Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カエサルの教え
2009年06月04日 (木) | 編集 |
昨日は試合を見れなかった。なんだか疲れてて、フロ入ってすぐ寝てしまっていた。。なのでこんな時間に起きていそいそと書いているわけです。だから今回はソースみながらです。試合は録画してあるので、セレナとクジーの試合はあとで見ようかなあ。

準々決勝
(7)Svetlana Kuznetsova 7-6(3) 5-7 7-5 (2)Serena Williams

すごい熱戦になりましたね!見たかった…LIVEで見たら興奮したろうなあ。寝なきゃよかった…。全豪の再現となりました。試合内容も、あのとき同様白熱しました。そして結果は…違うものになりました。

第1セットは、ラッキーなポイントもあったようで?クジーがタイブレ4-1と優位に立って、そのまま終ったみたいですね。そして第2セットもクジーが3-0とリードして、ベスト4が見えてきたかに思えた矢先。第7ゲームでクジーが足首を痛めてしまったようです。コートに倒れこんでしまいました。そこから流れが変わった。セレナがブレイクに成功して追いつくと、6-5として、最後は持ち前のサーブ力でセットをとりかえした。

クジーに暗黒面の魔の手が…しかし、クジーはファイティングスピリットを見せてくれたようです。リードされていたファイナルセット、第6ゲームで追いついた。

セレナは試合後珍しくこんなこと言ってます。
「正直に言うと、彼女が何をしたかではなく、私自身のせいで負けた、と思う」。
「私には勝つチャンスがあった、そして私は緊張して、彼女に勝利を与えてしまった。まるで、”君は準決勝に行きたいの?私は違う。彼女はそうだった。」

…意味がよくわからない…訳があっているのかもよくわからない…セレナの言うことは、いつもなんだかなぞめいていて。負け惜しみともとれそうだけど、よくわからん。何度文面を見ても…。要するに、勝機があったのにものにできなかった自分を恥じている、てことなのかしらん。

選手は負けたとき、自分のせいによくする。いいプレーができなかった。チャンスをものにできなかった。とくにこの試合は勝ってもおかしくないものだったようだから、よけいにそう考えてしまうのだろう。相手のことはわからなくても、自分自身のことはよくわかっているから。
でも逆の見方をすれば当然、いいプレーができなかったのは相手がよかったから。相手がチャンスをものにしたから。
「人は自分が見たいと思うことしか見ようとはしない」。1千年前の昔のこの言葉が、現在でもなお人間の真理として、生き続けている。人は誰でも、こういう一面を持っている。


(2)Roger Federer 7-6(6) 6-2 6-4 (11)Gael Monfils

四銃士の最後の砦だったモンフィス君が、ここでついに力尽きました。第1セットは惜しかったんだねー。6-6のタイブレ6-6まで粘ったけども。セットポイントもあったようでした。しかし、やはり、あと1本が、遠かった…。
その後は、第2セットに入るとモンフィス君のサーブを連続撃破したロジェ君が終始自分のペースで試合をすすめていったようでした。

「昨日と、今日、試合前はとても緊張していた」というロジェ君。それはそうだろう。目の前で第4シードと第1シードが負けて、前の試合も負ける寸前だった…。そして次の相手は期待の地元選手。
「でも僕にはたくさんの経験がある。コートに出れば、いいプレーができると、わかってた」。

さすがのロジェ君も今日はちょっとやじられたようですが、パリジャンの小さな抵抗も、彼を崩すには、至りませんでした。

この大会ナダルくんの試合などでパリの観客の悪さが世界中で問題になってる。フランス人とスペイン人は昔から仲が悪いとも言われている。日本と韓国の関係を考えれば、彼らばかりを責められない。同じような状況になったとき、私達は素直に韓国人を応援できるだろうか。浅田真央ちゃんと激しく争うキムヨナちゃんに対して、複雑な感情を抱く日本人は、少なくはない。サッカーW杯で韓国がベスト4に進出したとき、日本のキャスターが、「となりの国だし応援したいけど、なんか素直に応援できない」と言っていたことが、今でも忘れられない。
そればかりではない。プロ野球の試合での野次り方は、ひどいもんだ。サッカーでは暴動、負傷者まで出る始末。うちの父ちゃんなんかさー、ひどい野次飛ばすのさ。なんであんな意地悪するんだろ?と思う。普段はやさしいお父さんなのに。。。
だからといってパリジャンのあのときの行為が悪質だったのは、当然ですが。でも悪質だったのは、パリだけじゃなかった。WOWOWの実況解説もひどかったようである。

(30)Samantha Stosur 6-1 6-3 Sorana Sirstea
(5)Juan Martin Del Potro 6-3 6-4 6-2 (16)Tommy Robredo

