Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


不思議な壁
2008年07月07日 (月) | 編集 |
優勝おめでとう

マルカの一面

Rafael Nadal




久々にランキング更新です。

Road To Shanghai 2008

7月7日付

1位 Rafael Nadal 955p


ナダルくんウィンブルドン優勝おめでとう!!!!!

すばらしい、本当に感動した試合でした。あまりにすごすぎておなかいっぱい…何を書いたらいいのかわからない…というか極度の睡眠不足で頭が働かない…。でも本当に、勝ててよかった…しかし負けたロジェ君の気持ちを思うと胸が痛い…でもやっぱうれしい…複雑な心境です。。最初2セットとてもよい感じで先取できて、3セット目もマッチポイントがあって、これで決まりかと思いきや…そんな世の中甘くはなかった…ロジェ君が真価を発揮して、そこから逆転されて、さらに4セット目もタイブレ大逆転されてファイナルセットも7-7。いい動きとショットで王者を苦しめているのに、なかなか勝ちきれない…あぁやっぱりだめなのか…一時は見るのが本当に辛かったです。本人が一番辛かったでしょう。そこをよく耐えて、耐え抜いてくれたと思います。リードしていて追い上げられるときの特有の恐さというのが本当に感じられました。しかもその相手が芝のフェデラーだもの。。。これ以上恐い相手はいません。

2セット先にとれたのがよかったのかもしれませんね。これが1セットオール、とかだったらなかなか芝生では気持ちで優位に立てない分実績十分のロジェ君に先手をとられていたかもしれません。といってもファイナル7-7までいったのだしどっちが勝ってもちっともおかしくなかったのだけど…しょせん結果論かもしれませんが。

ローランギャロスも感動したけども、この芝で、ナダル君が優勝カップを持つ日がくるなんてなあ…もちろんそうなることを信じて応援してきたけども、こうやって現実になるとなんかまだ信じられない感じです。土以外ではなかなかうまくいかないことも多かったけど、でもこの数年年芝で努力してきたのがついに実りました。去年の決勝でのつらい敗戦の経験を糧に、今日の王者の追い上げを交わして、ついに芝で勝ちきることができた。これからのキャリアにおいて、重要な一勝になると思います。

試合中はひざに不安があるようでしたが、大丈夫なのかな。それがちと心配です。2005年のときのようなことにならないように、ここでしっかり休養して、また夏のハードコートシーズン元気な姿を見せてほしいです。本当におめでとう!おつかれ~!

2位 Roger Federer 685p

ロジェ君もがんばりました!3、4セット奪い返したのは見事だった…マッチポイントもありながら…5連覇中の王者がストレートで負けるわけにはいかないという、気迫と根性を感じました。この決勝を歴史的試合にしたのは、間違いなくロジェ君のすばらしさがあったからだと思います。本当に接戦で、ブレイクポイントもいっぱいあって、勝つチャンスはいくらでもあった。しかし、先行逃げ切り型のロジェ君が2セットダウンというのは、いつものパターンでないだけにちょっと厳しかったのかなとも思う。それだけナダル君のストローク、球の強さがすごかったということなんだろうけども。でも後半は、追い詰められて開き直ったかのような力の抜けたすばらしい王者らしいプレーで、さすがNo.1でした。
しかし、2セットダウンから追いついた後さらに追い抜く、というのは本当に難しいことなんだと思いました。もちろん2セットダウンからの大逆転は今大会何度か見られたし、そうなる可能性もたくさんあったんだけども。最後はやや疲れでポイントを失ってしまっていたようにも思えました。

勝負の世界は厳しいと本当に思います。2人ともが同じくらいがんばってて同じくらい強くて、全く5分5分の試合でも、勝者になれるのはただ一人。どんな形でも、決着をつけなければいけない。どちらかが敗者になるのは本当に残念なこと。でも敗者がいるからこそ、勝者が生まれる。その残酷さの上に成り立つ優勝という栄冠に向かって、こんなに全力を振り絞ることから、こんなにすばらしいドラマが生まれるのでしょう。こういうとき、やっぱグランドスラムのファイナルセットはタイブレじゃなくこういう2ゲーム連取、という形がいいのではなかろうかと思いますが。今回は残念ながら敗者になってしまったけども、間違いなくロジェ君はナダルくんと同じくらいすばらしかったと思うし、形の上では勝者は1人だけども、ロジェ君もみんなの心のチャンピオンであると、思います。

