかく拾う拾う、そしてウリャーの強打一発でセットを落としていないのは伊達じゃないなと思いました。

ジョコジョコはまだ体力的にナダルに負けていると思いました。
ショットだけだったら互角の勝負をしていたと思います。
本当に早くてフラット&正確なストロークで、これぐらい打てばナダル相手にポイントが取れるのかということが分かりました。
今回は負けてしまいましたが、見るたびに素人の私でも上達の度合いが分かります。
第三の男に確定!ですね。

ついに王者VSクレーの王様ですね。
ナダル有利は変わらないと思いますが、王者がきっと戦略を変えてくると思うので、それにナダルがアジャストできるかがポイントになりそうですね。
今年王者は本当にバックハンドでスライスを使わなくなりました。
とにかくスピンを掛けて深くつなぐボールをうっていましたが、ナダル対策なんでしょうね。

ところで、ジョコジョコが使っていた、(自分の小学校時代に流行っていた)ニコちゃんマークの振動止め、めっちゃ可愛いなって思ったんですけど、どこで売っているんでしょうね(笑)
2007/06/09(土) 18:25:21 | URL | ゴラン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。