Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


終わりではない、新しい第一歩
2007年12月29日 (土) | 編集 |
いよいよ今年もあと数日ですね。これが今年最後の記事になりました。年末は毎年恒例、今年引退した選手たちの特集です。

忙しくて書く暇もなく、本当はもっとたくさん紹介したかったのですが一部の人だけになってしまいました。それに今年は写真なしになってしまってちょっとさみしいですが、何せ時間がないもので。。。
みなさんツアー生活おつかれさまでした。ゆっくり体を休めて、第二の人生を、力強く踏み出していってほしいです。そして、元気な姿をまたみせてください。

それではみなさんよいお年を!


Kim Crijsters ベルギー 24才

・10年間プロとして活動 427勝104敗
・シングルスタイトル 34(うち2005全米) ダブルスタイトル 11
・グラフに憧れてテニスを始めた最も早いスター選手
・2001年全仏でベルギー女性初GS決勝進出、カプリアティにファイナル10-12で敗れる
・2003年全仏、全米、2004年全豪とエナンと決勝で対決し3連敗
・2004年5月左手首を痛めて戦線離脱、翌2005年復帰、全米で悲願のGS初優勝
・2000年からレイトン・ヒューイットと交際、婚約するが2004年の怪我の後破局
・2007年ワルシャワの大会を最後に引退、7月に結婚、来年出産予定


”勝った試合より負けた試合からより多くのものを学ぶものよ、だっていつも勝った試合のことは負け試合よりも忘れようと考えるから。”(2004全豪決勝後)


Martina Hingis スイス 27才

・14年間プロとして活動(うち3年間は中断)、548勝133敗
・シングルスタイトル43(うち全豪97、98、99、全米97、ウィンブルドン97) ダブルスタイトル37(15才で史上最年少でWBダブルス優勝)
・96年グラフを破る金星(ローマ)、初トップ10入り、ツアー初優勝
・97年3月に16才で史上最年少No.1、全仏除くすべてのGS優勝、勝率は90年代トップの0.938、と圧倒的な女王に君臨
・No.1在位は179週(連続ではない)セレスを抜いて歴代4位
・2003-05と現役を退く
・2006年より復帰、全豪ベスト8他3大会で優勝
・2007年のウィンブルドンで尿からコカインの代謝産物が検出され、引退宣言

”私のコートでの武器はただ一つしかない。勝つための技、技術、それだけ。私のテニススタイルでは成績を上げるためには(薬の力ではなく)それしかないのよ。”


Paola Sualez アルゼンチン 31才

・13年間プロとして活動 シングルス371勝239敗 ダブルス497勝179敗
・シングルスタイトル4、ダブルスタイトル44
・2004年全仏でシングルスベスト4進出、最高ランキング9位まで上昇
・全仏4回、全米3回、全豪1回のダブルス優勝(ルアノパスカルと組む)ダブルス女王として君臨した

”ウィンブルドン以外すべて(グランドスラム)優勝できたけど、私にとって一番の優勝は、2004年のオリンピックでとった銅メダルよ。”

Kenneth Carlsen デンマーク 34才

・16年間プロとして活動、266勝288敗
・ATPタイトル3つ獲得(98年香港、2002年東京、2005年メンフィス)
・94年にウィンブルドンでエドバークを破り初のトップ10撃破
・97年6月に自己最高のランキング41位を記録

”(最後の)試合が終わってシャワーを浴びているときはなんだか変な気分だったね。ロッカールームを去るとき、これが選手として最後なんだな、て思った。”

Justin Gimelstob アメリカ 30才
・12年間プロとして活動、シングルス107勝172敗 ダブルス 173勝158敗 ダブルスタイトル13
・ビーナス・ウィリアムスと組んで2度グランドスラムダブルス優勝


”僕が持っている記録のひとつに全米オープンでやった5セットフルセットマッチで5連勝負けなしというのがある。それはすごく誇りに思ってるよ。あとはよく痙攣してたことかな。”


Tim Henman イギリス 33才
・15年間プロとして活動 シングルス  シングルス496勝274敗
・シングルスタイトル11、ダブルスタイトル4
・男子プロテニス界屈指のサーブ・アンド・ボレーヤー、芝生コートを最も得意としていた
・94年初来日、ジャパンオープン出場
・ウィンブルドン96、97年ベスト8、98、99年ベスト4、2004全仏、全米ベスト4
・2007年デビスカッププレーオフで引退

”これは必ずしも僕にとって終わりではない。新しい始まりだ。僕の前にはいろんな新しいチャンスが広がっている。”


Carlsen To Call It Quits(Tennis Week)
Hingis Announces Retirement; Reveals Positive Test For Cocaine(Tennis week)
Argentine tennis's Saurez retires(People's daily online)
Retiring Gimelstob, Roddick draw laughs at U.S. Open(International Herald tribune)
Henman confirms retirement(sky sports)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます
>のびたさん

年末年始でレスが遅くなってしまい申し訳ありません。

ヒンギスは2年間の出場停止処分が下されてしまったようですね。2年後の復帰はさすがにもうムリですかね…。去年はそうでしたね、ステパネクとの婚約話がありましたっけ。なんだか遠い昔の話のような気がします。いろいろと辛いことが続きましたが、日本でも見違えるように精神的に大人になったヒンギスを見せてくれたし、きっと立ち直って第二の人生を歩んでいってくれると思います。

キムはエナンよりずっとダブルスに力を入れていましたが、その分?シングルスでエナンに遅れをとることになってしまいましたね。エナンにあれだけ負け続けたのは性格が優しすぎたという評価はあながち間違いではなかったような気もしますが、そんなところも含めてキム・クライシュテルスという選手の魅力でしたね。

年も変わって新しいシーズンが始まってますね!ナダルくんは順調に勝ち上がって今日モヤ戦ですか。モヤちんにはいつも苦しめられていますから厳しい試合になるでしょうが、がんばってほしいですね!

今年もよろしくおねがいします。
2008/01/05(土) 18:38:32 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
また会う日まで~
v-239わたしが使っているラケットは、ヒンギスモデル。
決して新しいものではないので、
これがダメになったら、もうヒンギスモデルは使えなくなってしまうのね~。
どうしようv-16
婚約解消とか、直らないケガとかだけでも充分に辛いだろうに、
薬物摂取の疑いがあって引退って、悲しい話です。

v-239かつてキムが杉山とダブルスを組んでいた頃、
シングルスに専念したいからって、大会の途中でダブルスを棄権したことがあったっけ。
あの頃わたしは、テニス界の事情を全く知らなくって、
杉山がかわいそうだ~~~って思ったものだった。
時は流れて、あの時のキムの気持ちが今なら少しは理解できているかも。
ただ、(ダブルスのパートナーを探す)杉山の苦労は続いているのよね(きっと)。

今年引退したたくさんの選手の明日が、新しいチャンスでいっぱいでありますようにv-22
2007/12/29(土) 20:24:17 | URL | のびた #T5DPT7Jo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。