ストーサーがついに準決勝進出。シンデラガールの座をシルステアから奪い取りました。もちろんストーサーはシード選手で各上なんだけど。
試合内容はスコアほど圧倒的じゃなかったようですね。シルステアがゲームポイントなどでキープできずにリズムがつかめなかったみたいです。
「プレーが落ちているときでも、踏ん張ってカムバックできたことに、とても喜んでいる。」

ストーサーはダブルス選手として有名ですね。よくレイモンドと組んでいたような。22タイトルがあり、グランドスラム優勝も複数ある。最近はシングルスでも力を入れており地元の全豪ではよくセンターコートに組まれたりしていますね。シングルスでも大きなチャンスを得ました。

シルステアは19才で、今回はウォズニアキにコルネ、そしてヤンコビッチといった強豪を破って勢いに乗ってましたが、ここでは経験のなさが仇となってしまったようです。同年代が多数活躍している現在のWTA、この大会が終ってからが、彼女の本当の正念場と、なるのでしょう。今回の全仏を、よい経験にしてほしいですね。

デルポトロは第5シードの役目をきっちり果たしました。ロブレド君に危なげなく勝利。クレーではよく負けていたけど、今年はマドリッドでもマレイ君を破ったし、速いコートではとても危険な選手になりました。次はそのマドリッドでぼろ負けしたロジェ君が相手です。


UPDATE 2-Tennis-Open-Kuznetsova holds off Serena to reach semis
UPDATE 2-Tennis-Open-Federer silences Monfils to book semis spot
UPDATE 2-Tennis-Open-Stosur expels Romanian student Cirstea

今日の一曲
Metisse/Yannick Noah feat Disiz la Peste

今回いろいろなフランスアーティストをご紹介していますが、ひとり大事な人を忘れちゃいませんか…?テニス、ローランギャロス、そしてミュージシャン、といえば…そう、ヤニック・ノア、です!1983年この全仏で地元フランス人として優勝を飾ったヒーローは、引退後音楽の世界にすすみました。世界的にはそんなに知られてないけど国内やヨーロッパではかなり売れているようで、大スターになっているみたいですね。You Tubeに動画が数多く上がっていた。なかなかよい感じの曲がいろいろありました。その中でこれが一番好きだったので選んで見ました。このフューチャリングされてるラッパーさん、どっかで見たことあるなあと思っていたら…以前ミステリチャンネルで見たフランスのミステリードラマに出てた人だった…。

テニス選手は引退して様々な第二の人生を歩む。多くの人はコーチや解説者など、テニス関連の仕事についたり、業界入りしたりチャンピオンズツアーに出たり、という人が多いけど、中には音楽の道にすすんだり、ファッション界にすすんだり、全く違う世界にすすんで第二の人生を満喫する人もいる。
一般人と違って、引退しても年齢が若いから、いろんなことができますよね。60才からでは難しいことも、40才くらいからなら、可能なことも、多い。日本でも、団塊世代が退職を迎えることもあって、第二の人生、セカンドライフ、という言葉がメジャーになって久しいけども。テニスだけが人生じゃない、という言葉は、引退してから、生きてくる。
サフィンやサントロはこれからどんな第二の人生を歩むのでしょうか。


埋め込みはできないので聴いてみたい方はしたのリンクをクリックしてください。
聴いてみる


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
>あいこさん

日本は中国とも微妙な関係だし、なんとも難しいことだらけですねー。やっぱり戦争の影響が強いのか。。。中東などもいろいろと大変みたいだし、人間関係っていうのは本当に難しく、政治はスポーツに多大な影響を与えるものだなあと思います。アメリカなんかはその点あっさりしているような気がします。観戦自体のマナーは?なとこはあるけど陰湿なものはあまり感じませんね。
2009/06/05(金) 20:58:13 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
私は韓国と取引をしている会社で働いていますが、驚きはいろいろあります。見た目が似ているから、余計にその違いが鮮明に写るんじゃないかと個人的に考えています。近くて遠い国は各国が抱えているんですねぇ・・・。
2009/06/05(金) 13:14:12 | URL | あいこ #8iCOsRG2[ 編集]
>momoさん

近くて遠い国、というのは日本と韓国だけじゃないんだなあって思いました。もちろんこれだけがブーイングの原因ではないと思いますが…。難しいものですね、ほんと。

ストーサー惜しかったですね。でもすばらしい試合でした。今回の経験を自信にして次の全豪でも暴れまわってほしいです~。サングラス姿がりりしかったv-9
2009/06/05(金) 08:20:56 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
難しいですね、国と国との感情のもつれは。
私には在日韓国人(といっても日本生まれで日本育ちなので、韓国語はあまり出来ない)の友人がいるので、ネットで韓国の人への悪口雑言を読むと悲しくなります。
もちろん、韓国側の日本バッシングは不快ですが…

ストーサー、がんばってほしいです。豪の期待の星~
2009/06/05(金) 02:24:46 | URL | momo #XbnZBJT2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。