Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ライジング」を制するのは誰か
2008年01月20日 (日) | 編集 |
全豪オープン、大盛り上がりですねえ~。今日は昼間家に帰ってきたら中継が終わってしまってたので「プラダを着た悪魔」を堪能してすっかり全豪のことが頭から抜けてしまったのだけども、そのままWOWOWつけっぱなしにしてたら全豪の放送が始まってえらいことになっていた(^^)のでびっくりしました(笑)。

今日で3回戦が終わり、…いやまだ終わってない人もたくさんいるけど…明日からいよいよ4回戦。ところでグランドスラム第1週と第2週の境っていつかな?私はこの3回戦と4回戦の間だと思ってるんですが。明日は日曜で数字的にはまだ7日目だけども、日曜を1週目にすると初日に試合があった山の選手たちだけが同じラウンドなのに1週目ってことになる。なので個人的には、日曜日からが「第2週」と考えている。

「第2週に残ること」。

これはどのグランドスラムでも多くの選手が大会前に目標として口にする。それだけこの3回戦と4回戦の壁というのは大きいということであろう。3回戦というのは、シード選手同士が初めてぶつかるラウンドだし、ノーシードの選手が上がってきたとしても、それ以前にシード選手を破っているか破った選手を倒してきているわけだから、十分力のある選手ばかり。いくら優勝を夢見るトップ選手といえどもこの3回戦は大きなひとつのヤマであることには変わりない。5、6日目は男女とも数々のビッグシードダウン、番狂わせ、大接戦の連続でした。

この6日間の間にもいろんなハイライトがありました。出産後復帰したリンゼイとマリアちゃん(シャラポワ)の対決。マリアちゃんはさすがでしたね。すばらしい勝ちっぷりでした。WTAチャンピオンシップのときの充実ぶりが未だに頭に焼き付いていますが、あのときの好調ぶりが今大会も出ていると思う。しかし次の4回戦の相手となるデメ(ンティエワ)も今大会好調。ちょっとこの2人の対決は激しくなりそうだ。

一方優勝候補筆頭のエナンですが。順当に勝ちあがっているように見えるけど、ど~もなんか危なっかしい。とにかくサーブの調子が悪すぎだ。これもWTAチャンピオンシップのときから感じているのだけど、ダブルフォルトもちょっと数が多いし、サーブゲームとても苦しんでいるように見える。スキアボーネ戦もサービスフォーザセットでまたブレイクされていた。エナンのブロックにはマリア・シャラポワという強敵がいる。最終戦ではなんとかねじ伏せたけど、今回はちょっとエナン苦しいかもしれない。心配だあ~。エナンがんがれ。

あと忘れちゃいけないのがヤンコビッチ。なんか最近熱戦続きであの試合のこと忘れかけてるんだけど(笑)、初日のパスゼック戦はもう~大変でしたねこりゃ。いやーもうパスゼックがなんどもブレイクしてもうさすがにこれは決めるだろうという崖っぷちからすごい逆転劇。ヤンコ大丈夫なのかなあ。3回戦もちょっと危ない感じでしたね。私は今大会このヤンコビッチを推しているんだけども、なんか不安になってきたぞ。まあいきなり初日の初戦でパスゼックっていうのもドロー運悪すぎだけども、それにしてもヤンコはああなる前に決めれる瞬間がいっぱいあった。

そして3回戦になってビッグシードダウンがきました。モレスモにクズネツォワとチェクベタゼ、優勝候補の2人が敗れました。クジーはしかもストレート負けでした。シドニーでエナン相手に善戦して今年は再ブレイクするかなと思った矢先でした。相手は、あの…ラドワンスカですか…ビッグキラーという称号が定着するかな?それとも自分がビッグになってその称号を自ら打ち消すことができるか。

そして日本勢は、いきなり中村藍子ちゃんがエナンの相手っていうのにはびっくりしました。試合みましたが、女王エナン相手に堂々たる戦いぶりでした。速いボールでエナンを攻めて優位に立ちそうな場面もありました。森上さんは2回戦でチェクを破ったキリちゃん(キリレンコ)に、杉山さんはニコちゃん6号(バイディソワ)にそれぞれ敗退してしまいましたが、杉山さんはランキング格上のニコちゃんを苦しめ健闘しました!3人ともおつかれさまでした。

