Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


戦う姿こそが美しい
2008年06月30日 (月) | 編集 |
美しきサフィン

Marat Safin


ウィンブルドンは前半戦が終了。こうやってみると、やっぱり2週目入りっていうのは4回戦進出、ていう捉え方でよいのかな。今年は昨年とは大きく違って、晴れの日が多くて日程が順調にこなされているのが嬉しい。来週もいい天気でありますように。

1週目というのはトップ選手がぶなんに勝ちあがって静かにすぎることが多いもんだけども、今年はかなりの番狂わせが起きてますね。

女子

なんといっても、No.1のイバノビッチとNo.3のシャラポワの2回戦敗退、が衝撃でした。2人とも100位以下の選手にストレート負け…とくにマリアちゃんのほうは、芝は実績もあるし力を出してくるように思われたので、びっくりです。イバノビッチのほうは、全仏優勝のあとちょっといろんな意味で調子を取り戻せてないかな、というような感じもしたのでやや予想内、だったけども…。
全仏と、ウィンブルドンの間は、2週間しか空いてない。ここが、難しいところなんだと思う。全豪と全仏、あるいはウィンブルドンと全米くらい間が空いていたらもうちょっと違っていただろうけども。全仏優勝してその余韻が抜けきれないうちにウィンブルドンに入ってしまったというか。芝のシーズンは短い。その短い前哨戦で、どれだけ気持ちと体を立て直せるか。このあたりは、男子のNo.1なんかを見るとやはり格が違うという気がする。といってもまあイバノビッチはGS初優勝だったのだし、仕方ない部分もあるかも。これも経験ということなんでしょう。

マリアちゃんは、ウェアの話ばっかりで盛り上がってましたね。今回初めてパンツスタイルで臨んだのだけども、そのウェアもこれでお蔵入り?ちょっとプレー以外のことに注目されすぎたという気がする。たしかにウェアや外見もテニスの楽しい要素のひとつだけども、負けてしまってはなんにもならない。しかも相手選手が、「あの(シャラポワの)ウェアがキライだからがんばった」とかなんとか言ってるし(^^;)意味よくわからんが…美しい人はとかくいろいろ大変ですな。スポーツの本当の美しさは、衣装や容姿ではなく、戦っているその姿こそ、なのだ。

ひとむかし前、女子は前半戦、シード選手、特にトップ選手があまりにもさっくり勝ちあがりすぎてつまらない時期があった。だから1週目は男子ばっかり注目してた。でも、この1年くらい、状況が変わってきてます。1回戦からフルセットの熱戦があり、ストレートでも7-5や7-6といった競ったセットが多い。5-2でリードしていても追いついたり。そして今回のような番狂わせも度々おこるようになる。No.1もグランドスラムのたびに変わりそうな感じだし、女子はこの数年が過渡期で新たな時代が作られそうですね。

男子

男子はジョコビッチが台頭して、この1年のグランドスラムはトップ3を軸に展開されてきましたが、その一角が崩れました。サフィンがなんと2回戦でジョコにストレート勝ち!これは1週目一番の番狂わせになりました。全豪優勝して以来タイトルは遠ざかり、最近は全くといっていいほどいいところのなかったサフィンが、ここでやりました。私はこの試合見てなかったんですが、サフィンのよかったのもあるけどやはりジョコも悪かったよう。ジョン・ワーザイムさん曰く、「lazy」なプレーだったとか…これもトップ選手だけが味わう「洗礼」なんでしょうか。どんなすごい選手でも、こうやって負けてしまうときがある。大会前は強気な発言が目立っていたジョコですが、ここでまた成長してひとまわりたくましくなってハードコートシーズン戻ってきてほしいと思います。

そのサフィンと全豪で決勝を争ったレイトンも、がんばってますね!4回戦進出。しかし次の相手が…なんでこんないい感じのときに限って次VSフェデラーなんだよ…がく。もちろん結果は終わってみなければわからない。レイトンがんばれ!期待しています。一方アンディは残念でした。ローマで体を痛めてから、やや実戦不足だったのかな。クイーンズでもマレーくんが棄権してしまったのも、やや調子をつかめなかった一因だったかな。去年はガスケ君に大接戦で敗れたわけだけども、今回もティプサレビッチ相手にタイトな試合内容で競り負けてしまいました。ティプは去年もゴンちゃん相手にすばらしい金星を上げていましたね。ティプサレビッチは好きなので、応援しています。今日もがんばって!

そしてビョークマンがシングルス引退を発表しましたね。そして最後のウィンブルドンを終えました。サーブ&ボレーのスタイルを最後まで貫いて、ベテランらしいすばらしいいぶし銀の活躍を見せてくれました。おつかれさまでした。


今日からはいよいよ2週目突入!ここからの勝負が正念場です。ナダルくんもロジェ君も順調に勝ちあがっているけども、今日からはちょっと大変です。特にナダル君のほうは…んまあいや~な相手がずらり…よくもまあここまで…という感じで…(- -)心配である…しかし、ナダルくんならきっとやりとげてくれると、信じていますよ!
そして女子は、ビッグシードが敗れて優勝争いはよくわからなくなってきましたね。セレナ&ビーナスが注目されていますが、私は新しいチャンピオンが誕生するような気がする。というかそれを望んでる。ヤンコビッチ、怪我してて心配だけども、ヤンコのGS初優勝を期待してます。


今日の1曲
Viva La Vida/Coldplay

ウィンブルドン期間中ということで、UKの人を。コールドプレイの新作です。がんがん流行ってますねー。ビルボードでも1位を獲りました(今週はもう下がってしまってるけど…)もうアメリカでもすっかり人気者ですね。コールドプレイは特にファンというわけでもなくアルバムも持ってないけど、やっぱりシングルとかこうやって聴くと、いいなあ~、と思います。メロディーが心の琴線に触れるというか、染み入るというか…一度聴くととりこになってしまう。さすがです。iTunesのCMでも使われてますね。
今回の曲は、スペイン語がタイトルになってます。アルバムのジャケットもそんな感じ…というかこれってDragon Ashのやつと完全にかぶってるような…(^^)。

Viva La Vidaとは、「美しき生命」という意味らしい。優勝をきめて高々とカップを掲げる姿も、敗れて失意の中それを見上げる姿も、ひとつの栄光を目指して戦うその姿は、本当に美しい。サッカーのヨーロッパ選手権では、スペインが見事に40年ぶりくらいに優勝を決めました。全勝で栄冠にたどりついたスペインチームはすばらしく、強かった。さあ、次は君の番だよ。



ビデオを見る
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。