Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最終戦の切符の行方
2007年10月15日 (月) | 編集 |
10月8日付

1位 Roger Federer 1171p
2位 Rafael Nadal 1012p
3位 Novak Djokovic 802p
4位 Nikolay Davydenko 485p
5位 Andy Roddick 466p
6位 David Ferrer 424p
7位 Fernando Gonzalez 331p
8位 Tommy Robredo 327p
9位 James Blake 321p
10位 Richard Gasquet 320p

マスターズカップ出場決定者
グランドスラム決勝進出者



テニスシーズンも大詰めです。グランドスラムが終わって秋のインドア、カーペットシーズンに突入していますが、もう今年もすっかり終盤になってしまいました。はぁ~今年もいろいろあったけども、月日の経つのは早いのう…と感慨に浸るのはまだ先の話。終盤といえば、そう!最後の最後のマスターズカップに向けて出場権争いに拍車がかかって白熱してくるのがこの終盤のおもしろさですよね。本当は15日付の最新ランキングを書きたかったのですがATPのランキング更新が月曜昼なもので…1週前のバージョンですいません。まそんなに大きな変動はないと思いますが。

すでに今年圧倒的な力を見せ付けた3人が出場を決めています。残りの切符はあと5枚。グランドスラム優勝者はすでに出場決めているので、GS特典も関係なし。文字通りポイントガチンコ勝負となりました。

全米、デ杯後から早速激しいレース展開が続いていますが、秋のアジア、ヨーロッパインドアシーズンで大きくポイントを伸ばしたのが、6位のフェレル君ですねー。日本オープン、第1シードとして出場してみごと優勝!しかもAIGはIS goldだからポイントも高かった。東京優勝で大きくポイントを伸ばして下位に90点あまりの差をつけて6位。出場が確実とまではまだいえないけどもか~な~り~濃厚といってもいいのではなかろうか。ロブレド君も同じ週にMetzで優勝してましたね。クレーじゃなくてもスペイン勢は強い強い。ロブレド君は去年初出場したときにいろいろとケチをつけられていたけどあれはかわいそうだった。今年もぜひ出場決めてヘンなことを言った人々を見返したいね!

フェレル君は決勝のガスケ戦圧勝だったけど、準決勝のカルロ師匠(いつのまにか巨人くんが師匠に)戦の勝利がすばらしかったですねー。師匠は今年絶好調。今年だけですでにタイトルを、えーと先週のストックホルムも優勝したからこれで3つか!ほんと絶好調。その師匠をストレートで破ったのを見たときは、これは勢いだけでない本物の強さを感じました。高速サーフェスでは今ナダル君より上かも。マドリッドもやってくれそうな期待もりもりです。

それから…ニコちゃん(ダビデンコ)は地元のモスクワ優勝しましたね。決勝戦はネットでライブで見たけども、厳しい内容だったけど大事なポイントでの集中力に差があったかな…私はマチュ~くんを応援してたのでちょびっとがっかりでしたが、でもニコちゃん見事な優勝でした。これでさらにポイントを伸ばして2年連続TMC出場にまた1歩近づきました。

がっかりつながりでちょい話がそれますが、ウィーンの決勝戦もちょこっとネットで見ました(最近ネット観戦にはまっている)。スタン君残念でした~orz。ツアー初優勝したときも相手がジョコだったので今日もちょっと期待していたんだけども、やはりジョコは強かった…第3ゲームの長~いデュースゲームブレイクされたのが痛かったね…でもロペス君やフェレロといった強豪を破っての準優勝見事でした。来年はきっとどこかの大会で…いやまだ今年残ってるか。バーゼルの大会出るかな?出ればそこに期待しよう。

ジョコビッチはほんとに強くなりました。フェデラーナダル以外には負けない!実際グランドスラムも負けたのは全部ロジェ君かナダル君だし。他の大会でもまあ以前モヤちんとかフェレル君とかに負けたけども、ランキングが下の選手になかなか負けないというイメージがある。ウィーンも結構きつい試合が多かったみたいだけど、最後は見事な勝ちっぷりでした。

おっと話がまたそれた。閑話休題。それからインドで優勝、東京で準優勝とこのところ好調のガスケ君が10位につけましたね。ガスケ君にもぜひTMC出てほしいなあ。今年のウィンブルドンのアンディ戦のすんばらしい勝利でひとつ殻を破ったかなと思うけども、まだまだもっと爆発してほしい。ナダル君のライバルは私は今でもガスケ君だと思っている。ジョコビッチに抜かれてしまったけどまた早く追いついてほしいな。さすがにウィーンは疲労で棄権しちゃったけど、マドリッドにはまた元気な姿を見せてくれることでしょう。9位のジェームス君はストックホルム2連覇中でしたが、準決勝惜しい敗退でした。5つマッチポイントがあったようですが…う~む。今年こういうの多いですねジェームス君。去年TMC大活躍で準優勝しているだけに、出場すらできないとなると来年のランキングがかなりやばいことになりそう。