続きの後男子。

男子部門のこの6日間見てきた中で印象に残っているのは、ツォンガ、コールシュライバー、チリッチ、ティプサレビッチ。とくにコールシュライバーはすごい!アンディ戦見ましたよ~途中からだけど。帰宅したら1セットオールの第3セットで…あの第3セットすごかったわ…ファイナルセットも、どっちが先にブレイクするのかされるのか、もう動悸がして息苦しくて(笑)私はアンディファンなのにコールシュライバー応援してました。それまでは、なんかやたら長い名前の人だなあとしか思ってなかったのが去年のこの大会、ナダル君との2回戦で初めて動くコールを見てそのすばらしいプレーぶりに感銘を受けてそれからひそかに応援してます。地元のドイツで初優勝したときもここで祝福した記憶がある。決してにわかじゃないぞう。あのナダル戦でもプレーでは圧してたもんなあ。勝負のちょっとしたかけひきであのときは敗れたけども、あれから1年経ってさらに成長して強さを増してますね!勝負強さも身に着けて、オークランド優勝。いやこれはぜひとも!次の4回戦勝って、2年連続の対戦、ナダル君VSコールシュライバーの準々決勝を見たい!見たいぞう!

…ただしナダル君が次マチュー君に勝てるかという問題もあるのだが…。ナダル君のほうは、いちお順調に勝ち進んでますが、やはり相手がまだそれほど強打の選手じゃないからなあ。むしろ1回戦のトロイツキ戦を見ていると危ない感じがする。トロイツキの速いタイミングの攻めに非常に苦労させられた。ただし次がコウベックじゃなくてマチュー君になったというのはよかったかもしれない。コウベックのほうが攻めが早く鋭いボールが返ってくる。全米でのコウベックのブレーク戦を思い出した。マチュー君はそれほどカウンターでどんどん打ってくる感じには見えないので、このコートではそれほどナダル君にとって脅威ではないのではないだろうか。対戦成績も圧倒しているし。しかしやはりそこで安心できないのがナダル君なのである。

しかし、こことやや似ているインディアンウェルズでは優勝しているのだから、自信を持って頑張っていって欲しいと思います!がんばれラファ。

ツォンガとマレイ君の1回戦は初日で祝日で休みだったので生で見ました。ツォンガの思い切りのいい攻めがとても成功していましたね!マレイ君に反撃のチャンスを与えなかった。勝った後喜ぶ顔がガキ大将みたいでかわいい。ツォンガは次の4回戦、ガスケ戦ですが。自国のNo.1相手ということで気後れしないでいければ、ツォンガいけるんじゃないかな?もちろんガスケ君にも期待したい。どちらが勝ってもベスト8!2人ともがんがれ。

チリッチは去年のヒーロー、ゴンちゃんを破っちゃいましたね!これもびっくりです。やはりゴンちゃんに神が降りたのはあのTMCのフェデラー戦だけだったか…チリッチは初戦で27シードのニコちゃん5号アルマグロを破っています。今回ルビが早く負けちゃって残念なんだけども、クロアチアは若い世代が確実に育っているようでとてもうれしく感じています。

ここまでラウンドがすすんでくるともう次から次に強い選手がおしよせる。次にチリッチが挑むのは…5日目にアンディ、フィッシュとアメリカ勢が消えてしまった中で、ジェームスブレイクは踏ん張りました!3回戦も危なかったですね。グロージャンに負け寸前までいったようである。そこから挽回してフルセットマッチ2勝目。もう5セットフルセットの呪縛からは解き放たれたようです。ここのコートはジェームス君に合っていると私は思う。もしジェームス君が勝って王者と対戦することになっても、結構いい戦いができるのではないかな。勝てるとはあえて言わないが…いやもちろん勝てるチャンスはどこかにあ…る…かも…(歯切れが悪い)

ティプサレビッチは王者戦がんばりましたね!いやもうがんばりましたなんてもんじゃないですよ。世紀の超ウルトラスーパー大番狂わせにあと一歩というとこでしたが、ほんのわずか及びませんでした。こんなに大接戦になるとは誰も予想していなかっただろうけど、このコートはティプサレビッチに合っていると思っていたから結構ロジェ君苦戦するだろうなとは思ってました。…ここまで苦しむとは思わなかったけども(^^;)ちょうど前日のアンディ戦と同じような展開で、ちょっぴり期待もしましたが、なかなか2日連続ではミラクルは起こりませんね~。まあ奇跡なんてそんな何回も起こるものじゃない。

