Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TMC開幕
2007年11月10日 (土) | 編集 |
女子のほうはWTAチャンピオンシップが着々とすすんでますね(^^)。準決勝の組み合わせも決まって、楽しみ♪個人的にはエナンVSマリアの決勝を期待してますが、残りの2人がそれを阻むことができるかな?最近展望だけ書いて結果をスル~している日々が続いてますが、今回は結果もちゃんと書く予定です(笑)

そして男子のほうは!いよいよ明日開幕となりました。こちらは中国だから時差が少ないですね。ガオラでも早くも明日から生放送。ヤタ~ナダル山からのスタートだv(⌒o⌒)vだって去年はフェデラー山からのスタートでナダル君の試合が月曜になってちっとも生で見れなかったので。ちょっぴり嬉しい気分である。

それでは、選ばれた8人を順に見ていきましょう。

1.Roger Federer

今年も当然のごとくNO.1でフィニッシュしましたおなじみロジェ君です。今年はグランドスラムに限れば去年同様3勝を上げ相変わらずの独走ぶりでしたね。特に全豪はすべてストレート勝ちと、圧倒してました。他の大会も、全仏こそ決勝で敗れたものの土でも強さはぴかいち。芝と全米ももうなんもいうことなし…いつもと同じで言うことがもうありません…。しかしAMSでは、タイトルは2つと、例年よりやや少なめに終わりました。やはりアメリカの最初の2つでコケてしまったのが痛かった。そこから修正してきてグランドスラムにひきずらなかったのはさすがです。モントリオールとマドリッドでは決勝で敗れてしまいやや去年までの圧倒ぶりが影を潜めた感もないでもないけど、やはりグランドスラムの成績を見ればまだまだ優位は動かないといった感じですね。この大会も圧倒的な優勝候補として私は考えている。だってさー今回の組み合わせ…同じグループって…カモばっかりじゃないか(--)。もう勝ち抜けは決まったようなものである。RRで誰かに負けるとはとても思えない。

フェデラーは史上最強か、どうなのか、といろんなところで議論されているけども(笑)、私は個人的には、ローランギャロスを獲らない限り史上最強とはいえないと思う。彼があとどんなにウィンブルドンや全米で優勝してサンプラスのGS14勝を超えようが、来年ウィン6連覇してボルグを越えようが、あの土を制しない限り最強とはいえないよもちろん。アガシというその難業を成し遂げた人がいる限り、ね。ロッドレーバーとかもやってるけど、今のサーフェスの形態になってからおそらくアガシだけなんじゃなかろうか(違ったらすいません)。だから私にとっての史上最強は今んところアガシだ。アガシはやっぱ偉大だ。ロジェ君も来年は27才。だんだん力は衰えてくるし、若い選手も力をつけてくる。王者フェデラーがアガシを越えることができるのか。来年のローランギャロスでそれを達成できるのか。がんばれ!…と言いたいところなんだけど…私はナダル君が好きなのでできません(-人-)でもまあナダル君のRG4連覇を阻む人がいるとしたらロジェ君であって欲しいような…うーんやっぱやだ(なんだそりゃ)。

2.Rafael Nadal

今年「も」2位で終了。がんばってもがんばっても、こんなにがんばっても1位は遠い…そのうち疲れちゃってジョコに漁夫の利で1位を持っていかれちゃうのじゃないかといらぬ不安までしてしまうけども、まあランキングはあまり私は気にならないのでよいけども。今年のナダル君は…クレーは相変わらずすばらしくローランギャロスも3連覇できたけども、やはりそれ以降の特にハードでの戦いに疑問が残りました。結果ではなく。全米優勝したいなら、ウィンブルドンの後シュトゥットガルトに出ずにUSオープンシリーズに出るべきじゃないのか!?確かにシュトゥットガルト(あぁ書きにくい地名だ)は大きなすばらしい大会だと思うけども。まあ契約とかがあったから仕方なかったのかもしれないけど、それにしても先見性に欠けている。彼はやはりハードコートでの試合数が圧倒的に少ないのではなかろうか。クレーは子供のころからずっとやってきてるだろうし、もともと得意ってのもあるけど、ハードはそうではない。来年同じことをしているようなら、全米や全豪優勝はできないと私は思っている。

