Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レースランキングとエントリーランキングの関係
2007年07月09日 (月) | 編集 |
Road To Shanghai ATP 2007 RACE

7月9日付

1位 Rafael Nadal 886p
2位 Roger Federer 801p
3位 Novak Djokovic 561p
4位 Andy Roddick 329p
5位 Nikolay Davydenko 325p
6位 Fernando Gonzalez 293p
7位 Ivan Ljubicic 280p
8位 Richard Gasquet 257p
9位 Mikhail Youzhny 249p
10位 Guillermo Canas 241p


テニス界には男子も女子も2通りのランキングがある。男女のシステムの違いはよくわからないけれども、男子の場合でいうと、過去1年間の大会の成績によるポイントを元に計算されるエントリーランキング、いわゆる通常言われるランキングと、年末のTMCの出場者を決めるためのランキングとされる、1月1日にすべての選手が一斉にゼロスタートとなって加算していくレースランキング。数字を見ると一見全くかけ離れたように見えるこの2つのランキングは、実はそんなに別物というわけでもない。

レースランキングのほうは、全員ゼロからで加算されていくだけ。試合をすればするだけポイントが入っていく。(ポイント加算が制限される大会もあるけど)
エントリーランキングは1月1日の時点はすべて前の年に得たポイントによるもので、それが日を重ねるごとにその年のものに置き換えられていく。去年と同じ大会で同じ成績を出せば点数はそのまま、同じ大会でよりいい成績を出せばポイントはアップ、逆に前年より悪い成績だったら、ダウンする。そして、だんだん月日が過ぎて、1年のシーズンが終わって、エントリーランキングのポイントがすべて今年のものに置き換わったとき、それはレースランキングと完全に一致する。

何が言いたいかというと(^^;)、ウィンブルドン終了のこの時期にナダル君がまだ1位にいるということが奇跡的なわけで…これはまさしくカニャスの功績によるものである…あのアメリカ2連戦は大きかった…。そして、今の時点で1位であるということで、ナダル君にはまだ今年王者を抜いてナンバー1になるチャンスがわずかに残っているということだ。このまま1位をキープしてシーズンを終了すれば、それはすなわち今年の終わりにはエントリーランキングで1位になるということを意味する。

現在のエントリーランキングでは1位と2位の差は2000ポイント、とてつもなく大きいように思えるけど、これは去年王者がAMS2つと全米で得た去年の2000ポイントが残っているだけなのだ。もちろんナダル君にも全米のベスト8の分があるけども、それ以外はぱっとしない成績だったのでほとんど考えなくてもいいだろう。

あの2000ポイントをもう半分きった今シーズンでどうやってひっくり返すんだろと思うと気が遠くなるけど、なんのことはない。これ以降の大会で常に王者より上の成績であればよいだけなのだ。そうすればレースランキングで2人の差が縮まることはない。
しかしそんなことが可能だろうか?

2人の差は85点か…AMS1つで十分ひっくりかえる数字だ。うーん。うーん。うーん。便秘じゃありません。
こうなると、夏のアメリカハードコートシーズンがやはりキーになってくるだろう。土と芝で互いを退けて痛みわけした格好になり、もはやライバル関係は確立したかに言われているけど、私はまだそうは思えない。ハードコート、デコターフでの実績に大きな差がある。全米や全豪ではナダル君はベスト8より上に進んだことがない。一方王者は全米3連覇、全豪…何連覇?多くて忘れた…とにかくたくさん優勝している。この実績を考えれば、レースランキングでひっくり返るのは時間の問題、ナダル君の天下も風前の灯…とまたネガティブシンキングしてしまいたくなる。

土や芝と違い、ハードコートはランキング上位の選手が得意にしているケースが多い。アメリカ選手はこの時期一番元気がよくなる。サーフェスが天候に左右されにくいし、イレギュラーもない。現代のスピードテニスが一番輝きを放つのは、この夏のアメリカシーズンだと、私は思う。だからこそ、戦いはより激しさを増す。

