Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日に向かって打て!
2008年01月28日 (月) | 編集 |
全豪オープンが、終わってしまいました。祭りの後のさびしさよ…
長かったような、短かったような、2週間でした。いつものごとくグランドスラム期間中は生活崩壊してぐぢゃぐぢゃな状態になっている私ですが。今週からまた仕切りなおしです。

今回もいろいろなことがありましたが、ここでごたくを並べるよりも、彼らの戦いぶりをもう一度じっくり見直すのが、一番かな、と思いまして。スペースと時間の関係でほんの一部の人だけになってしまい惜しくも割愛してしまった選手もたくさんいますが。あと画像てんこもりで音楽まであって非常に長~~い記事になってしまい、開きにくくなっていたら申し訳ありません。
ではこの14日間のメルボルンをふりかえってみます。

*************************************

中村藍子

●2-6 2-6 J.Henin


-恐怖心はあったが、今やることの全てを出し切った。
気持ちで負けずにしぶとくついていったので、お互いがいい緊張感の中で戦えた。-
(sports@nifty)


Andy Murray(GBR)

●5-7 4-6 6-0 6-7(5) Jo-W.Tsonga

-たしかに負けてとてもがっかりしている。もっと勝ちたかったからね。すごくがんばった。でもこれが最悪の負けってことはないさ。-
(BBC Sport)


Tamira Paszek(AUT)

● 6-2 2-6 10-12 J.Jankovic

-自分にとってベストマッチだった。たしかに今は落ち込んでる。マッチポイントが3回握ってて最後は12-10なんて。とても辛い。でも自分のプレーには満足できている。今日は私の日じゃなかった、まだ私が勝つ番ではなかったということ。私はまだ若いし、学ばなければならないことがある。-
(ESPN)


Martin Vassallo Arguello(POL)

●1-6 5-7 1-6 J.Levine

-テニス賭博をやめさせるとか、掛け金を制限するとか、選手がつまらないことで試合から締め出されないためにできることがたくさんあるはずだ。-
(ESPN)


Nicole Pratt(AUS)

●1-6 3-6 N.Petrova

-これが、私にとって最後の全豪、最後の試合になった。
後悔はない、できることはすべてやった。体格は小さかったけど、スピードを生かしてよりパワーのある選手とも対抗してやっていくことができた。-
(THE AGE)


Chris Guccione(AUS)

● 6-7(6) 3-6 4-6 H-T. Lee

-30-30からチャンスをつかめない場面がたくさんあった。自分のサーブでもそうだし、(リターンゲームでも)ブレイクポイントをつかめなかった。とてもがっかりだよ。セットポイントも3回もあったのに。-
(The Australian)


Joseoh Sirianni(AUS)

●5-7 2-6 7-6(6) 6-0 0-6 J.Tipsarevic

-勝利が僕の手をすり抜けていっちゃったよ。後で彼(ティプサレビッチ)と話したんだけど、もう勝利を僕に渡す寸前だったって。でも最後に彼が持っていってしまった。終わってコートから出て行きながら思ったよ。「一体何が起こっちまったんだ?」-
(THE AGE)


Lindsay Davenport(USA)

○6-2 3-6 7-5 S.Errani
●1-6 3-6 M.Sharapova

-子供を産んだあと復帰するのは大きなチャレンジだけど、私はとてもたのしんでやっている。この年になってまたこういう特殊な環境に身をおいて自分がどこまでやれるのか、とても楽しみよ。-
(THE AGE)


森上亜希子

○6-2 6-2 M.Krajicek
●1-6 1-6 M.Kirilenko

-ベスト16以上、2週目に雨とかじゃなくて実力で入りたい。また、オリンピック出場できたらメダルも取りたい。後は、トップ30に入るのが目標です。-
(Sports@nifty)


Fabrice Santoro(FRA)

○6-2 6-2 6-4 J.Isner
●1-6 2-6 0-6 R.Federer

-またロジャーと対戦したいね。本当に。だって美しいからさ、彼のすることは。想像もできないよ。-
(The Australian)


