Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


魂のぶつかりあい
2009年06月05日 (金) | 編集 |
最近再開してからまた少しずつアクセスが増えて、最初は60-80程度だったのが、昨日は復活して初めて1日200を越えました。前に戻った。見に来てくださってありがとうございます。やはりグランドスラムだからかな。アクセス解析はめんどくさくてやってないけど、みなさんどういう経由でやってこられてるのでしょうか。やっぱグーグル経由が多いのかな。実際ネタ集めでググったときとかにたまにこのブログが出てきたりすることがあって、うれしいような恥ずかしいような、妙な気分になる。。


準決勝
(1)Dinara Safina 6-3 6-3 (20)Dominika Cibulkova

今日はちゃんと起きてライブで見ました。お気に入りの2人の対戦を、楽しみにしていました。その期待どおりになりました。スコアはあっさり系だけど中身はそれ以上に濃いものでした。

それにしてもチブルコバのボールは、伸びがあって、深くて、見ていて気持ちがいいです。軽快なフットワークでどんなところからでも力のあるボールが返ってくる。一発の力はそれほど強くはないんだろうけど、徐々に真綿を締めるような感じで相手を追い詰めていく、そんな感じ。クレー向きなスタイルですね。サフィーナとの息詰まるラリー戦が続きました。

最初はチブルコバが2-0と立ち上がりは成功しましたが、やはり自力にまさるサフィーナがじっくり、確実にプレーしていたように思います。ほんとうに我慢強くなった…チブルコバのミスをうまく自分の流れにもっていって第1セットはサフィーナ。

第2セットは見ごたえありましたねー。というかなんかすごい緊張感だった…サフィーナはえらく緊張していたように思えたのですが。息遣いも荒く、表情は余裕がなく、カウントは自分に有利にすすんでいるのに、なんだかどっちがリードしているのかわかんないような雰囲気さえありましたね。サーブも不調でDF多かったし。このセットを失うのじゃないかという感じにも思えてしまいました。
しかしチブルコバが、勝負どころでなかなか成功できませんでした。15-40でブレイクできなかったのが何回あったかなあ…そしてそういうときにリターンミスなどがでて、サフィーナを楽にしてしまう。
第2セットはチブルコバがラリーの主導権をとって、攻めて、サフィーナが守る、そんな前のアザレンカ戦みたいな流れで続いていたけど、よくサフィーナが守っていた中でややチブルコバにミスがでて、サフィーナはしっかりウィナーを決める。結局、自力にまさるサフィーナが押し切りました。

フットワークはチブルコバのほうがよかったんだろうけど、やはり一球の強さというのが、サフィーナにはありましたね。だからラリーで苦しくなっても逆転できる。体格の差っていうのは、いかんともしがたい…。

チブルコバは、今回私の期待に見事応えてくれて、こんなに活躍してくれました。とてもうれしかったです。実はチブルコバのことはこの大会に入ってから詳しく知ったのだけど、今回のことですっかりファンになってしまいました。とってもかわいいし。WTAでは美人度かなり高いと思うなあ。お気に入り選手としてこれからも応援していきたいと思います。おつかれさまでした!

(7)Svetlana Kuznetsova 6-4 6-7(5) 6-3 (30)Samantha Stosur

白熱した試合となりましたね!クジーがまたもやファイティングスピリットを見せてくれて、すばらしい勝利をあげました。

ストーサーはやっぱりサングラスしてました。かっこいいなあ~。ストーサーって、まさにアスリート、という雰囲気ですよね。あの上半身の筋肉のつきかたとか…水泳選手みたいだった。とくに右腕はすごい。女版ラファエルナダル、て感じだった…腕は逆だけど。ウェアもシンプルで、サングラスで表情が見えないところとか、控えめなガッツポーズとかが中性的な雰囲気をかもし出していてまたかっこいい。そのたくましい右腕から繰り出されるサーブがまた、力強い。といっても、セレナやビーナスのあの強いサーブとも、ちょっと違う感じ。キックサーブ、といわれていましたが、速さだけでなく、たしかになんだか重くて打ちづらそうだった。エースも随所にみられました。やっぱ、ミックスダブルスとかで男子と戦ったりしてるから、ああいうふうにたくましくなるのだろうなあ。

ただ、ダブルスはあまりポイントが長く続かず早く決着をつけるスタイルだからでしょうか。ダブルスをやりなれているストーサーは、じっくりラリーをして丁寧に、という感じはあまりありませんでしたかね。なので、ちょっと語弊がありますが、やや雑な印象を受けた。丁寧にコーナーをついてしっかりつないで、というテニスとは違うような気もしました。しかしそれでも、ショットの強さ、鋭さは随所に見せてくれましたし、クジーのボールに食らいついて粘る場面も数多くみられました。