ナダル君には天敵が多い。特にジェームスブレイク。そしてベルディヒにもハードでは負けているし、ユーズニーにも2連敗中。他にも強い選手はうようよいる。王者は今まで立ちふさがってきたあらゆる難敵を倒してきた。ナダル君があらゆる天敵を退け、その最強王者と、フラッシングメドウのコートで再びネットをはさんで向かい合った瞬間こそ、初めてライバルといえる瞬間なのではないだろうか。今年それがナダル君にできるか。それがNo.1になるために彼に与えられた大いなる試練である。それができなければ、永遠にNo.2に甘んじているしかないだろう。

…話がどんどんずれちゃった…(^^)…。
つまりレースランキングというのは、単にマスターズカップ出場者を決めるためのものではなく、今年の最終エントリーランキングに向かってのレース、という見方もできるというわけですな。これを見ると第3の男の称号はジョコビッチでほぼ決まりという気もしないでもない。

ナダル君がこの1位を11月まで守れるのか?抜かれるのは時間の問題なのか?昨日の教訓から、私はもう信じきることにしたよ。てまあ今の時期だから言えることなんだけど。1ヶ月後のことなんてしーらないっと。(無責任)
最後の記事となったこのランキング更新を、この言葉で締めくくることにしよう。
必ずや、この先1位を誰にも譲ることなくナダル君が2007年をレースランキング1位で終了する。…る…る…(く…苦しい…いやきっと大丈夫だ…う~)。がんばれよ!信じているからの!ばもす!


そのほかは、うれしいところではガスケ君がトップ10入り!そしてエントリーランキングでも自己最高の7位です。ほうらきたきた~、いよいよガスケ君がジョコナダルに割ってはいるときが近づいてきましたよ。



そのほか注目

31位(←41位) Jonas Bjorkman 107p
47位(←57位) Fernando Verdasco 74p


4回戦進出のビョークマンは31位と大きくアップしてますね。これなら今年トップ50で終了も夢じゃないかも?しかしダブルスが今年あまり調子よくないのが気になる。TMC大丈夫かなあ。

ベルちんはアンディに敗れましたがこちらもウィンブルドンは3回戦進出。テニスセンスはナダルより上、と丸山薫さんが言っていたのが忘れられない。


51位(←73位) Janko Tipsarevic 70p
71位(←81位) Hyung-Taik Lee 48p


この2人はウィンブルドンではダブルス組んでいましたねー。1回戦がずーっと行われなくって水曜日にやっと終わりましたね。というのも2人ともシングルスで活躍したからで。特にティプサレビッチはもうここで何度も書いたあのゴン戦でベスト16入り。エントリーランキングは48位とこちらもトップ50内に入ってきました。AMS本戦はストレートインは…微妙かなあ。

ヒュンタクはウィンブルドン3回戦進出でベルディヒに敗れました。うどむちょ君といいヒュンタクさんといいアジア勢がんばってますね。日本人にも励みになります。そういえば韓国も9月のデ杯プレーオフでWG入りをかけて戦いますね。日本同様がんばってほしいと思います。

デ杯といえば、このティプサレビッチがいるセルビアはオーストラリアとなんだね、プレーオフ…これはオーストラリアWG落ちの大ピンチです。今テニス界でもっともアツい国セルビアと戦わなければならないなんて…くじ運わるい…。しかもジョコビッチだけで十分脅威なのに、ティプサレビッチがこんなに強くなってきているし、ダブルスはジモンジッチもいる。しかもホームはセルビアでクレー。オーストラリアはこの危機を乗り越えられるか。でも私は実はこそっとセルビアを応援…レイトンすまぬ。レイトンの復活をも私は信じている。地元の全豪でいつか優勝する日が必ずくると。そしてアンディがいつかウィンブルドンを優勝することも、信じている。


81位(←109位)Edouard Roger-Vasselin 37p
84位(←168位)Jo-Wilfried Tsonga 35p
86位(←120位)Wayne Arthurs 33p

 
Roger-Vasselin さん(読み方よくわからない)はウィンブルドン3回戦進出。同国のガスケ君に敗れました。こちらも4回戦でガスケ君に敗れたツォンガ。やはり大きくジャンプアップしている。エントリーもトップ100に入りましたね。一度ツォンガのプレーみてみたい。