Alicia Molik(AUS)

○ 7-6(4) 7-5 K.Kanepi
● 2-6 3-6 N.Vaidisova

-今は若い選手が、特に東欧やロシアの選手がたくさんでてきているけど、彼女らはみな同じようなスタイルね。ハードヒットして、攻撃的で、同じようなフラットな同じ軌道のボールを打ってくる。内容に変化がなくて、ひとつの攻撃的に打つゲームスタイルを貫くことに徹してそれがうまくいっているのよ。-


Marat Safin(RUS)
○6-0 6-4 7-6(2) E.Gulbis
●4-6 4-6 6-2 6-3 6-2 M.Baghdatis





-まだ今年は長いんだ、チャンスはそのうちきっとくるよ。-
(International Herald Tribune)


杉山愛

○6-3 1-1 V.Zvonareva
○6-4 6-4 T.Perebiynis
●3-6 4-6 N.Vaidisova

-シドニー敗戦後から反省し、全豪に向けて練習してきたことが
試合で80%ぐらい出せたことによって、また自分がやっていかなくてはいけないことが見えてきました。-
(杉山愛さんオフィシャルサイトより)


Mardy Fish(USA)

○6-2 6-3 3-6 6-3 B.Pashanski
○6-1 6-2 6-3 T.Robredo
●6-3 6-7(4) 3-6 1-6 J.Nieminen

-いい内容の試合だったから警告には腹がたった。僕とヤルコはとてもいい友達なのに…審判がきて、僕が線審にボールをぶつけようとしたと言ったんだ。そんなつもりなかったのに。-
(USTA)


Amelie Mauresmo(FRA)

○6-7(8) 6-0 6-0 T.Poutchek
○6-4 7-6(5) Y.Shvedova
●6-3 4-6 4-6 C.Dellacqua

-攻める気持ちと自信を、持続しなければならなかった、それができなかった。最初はとてもうまくいっていた。サーブ、ネットプレー、ステイバックと変化をつけて。特にサービスゲームではね。でも残りの2セットでそのやり方を少し忘れてしまった。-
(Australian open)


Andy Roddick(USA)

○6-3 6-4 7-5 L.Dlouhy
○6-2 6-2 6-4 M.Berrer
●4-6 6-3 6-7(9) 7-6(3) 6-8 P.Kohlshreiber

-プロスポーツ選手になると決めたときから、うまくいくときもあれば、そうでないときだって必ずあるもんだ。すごく絶好調のときもあるし、全くダメなときもある。それがアスリートっていうもんさ。-
(ESPN)


Janko Tipsarevic(SRB)

○7-5 6-2 6-7(6) 0-6 6-0 J.Sirianni
○7-5 7-6(3) 7-6(3) F.Verdasco
●7-5(5) 6-7(1) 7-5 1-6 8-10 R.Federer

-コートに立つとき、フェデラーを破る、勝つと信じなければいけない。滑稽にきこえるかもしれないけど。もしいいプレーをしよう、とか、苦しめよう、とか考えてたらうまくいかない。チャンスがきても、フェデラー自らがそれをくれたときでさえも、彼に勝利するのが恐くなってそれを使えなくなってしまうからね。だから今日は勝てると思ってコートにたった。もうちょっとだったね。-


Marcos Baghdatis(CYP)

○7-6(0) 6-2 3-6 6-3 T.Johansson
○6-4 6-4 2-6 3-6 6-2 M.Safin
●6-4 5-7 5-7 7-6(4) 6-3 L.Hewitt



-5セットの遅い時間の試合をやったあとは、寝付くのがとても大変なんだ。ベッドの中で動き回って、独りでぶつぶつ言って、いろいろ考えたりするんだ。夢を見て大声を出したりはしないけどね。次の試合のこととか。次勝てたらいいな、とか…。アドレナリンがなかなかおさまらないんだよ。そしてなんとか眠りにつくんだ。-
(ATP blog)





Casey Dellacqua(AUS)

