Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひまわりが咲いた日
2007年06月10日 (日) | 編集 |
優勝おめでとう
やっぱり笑顔が一番ステキ!

Justine Henin

@AP Photo


決勝

①Justine Henin(BEL) 6-1 6-2 ⑦Ana Ivanovic(SRB)

エナンはやっぱり強かった!!3年連続、そして4回目の優勝を決めました。いやはや、圧倒しましたね。もちろん技術、体力的なものもあったと思いますが、やはり、大舞台をいかに経験しているか、その精神力の差が一番だったかなと思います。

立ち上がりはでもイバノビッチが先手をとったと思ったんですけどね。最初のゲーム、エナンはダブルフォルトも出ていきなりブレイクされてしまいました。そして次のイバノビッチのサービスも40-0、これでイバノビッチがリードして優位に立つ…と誰もが思ったでしょうが、そこからエナンが追いついてブレイクバックしてしまった。あれでエナンが楽になりましたね。

イバノビッチはサーブのトスにずいぶん苦しんでいましたね。特に風が強かったわけでもないのに。それは、もちろん緊張からくるものであったのでしょう。そしてストロークでも自らミスを繰り返す。攻めていってのミスではなく、つなぐボールでミスが続いてしまいました。第1セットの中盤からは、エナンが次々にポイント、そしてゲームを重ねていきました。

途中はイバノビッチもショットがよくなってきたかな?と思える時間帯があったんだけども、そこでエナンが流れを変えさせませんでしたねー。サーブもストロークもコースを丁寧についてイバノビッチに攻撃させないようにしていた。そしてポイントはすすんでついにエナンがマッチポイント!そしてボレーを決めると、感きわまってラケットほうり投げちゃった!ジュジュおめでとう~

エナンは、ところどころで封筒を開けてメモを読んでいましたね。セレナやビーナスもよくメモを読むけど、封筒を開けて読むというのはなんだかゲームみたいでおもしろい。ロドリゲスコーチから、3ゲーム以上リードしたら、サービス・フォー・ザ・マッチになったら、そして勝ったら、という感じで段階的に開けるよう持たされていたもののようです。へえ~!あれはおもしろい。あんなことやってる選手みたことない。考えましたねー。あれだとコーチングにはひっかからないものね(笑)。ひょっとしてこれから流行るかも…?

一方のイバノビッチは、直前になってコーチがつかなくまりましたね。Sven Groenfeldさんがアディダスと関わる仕事をしているから、同じアディダスと契約しているエナンと対戦する試合でイバノビッチをコーチできない、とかなんとか…なんだか不思議な話ですが。直前になってそういう大きな環境の変化は、ちょっとイバノビッチにとっては不運なことでしたね。

やはり決勝という大舞台に飲み込まれてしまったイバノビッチ。でも、これは仕方がない。エナンは、これが10回目のグランドスラム決勝。それをすべて勝ってきたわけではない。去年は4回の決勝進出のうち3回は負けてしまったんだ。そういういろいろな経験を乗り越えて今がある。イバノビッチのこの敗戦が、未来の栄光の糧になる日は、きっとくるはずだ。

でも、イバノビッチは本当に大活躍でした。ジョコビッチと励ましあって頑張る姿はなんだかほほえましい。そしてなんつっても、可愛い!(笑)完全にパリジャンの心をつかんだイバノビッチ、こりゃ人気でそうですねえ。あんまり容姿のこと言っちゃいかんとは思うけど、やっぱつい顔に目がいってしまう。いやー同性ながら、かわいいなあとつい思う。マリアちゃんやニコちゃんとはちょっと違うよね。チャーミングというかキュートというか、キムみたいな感じかな。でも外見ではなく、もう実力十分ですね。グラス、そして夏のハードコートシーズン期待しましょう。

エナンは、家族との確執がずいぶん前から取りざたされてきました。やさしかったお母さんを早くに亡くし、コーチのロドリゲスさんが父親代わりでずっとエナンを育ててきて、そして自分の父親と家族とはずっと疎遠でした。それが、今年になってその父やと兄弟と連絡をとるようになったのです。それがどういういきさつでそうなったのかはよくはわかりませんが、ピエールさんとの別れがきっかけになったのかもしれません。

お兄さんは言いました。「今年は彼女が笑顔で、人生を楽しんでいるように思える。以前テレビで見ていた彼女は、いつも楽しめていたようには見えなかった」。過去にいつまでもこだわって、自分の殻を作って、心を閉ざしてきたエナン。ようやく、殻を破って、太陽を浴びて、笑顔いっぱいの花を咲かせるときが、きたのです。それは、夏の日差しを浴びて太陽のような大きな花を咲かせるひまわりのようですね。