アーサーズは、3回戦進出。その3回戦ではビョークマンとのベテラン対決で大いに沸かせてくれました。そして引退を…決めたのかな?まだかな?でももうその日は近いでしょう。貴重なボレーヤーがまた1人減っていきますね…。


というわけで。突然ですが、2年の長きにわたってやってきましたこのブログ、いったんここらで筆をおきたいと思います。特に深いきっかけがあったわけじゃないのですが、なんとなくそろそろやめどきかなと。。ウィンブルドンで最後終わろうとちょっと前から考えてました。毎日しこしこしこしこ凝りもせず書いてきて、いろいろ楽しかったですが、ちょっとのめりこみすぎたかなという気がしてます。シーズン途中でなんなんですが、まあちょうどFC2にやってきたのが一昨年のウィンブルドン途中だったので、2年というのは区切りとしてはいいかなと。

情報を探して追いかけることは、楽しいこともあるけど、余計なこともたくさんあります。一度初心に帰って、テレビで楽しむだけの、インターネットがなかった子供の頃に戻って画面でだけ楽しんでいたあの頃に戻ってみたいという気もしてきたので。だからガオラやWOWOW、NHKでこれからもテニスはもちろん楽しみたいと思ってます。もちろんATPサイトで結果を見たりはするかもしれないけど、あまり深くいろいろ追いかけることはやめてみようかなと。そのほうがテニスというスポーツを純粋に楽しめるのではないかとも最近考えるようになりました。

もっと肩の力を抜いて楽にやればいいじゃんて思うのですが、やっぱだめなんです。書き始めると、つい頑張ってしまう。それが私のスタイルなので。なので、やるか、やめるか、どっちかひとつ。それで今回はやめると取ってみることにしました。でも、気まぐれな性格なのでそのうちまた舞い戻ってくるかもしれませんが(笑)。まあ今年いっぱいはないでしょう。来年はわかりませんが???

今までたくさんの方から暖かいコメントをいただき感謝しています。おかげでここまで続けてくることができました。おかげでたくさんの選手の魅力に触れ、テニスがより好きになれました。今までは自分のブログ書きに忙しくてなかなか他の人のところにコメントできなかったので、これからはいろんな人のところに出没するかもしれません。その際はどうぞよろしくおねがいします。

2回お送りしたさっち杯ATPアウォードの際はたくさんの方のご参加ありがごうございました。いい思い出がたくさん出来ました。
ごえもんはそのうちいなくなります。他のブログか新しく始める(かどうか決めてないけど)ブログに移す予定です。あやつはブログの記事がご飯なので、書かないブログに置いておくと餓死してしまうので(^^)。ごえもんともどもお世話になりました。

念をおしますが、永久にやめるわけではありません(笑)。あと、別でやっているお気楽雑感ブログは細々とつづけていこうと思ってますので、どうしようもなくおひまなときはぜひ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
はじめまして~&アメリカ人がんばれ
>みつかさん

はじめまして!せっかくコメントいただいたのにこんなことになってしまいどうもすみません。でも今まで読んでいただいていたとのことで、大変嬉しく思っています。

>いつもうなずきながら読んでましたよ

お恥ずかしい限りです。書いてる最中は気がつかないけど後から読み返してみるとかなり偏っている部分があったりするので(^^;)…公平に記述するというのは難しいものですね。

何度も書いてますとおり、もう永久にここには何も書かないと決め付けてはいないので、気が向いたら忘れたころに何かつらつら書くことがあるかもしれませんので、その際はまたよろしくお願いします。今まで読んでくださってありがとうございました。

>la merさん

2004年にアンディがデ杯でナダル君に負けたときはアンディのほうがずっと好きだったので、かなりあれはショックな負けでした。ナダルという選手はあの頃は完全に眼中になかった…今年デ杯で2人が当たるかもしれなくてとても楽しみでしたが、ナダル君が欠場してしまってとても残念でした。今年はIWで当たりましたが、今度は5セットマッチで対戦してほしいです。

