Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自由を手にする日
2009年06月07日 (日) | 編集 |
優勝おめでとう


GS二度目の栄冠

Svetlana Kuznetsova

AFP PHOTO




決勝

(7)Svetlana Kuznetsova 6-4 6-2 (1)Dinara Safina

クズネツォワ、全仏初優勝おめでとうございます!

ああサフィーナ…彼女の心中察すると、なんといったらいいのかわからない…。このただよう悲愴感は、いつぞやノボトナがグラフにウィンブルドン決勝で負けたときを思い出す…。(まああんときはもっと競ってたけど)

ここまで私の心配をことごとくくつがえして力強さと勝負強さをみせてくれたサフィーナでしたが、最後の最後でその心配が当たってしまいました。今日のサフィーナはもう、緊張感にあふれてて、それが悪い方向へでてしまいました。

とにかくサービス、のひとことに尽きるでしょうか。今日のサフィーナはほんとうにサービスの調子が悪かった。最初にブレイクできたのはよかったけど、すぐ戻されてしまう。サービスゲームは、「キープ」と言われるだけあって、とるのが当たり前とされている。それが微妙なプレッシャーになってしまうから、リターンゲームのほうが思い切っていいプレーができるというのは、よくあること。しかしそれにしても今日のサフィーナのサービスゲームは、本当に苦しいものでした。

昨日のゴンちゃんみたいに、サービスが調子よく打てれば、キープもスムーズにいって、他のプレーにもいい影響を及ぼしてくる。そして流れも自分に戻ってきて、ポイントも得るようになる。しかし今日のサフィーナにはそれができませんでした。最後まで、戻っては、きませんでした。

その影響か、ストロークでもクジーに押されて、なかなか自分のペースにもってけない。一方のクジーは、ドロップやネットプレーもあり、攻撃に幅があり、余裕も感じられました。ストロークも、ミスが少なく丁寧にコースをついて、サフィーナを走らせていた。ウィナーはそれほど多くはなかったと思うけど、一球一球をしっかり打てていたように感じます。
サフィーナは、フォアハンドの調子も悪かった。ときどきはウィナーもあったけど、次のポイントでまたミスってしまい、流れを呼び戻すには至らない。

そんなこんなであれよあれよという間にクジーのマッチポイント。そして最後は、この試合を象徴するかのような、ダブルフォルトで、終了…。

今回はサフィーナには、勝たなければならない、サフィーナに勝って欲しい、そういう雰囲気が大会前からありました。セレナの私がNo.1発言やエナンのリーダー待望論もあり、サフィーナに、ナンバーワンとしての重圧が、例年のNo.1以上にかかってしまったのは、事実です。
「ほんとうに、勝ちたかった。それができなかった」。

勝負の厳しさ、勝つことの難しさ、テニスがいかにメンタルなスポーツであるか、そして2週間のグランドスラムを戦い抜いて勝ち抜くことの難しさを、改めて感じさせられる、今日の結果でした。
なんかクジーもどう喜んでいいのか、わからない感じでしたね。かなりサフィーナに遠慮ぎみだったような。でもこれから、一日一日、喜びがあふれてくるんだろうねー。

表彰式ではグラフ登場。おおお。オーラがありまくりだ…グラフはほんとうに、偉大な選手だったよなあ…こんなすごい人からトロフィーをもらえるのも、また優勝者の、特権です。クジーにとって、最高の一日に、なりました。


クジーは2004年全米を制覇したあと1年間、栄光を勝ち取ったひきかえに、グランドスラムチャンピオンが持つことを義務づけられる、特別なプレッシャーに苦しみました。周囲の期待は増すばかり。見えない糸が彼女を締め付けていく。そして、翌年全米で1回戦で敗退したあと、
「これでプレッシャーから解放された」。
と語った。
グランドスラム優勝者だけが知っている、特別な感情。彼女はそれを知っていた。

やはりセレナ戦勝利が、大きなポイントになりました。あの試合で劣勢から挽回して勝利できたことが、またひとまわりクジーを強くしたのだと、思います。この決勝戦でも、全く精神的にぶれることなく、自分を見失いませんでした。見事な、優勝です。