この日はお父さんは会場には来ていなかったようだけど、テレビで見ていてくれている父にも感謝、と言っていましたね。あんなに仲たがいしていたのに…泣けてくる(T T)…よかったね…仲直りできて。

「過去に起こったことは起こったこと、今は前を向いて、またこうやって一緒になれた彼らと人生のひとつひとつの瞬間を楽しみたい」。


というわけで。女子は終了。いやーエナンは強かった。。。正直ドロー見たときは、あまりの厳しさにこりゃエナンちょっと優勝は無理なのでは?と思いましたが…だってQFでセレナ、SFヤンコだもの。それをことごとく全部ストレートで下すとは…そして決勝の強さも格別だった。やはり、離婚や家族との和解などいろんなことを乗り越えたことが、彼女をこんなにも強くしたのだと思います。
そして忘れちゃいけないセルビア旋風。イバノビッチが負けてついにセルビア旋風もピリオドが打たれましたが、しかし、この女子2人の活躍は今大会のひとつのハイライトでしたよね。イバノビッチとヤンコビッチ、はたしてポストエナン&キムになれるのかどうか。それには、やはりグランドスラムの優勝に常に絡むような選手になれるかというのが大きなポイントでしょう。今回は間違いなく絡みましたが、これからもこれを続けいかないと、ポストベルジアンとはいえない。2人にとって本当の正念場は、注目されるようになるこれから、でしょうね。グラス、そしてアメリカで今年どこまでこの力を持続できるか、2人の戦いにこれからも注目しましょう。

さ、次はグラスですねー。モレスモ…大丈夫なのか~い。もうフレンチ敗退の傷は癒えているかしら…ウィンブルドンのディフェンディングチャンピオンとして、前哨戦どのように戦ってくれるのか、来週からも目が離せませんね。そして巻き返しを図りたいマリアちゃんに怪我で全仏欠場のヒンギスはどうなのか。そして、エナンの勢いは芝まで持続するのか。さー今年のウィンブルドンは誰が獲ることになるのかな?今から楽しみです。


Reunited with family, Henin wins 4th French Open(AP)


今日の1曲
Walking In The Sun/Born Crain


今日はエナンが優勝したということで、ベルギーの歌手をご紹介。
2006年に本国でデビューしてなかなかのヒットを記録したということで今年は本格的に海外進出を果たすことになった27才のシンガーソングライターです。ピアノマンのようですね。ていうかメガネマンという感じも…。
「最高のピアノ・ポップス!」と謳われてますが、ピアノを基調とした爽やかなポップスはあのダニエル・ポウターを、美しいメロディーはあのジェームス・ブラントを彷彿とさせる、と…なんかこじつけのような気もしないでもないけど、つまり3匹目のどじょうを狙ってエイベックスが送り込んできた刺客というわけですな。はたして前2人のように大成功となるか?

でも曲はほんと、爽やかでいい感じですよ。ジェームスブラントのあの雪の中海に飛び込む寒々としたあれとは真逆!太陽を浴びながらのびのびと弾き語りをするCrainさんも曲も爽やかです。邦題は、「いちにちのはじまり」。歌詞も前向きな感じで、今年、人生の再スタートをきって、笑顔が戻ったエナンにぴったりの曲ですね。なかなかいいですよ~。

ビデオを見る:日本国内でのみ視聴可能
(聴いてみる)


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
次はグラス
>のびたさん

すいませんレスが遅くなってしまいました(T T)朝忙しくてばたばたしていたもので…。

今から考えれば、インディアンウェルズで優勝できたのがすごくよかったと思います。クレーだけじゃなく他のコートでもやれると自信がついたでしょうし、それが次のグラスや夏のアメリカで生きてくると思います。

クイーンズ、いきなりタフな初戦になりそうですが、気持ちは充実しているはずですからなんとかふんばってくれるでしょう。また応援していきましょうね。

2007/06/11(月) 21:49:39 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
祝、3連覇☆
さっちさん、ラファの勝利がとってもとっても嬉しいです(ニコニコ)
ハードコートでのあの不調振りがウソのようですね。

さっちさんのコメントが楽しみです。
またあとで寄らしてもらいます。
ようやく少し、眠くなってきたもので(苦笑)
2007/06/11(月) 02:50:39 | URL | のびた #T5DPT7Jo[ 編集]
優勝!!
>ゴランさん

さっそくコメントありがとうございます。もううれしくて舞い上がってしまっています。

王者がもっとネットに出てくると私も思いましたが、強打に徹してきましたね。第1セットは…もう生きた心地がしませんでした。いつ破られてもおかしくないし、第1セットをもっていかれるとかなりやばいと感じていたので、早くも敗戦を覚悟していましたが、あそこを乗り切って第1セットをとれたことは本当に大きかったですね。

フォアに回り込んでの強打など、王者も積極的に攻めてきてプレッシャーをかけていましたが、やはりナダル君の回転に苦しんでいたのか、ミスがとても多かったですね。相当打ちにくいんでしょうねあれ…。

グーガがスーツ姿で登場したのにはびっくりしましたね。自分もスーツじゃなくてテニスウェアでここに来たい、て言ってましたね。グーガが髪をさっぱり切ってかっこよくなっていたのはうれしいけど、活躍していたころのもじゃもじゃが印象的なのでちょっとさみしい気もします。

さてナダル君次のウィンブルドンは…まあ去年のポイントを守るのは相当大変だと思いますが、体力的には去年より余裕ありそうなので、がんばってくれると思います。
2007/06/11(月) 02:03:41 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
おめでとうございます!
ナダル優勝、おめでとうございます!