しかし…試合が終わったのが、5時すぎ…結局完徹(- -)…いつぞやのローマの決勝戦を思い出すなあ。あのときも超接戦で、5時間越える試合でやっとこさ紙一重でナダル君が勝ったのが朝6時すぎで完徹で月曜へろへろだったっけ…今日もへろへろでした。しかし土はともかく芝で5時間近くという試合はなかなかない。しかもGS決勝戦で…雨の中断もあったけども、4時間48分の熱戦でした。雨といえば、来年からはセンターコートに屋根がつくから、決勝戦が雨で中断、というのはこれが最後になりましたね。あのセンターコートでのスタッフのすばやいコートカバーかけはウィンブルドン名物だったんだけども、ちょっぴりさみしい気もします。


以下は続きで。




3位 Novak Djokovic 649p
4位 Nikolay Davydenko 371p
5位 David Ferrer 299p
6位 Andy Roddick 240p
7位 Nicolas Almagro 238p
8位 Andy Murray 235p
9位 Stanislas Wawrinka 221p
10位 James Blake 216p


ビッグ3の一角、ジョコビッチは今回は主役にはなれませんでした。これでエントリーランキング2位がまた遠くなった。でもハードコートシーズンはジョコも黙っちゃいないだろうし、楽しみというか大いに気になる存在です。そしてマレイ君は、グランドスラム初のベスト8進出を果たしました。ガスケ戦はすごい大逆転でしたねー。去年は怪我で思うように活躍できなかったり、今年の全豪では準優勝したツォンガに初戦で当たってしまうという不幸に見舞われたり、なかなか才能がうまく開花しないことが続いていましたが、地元の声援に見事こたえる活躍でした。
それから、スタン君もがんばりました。ベスト8にあと一歩だったけども、あまり得意じゃなさそうな?芝でも結果を出してくれました。スタン君はベスト8の壁が結構厚いんですよね。去年の全米も4回戦でフルセットの惜しい敗戦だった…でも10位以内をキープしてます。今度の全米こそは、ベスト8を、そして上海初出場目指してシーズン後半戦も、期待していますよ!

そのほか注目

16位(←31位) Mario Ancic 161p

「ウィンブルドンで最後にフェデラーを破った男」という枕詞がこの数年常についてまわったマリオ君ですが、今年それに終止符が打たれることとなりました。ベスト4の実績のあるマリオ君は芝生では常に怖い存在です。今大会も、ノーシードから前哨戦優勝したフェレル君を破りベスト8まで勝ち上がりました。しかしマリオ君がノーシードというのも危険すぎる。早くシードがつくくらいに復活してきてほしい。

43位(←86位) Marat Safin 144p

今大会の主役の一人でした。なんといっても2回戦でのジョコビッチ戦勝利。よく大きな番狂わせをした後はさっくり負けてしまうこともありますが、サフィンは違いました。それ以後も、スタン君やロペス君など、今まで対戦成績で分が悪かった相手にしっかり勝って、ベスト4。これで全てのグランドスラムでベスト4入りを果たしました。準決勝でロジェ君に敗れましたが、迫力満点のサーブとストロークは以前を彷彿させるすばらしいプレーぶりでした。

WOWOWのインタビューで、どの選手のどのスキルが欲しいかという選手への質問で、他の選手はフェデラーのフォアとかナダルの動きだとかふつうなコメントしてた中でサフィーナが、「お兄ちゃんの全部!」と無邪気に語ってたのがとてもかわいかったです。愛されてるんだなあサフィン。

31位(←39位) Janko Tipsarevic 125p
35位(←43位) Richard Gasquet 118p


今大会の殊勲賞を誰かに上げるとしたら、ティプサレビッチは候補の一人ですね。2回戦のアンディ戦の大金星はすごかったです。今年の全豪ではロジェ君と死闘を繰り広げたし、ATPツアーでしっかり存在感を示しています。ティプのテンポよく小気味よいストロークはとても見ていて楽しいです。セルビアはジョコビッチ、ヤンコビッチ、イバノビッチだけじゃありません!サングラスよくしてますね。あれってかっこいいんだけど、顔が日焼けして目のとこだけ白くなっちゃったり(いわゆる逆パンダ状態)しないのかなあといらん心配をついしてしまいます。

ガスケ君はマレイ君相手に2セットアップからの逆転負けという悔しい4回戦敗退となりました。今年フィジカルでもメンタルでも調子悪くてなかなか結果を出せずにいるガスケ君だけども…どうもデ杯のアンディ戦欠場したあたりから歯車が狂っているような気がする。今年は上海は厳しいのかなあ…でも、いつかガスケ君の才能が爆発する日がきっとくると思います。私は今でも、ナダルVSガスケのグランドスラム決勝戦が見れる日がくると、信じています。