あとはやはり怪我の克服が大きな課題でしょうか。クレーで働きすぎてウィンブルドン以降故障…やはり今年もそういう流れになってしまいました。マドリッド、パリは神ナルに負けたのでちょっと微妙だけれども、やはり怪我もあり試合不足だったというのもあるのではなかろうか。でもパリの敗戦はよい試練になったと思う。ナダル君はやはり、あまりにも順調にトップにきてしまったために、敗戦の経験が少ないのだと思う。もちろんジュニアの頃は辛い敗戦もあっただろけども、20才を過ぎてブレイクしたロジェ君や今のナルと比べると、ね…。ナルには2003年の全米準決勝という辛い敗戦がある。あれはアンディに勝つ寸前まで行って逆転された。2000年のウィンブルドンでは決勝でレイトンに圧倒されて何もできなかった。ナルはここにいたるまでにたくさんの身をちぎられるような経験があった。ナダル君にそのような敗戦の経験は、まだないと思う。ナルのここ数週間の活躍は、やはり過去の経験に裏打ちされたものであり、修羅場を経験してきた苦労人が一気に花を咲かせたというのは私はとても嬉しく感じながら見ました。

ナルや他にもルビチッチやジェームスブレイク、ステパネクなどが証明している通り、25才過ぎてからだって十分ベストの成績を出すことができるのだ。それはナダル君にだって言える。今すぐに結果を出す必要はなない。…出してくれたらもちろん嬉しいが…いやいや、たとえこの先1、2年がうまくいかなくても焦る必要はないということだ。ちょっと成績が鈍ると、もうあいつは落ち目だ…とかつまらんことをいうスイーツ脳があふれているけど、そんなことは気にしない。むしろ、今は修業のときだから、どんどん負けて辛い経験をしていろいろ学んで言って欲しい。しかしクレーで負けたらやっぱ辛いかなあ…(_ _|||)

ナダル君にとってキャリアはまだまだ長い。今焦る必要は全くないんだ。大事なのは、キャリアを最後どういう終わり方をするのかということだと思う。ヒンギスのように、若くしてあらゆる栄光をものにして最後ああいう形で終わってしまうのか、ティムのようにグランドスラム1つも勝てなくても、最後自国をデ杯WGに復帰させる活躍をウィンブルドンでして完全燃焼で惜しまれながら去っていくのか。ナダル君はもうすでにGS3回も優勝しているのだから、立派なもんだ。自信を持って、これからも戦っていってほしい。

今回のTMCに関しては、なかなか強者ぞろいのグループになってしまいました。しかもジョコやフェレル君にはハードで負けているので挑戦者の気持ちで思い切りぶつかっていってくれい。個人的にはガスケ君との対戦が楽しみ♪久々の対戦だわ~どっちを応援しようか迷っちまうではないか( ̄▽ ̄*)

最初の2人で長くなってしまったので残りは続きで。


3.Novak Djokovic

いかんなあ…ナダル君のこととなるとついアツくなる(^^ゞ …全くバカみたいだ。閑話休題。今度はジョコです。今年のジョコはすごかった!去年「most improved player」賞をATPからもらったばっかりだというのに今年はさらにimprovedしちゃいましたね!同世代のマレイ君に圧倒的な差をつけちゃいました。でも来年はマレイ君もまた上がってくるだろうからまだわかんないけど。
今年はグランドスラムでは全豪は4回戦だったけど全仏、ウィンブルドンと連続ベスト4、そして全米では初の決勝進出と、着実に初のGS制覇に向けて階段を登ってきているという感じがしますね~。すべてのサーフェスでこうまんべんなく活躍できるというのは、大きな強みですね。フォアと中心としたストロークの組み立てがすばらしい。そしてなんといっても勝負強さ。エナンのような修羅場での強さを感じます。今年負けそうになった試合での粘りが何回見られたことか…個人的には全米2回戦のステパネク戦が一番印象に残ってます。その全米決勝でも王者相手に善戦しましたね~最後はプレッシャーと王者のうまさにやられてしまいましたが、確実に世代交代の香りがしてきましたよ。終盤はやや疲れが出たのかパリはすぐに負けてしまったけども、まあそういうときもあるよね。