私も基本的にはアメリカ選手が好きなので、全米ではナダル君とともにアメリカ選手にも期待しています。アンディを始めジェームスブレイクやフィッシュ、ジネプリや若手のクエリー君などにぜひがんばってほしいなあと思います。
2007/07/11(水) 21:14:23 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
>思えばla merさんは以前のマイぷれす時代に初めてコメントをいただいたんですよねー。
そうだったのですね。そういえばあの時はさっちさんはアンディ命だったのでしたね。その後すっかりナダル君命になってしまったので私としてはあの時正直寂しい思いをしてましたが、人のココロは本当いつ何かのきっかけで変わるかどうか分かりませんので仕方ないことです。私だっていつまた魅力的な選手が現れてそっちの選手の方に心奪われるか分かりませんし。

でもまた気が向いたらでいいのでアンディを応援してやってくださいな~

では再度のおじゃま失礼いたしました。
2007/07/11(水) 03:41:29 | URL | la mer #jaMxsxoU[ 編集]
お疲れさまです。
さっちさん、はじめまして。みつかと申します。
ずっと隠れファンやってました。今回でいったん筆をおかれるということで、とても寂しいです。

さっちさんのブログのおかげでテニスを見ること、そしてナダルのことも今まで以上に好きになりました。いろいろな選手のエピソードとても楽しかったです。ナダルのことに関しては、いつもうなずきながら読んでましたよ。

また戻ってきてくれるのを、心待ちにしています。
本当にお疲れさまでした。
2007/07/11(水) 03:37:21 | URL | みつか #-[ 編集]
これからもよろしくおねがいします
>ゴランさん

ゴランさんには長いこと本当にお世話になりました。ありがたいコメントもたくさんいただいて、感謝の言葉もありません。関西地方に足を向けては寝れません(^^)

ナダル君はいつもがんばりすぎて体を壊してしまうので、今回がどうなのか心配ですが、クレーシーズンのダメージが今年は少ないので大丈夫だと思います。ウィンブルドンは不運にも連戦になってしまいましたが、モントリオールではまた元気な姿をみせてくれるでしょう。ガオラで見れるのを楽しみに待っていたいと思います。

仕事を続けながらこのブログを続けるのはほんと大変でした(笑)なんでここまで頑張ってしまうのか自分でも呆れてましたが、やるとやめられないんですよねー。凝り性というか…でも楽しかったです。でも、やはり長くはつづけられませんでした。

マレイ君がウィンブルドン出場できなくてとても残念でしたが、これから将来がある選手だから、やはりムリはできませんよね。ギルバートさんはすばらしいコーチだから、今回の欠場はきっとマレイ君にとって正しい選択だったのだと思います。来年はぜひぜひ頑張って欲しいと思います。私もマレイ君とナダル君のあのお話は読んだ瞬間とても感動して、これは絶対に書かなくては!と思いました。2人の新たなドラマが今後生まれるといいですね。

ここで記事を書くようになって、音楽やほかの趣味をやる時間がすごく減ってしまったので、これからは少し昔に戻って少しテニスからは距離を置いて自分の生活に集中したいと思います(^^;)。でももちろんテニスは見るし他のテニスブログなどを拝見させていただこうと思ってますので、これからは自分がコメントする側になっていろんな人とのつながりは大切にしていこうと思っています。

デント!そいえば最近珍獣の話をあまりしませんでしたねー。デントはいつ試合に戻ってきてくれるのでしょうか…USオープンに間に合うといいなと思うのですが…ロドラのエピソードはほんとおもろかったですね~。忘れられません。ロドラもそういえばウィンブルドンダブルス優勝しましたね。

アウォードをそれほどまでに楽しんでいただいてとても嬉しいです。そうですねえあれはやってもいいかも…でも7月以降のことはあんまりわからないだろうから、やっぱ無理かな…検討します。他に誰かやってくださる人はいませんかね?そしたら私は絶対に参加するんですが。

またふらっと何か書くかもしれませんので、そのときはよろしくお願いします。

>la merさん

思えばla merさんは以前のマイぷれす時代に初めてコメントをいただいたんですよねー。懐かしい…あの頃はアンディ命だったのが今はすっかりナダル命になってしまって、人間の気持ちはこうも変わるもんかと思ってしまいます…(- -;)でもアンディを好きな気持ちは決して変わりません!来年のウィンブルドン決勝がアンディVSナダル、になってくれれば私的にはいうことなしです。今年もその可能性はあったんですが…いつかその夢が実現するようアンディには頑張って欲しいと思います。