38位(←53位) Feliciano Lopez 116p

もともとサーブ&ボレーがうまく芝に最も合っているスペイン選手といわれていたロペス君、実力者らしくベスト8入りを決めました。サフィン戦私はロペス君の勝利を予想してたんだけども…過去の対戦もよかったし…う~ん予想というのはなかなか難しいですね。ナダル君の優勝の陰に隠れがちだけども、ベスト8にスペイン人が2人、つまり25%って何気にすごい。以前、芝は牛の食べるものとかなんとかいってた選手がいたっけな…誰だか忘れたが…そのくらいスペイン選手に縁のなかった芝生でこういうふうに活躍するようになるとは。フェレル君も芝で優勝してたし。スペインテニスが変わってきてるのか、芝のプレースタイル自体がテニス界全体で変わってきているのか。

スペインっていえば、EUROでも優勝したし、今年はスペインイヤーなんですかね。そしていよいよ迎えるはオリンピック。シンクロでメダルをスペインに持っていかれやしないかとなんだか心配です。

42位(←109位) Rainer Schuettler 111pRANKING GAINER
59位(←116位) Arnaud Clement 65p


そして今週最も上がり幅の大きい、RANKING GAINERはベスト4入りしたシュトラー。エントリーランキングも50位以上一気に上がって、GSシードまであと一息というとこまできました。初戦で敗れたニコ山に入ってたというドローのよさもあったけども、ブレイク戦では2セットダウンからの大逆転勝ち、そしてクレメンとのQFでは決勝戦に劣らぬ大熱戦をファイナル8-6でなんとか振り切りました。32才にしてこのがんばりはすばらしいです。シュトラーは表情がクールなところが私好みです。
クレメンは本当に惜しかった。最後のセットはシュトラーのサービス・フォー・ザ・マッチでことごとくブレイクバックして、粘りに粘りましたが、最後あとちょっと及びませんでした。クレメンもサングラスがよく似合ってかっこいいですね。ていうか色とりどりのバンダナがいつ見ても大変おしゃれなんだけども、あれはウィンブルドンのドレスコードにはひっかからないのかな。



今日の1曲
Wonderwall/Oasis


先週同様ウィンブルドンということでUKのアーティストを。というかUKを代表するバンドといってもいいかもしれませんね。最近はコールドプレイやレディオヘッドに比べるとやや遅れをとっている感じもしないでもないんですが…しかも最近は音楽のことよりコメントのほうに注目が集まって、いわゆる芸能界のご意見番みたいな、日本でいうと和田アキ子みたいな存在になっちゃってる気もしないでもないんですがどうなんでしょうか…。しかし、オアシスにも、すばらしい曲がたくさんあります。中でもこれは、イギリス国内では、イギリス人なら誰でも知ってるといってもいい名曲。好きな曲アンケートみたいなので必ず上位にきてますね。私もとても好きな一曲です。リアムの声が大好き。

「Wonderwall」というのは造語みたいですね。直訳すると、不思議な壁…「終着点」とか「目標」とかいろんな解釈がされてるようですが、なかなかこれ、といったぴったりの訳が見つかりませんね。ノエルの表す世界を理解するのは簡単ではない。
2セットリード、第3セットも勝利へ向かって順調に進んでいたかに見えたナダル君の前に、突如ロジェ君が敢然と立ちはだかった。なかなかNo.1になれないナダル君と、なかなか生涯グランドスラムがとれないロジェ君。2人にとってお互いの存在は、「Wonderwall」といえるのかもしれない。

And all the roads we have to walk are winding
And all the lights that lead us there are blinding
There are many things that I would like to say to you
But I don't know how

Because maybe
You're gonna be the one that saves me
And after all
You're my wonderwall


俺達が歩かなきゃならない道はいつも曲がりくねってる
そして俺達を導いてくれるはずのその光はまぶしくて見えない
お前に伝えたいことが山ほどあるんだ
でもどう話したらいいのかわからないよ

つまり たぶん
お前が俺を救ってくれる人物になるだろうってことさ
結局 お前は俺にとってのwonderwallだから











pluginspage='http://www.microsoft.com/windows/mediaplayer/en/download/' ShowTracker='1' ShowControls='1'
ShowStatusBar='0' width='320' height='280' EnableContextMenu='0' src='http://www.videocure.com/music-video-code/o/a8673946e35ad366a4ad8e6718ba8b75.asx'>