ジョコビッチもナダル君同様、まだまだキャリアはこれから、ていう人だから、目先の結果にとらわれず長い視点でやっていって欲しいし周囲もそうであってほしい。もちろん目の前の目標をがんばるというのは大切だけども。今後は結果を常に求められて辛いと思うけど、苦しい時期もあると思うけど、それを乗り越えてロジェ君みたいな偉大な選手になって欲しいと思います。私はこの大会、このジョコビッチVSフェデラーの決勝になるような気がして今から仕方ありません。

4.Nikolay Davydenko

もうトップ5選手としてすっかり定着した感のあるニコちゃん3号ことダビデンコ。今年も健在でしたね。全豪ベスト8、全仏ベスト4、ウィンは4回戦、全米ベスト4と、まんべんなくよい成績でした。特に全豪では惜しくも敗れたハースに全米では圧勝でしたね。やはり速いコートでは彼のマシンガンストロークは魅力的です。

しかしニコちゃんは今キャリア史上最大の危機に見舞われています。八百長疑惑…しかしなんでこんなにニコちゃんが疑われるんだろ?ATPも、これほど露骨に疑っているということは何か確たる証拠でもあるんだろうか。ニコちゃんは出場大会数が多いからランキングの割に早く負けてしまうこともあり、それが自分のスタイルと割り切っていたのを私はまるごと信じているんだけども、違うのだろうか。こんだけ賞金稼いでるから金に困っているということもなかろうに…やはりスポンサーがなかなかつかないから金銭的に苦しいのか?たしかにスポーツ選手の収入ってほとんどスポンサーからのものが多そうだけど。こういうことは全く一般人にはわからない。

ついに奥さんやコーチであるお兄さんまで事情徴収をうけたとか。なんだか大変なことになってますね。こんな中で戦わなければいけないのは辛いだろうけど、私はニコちゃんが八百長をやっているのかどうかなんてわからない。ただニコちゃんのプレーは好き!だから今大会も頑張ってほしい。それだけである。

5.Andy Roddick

アンディも順当に出場決定。もう常連ですね。2003年にはランキングNo.1になったものの、その年のこのTMCでロジェ君が優勝して一気に追い抜かれてその後は…カモになってますいつかアンディが王者に勝てる日がくるのだろうか…きっとくる!あと1週間以内にやってくる!と思いたいけども…私は現実主義者なので…うぅん。アンディの今年のグランドスラムは、全豪はベスト4進出、しかし準決勝では王者に撃沈…全仏は1回戦負け…ウィンブルドンはベスト8でガスケ君に逆転負け…全米はベスト8で王者に最高のプレーをしながらストレート負け…決して悪い成績ではないと思うのだけども…しかも秋のシーズンは全くいいところありませんでした。大丈夫かアンディ?カーペット苦手なのかなあ。速いサーフェスなのになんでかなあ。サーブは入ってもストロークがやりにくいのかなあ。

しかしアンディには今年キャリの大ハイライトとなるかもしれない出来事が待っています。そうデ杯です!悲願の優勝のチャンスが、目の前に迫ってます。12月のロシアとの決勝、楽しみですね~。95年以来優勝がないテニス王国アメリカに歓喜をもたらすことができるか。ブライアン兄弟がTMC欠場を決めたのでひやひやしましたがアンディは無事に出場するようで、ちょっと安心しました。ここで試合カンを取り戻して欲しい。そして結果より何より怪我しないで終わっておくれ(^^;)。

6.David Ferrer

フェレル君が念願のTMC初出場!これは嬉しいですね。去年もおととしもあと一歩のところで逃していただけに。今年は文句なし6位での出場決定です。フェレル君はスペイン選手の割りに以前からもハードコートでの活躍が光っていたけど、今年はそれが全米で花咲きましたね。キャリア初のGSベスト4が全米っていうのがすばらしい。特に4回戦のナダル戦…少々複雑な気分でもありますが(^^;)、第1セットを落としながらの粘りの逆転勝ち、見事でした。そしてさらに?速いサーフェスである東京でも見事優勝!あの優勝でのポイントゲットはこのTMC出場の大きな原動力になったことは間違いないですね。AMSパリではナルに敗れたけども、どのナルの対戦相手より接戦だったので、やはりフェレル君も調子は上がっているのではなかろうか。