横綱テニスですね。
本当に追い込まれても動じない、ミスしない。
フェデラーが去年みたいにネットに出なかったので、ナイスショットは少なかったと思いましたが、堅いディフェンスで相手の攻撃を壊した感じがしました。
やはり堅い守りがこのコートでは最大の攻撃なんですね。

王者は運がなかったし、今日は調子が悪すぎましたね。
調子が悪い中で、ブレークポイントを10個も掴むのに、それを捕りきれない。
ナダルの良さもあったし、調子の悪さもあったのですが、見ていて勝負の女神がフェデラーを嫌っている気がしてなりませんでした。
あまりこんなことは考えないのですが、神様がフェデラーに意地悪をしているような感じでした。
ここが取れたら…と思いました。

フェデラーが顔をしかめて、額が皺くちゃの顔が印象的です。
ただ、いいショットはあったと思います。
バックのクロスでナダルのフォアを壊したり、バック同士のラリーはうまくいっていました。
しかし、ナダルの堅い守りと、自分のイージーミスで今日するべきことを途中から忘れてしまった気がします。
仕方ないんでしょうね…
前半はほとんどなかった不用意なネットプレーが増えてしまいましたね。

ところで、クエルテンがプレゼンテーターをやっていて驚きました。
もう引退したかのようで、フェデラーの表情同様なにか寂しいものを感じました。

ナダルのスピンの回転数、これが今年のテニスを支配するんでしょうか。
ナダルの体が無事である限り、クレーでは連勝が当分続きそうですね。
次は昨年のウインブルドン準優勝がフロックでないことを証明しそうですね。

おめでとうございました。
2007/06/11(月) 01:36:05 | URL | ゴラン #-[ 編集]
いよいよ
>アイリーンさん

イバノビッチはほんとうに緊張していたようですね。スライスサーブを大きくはずして苦笑いしていたのが印象的でした。やはり決勝戦というのは特別なものなのでしょうね。

東レの決勝もヒンギスの前にいいところなく敗れましたね。来年はぜひ東レでも大活躍してほしいと思います。ウィンブルドンでどんなウェアを着るのか楽しみ!今まで着てたものは当然だめでしょうしね。

エナンはさすがでしたね。今クレーでエナンを倒せる人はいないでしょうね。エナンも次のウィンブルドンは挑戦者の立場で、気分を新たにまたがんばってほしいです!

モリックは怪我から復活してシングルスはなかなか厳しいけれどもダブルスでこうやって結果をだして、これがまたシングルスの励みになるといいなと思います。杉山さんも、残念でしたが、いいペアだと思うのでいつかこのペアでグランドスラム優勝をしてほしいですね!

もうすぐ決勝戦ですねー。心配でもう胃に穴が開きそうです(笑)。あと数時間後には結果がわかっているのかと思うと…。でも、今のナダル君であればきっと自分の力を出して栄光をつかむだろうと思います。
2007/06/10(日) 20:38:02 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
さすが!
さっちさん、こんにちは^^

イバノビッチ、緊張ガチガチでしたね。
あの伸びのあるフラットボールを見たかったのに、
なかなか自分のショットを繰り出すことができませんでした。
可愛いから応援していたんですけどね。
東レでも彼女の写真を撮って、可愛いと思いました。
あの球質なら芝もいけるかもしれませんね。

エナンはさすがでした。
相手は関係なく自分のテニスを見せつけて
圧勝でしたね。
封筒からメモ、流行るかもって私も思いました。

昨日の愛ちゃんの試合、相手がモリックだったので
複雑でしたが、モリックのサーブとストロークは
重そうでしたね。
彼女のカッチョイイテニスが帰ってきて、嬉しいです。
愛ちゃん残念だったけど、楽しそうに試合していたので
いいパートナーに巡り合えて良かったと思いました。

とうとう王者とラファの対決ですね。
やっぱりこの二人は精神的に強いです。
ショットも更に強くなってるし、どんな試合に
なるんでしょうねo(^o^)o ワクワク
2007/06/10(日) 11:40:38 | URL | アイリーン #7NtR3EzI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。