Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神様の贈り物
2009年06月03日 (水) | 編集 |
今日は男女のトップハーフの準々決勝4試合。すごい熱戦と、ボロ勝ちと、はっきり分かれましたね。

準々決勝
(1)Dinara Safina 1-6 6-4 6-2 (9)Victoria Azarenka

サフィーナ勝ったあ。あーびっくりした。もう負けちゃうのじゃないかと、途中思ってしまいました。
第1セットのアザレンカはすごかった…まるで、ソダりん@4R、みたいな…ソダりんの前の試合見てないけど、なんとなくイメージ的に…攻めるアザレンカに守るサフィーナ…でもアザレンカの攻めがすごすぎてサフィーナ守りきれない。おもしろいようにショットが決まるアザレンカ。ペースをつかめないまま、第1セットは終わってしまいました。

しかし第2セットに入って、アザレンカが最初のサービスゲームをDFがらみで落としてから流れが変わりましたねー。1試合の中でも流れは容易に変わる。徐々にアザレンカがミスるのとサフィーナが守りきるのが同時並行してすすんで、アザレンカはいらいら…さっきまで打ってたのが入らなくなる…さらにいらいら…相当気性が激しそうだ。あれくらいないとこの世界ではやってけないんだろうねー。
でも4-1でもうフルセットが見えてきたかに思えた矢先、また復活したアザレンカ。ショットが戻ってきて、またサフィーナを苦しめる。第9ゲームはサフィーナ、流れを変えるよいブレイクでした。そしてそのいい流れの中で次のゲームキープできた。

最後のセットは序盤からアザレンカが集中を失ってしまっていたようでした。結局最後まで落ち着いていたサフィーナが、経験の差を見せ付けました。

…サフィーナ、本当に、成長したよなあ。ちょっと前まではサフィーナはキレやすく、今日のアザレンカ状態ってことがよくあったのに。今日はきれてもおかしくないとこでも、ずっと我慢していた。人間の成長って、すごい。No.1の風格も、感じましたよ。
この接戦を乗り切って、またひとまわり強くなった感じがします。

(23)Robin Soderling 6-1 6-3 6-1 (10)Nikolay Davydenko

ソダりん勝った。ニコちゃんまけた…ニコちゃん軍団撤収です。ソダりん強すぎ。大きな番狂わせをやったあとは結構ころっと負けちゃうものだけど、逆にサイア人化してしまってます。かめはめ波でニッコロ大魔王を吹っ飛ばしてしまいました。試合見てないんだけど…もう見なくていいか…。うわー一気に優勝候補。ナダル君に勝ったソダりんが優勝してくれたら、うれしいな。でもまあ…さすがにそれはないか…こういう人がロジェ君と当たると突然尻尾切られてふにゃふにゃ化してしまうというのはよくあるパターン。それに夢の決勝進出がかかったSFも、意外とプレッシャーは大きそう。ソダりんにとって初のグランドスラム準決勝、どんな戦いを見せてくれるか、楽しみです。ヘタれるなよー。

(20)Dominika Cibulkova 6-0 6-2 Maria Sharapova

ち、チブルコバ…勝っちゃった…まさかこんなことになるとは…2日目にチブルコバの特集したとき、なんとなく活躍してくれそうなので選んだんだんだけど、こんなにどんぴしゃ当たると、うれしい♪未読の方は、ぜひぜひ既出記事の「好きこそものの上手なれ」をご覧くださいまし。
しかもなにこのスコア…マリアちゃんは怪我明けだから本調子じゃなかっただろうけど、一戦一戦勝負強さを取り戻して来ていたから、今日はくるしいだろうなあと思っていたんだけども。188cmのマリアちゃんと、161cmのチブルコバ。柔よく剛を制す。

マリアちゃんはでもがんばりましたよね。全く期待していない、と自分で言っていたこの大会でベスト8。去年の成績を上回れました。これは予想以上の収穫だったのではないでしょうか。惜しむらくは、例年よりも速い今年のこのコートで万全の準備ができなかった、こと、かな…来年同じように速いとは限らないし。雨も多いかもしれないし。でもまだまだ若いので、この先期待しましょう。ゆっくり休んで、芝に備えてください。芝で元気なマリアちゃんを見たいです。

私はローランギャロスのHPのお気に入り選手リストに、このサフィーナと、チブルコバを入れている。この2人がついに激突か…どっちを応援したらいいのだろう。どっちも好きだー。さすがにここはサフィーナがくる、かな。今日のサフィーナを見てたら、そんな感じがする。でもチブルコバにも、がんばってほしい。フルセット希望。


(12)Fernando Gonzalez 6-3 3-6 0-6 4-6 (3)Andy Murray

あぁあ…マレー君まけてしまった…ゴンちゃんも好きだけど、今回はマレイ君に、勝ってほしかったんだよね。最後ゴンちゃんのサーブをブレイクしたとき、これで流れがくるかと思ったけど、次のゲーム破られて、the end。。。
チリッチ戦のマレイ君はすごく強かった。守りがよかったし、効率よく攻めてもいた。だから今回はいけると思ってたんだけどなあ。相手が変わると、日付が変わると、やっぱ変わってしまうのね。

でもゴンちゃんも、よかったよね。今までクレーの実績はありながらなかなかこの全仏ではロジェ君と近くの山だったりしてあまりうえにいけなかった。今回は、初戦から調子もよさそうだったし。でも次の相手…ソダりんは、大変そうです。
私は…好きなのはゴンちゃんだけど今回はソダりんに勝ってほしいです。もうソダりんお願いだから絶対ヘタれるなよー。