○4-6 6-3 8-6 K.Knapp
○4-6 7-5 8-6 P.Schnyder
○3-6 6-4 6-4 A.Mauresmo
●6-7(3) 1-6 J.Jankovic



-国全体が自分を応援してくれるというのは、信じられないくらいすばらしい気分よ。今までこんな経験なかったもの。このロッドレーバーの雰囲気は決して忘れないわ。そしてまた必ず戻ってきたい。
(Sports Ticker)


Philipp Kohlschreiber(GER)

○6-4 7-6(5) 6-1 R.Karanusic
○6-4 6-2 0-1 ret. E.Korolev
○6-4 3-6 7-6(9) 6-7(3) 8-6 A.Roddick
●6-3 6-7(7) 6-7(9) 3-6 J.Nieminen

-ロディックにとってサーブがそうであるように、僕の武器はバックハンドなんだ。バックはとてもうまく打てるよ。すごくパワーを出せるし、一番楽なショットなんだ。子供の頃から片手だった。最初はうまくなかったけど、じきによくなっていった。みんなバックからあんなパワフルなショットがくるなんて思ってないからね。それもあって、得意なショットだよ。-


Marta Domachowska(POL)

○6-1 6-1 M.Johansson
○7-5 1-6 6-1 S.Arvidsson
○2-6 6-2 6-4 N.Li
●4-6 4-6 V.Williams



-センターコートでビーナスと戦えるなんて、すばらしい経験をした。今年ずっとこれが続くように願っている。-



Hewitt.jpgLleyton Hewitt(AUS)

○6-0 6-3 6-0 S.Darcis
○7-6(5) 6-3 5-7 6-1 D.Istomin
○4-6 7-5 7-5 6-7(4) 6-3 M.Baghdatis
●5-7 3-6 3-6 N.Djokovic

-大会側は選手のことだけじゃなくお客さんやみんなのことを考えなくちゃならないからね。僕とマルコスの試合をみんな期待していた。(中略)2人ともよりメンタルな戦いを強いられることになったけど、スケジュールを決めるのは僕らじゃないしね。できるだけ早く気持ちを切り替えなくてはならなかった。-


Juan Carlos Ferrero(ESP)

○6-4 6-3 6-1 N.Kiefer
○6-4 6-4 6-2 A.Jones
○6-1 6-2 6-3 D.Nalbandian
●5-7 6-3 4-6 1-6 D.Ferrer


-No.1だった頃と同じくらいアグレッシブにいこうとした。それがいい結果につながった。トップの選手と戦うときには、一番いい結果を出したい。-
(ESPN)


Serena Williams(USA)

○6-3 6-3 J.Gajdosova
○6-3 6-1 M.Yuan
○6-3 6-4 V.Azarenka
○6-3 6-4 N.Vaidisova
●3-6 4-6 J.Jankovic

-ショットがよくなかった。いつもみたいに動けなかったし、気もちも100%じゃなかった。でもアスリートなら、いつも満点というわけにはいかないことは知っている。30%で勝たなくてはいけないときもある。-


Nieminen_20080128075023.jpgJarko Nieminen(FIN)

○6-3 6-1 5-7 2-6 6-1 F.Dancevic
○6-2 7-5 7-6(2) J.Levine
○3-6 7-6(4) 6-3 6-1 M.Fish
○3-6 7-6(7) 7-6(9) 6-3 P.Kohlschreiber
●5-7 3-6 1-6 R.Nadal

-体の調子はいつもいい状態にもっていけるけど、今回精神的な部分が強くいられたのは、軍隊で訓練を積んでいることが役立っていると思う。-


Justine Henin(BEL)

○6-2 6-2 中村藍子
○6-1 7-5 O.Poutchkova
○7-5 6-4 F.Schiavone
○6-2 6-2 S-W.Hsieh
●4-6 0-6 M.Sharapova

-マリアはオフの間にとても努力していた。肩の状態もいいようだし、それが彼女にとても自信を与えていた。サーブもすばらしく、すべてがよかった。ボールはラインをとらえ、攻めの姿勢を貫き、ボールを打ってきた。私はそれには程遠い内容だった。-