ノボトナは、グラフに敗れたあと、また努力して、ついにウィンブルドン優勝を勝ち取った。サフィーナも、いつか必ず勝てる日がくる。そう思います。だから、今は辛いと思うけど、くさらずに、また立ち直って、頑張って欲しい。でも今は、コーチの胸で悲しみをぶちまけてください。涙~こらえて~ほほえむよりも~涙あ~枯れるまで~泣くほう~がいい~(T T)


というわけで女子はこれにて終了。毎回グランドスラムではシンデレラガールや若い選手の台頭などがクローズアップされるけど、勢いをシーズンとおして維持し、キャリアの向上に持っていくのは、なかなか難しい。女子はやはりハードコートが強い選手が多いから、このクレーは、男子でもいえるけど、鬼門な大会になっていくでしょうね。サフィーナが敗れたことでまたこれでWTAは混戦模様になっていく様相を呈してきました。次のウィンブルドンでは誰がくるのでしょうか。全く予想できないというのも、これはこれで楽しみのひとつ。2週間後を首を長くして、待っていたいと思います。

今日の一曲
Freedom Cry/Deep Forest

車のCMで使われてましたねー。ディープ・フォレストはフランスの音楽グループです。顔みたことないけど、昔から大好きなアーティストです。ピーター・ガブリエルと組んだあの曲は本当にすばらしいですねー。あれで好きになりました。
電子的な打ち込みトラックに、民族音楽などの生音をかぶせる、このデジタル×アナログの組み合わせがじつに味わい深い。そしてこの雄大なサウンドは、聴いていて鳥肌がたってきます。よくエニグマが引き合いに出されますね。癒し系の音楽をお求めになる方には絶好の音、だと思います。ただ静かなだけじゃなくて、このなんともいえない独特なワールドが、ひきこまれる感じ。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
>あいこさん

クジーが優勝したのになんだかサフィーナのことをつい考えちゃいますよね。それだけサフィーナに期待が大きかったわけで、やはりそういうのがプレッシャーとなってたんでしょうねえ。そうですね、来年もぜひ決勝進出して、今度こそ、勝利してくれることを、祈りましょう。
ナダル君はクイーンズ欠場のようですね。ひざがあんまりよくないようで、今年のウィンブルドンはなかなか大変みたいですね…出場だけでも、と思うけど出場したらやっぱ期待しちゃうし…。1年間かけて手入れした芝に最初に足を踏み入れることができる前チャンピオンの特権を、彼から奪わないでほしい…どうか神様おねがいだすv-421
2009/06/07(日) 19:56:35 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
>momoさん

そういえばキムもモレスモもなかなかGSタイトルとれませんでしたね…先にNo.1になったのも同じですね。そんな彼女らもそのあとちゃんと優勝できたから、きっとサフィーナもできると思います。
クジーはやっぱすでに1個もってたのと、プレッシャーが少ない分やりやすかったでしょうね~。

もうすぐ男子ファイナルですねえ。勝敗はともかくよい試合になることを期待します!
2009/06/07(日) 19:51:35 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
こんにちはです
クズネツォワ、おめでとう!サフィナ…残念でした。ナダル-ソダーリン戦で心配そうに観ていたことを思い出します。三度目の正直という諺がありますから(ロシアにもあるのかな)、来年な期待です!ノボトナ-グラフ戦は覚えています。泣いて泣いて、どなたかにずっと慰められていましたね。グラフを応援していた私も複雑な想いでした。さて、いよいよ男子決勝ですね。そういえばナダルに色々噂が出ていますね。正式発表が出るまでおとなしく待つことにします。
2009/06/07(日) 16:13:08 | URL | あいこ #8iCOsRG2[ 編集]
ホントに女子は大混戦ですね。
サフィーナ、残念!初の兄妹GS制覇、期待してたんですが。
何となく、かつてのキムを思い出してしまいましたよ。GS優勝できそうで出来なかった頃の…
でもクズネツォワ、おめでとう。

そして男子がどうなるのか、今からドキドキですよ…
2009/06/07(日) 12:46:48 | URL | momo #XbnZBJT2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。