他のGSは、全豪4回戦、全仏3回戦、ウィン2回戦となっています。クレーはもともと得意なはずだけど今年は今ひとつだったかな?でも今年こうやって違うサーフェスで自信をつけたから来年はさらにクレーでも活躍しそうですね。楽しみだけど、ナダル君の対戦相手になるかもと思ったらちょとこわい。

7.Fernando Gonzalez

やった~ゴンちゃん出場!一昨年も出場したけどあれは補欠だったし、今回は文句なしの7位でフィニッシュ。終盤のTMC出場争いではゴンちゃんを応援していたから私はとってもうれしいです。よかったよかった♪
ゴンちゃんの今回の出場の大きな原動力になったのはなんといってもやはり、全豪に尽きますね。…というかその後がぱっとしなかったというか…しかし全豪はすばらしかった。今のナルほどじゃないけどそれに近い形の変貌ぶりでした。ナダル戦とか圧勝だったもんなあ…王者相手にも最初にブレイク成功して第1セット奪取のチャンスだったんだけどなあ…惜しかった。その後はAMSローマ準優勝が目立った成績でしたが、後はあまりうまくいきませんでした。全仏1回戦、ウィン3回戦、全米1回戦…う~ん。これまたすごい変貌ぶりだ(-_-)ステファンキさんとのコンビは今もうまくいっているのだろうか。あの人と組んで成功したのだから、これからもきっと活躍できる時期がやってくると私は信じているんだけども。

ゴンちゃんが全豪で活躍した大きな原因としてバックハンドのスライスがありましたね。爆弾フォアを持つゴンちゃんにはどうしてもバックににボールが集まりやすいからその対処が成長したと、全豪の時期は言われていました。あとはネットプレーを多用したのもよかったと。今のゴンちゃんはどうなんでしょうか。最近あんまりゴンちゃんのプレー見れてないので、今回のTMC楽しみです。フェデラー戦初勝利をあげられるといいね!期待はしてないけど(ひどい)応援してるよ!

8.Richard Gasquet

そして、最後の最後に上海への切符を手にしたのはガスケ君でした。やったー!個人的にはめちゃうれしい♪最後のパリではマレイ君の同世代対決を見事制しました。ガスケ君も子供の頃は神童と騒がれて2005年のAMSモンテカルロで王者ロジェ君を破って大いに注目されてきましたが、その後トップ20入りしてから上位の壁に苦しむようになりました。接戦で競り負ける場面も多く、勝負を簡単にあきらめてしまっているのではないかと思われるような戦いも見られていました。たしかにパリの準決勝見てても、マルちゃんのような必死さが少しないのかなあ…なんて…ていうかナルがすごすぎただけか(--;)。そんなことはないはずだよね、ウィンブルドンの準々決勝であんなにすごいことができたのだから。あのような粘り強さをこのTMCでも見せてほしい。いきなり初日にナダル君と対戦だなんて私的になんて鼻血ブーな展開ヾ( ̄∇ ̄=ノ この大会で自信をつけて来年はトップ10入り、というシナリオを勝手に作ってます。


とまあ一気に書いてみましたが。全体的な予想としては、どうなのかなあ…赤グループは王者の勝ちぬけは順当として残り1人が誰になるかな?個人的にはゴンちゃんかな。黄グループはわかりませんね。下馬評ではナダル君&ジョコなんだろうけど、私はフェレル君がちょっと気になります。初日にジョコ戦で勝つようなことがあると、わかりませんね。ジョコはパリの敗戦がたまたま疲れて調子悪かっただけであれば問題ないかな。決勝予想は、希望はナダルVSガスケだけども冷めた目で予想(笑)すると、フェデラーVSジョコビッチのような気がしてます。外れてくれ。