でもティプといいコールといい(2人とも名前長いよ)、去年目をつけてひそかに応援してきた人がこうやってメジャーに活躍してくれるのは、とってもうれしい!ブログ書いててよかった!してやったり!という気分である。

ロジェ君は3回戦しんどかったけど、これは王者自身にとってもよかったことなのではないだろうか。もちろんさくさく勝てるのが一番いい。でも、他の選手が熱戦を演じて勝ち上がって盛り上がっていく中で、ひとりさくっと勝っていくというのは体力的には楽かもしれんが、自分もこういう、ぎりぎりの状態で男と男の激しいぶつかり合いをしたい、と思う気持ちは絶対あるはずだと思う。ま今回はちょっと競りすぎでしたけどね…下手したら負けてたからね…やはり、リードしていてもされていても、追い詰められたとき、プレッシャーのかかった中でそれに立ち向かって戦っていくというのがアスリートのアスリートたるゆえんだと思うし、それに耐えていくというのが彼らにとっての快楽なのではないかと思う。

あと敗れたアンディやサフィンにも拍手を送りたいです。どちらが勝ってもおかしくない名勝負でした。サフィンのほうは最終セットはちょっとあれだったけども…でも3、4セットでは久々に力強いサフィンがみれました。アンディは、サーブ以外であまり優位に立てませんでしたね…ストロークやネットプレーでほとんどコールに主導権をとられていたから、サーブが強いのにあんな接戦になってしまったのだろう。途中キレちゃったけど、最後まで諦めずに食らいついていってくれました。こういうとき勝負の世界は厳しいものだなあと思う。両者ともが全く同じくらいがんばってても、勝つのは一人だけ。ストレートの楽勝だろうが、フルセットの大接戦だろうが、勝ちは勝ちで、負けは負け。それを受け入れないとスポーツで飯を食ってはいけないということだろう。口で言うのは簡単だ。

*************************************

さて、第1週目の感想を長々と書いてきましたが、これからの展開を予想してみると。

WOWOWやネットの中継などを見ていて思ったのが、やはりサーフェスの変更というのは大きな出来事だなということです。このプレキシクッションというサーフェスはボールがあまり変化しないようで、速さはハードコートでは普通くらい?そしてあまり高くは弾まない。そして、勝ちあがっている人を見ていると、特に男子で思うんだけども、ひとつのプレーがポイントになっているような気がする。

「ライジング」。

伊達さんや、男子ではアガシの十八番と言われたこのスキルが、今大会の重要なポイントであるように感じている。去年だったか、いやおととしか?リバウンドエースについて、ギルバートさんの言葉をお借りして、「スピンがポイントになる」という記事を書いたことがあった。そしてその年女子ではスピンを多用するモレスモがエナンを封じ込めて優勝。スピンが十八番のナダル君は怪我で欠場し大変残念な気持ちだった記憶がある。

ライジング、つまりボールをより早いタイミングでとらえて攻撃する力がある選手が、このサーフェスを制するのではないか、という気がする。デコターフより遅い分対応能力のある選手ならチャンスがより広がる。それが得意な選手を思い浮かべるともちろん王者ロジェ君はそうだけども、それ以外では、ジョコビッチ、ダビデンコ。2人は今大会とても磐石だ。特にジョコビッチは全米のときは格下相手に精彩を欠いて1週目にとても苦労していたのが、今大会は見違えるように安定している。ニコちゃん3号も早くボールをとらえてどんどん攻撃するマシンガンストローク。このようなスタイルの選手が成功していることを考えると、ティプサレビッチの健闘はうなずける部分がある。コールシュライバーも、アンディとのラリー戦では常に先手をとって先に攻めていたのが功を奏していた。マルちゃんなどもこのライジングというか早いタイミングでボールをとらえる力がすばらしい。フェレル君も非常に気になる。