>ネットの世界は麻薬のように一度のめり込むと簡単に中毒になってしまうと思います

本当にそれはつくづく感じました。1年くらい前から、旅行や帰省でしばらくネットから離れることになるとそわそわしてしまっていたりして、…これはやばい…と自分でも感じていました(笑)。それに、書いてて知らずに他人を傷つけたり、みて自分が嫌な気持ちになったり、ということもネットを通してたくさんありました。だからこれからは必要最小限だけみていこうかなと思ってます。もちろんla merさんのところは必ずチェックしますので、これからもアンディ情報楽しみにしています。

>れいこさん

お久しぶりです!わざわざコメントいただいてどうもありがとうございます~。以前本のことでコメントいただきましたが、最近は本を読む暇もあまりなかったので、これからは少し読書にも励もうと思います(^^)。

たしかに続けるにはときどきガス抜きが必要でしょうね。不器用でなかなかそれができませんでした。長く続けるって本当に大変ですね。れいこさんはいつまでも続けていただきたいと思います。

情報といえばやはりれいこさんのところですね。情報を集めるのは大変なことと思います。テニス情報は見ないといいつつやはり気になるときは、そちらでいろいろ拝見しながらのんびり楽しみたいと思います。






2007/07/10(火) 23:26:56 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
コメントにいきます
>のびたさん

私ものびたさんと出会えて(というかまあ実際にお会いしたわけではありませんが)とても嬉しかったです。あんなおいしいものまでいただいて…うふふ…(思い出しよだれ)。ナダルくんを応援している人がこんなにいるんだなあと、SMASH HOURSで感じることができたことがとてもうれしかったです。

好きだから苦にならなかった、というのは本当ですね。グランドスラム期間中などは徹夜に近い状態になりながら書いたりしてましたが不思議と気持ちは充実していました。でもブログ書きに精を出すあまりテレビで試合を満足にみれなくなって、これじゃ本末転倒だ!という気もありました(^^;)。

>ナダル君が、きっとさっちさんをその気にさせてくれる

それは大いにあり得ますねえ(笑)。ナダルくんが何か大きな栄冠に輝いた日にはスペシャル企画でもしてしまいそうです。そういうことがあればいいものですが(- -)。

今度はコメントでおじゃまさせていただくことと思います。ブログ更新は大変だと思いますが、がんばってくださいね!

>アイリーンさん

日本はヨーロッパやアメリカと時差が大きいのでテニス観戦も楽じゃありませんね。今回ブログすることで世界の時刻にかなり詳しくなりました(笑)。サマータイムのしくみもようやくわかりました。

ひとつの試合が生まれるまでには、生い立ちからいろんな事柄が裏にあるのだなあと思います。家族とのエピソードや、選手のこだわりなど、読んでいて勉強させられることばかりでした。みんなあんなに若いのに、しっかりしてますよね!見習うべき点が多く、書いていても励みになることが多かったです。

でもやはり、実際にテニスをされている方にはかないません。試合中の気持ちや技術的なここと、戦い方など、やはり本当にわかるのは同じことをしている玄人の方だと思います。そこらへんで自分の限界を感じていたのもまた事実です。そういうときアイリーンさんのお言葉がとても助けになりました。

私の中で一番頭に焼きついている試合は、2005年のマイアミ決勝です。あそこでナダル君が超おしい内容で王者に負けたとき、とっても残念で悲しくて、そこからどんどん好きになっていったのだと思います。まさか2年経ってこんなことになるとは…こんなに成長してくれて嬉しい限りです。でもまだまだですから、もっと成長して強くなっていってほしいと思っています。

アイリーンさんのきれいな写真を見ていつも癒されています。私は花を育てたりとかすごい苦手でして…(^^;)これからもときどきおじゃまさせていただこうと思います。

2007/07/10(火) 22:36:42 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
いつでも
その気になったら、テニス関連雑感だけでも書いて下さいね。

私もブログやネットにのめりこんでいるけど、延べにして年に2~3ヶ月ネット断ちに近い状態になることがあるから続けられるのかも。

テニス観戦、またフレッシュな気分で楽しんで下さいね。そして、、、see you soon again here... (no?)