今日の1曲

マスターズシリーズのテーマ曲

前々から感じてたんだけど、AMSやTMCでセット間や試合後のマッチサマリーのときに流れてくるハウス系のいい感じの曲、アレは誰の何という曲なのだろう?なんかいいですよね~あの曲。ハウスというかテクノっぽいインストの曲だけども。他のテニスの掲示板でも「あの曲は何という曲?」という疑問が上がってみんな探してるけど誰もわからない謎の曲。こういうのってテクノ系のオムニバスとかにこそっと入ってそう(笑)。私もいろいろググって調べてみたけどどーしても見つからん。ますます知りたくなる~。

というわけでYou Tubeでこの曲が3分半近く流れている動画を見つけたのでご紹介します。この映像は去年のマドリッド大会のハイライトに重ねて曲が流れてるんだけども。いろんな選手の表情が捉えられていておもしろい。特にコートの大画面に表示されている映像をロジェ君がじーーーっと見てるとこがあって、そこがおもしろいなあと思う。マレイ君の笑顔もいい。ラケット投げつけて悔しがったり、歓喜のガッツポーズがあったり、ボールパーソンやお客さんの表情があったり、なかなかいい映像です。そいえば今年もこのハイライトありましたね。

こういうのを見ていると、どの選手が好きとか関係なくみんな頑張れ!ていう気持ちになりますね。たしかに私はナダルくんが一番好きだけども他の選手も好きだし、特定の選手がどうとか関係なくみんなを応援したくなる。とにかくいい試合を期待したいですね。明日から始まるマスターズカップでもこの曲がたくさん流れることでしょうから、楽しみです。今テニス界にはいろんなダークな問題があふれているけど、今年最後の大会をすばらしいものにして吹き飛ばしてほしいと思います。

動画を見る

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
プレステ仲間そろって白星
>ゴランさん

1日目はスペインデーでしたね。
2人とも苦しい試合でしたが見事な粘り勝ちでした。スペイン人はなんであんなにしつこいんでしょう!?(笑)

ガスケ君はフォアもバックも早いタイミングのカウンターショットが光っていましたね。ネットプレーもよかったし何よりサーブが!エース何本あったでしょう。最後はほんのちょっとした流れでポイントを獲られてしまっていたという感じでした。ナダル君の試合運びのうまさを感じました。お気に入りの2人の試合を休日に堪能できてよかったです。

フェレル君はもうすごいの一言!ジョコのウィナー級のボールを拾う拾う…さすがのジョコもまいったという感じでしたね。ジョコも力強いストロークがたくさんあって決して悪いわけではなかったんでしょうが、とにかくフェレル君の守備力がすごすぎでした。ナダル戦がこわい…。

お客さんについては、いくら初日とはいえ、上海での大会は今年でもう3回目なのだから、慣れてないとか許されませんよね~(^^;)ほとんどの人はいい感じで応援していただけに、一部の不届き者が試合の雰囲気を壊していたのは残念でした。明日はああいうことがないように願います。

赤グループはアンディもいるけど個人的には今回ゴンちゃん応援してます。初戦から王者戦とは大変ですが、ぜひぜひがんばって欲しいと思います。
2007/11/11(日) 23:09:50 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
スパニッシュデー
ナダル&フェラー、勝ちましたね。

ガスケはかなり好調だったので、それで調子づきすぎてしまって、ウイナーやサーブ&ボレーなどリスキーなショットを使いすぎてしまった気がしました。
相手に打たせるというのも、ナダルの特技の一つですね。

ジョコは調子が本当に悪かったですね。
後半はよくなってきたのですが、フェラーの堅いディフェンスに守りきられてしまいましたね。
特にバックハンドのディフェンス力はすごいですね。
右のナダルのようになってきましたね。

残りの試合も楽しみですね。

どちらもいい試合だったのですが、中国人金持ちのマナーの悪さにイライラしました。
早く席に戻れといってもチンタラしているし、空気を読めないんですかねー
そのせいで、ダブってしまって流れが変わって
負けたガスケが可愛そうでした。

2007/11/11(日) 21:44:48 | URL | ゴラン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。