Rafael Nadal(ESP)

○7-6(3) 7-5 6-1 V.Troicki
○6-0 6-2 6-2 F.Serra
○7-5 6-2 6-3 G.Simon
○6-4 3-0 ret. P-H.Mathieu
○7-5 6-3 6-1 J.Nieminen
●2-6 3-6 2-6 J-W.Tsonga

-ベストを尽くしたよ。打つペースを遅くしてみたり、速くしてみたり、コートのより中でプレーしたり、下がってみたり。でも今日はチャンスが全くなかった。次はあるかな。-



Jelena Jankovic(SRB)

○2-6 6-2 12-10 T.Paszek
○6-2 7-5 E.Gallovits
○6-2 4-6 6-1 V.Razzano
○7-6(3) 6-1 C.Dellacqua
○6-3 6-4 S.Williams
●3-6 1-6 M.Sharapova

-途中でリタイアしたい気分になった。でもお客さんに申し訳ない。準決勝だし、なんとか最後までプレーしようと頑張った。マリアがとってもすばらしいプレーだった。彼女が勝利に値する。でもだからって私が途中であきらめることはできなかった。-
(Reuter)


Roger Federer(SUI)

○6-0 6-3 6-0 D.Hartfield
○6-1 6-2 6-0 F.Santoro
○6-7(5) 7-6(1) 5-7 6-1 10-8 J.Tipsarevic
○6-4 7-6(7) 6-3 T.Berdych
○7-5 7-6(5) 6-4 J.Blake
●5-7 3-6 6-7(5) N.Djokovic


-僕は今までたくさん、本当にたくさんの試合を勝ってきた。自分自身で期待していないときでさえも。だから今日の敗戦はちょっとへこむね。でももう終わったことだしね。今からのシーズンが楽しみだよ。-
(AP)


Ana Ivanovic(SRB)

○7-5 6-3 S.Cirstea
○6-0 6-3 T.Garbin
○6-3 6-4 K.Srebotnik
○6-3 6-4 C.Wozniacki
○7-6(3) 6-4 V.Williams
○0-6 6-4 6-4 D.Hantuchova
●7-5 6-3 M.Sharapova

-毎日決まったことをやるというのは、私にとってツアーをまわる上でとても大切なことです。去年の全仏のときは、毎日同じレストランで食事をし、ウィンブルドンのときは家で毎日みんなと料理をつくる。そして毎日ジュースを同じ場所で買う。毎日同じ行動をとることは、心理的にとても重要なことなのです。なぜならそれは慣れ、親しみという要素を生むからです。一年の約9割を外国ですごす私は、自宅という同じ場所での普段と変わらない生活にひどく憧れを感じるのです。-
(THE AGEのAnaのコラムより)


Jo-Wilfried Tsonga(FRA)

○7-5 6-4 0-6 7-6(5) A.Murray
○6-4 7-6(4) 6-2 S.Warburg
○6-3 6-4 6-2 G.G-Lopez
○6-2 6-7(5) 7-6(8) 6-3 R.Gasquet
○7-5 6-0 7-6(6) M.Youzhny
○6-2 6-3 6-2 R.Nadal
●6-4 4-6 3-6 6-7(2) N.Djokovic

-自分を誇りに思う。ノバックはすばらしいプレーをしたし、優勝を祝福したい。僕はこの決勝の結果を喜んだらいいのか悲しんだらいいのかよくわかんないけど、とにかくすばらしい気分だよ。-
(Reuter)


Maria Sharapova(RUS)

○6-4 6-3 J.Kostanic Tosic
○6-1 6-3 L.Davenport
○6-3 6-0 E.Vesnina
○6-2 6-0 E.Dementieva
○6-4 6-0 J.Henin
○6-3 6-1 J.Jankovic
○7-5 6-3 A.Ivanovic

-苦しい時期を乗り越えようともがいているときは、いつ成功できるかなんてわからない。そこに到達できたことをありがたく思う。-


Novak Djokovic(SRB)