女子のドローを見て、思いました。ストーサーとシルステアが対戦し、アザレンカとサフィーナ、クジーとセレナがここでぶつかる…これがテニスの大会、という感じです。テニスは高校野球みたいに途中で組み合わせを決めなおしたりは、しない。最初に決めたドローで、ずっとすすんでいく。だからこういうことが起こりうる。これも、テニスのおもしろさ。番狂わせの積み重ねで起こるドローの微妙なあや。そこからシンデレラが誕生する。チャンスをつかんだ小さないなだが、はまちになり、ブリになる…チャンスをつかむ、とはこういうことも、指すのです、ね。
お互いがトップシードを破ったソダりんとゴンちゃん、2人に神様が差出した、大きな贈り物。とるかとらないかは、きみ次第。
「挑戦するのは、怖いけど、もっと怖いのは、チャンスを逃してしまうこと」。
LOSTで(またか)ソーヤーが言ってたっけ。今LOSTにはまってるんですー。


今日の一曲
Pour que tu m'aimes encore/Celine Dion

今日はちょっと番外編。この人はフランス人じゃありません。カナダのケベックというフランス語圏の出身です。なので彼女の初期の作品はフランス語のものが数多くあります。そんな中のひとつのこの曲は、なんと今から10年前、1999年民放(テレ東かな)でこの全仏が放送されたときのテーマソングとして、使われたものなんだそうです。そういうこともあって、今回ちょっと採用させていただきました。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
希望的観測
>nicoさん

これは私の勝手な推測ですが…たぶん大丈夫なのではないでしょうか?(←超楽観的)
あの試合での観客のマナーの悪さは誰の目にも明らかだったでしょうし、自らの愚かさを世界に露呈し再認識させたのにほかなりません。むしろトニおじさんに同情する人のほうが、多いのではないでしょうか。この件に関しては言い出したらきりがなくって、過去にもいろいろなエピソードがありましたよね。毎年語られていることなんですが。おそらく今回のことも、その中に組み込まれて来年以降くりかえし、語られていくことになるのでしょう。。。

でも誰が何と言っても、気まぐれなフランス人を変えるのは、難しいと思います。こうなったら来年は、スペイン人にローランギャロスのチケット買いまくってもらってフィリップシャトリエをスペイン人で埋め尽くしてもらうしかないですね(^^)。
2009/06/04(木) 20:55:20 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
心配です。。。
記事と関係ないのですが、大丈夫でしょうか?
そう、私もトニおじさんの発言は、今後さらにナダル君を苦しめることになると思います。
ネットだけでなく、テレビでも報道していました。
今までどんなに傷ついても、いつかきっとわかってくれる日が来ると信じ、ナダル君はいつもフランスに対し細心の注意をはらってコメントしていました。そしてフランスのテレビに出演したり、L'Equipeなどマスコミの仕事を一生懸命こなしていました。その努力が全て無駄になってしまった・・・とても悲しいです。




2009/06/04(木) 07:20:14 | URL | nico #gHke2YW6[ 編集]
近くて遠い国
>あいこさん

感情的になるのは当然ですよ。私は2005年全米でナダルくんがジェームスブレイクにまけたとき、ひどく落ち込んだことを思い出しました。あのときの記事はまだ残ってますがそうとうひどいもんでしたよ(見たくない笑)気持ちは十分すぎるほどよくわかります。
トニおじさんの気持ちはその場にいた人間としては当然の苦渋の心情だったんでしょうがやはり言わないでほしかったです。あんなことを言ってもナダル君をさらに苦しめるだけだし。。フランス人とスペイン人は昔から仲悪いし、日本と韓国の関係を考えれば、フランス人だけを責められない部分もあります。
それに世界のテニスファンはちゃんと知っています。たとえ試合には負けても、その後の言動によって、ナダル君が真の王者であることは、みんなが再認識しましたから、今回誰が優勝してもその事実は変わりません。
ダビデンコは復活してくれましたね。足の怪我でずいぶん休んでいただけに、今回の勝ちあがりは嬉しかったです。とにかくゴンVSソダの珍獣対決?が楽しみです。ソダがサイヤ人のままでいてくれることを願います。

LOSTはなかなか見る機会なくて見逃してたんですが、この4月からAXNで再放送が始まったのを機にずっと見てるんですよ。デクスターも見ました~!シーズン2まで。マイケルC.ホールかっこいいですねえ。ストーリーはシーズン1のほうがおもしろかったかなあ。途中で犯人がわかったときは結構衝撃でした(^^)シーズン3もこれからFOX CRIMEで放送されていくのでチェックしていく予定です♪
2009/06/04(木) 04:05:11 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
前コメントでは
おはようございます。前コメントでは感情的な気持ちのまま書いてしまい、申し訳ありませんでした。恥ずかしいです・・・。それにしても今年のRGはいつになく泣きましたー。さっちさんの”ひまわりと月下香”記事で泣き、ナダルで泣き、トニおじのコメントで心中察してあまりありすぎて泣き・・・(笑)でもこの敗戦でナダルの王者交代説は出ないと(勝手に)思っているんで、ウィンブルドンとクィーンズの防衛に目を向けています。なのでRGは結果をみるのもすごくラクです(笑)私はダビデンコが負けてしまったのが残念です。密かに好きな選手なので。
さっちさんは「LOST」をご覧になっているんですね。観たいと思っている一つです。今私がハマッているのは「DEXTER」「SUPER NATURAL」です。DEXTERは脚本や登場人物の設定のブレの無さが好きで、SUPER~は主人公二人の顔も好き(笑)なのもありますが、なによりFAN GIRLSの存在が好きなのです~。さて、WBまでドラマ漬けになりましょうかね♪
2009/06/03(水) 09:28:09 | URL | あいこ #8iCOsRG2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。