ボールを早くとらえるという意味では、「カウンター」もある。カウンターといえば、レイトン。そしてナルがいた!ナルは直前に怪我していたけど状態はどうなんだろうか。ナルの去年終盤のあの勝ちっぷりを考えるといやこれはもう気になって仕方ないんだけども、まだ放送1回もないよねえ~。そろそろ放送してくれないかしらん。しかもナルはジョコと同じブロック、つまり王者と対戦するとしたら準決勝。…2005年のサフィンとやっぱり重ねてみてしまう(^^)。
逆にナダル君はプレースタイル的にやや厳しいかもしれない。彼の真骨頂であるスピンはここではあまり威力を発揮しないようだし、もちろんあれだけのプレーヤーだしスキルは十分すぎるほどあるだろうけど、彼の一番の特徴である、じっくり打ち合ってじわじわ相手を追い詰めていくというクレーでは効果的なストロークはここではあまり生きないような気がする。じっくり打ち合うだけの時間的余裕はないのではないだろうか。

もちろん速いサーブやハードヒットは必要だろうけど、ただ強く打つだけじゃない、相手だって強いボールを打ってくる、それにどうやってうまく対応できるのか、そして先に自分の形にもっていけるか、そういうところの勝負になるのではなかろうか。

そういうわけで予想。

女子 
ベスト8 エナン バイディソバ イバノビッチ ペトロワ

ベスト4 シャラポワ ハンチュコバ

準優勝 ビーナス

優勝 ヤンコビッチ

男子
ベスト8 ブレイク ジョコビッチ ツォンガ ナダル

ベスト4 フェデラー コールシュライバー

準優勝 ダビデンコ

優勝 ナルバンディアン

かなり大胆な予想になってますが(笑)。当てにはいってません。もちろん望んでもいません(笑)。希望的観測で予想するとたいがい失敗するので。これでも一応ドロー見てうんうん唸って考えたんです(^^;)。ニコちゃんじゃなくてセレナかもしれないし、ヤンコ大丈夫かなあ…ヤンコを優勝予想するのかなり勇気がいりましたが、初戦でのあのゾンビぶりが奇跡の序章であると考えて。女子はボトムハーフは全くわからん。男子も、ナルが背中の怪我がひどくてだめかもしれんし、やっぱジョコビッチかなあ…ロジェ君を破るのは…ナダル君がコールシュライバーにさくっと勝つかもしれないし、でもニコちゃん(ダビデンコ)は今回強いと思うなあ。少なくともベスト4にはいくでしょう。コールがじゃこ君に明日負けたらナダル君はSFにはいくだろうなそうするとニコちゃんどうかな…結局最後はフェデラー&エナンだったりして?もうありとあらゆる妄想を膨らませましたが、まあ何を書いても当たらんのだから今回はこれでいいや。さてどこまで当たるかな。


今日の1曲
True Blue/Madonna


今回やたらこの「True Blue」という言葉が目につきますね。まあサーフェスが変わったこともあり、この「青」を前面に押し出す大会側のプロモーション戦略なのでしょうが…でもやはりテレビで見ると色がきれいですね。True Blueという言葉には、「忠誠」とか「献身」とかいう意味もあるのだそうな。へえ。

このtrue blueという言葉でマドンナのこの曲を思い浮かべる人は少なくないのではないでしょうか。86年の大ヒット作ですねー。同タイトルのアルバムはマドンナが若くてぴちぴちで最も勢いのあるときに作られたもの。これ私が中学くらいのときに流行りましてね~。当時洋楽に興味を持ち始めた時期で、a-haの「Take On Me」などがヒットしてた頃なんですが(世代がばれるな)。ちょうど石井明美の「Cha-Cha-Cha」や長山洋子の「Venus」や森…名前忘れた…森川由加里だ!の「Show me」など洋楽カバーが大ヒットした後で、洋楽っていいなあ~と思い始めた時期で。このころからだんだん洋楽にハマりだしたんだよな…というわけでこれも非常によく聴いてました。今聴いてもほんとにいいですね~。マドンナ超かわいい!このショートカットのマドンナとっても好きです。化粧が時代を感じさせます。踊りがまたかわいい(笑)。hung upとはすごい雰囲気違うなー。このアルバムもちろん持ってます。久し振りに棚の奥からひっぱりだして聴いてみようかな。

聴いてみる

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
群雄割拠
>のびたさん

ジョコビッチはたしかに、学習能力がすごいですね!去年王者に4回戦で破れて、今年こんなに強くなってその王者を破ってしまうなんて。でも去年1年間の彼の活躍をみていると納得という気もします。ツォンガも魅力的な選手ですが、私個人的には、正直ジョコにここでGS1勝目を挙げてほしかったので、うれしかったです。