11位にはベルディヒ、12位にはハースとこちらもまだまだ可能性ありますね。そしてモヤちん!ああモヤちんにもがんばってもらいたいなあ。ベルディヒはパリ優勝などこのインドアシーズンは比較的得意にしているから、逆転の可能性も十分ありますね。

とまあすでにいろいろ語れますが(笑)、なんといっても、このTMC出場への鍵となるのは、AMS、マスターズシリーズ!International Seriesの大会とは違ってAMSはポイントが無条件でまるまる加算される。しかもポイントが大きい。そこで活躍すればするほど、上海出場の可能性はもりもりもり~っと膨らむのだ。なんだかんだいってもAMSで活躍できるかどうかが大きな鍵になる。ここでガオラ出場決めちゃったりしたらもう…もちろんパリもありますが。

しかしまずはマドリッド!いよいよ明日、日付が変わって今日からその久々のマスターズシリーズ、マドリッド大会が始まりますねー。ドローも発表されて楽しみなんだけども。地元とはいえサーフェスがサーフェスだから必ずしもスペイン勢が有利とは限らない。特にボトムハーフ陣はナダル君が足の調子などがわかんないしだいたい得意なサーフェスじゃないし、ガスケ君やベルディヒ、ジェームス君などにとっては大きなチャンス。少なくともフェデラー山よりはいい。ま優勝はおそらく…ロジェ君だと思いますが…準優勝、ベスト4でも大きくポイントアップになるもんね。

ナダル君は今大会はどうなんだろうなあ。全米後は足の治療のために2週間以上なんもできんかった~、と言っているようですが。だいたいサーフェスが得意じゃないしなあ。去年は敗れたベルディヒ戦思い出しますねー。ひどいブーイングで、ベルディヒかわいそうだった…今年も微妙にドロー近くだけどもまたナダル君と当たったらまたブーイングされるのかなあ?それだけはやめて欲しいけど、またやりそうだなあの観客。ナダル君も今年は大人な対応をしてほしい。

思えば2年前ここで優勝したんだよなあ、今考えると信じられん。あの頃は優勝しまくってたし、勢いがすごかったから優勝も当然とは思わなかったけどありかなという感じだったけども、今から考えたらあれは奇跡みたいなものだったなあ。去年のほうがまあ順当だったという感じも…今年は奇跡が起きるんでしょうか。


そして、私がこの終盤戦期待している人物は…、フェルナンド・ゴンザレス。そう1月だけ絶好調であとのシーズン人が変わったみたいに絶不調続きのゴンちゃん!なんで?

いやそれは上のペンギンマークに理由があるんだ。あれをわざわざ書いたのはそのためなのさ。ペンギンには深い意味はないのですが。グランドスラム決勝進出したということで、ゴンちゃんにはぜひマスターズカップに出てほしい!そう思うのです。前にも書いたことあるかもしれないけども。他の決勝進出者はあの3人なので、あとゴンちゃんだけなんだよね、出場決まってないの。全豪のときのゴンちゃんはすばらしかったよ…なぜこんなに変わってしまったのだろうか。おそらく気持ちの問題が大きいんだと思う。
ジェームス君、ナダル君、ハースと立て続けにストレート勝ちして圧倒的に強かったゴンちゃん、あの姿をもう一度みたい!同じ人なんだから出来ないはずはない!もう一度あのときの強いゴンを見せておくれ。ガオラで待ってるよ。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
神ナル
>ゴランさん

ナルバンディアンAMS初優勝おめでとう~!!
いやはやすばらしい1週間でしたねー。いつぞやのジョコビッチみたいに、トップ1、2、3を全員倒しての優勝ですから、これは快挙ですね。もちろんナルは今までもGS優勝する力もあるといつも言われていたから不思議ではありませんが。しかもAMS初優勝なんて。タイトルが少なすぎです(- -)

決勝戦はホークアイの故障やら設備のハプニングやらなんだかいろいろありましたが、ちょっとイラつきぎみの王者ロジェ君に対してナルはわりと涼しい顔をしていたので、これは集中している…ひょっとして…?いやでも最後はやっぱり…かなぁ~と、期待だかなんだかわかんない感情を持ってみてました(笑)

第2セット以降じわじわストロークで真綿を締めるがごとく王者を追い詰めていくナルなんて…びっくりです。しかもシーズン終了間際になって(^^;)今までの不振が嘘のようなプレーぶりに、改めて予想というのは難しいもんだと思いました。

>ナルは迷いがなく安定感のあるフラットのショットを連発し、フェデラーはそれをうまく技で交して打ち合いを避け、一発に賭ける

まさにその展開でしたね!一発の力のあるロジェ君にいつ流れを変えられるのだろうかとやきもきしていましたが、最後まで逃げ切ったというのが大きいと思います。いつも他の選手含め最後王者にうっちゃられる場面を嫌というほど見せられていましたから。。。

でもやはり、テニスはグランドスラム、とも思います。もちろんAMSも大切ですが、やはりグランドスラムでこれができるかというとなかなかまた簡単にはいかないんでしょうねぇ…まだまだ圧倒的にグランドスラムで優位を保っている王者の牙城が崩れつつあると言うにはまだ早いかなあとも思います。来年以降誰が最初にロジェ君のGS決勝進出をストップさせるのか、そして王者がどうそれを防ぐのかというのが来年の私の楽しみです。(まだ今年終わってねー)
2007/10/23(火) 19:54:59 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
ナルバンディアンおめでとう!!
こんにちわ。