Music Videos by VideoCure


動画が見れない場合はこちらからもどうぞ

↓音だけバージョン
Wonderwall - Oasis

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
鬼門のシーズン到来
>ゴランさん

お久しぶりです~。
>夢の中でフェデラーが7-6、7-6で盛り返す夢を見て、起きてみたら現実で本当に驚きました。

そ、それはすごい夢でしたね。まさに正夢…私はそういう正夢は見たことがありません。ちなみに今日昼寝したときに夢にナダル君とロジェ君が出てきました。

決勝までの6試合を見ると全てストレートで充実したプレーぶりでしたから、フェデラー有利なのかなと思ってました。ただ準決勝のサフィン戦でややサフィンにストロークで押されてる場面があったので、ナダル君がああいう感じでプレッシャーをかけていけたらいいなと思ってみてましたが…サフィンとはやや違う感じでしたが、やはりスピンが非常に効いてましたね。

毎年のことなんですが、ナダルくんはここからいつもネックなんですよね。ハードコートは結果を見る限り一番不得意なサーフェスだし、これからいよいよそのシーズンがやってくるわけで。いつもここで尻すぼみみたいになって一年が終わるんですが、ウィンブルドン優勝した今年、それが変わるのか、やっぱり変わらないのか…ハードコートは得意な選手が多いだけに厳しいですが、No.1になるにはやはりここを克服しないといけないんでしょうね。ウィンブルドン優勝したことでややプレッシャーから解放されてプレーできるとは思います。
2008/07/09(水) 20:59:52 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
勝負は残酷・・・
お久しぶりです。

2セットダウンでもうナダルが勝ったなと思って寝てしまったんですが、夢の中でフェデラーが7-6、7-6で盛り返す夢を見て、起きてみたら現実で本当に驚きました。
こんなことってあるんだって。
でも負けてしまって、ナダルおめでとうと思いましたが、それ以上にフェデラーがかわいそうと思ってしまいました。

ただ、最初の2セットを取られた時点で、世代交代の感がしました。あんなにストロークで(特に芝で)主導権を取られるとは思わなかったです。
ナダルの進化に対してフェデラーの進化が付いていけてないんですね・・・

フェデラーは来年も来るといいましたが、来たとしてもナダルに勝てるでしょうか・・・
世の中何があるのか分かりませんが、今年のナダルを見る限り勝てそうな気がしません。

今年のフェデラーもすごいとは思いましたが、いつもの怖さがありませんでした。
これから先、どうなるんでしょうか・・・
ナダルがグランドスラムを制覇する方が近いかもしれませんね。

22歳でほぼ欲しいもの全てを手に入れたナダルは幸せすぎですね。
誰がナダルを止めることができるんでしょうね。
フェデラーはデビスカップのヒューイットの敗戦の数倍の痛みを感じているんでしょうね。
勝負の世界は残酷ですね。
2008/07/08(火) 22:51:22 | URL | ゴラン #-[ 編集]
名勝負
>のびたさん

ナダルくんは4大大会で一番ウィンブルドンが好きと、以前から語っていましたね。そこでこんなに早く夢が叶うとは…うれしい限りです。執念が実りましたね。

去年の敗戦の悔しさをラファファンはみんな覚えているから、今回のロジェ君の敗退は余計に複雑な気持ちになりますね。

ナダルくんはオアシスとか聴くのでしょうか…ブライアン・アダムスが好きというのはどこかで読んだことがありますが。よくヘッドホンしてウォーミングアップしてるようですが、どんな音楽を聴いているのか興味津々です。

>たっくさん

はじめまして…かな?(違ってたらすいません)
間違いなく今後20年は後世に語られる名勝負だったと思います。今赤ちゃんくらいの人たちに、昔これをリアルタイムで見たんだぜい、と自慢できますね^^。



2008/07/08(火) 22:04:11 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
私も感動しました、こんな試合もう観れないんじゃないでしょうか。
2008/07/08(火) 12:33:55 | URL | たっく #-[ 編集]
おめでとう、ラファ!
"My Dream Come True"
ラファの幼いときからの夢が叶う瞬間をみることができて、うれしかったです。
夢が叶ったのではなく、夢で終わらせないよう自分でつかみに行った、そのことがうれしいですよね。
あの決勝戦、いろんな記録が生れた試合でしたが、そういう数字を抜きにして素晴らしい感動をもらいました。
心からおめでとう、ありがとうといいたいです。

>この決勝を歴史的試合にしたのは、間違いなくロジェ君のすばらしさがあったからだと思います。
ロジャーは実に悔しかっただろうことは想像に難くありません。
ラファとラファファンからお礼を言われるのもまた悔しいことだとは思うけれど、でもここはやっぱり言っておきたいですよね。
ロジャー、素晴らしい試合をありがとう!

Oasis、懐かしく聞きました。
これが流行ったころ、ラファも聞いていたかしら?
WB優勝の夢を思い描いて、練習を繰り返していたんでしょうね。
2008/07/08(火) 07:21:21 | URL | のびた #T5DPT7Jo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。