男子はこれで戦国時代に突入するのでしょうか。次はアメリカハードコートが正念場ですね。そしてその後は我らが(笑)クレーシーズン突入!ジョコに負けずにナダル君もさらに進化していってほしいですね。
2008/01/28(月) 22:45:24 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
ジョコでした♪
ライジングを見事に制して、
ツォンガのとんでもないライジングのフォアを封じ込めちゃいましたね。
いやぁ、見応えのある決勝戦でした。

ジョコは、同じミスを2回しない選手だと思いませんか。
初MS決勝戦では、緊張してラファに負けたけど、次にしっかり勝って優勝してたし。
全米決勝の借りはフェデラーに対しても、GSに対してもしっかり返して、昨日優勝しましたものね。
すごいです。

戦国時代に突入したと思われる男子テニス界。この後大将になるのは、誰でしょうね?!
2008/01/28(月) 12:39:18 | URL | のびた #Ijppgy5k[ 編集]
外れすぎ
>ゴランさん

書いたそばから予想外れまくり~v-12もういや。デメはあっさり負けるわナルはあの惨敗、コールはチャンスをことごとく失敗しちゃうし、おまけにニコちゃん軍団全滅…ツォンガだけ当たった(笑)

フェレロは今大会強さが目立ちますね。ナルに全くプレーをさせませんでした。最後のほうチャレンジ失敗したとき審判をクールに誉めていたのがかっこよかったです。ナルは直前に怪我をしてあまりいい調整ができなかったのかな。次はフェレロとフェレル君だから実況があったら大変でしょうね(笑)。

ユーズニーの強さはすごいですね。まともにがっぷり4つストローク打ち合って勝ってましたもんね。最初からユーズニーがずっと圧していた感じでした。フェデラー戦でもなかなかいいプレーするしユーズニーはひょっとして初のGS決勝も夢ではなくなってきましたね。今日はニコちゃんの日じゃなかったということでしょうね。
コールVSじゃこ君はかなりの接戦でしたが、2、3セットでは11回!!あったセットポイントをコールはものにできなかった…そういうこともありますよね…ロジェ君がRG決勝で9回のBPとれなかったのを思い出しました。MTFではchokeと書かれていてかわいそうですが、アンディ戦で心身ともに疲れてしまったのかもしれませんね。でも去年から今年にかけてとても強くなっているし、次はいいことがあると思うのでくじけずがんばってほしいです。怒涛の攻めをじゃこ君が守りきったという内容でした。

セレナはさすがでしたね。強打で見事にニコちゃんを封じ込めてしまいました。サーブもよかったし。ヤンコを推しているのですが、セレナが勝ったのでこれで超やばくなりました。ヤンコは昨日の4回戦もなんかあまりぴりっとしない感じだったし…この外れぶりを考えるとヤンコも…うう~。

しかしナダル君は1回戦見たときは危ない感じでしたが、コウベックやコールなど苦手そうな相手がことごとく直前で負けておまけにマチュー君は棄権…なんだかSFへの扉がどんどん開いていってるようです(笑)。しかしユーズニーがいますからそこが大きな関門でしょうか。さすがにユーズニーはツォンガをおさえると思います。

しかし自信を持って推したナル、ダビデンコといっぺんにこけちゃったのはがっくり…予想の部分だけ消したい(--;)
2008/01/21(月) 01:17:12 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
予想が・・・
残念ながらさっちさんの男子の予想が外れてしまいましたね(笑)。
予想ってこんなもんですよね。

フェレーロがナルに圧勝って、ファンの自分からも本当に予想外です。
コール君も残念ながら負けてしまったようで…
でも、確かにフェレーロはこのコートが合っているのか、曲者キーファーを全く寄せ付けなかったところを見ると、今年はやるのかと思ってはいたのですが。
やっぱりコートの違いってあるんでしょうね。
ナルもパリやマドリッドのもっと早いコートじゃこんな結果じゃなかったでしょうね(それとも体調が悪かったのか)

誰が勝ち残るか目が離せませんね。
2008/01/20(日) 14:06:49 | URL | ゴラン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2008年がはじまって、1ヶ月が経とうとしています。しかし、毎年、1月半ばからはじまる全豪オープンに夢中になっていると、お正月が遠い昔のことのように感じられます。濃い2週間が終わると、しばし放心、しばらく祭りの後の余韻に浸りたいところなのですが、あかん...
2008/01/30(水) 21:55:05 | タケゾウ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。