ナルバンディアン、優勝すごかったですね。
まさに2003年のマスターズに出てフェレーロやアガシと渡り合っていたあのときの勢い、いやそれ以上でしたね。

2005年のTMCのことを熱戦、名勝負とGAORAの解説陣は熱く語りますが、自分の中ではいつも納得できませんでした。
足の調子がよくないフェデラーに対して、ドロップショット連発でポイントを取っていたあの試合のどこが名勝負なんだろうって。
確かにスコアだけ見てたらそうかもしれませんが、2人とも痛々しいだけの試合でした。

しかし、今回は違いましたね。
お互い体調は万全で、ナルは迷いがなく安定感のあるフラットのショットを連発し、フェデラーはそれをうまく技で交して打ち合いを避け、一発に賭けるという感じでしたね。
お互いのよさが存分に出た試合だったと思います。
それだけにフェデラーは悔しかったんではないでしょうか。
試合後、少し呆然としていたのが印象的でした。

フェデラー、ナダル、ジョコの3連勝は本当に驚きましたね。
それだけの力がある選手だということを証明しましたね。
マドリッドのような高速コートは本当に好きなんでしょうね。
(来年からなくなる?ので残念でしょうね)
年末最終戦にナルが出られないことが残念ですね・・・

フェデラーは昨年と比べてポイントは上なんでしょうけど、何か圧倒的な感じが少しなくなってきましたね。
確かに4大大会はしっかり抑えるのですが、それ以外の大会ではポロポロ取りこぼしをするようになってきましたね。
まあ、それだけ他の選手がマークをしているので、それは仕方がないことなんでしょうね。

2007/10/23(火) 07:45:33 | URL | ゴラン #-[ 編集]
ナルナル対決
>ゴランさん

こんにちは♪昨日のナルナル初対決はネット観戦しました(´艸`)
とにかくナルのリターンが強烈だったです!もともとリターンが強いとは言われていましたが、いやー昨日は圧巻でした。それでナダル君はサーブでプレッシャーかかって2ndあまくなってまた叩かれて…どつぼにはまってしまっていました(- -)
一方ナルはウィナーもクロスありストレートあり、おもしろいように決まっていました。なんか2003年活躍していた時期を彷彿させる感じでした。
逆にナダル君は決めのショットをことごとくミスして、長いラリー戦になる前に自分からミスしてしまう場面があまりにも多かったですねー。スマッシュを完璧に切り返された場面は全豪のゴン戦で逆クロスを完全に切り返されたあの場面によく似てました。あのとき以来の完敗です。負けたっていうか「destroy」という感じ…とほほ。尾をひかなければよいですが。

やはり怪我で長く戦列を離れていたから実戦不足なんでしょうね。マレイ戦はうまく逃れましたがナルは一枚も二枚も上手だったようです。残念ですが、でもこれで2年連続欠場しているバーゼルとパリには今年こそは出られるかなと期待してます。やっぱもっとたくさん試合をしないといけませんよね!TMCにむけてうまく修正して言って欲しいと思います。

ゴンちゃんも残念でした。あと一歩でガオラならずですか~。ニコちゃん(キーファー)は怪我から復活してきましたね。ときどき王者に善戦することがあるから、今日の試合は勝敗はともかく内容に期待したいですね。

ジョコビッチはこれで完全に「第二の男」が視界に入ってきました…v-11ナダル君No.2の座が危うし?1位を狙うどころか2位陥落の危機(T T)でも今回は全米決勝の再現をまた見たいという気もしますね。カーペットなら王者のほうが強いでしょうね。もちろんナルとニコちゃんにもがんばってほしいです。
2007/10/20(土) 15:04:08 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
初対戦
ナダル残念でしたね。
マレーを競り合いで退けて、これなら行けるかなと思っていたら、伏兵ナルに完敗でしたね。
内容はわかりませんが…

ナルとナダルは初対戦だったんですね。
何回か実現しそうなことがあったのですが、その度にナルが負けてしまってました。
ナルはバックがうまいので、ナダルのフォアに対抗できるでしょうから楽しみだなと思っていたら、予想外の圧勝で驚きました。

ゴンチャンは残念でしたね。
だんだんよくなっているようですが、乗りきるところまでは行きませんでしたね。
逆にキーファーはノリノリのようですね。

フェデラーも言っていましたが、キーファーは短いセットであればとんでもないほどいいプレーをするとのことですので、グランドスラムでないこの大会でしたらチャンスがあるのかも?なんて少しだけ思いますが、厳しいでしょうね…

王者は相変わらずスイスイですね。
あとはジョコ!安定感が出てきましたね。
往年の王者のライバルのフェレーロを封じ込められたのを聞くと、時代の変化を感じますね。

2007/10/20(土) 13:42:51 | URL | ゴラン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。