第1セットはブレイク合戦でなかなか両者流れを自分のものにできなかったけど、やはり実力者のクジーが要所を締めた、という感じでとりました。クジーは前の試合で痛めた足は大丈夫なのかなあ。見てるとやや辛そうな感じもしましたが。いつもより思いっきりは動けていないようにも見えたけども。
第2セットも先にクジーが先行してもうこのまま決まるのかなーと思われましたが、ストーサーが中盤からストロークが安定してきて強さも増して、クジーを苦しめました。タイブレもクジーの5-2になってさすがにこれまでかと思われましたが、そこからストーサーが5連続ポイントで一気にセットをものにしてしまいました。スーパーショットもありましたっけ。見事でした。あのボレーボレー合戦はすごかった~。

ファイナルセットも序盤は緊迫した展開で、こりゃほんとにストーサーのファイナルもありかも?と思いましたけども、クジーが第5ゲームのブレイクピンチをしのいだところが、勝負の分岐点だったようですね。その後はクジーが次のゲームでブレイクに成功し、試合の流れを決定付けました。

ストーサーはオーストラリアの女子No.1として、全豪ではセンターコートとお客さんの暖かい声援をうけています。この試合でも、ストーサーへの応援が多かったように思います。今回の活躍でさらに知名度と人気も上がったでしょうし、シングルスでも自信をつけて、次の全豪ではますます活躍してくれそうですね。


というわけで、決勝戦は、サフィーナVSクジー。シュトゥットガルト、ローマと2大前哨戦をともに決勝で戦い優勝を分け合った2人が戦う、というのは自然な流れのような気がします。3度目の対戦で、どちらが優勝を手にするのか、すごい試合になりそうだ…。
しかしサフィーナ大丈夫かなあ。今日のサフィーナ見てたらちょっと心配。準決勝であんなに緊張してたら、決勝はもっと大変そうだ…んもう喉から手が出るほど欲しいグランドスラムの優勝が、プレッシャーとなってしまいそうでこわい。クジーのほうは、この大会は優勝ないけど全米で優勝がある。そういう点ではクジーのほうが精神的には戦いやすいかもしれませんね。サフィーナは2回決勝で敗れているから、そろそろここで決めないといけない時期でしょうか。…というのがまたプレッシャーになりそうな…うーん。私はどっちが勝ってもうれしいけど、サフィーナが勝ちビビっって暗黒面に飲み込まれる展開だけは勘弁です。



今日の一曲
New Soul/Yael Naim

Mac book AirのCMですっかり有名になった彼女は、チュニジア人の両親の間にフランスのパリで生まれました。だから本当はフランス人とは言えないのだが…まあパリ生まれってことで。しかし幼児期以降はほとんどイスラエルで育ったようですね。兵役なども経験しているようだ。素朴な感じの歌声とサウンドと、最新パソコンのイメージソング、ていうコントラストが当たりましたね。

I’m a new soul
I came to this strange world
hoping I could learn a bit
about how to give and take

私は新しい魂
この不思議な世界にやってきた
ギブアンドテイクのやりかたを
少しでも学べることを願ってる






スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
感激
>ゴランさん

ゴランさん!!!ご無沙汰してます。コメント本当にありがとうございます。以前はほんとうにゴランさんの言葉が支えになっていました。
だから、再開したときも、ゴランさん見てくれてるかなあー、とずっと思っていましたよ。なのでコメント見たときはびっくりして感激で胸いっぱいになってしまいましたi-237

そうなんですよ、五輪や全豪とか、あんな超おいしいときに書かなくて、んで再開したとたんにこの有り様…なんだかブログ再開しなけりゃよかったんじゃないかとさえ、一瞬思ってしまいました。でも、新しい仲間もできたし、以前からの方たちも来てくださるので、やはり復活してよかったと、今は思います。
あのころすごい活躍していたときは、何故かあまり書こうという気もちには不思議とならなかったんですよねー。前みたいにのめりこむのが、怖かったのかもしれません。。。

今後は、前みたいにごりごりいかず、(と言いつつ結構ごりごりやってますが…)、グランドスラム以外はのんびりいこうかなと思ってます。って言ってる間に2週間後にまたGSがやってくるんですが(笑)
2009/06/05(金) 21:08:13 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
お久しぶりです!ずっと更新がなくて寂しく思っていました(特に年末のアワード)。最近は仕事で移動中にケータイで拝見しています。ナダル敗退、本当に残念でしたね。本当なら元気が出ないはずなのにちゃんとブログを更新して、大ファンのはずのナダルが世界一位を謳歌していた去年から年始には逆に更新しなかったさっちさんにはテニスファンの良心が感じられます。これからも陰ながら応援しています。無理なさりませんように…
2009/06/05(金) 12:38:44 | URL | ゴラン #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。