○6-0 6-2 7-6(5) B.Becker
○6-1 6-2 6-2 S.Bolelli
○6-3 6-1 6-3 S.Querrey
○7-5 6-3 6-3 L.Hewitt
○6-0 6-3 7-5 D.Ferrer
○7-5 6-3 7-6(5) R.Federer
○4-6 6-4 6-3 7-6(2) J-W.Tsonga

-僕らの国にはテニスを学ぶためのシステムがないから、必要な時期に十分な支援が国から受けられなかった。僕らには、家族、両親の力強い支えがある。成功したいという意欲と、今までみんなで乗り越えてきた時間と経験が、僕たちを強くしているんだと思う。-


今日の1曲
Lost Highway/Bon Jovi


ちょうど全豪期間中にWOWOWでボンジョビの東京ドームコンサートの生中継があったので見た。そのライブの1曲目に歌ってたのがこれ。いやーいつもかっこい~なあ。彼らも私は学生のころからときどき聴いてました。それほどファンってわけじゃないけど、今でもラジオやテレビで流れると、やっぱボンジョビはええのう~と、聴き入ってしまいます。昨年はカントリー部門でグラミーを受賞するなどまた進化しつづけてますね。たしかにこの曲はカントリー風のアレンジですな。とっても聴きやすい。

マリアちゃんが言ってましたね。もがいている最中は、いつかトンネルを抜け出せるのかわからない、と。こんなに頑張って練習して苦しんで、果たして勝てるようになるのかどうか、トップになれるのか。夢見ている栄光をつかめるのか、選手自身にもわからない。ツォンガがこの大会こんなに活躍すると、自分自身でも思ってなかったでしょう。成功というのは、いつやってくるのかわからない。先行きの見えない道だ。そんな道を、きっと成功するという信念で彼らは進み続ける。

I don’t know where I’m going
But I know where I’ve been
I’m afraid of going back again
So I drive, years and miles are flying by
And waiting there to great us
Is my plastic dashboard Jesus


I finally found my way
Say goodbye to yesterday
Hit the gas there ain’t no brakes on this lost highway
Yeah I’m busting loose, I’m letting go
Out on this open road

どこへ行こうとしているのかはわからない
でもどこから来たかは知っている
だからこそ後戻りはしたくないんだ
そう僕は走り続ける 
時とマイルが通り過ぎていく
そんな僕を迎えてくれるのは
ダッシュボードに置かれたプラスチックのイエス様

ついにこれから進む道を見つけたんだ
昨日にさよならして
アクセルは踏むけど、ブレーキはきかない先が見えない道
そう僕は自由、自分自身を解き放ち
先の見えない道を進んでいく

(聴いてみる)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
オリンピック
>のびたさん

たしかにグランドスラム期間中は睡眠不足になりましたよね。全豪はまだ時差が少ないからそれほどでもないですが、他の3つは結構きつい…でも全仏が今から待ち遠しいです(^^)

そうですね、今年はオリンピックがあるんですね。昔はテニス界ではオリンピックはあまり重視されていなかったように思いますが、最近本当に五輪を重要と考えるプロテニス選手が増えましたね。五輪というとつい競泳とか陸上とかのほうに興味がいってしまう私なんですが(笑)、テニスもまたいつものツアーと違う雰囲気なんでしょうね~テレビ中継がどれだけあるのかわかりませんが楽しみにしたいと思います。

2008/01/29(火) 19:13:44 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
パーティーは終わったよ♪
楽しくて感動の2週間が終わって、今日はとてつもなく眠い月曜日でした(^^;
素晴らしい試合のいくつかを見ることができて、ラッキーでした。
(もっともっと見たかったけど、時間には限りがありますからね)
そしてそういう戦いに挑んだ選手たちのコメントをこのようにまとめて読めて、うれしいです、ありがとう!
他の3つのGSに加え、オリンピックもあって、この先の戦いもとても楽しみです!
2008/01/28(月) 22:54:55 | URL | のびた #T5DPT7Jo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。