2007/07/10(火) 21:34:29 | URL | れいこ #OSQS1JDQ[ 編集]
さっちさんこんにちは。

2年間、沢山の興味深い記事、主流の選手以外の生立ちなどを載せていただいてお疲れさまでした。そしてありがとうございました。

>一度初心に帰って、テレビで楽しむだけの、インターネットがなかった子供の頃に戻って画面でだけ楽しんでいたあの頃に戻ってみたいという気もしてきたので。
そうですよね。ネットの世界は麻薬のように一度のめり込むと簡単に中毒になってしまうと思います。いろんな人たちのいろんな意見が聞けて良いのと同時に、直接会って話さない分人を簡単に傷つけるような言葉も沢山どびかっていますので、いろんな良くないことなど変な想像してしまいつい悪循環になってしまうこともあります。そういう意味では、純粋に画面だけで楽しむのはいいことだと思います。

スレ違いですが、ナダル君の全英決勝での姿に感動いたしました。

また気が向いたらこちらに戻ってきてくださいね。
2007/07/10(火) 20:40:37 | URL | la mer #jaMxsxoU[ 編集]
お疲れさまでした
長い間お疲れさまでした。

今年のナダルは頑張りすぎでした。
特にクレーコートシーズンは破竹の勢いでした。
ナダルはウインブルドンが終わって、少し休んだ方がいいのかもしれませんね。
さっちさんもブログ頑張りすぎです(笑)。

私の社会人ですので、仕事を持ちながら何かを続けるということのしんどさを知っています。
ですので、いつも更新が絶えなかったことに本当に感心していました。
ただ、もう少し楽にされてもいいのかななんて勝手ながら思ってました。

詳しい事情は分かりませんが、楽にテニスを見られて、自由な時間が増えたら、それはすごくいいことなんだろうなと思います。
自由な時間がないと自由な発想は生まれないとテレビでも言ってました。

ここでいろいろなテニスの情報を仕入れられてよかったです。
私が一番よかった話はマレーとナダルの話でした。
マレーとナダルが全仏(全英)の決勝であたるときがあれば、そのときに記事がまた読めればうれしいですね。

あっ、あと一番悲しいのは「アワード」がなくなることです!
これだけは年に1回見たい!って思うのですが、難しいでしょうか・・・
最近見てないデント顔や、ロドラの話、懐かしいですね!

今まで楽しませてもらいました。
お体大切にされてください。
2007/07/10(火) 19:42:46 | URL | ゴラン #-[ 編集]
お疲れさま~
さっちさん、なんと言ったらいいのか・・・
やっぱり時差もあるし情報収集大変でしたね。
さっちさんの記事は単に試合だけを追いかけているわけじゃなく、選手の裏側にもスポットを当ててくれて、興味深く読ませていただきました。
とっても寂しいけど、書きたくなったらまた戻ってきて下さいね。

ただ純粋に試合を追いかけるのも楽しい物です。
昔はそれしかなったんですものね。
だから頭の中に焼きついている凄い試合がいっぱいあります。
大好きなナダル君を心行くまで応援して下さいね~
いろいろありがとうございました。
お花が見たくなったら、遊びに来て下さいね~♪
2007/07/10(火) 13:16:32 | URL | アイリーン #7NtR3EzI[ 編集]
お疲れ様でした♪
さっちさんのブログに出会えて、テニス観戦がより面白くなったたくさんのファンの一人です。
2年間、たくさんの記事をありがとう。

1本の記事をまとめるに当たって、情報収集が本当に大変だったことと思います。
好きだから、苦にはならなかったと思いますけどね。

さっちさんのことだから、いつかまた何か書きたくなるはず。
ナダル君が、きっとさっちさんをその気にさせてくれるとわたしも信じています♡
ごえもんとともに戻ってきてくれる日を楽しみにしています。

たまにはウチにも遊びに来ていただければ嬉しいかも。
2007/07/10(火) 07:25:21 | URL | のびた #T5DPT7Jo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。