Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ばら色の人生
2009年06月08日 (月) | 編集 |
優勝おめでとう

10年ぶりの偉業達成

Roger Federer


Getty Images




決勝

(2)Roger Federer 6-1 7-6(1) 6-4 (23)Robin Soderling

ロジャー・フェデラー、全仏初優勝おめでとうございます!そして生涯グランドスラム達成おめでとう~

いやあほんとうにすばらしいプレーぶりでした。今日はもうなんも言うことないって感じです。こういう選手が女子にいてくれたらなあ…。

ソダりんもがんばりました。最初のセットはあんなことになってどうなることかと思ったけど…2セット目以降は、踏ん張って意地を見せてくれましたね。

昨日の女子のことを考えても、やっぱりサービスの重要性というか、ゲームのリズムを作っていく上でサーブは本当にポイントになるのだなあと、思いました。
ソダりんもフェデりんもサービスの強さぴかいちだけども、とくにフェデりんはほんとうにサーブがキレキレでしたねー。エースもたくさんありました。サービスゲームでは、ソダりんがブレイクできる雰囲気が全然なかったですね。
ショットのほうも、いつものフェデりんらしい安定感と鋭さがもどってました。今日は雨と湿気でコートが重くなってたのが、ソダりんのパワーをちょっと吸い取ってしまったかな。こうなると、フットワークとプレースメントで一日の長のあるフェデりんが、優位に試合を進めていくのは自然な流れです。
そして今日はドロップショットがよく決まってましたねー。

第1セットは緊張していた感のソダりんも、第2セットでサービスを軸になんとかキープをし続けられるようになって、体も気持ちもややほぐれてきたかな?ショットでも、互角に打ち合える場面も出てきて、リズムを取り戻していきました。でもタイブレではやっぱフェデりんの圧勝、という感じでしたね。やはりここでもサービスで圧倒していた。

第3セットは最初のブレイクが最後まで効きました。ソダりんもそのあと必死でキープし続けて最後もブレイクチャンスがあって並びかけたけど、フェデりんが、それを許しませんでした。

勝った瞬間どんなジェスチャーするのかなあと思ってました。寝転ぶ、座り込む、立ったままばんざーい。だいたいこの3つですね。今回は乙女すわりでした。さすがに涙がぽろり…今までの苦しかった敗戦がすべて水に流せる、そんな最高の瞬間だったと、思います。ロジェ君ほんとよかったねえ~。今までナダルくんがいじめてきてごめんよー。今日は喜びをぶちまけておくれ~。

私は去年のウィンブルドンで、優勝したナダル君が家族席でチームと喜びを分かち合っているとき、そのすぐ横でロジェ君のお父さん(と思われる人物…顔が似てた)が、ニコニコして拍手をしていた姿を、今も覚えてます。そしてナダル君が王室の人と握手したりしてコートに戻っていく間、ずーっと立ったたま、拍手を送り続けていた。
だから、今日、息子のこの優勝をともに祝福できて、本当によかったなあと、思います。パパさんよかったですね。あそうだもうすぐ子供が産まれるのか。パパさんもおじいちゃんです。

ソダりんは敗れた後も爽やかでした。今日はどう考えても相手が上だった。納得の敗戦です。しかし…ソダりんいいやつではないか…あんなキャラだったっけ…スピーチもユーモアたっぷり。そんな爽やかなところを見せられたらファンになってしまうではないか。
ソダりんは、その気性の荒さが災いしてか、ツアーでもあまり人望が得られてません。子供のころは、家族でゲームをしてまけるとちゃぶ台をひっくり返す、そんな子だったとか。
そんな彼に対して、コーチであるマグナス・ノーマンはこういってます。
「たしかに彼は過去他の選手とごたごたしてた。そんな行動をとっても自分を苦しめるだけだと、彼に言い聞かせてきた。彼もそのことをだんだん理解し始めてると思う」。

ソダりんってこういうめぐり合わせにあう運命なのかな。何年かまえナダル君がクレーの連勝記録を更新したときも対戦相手だった。あのとき1回戦だったけど、負けたソダりんに注意を払う人は、おそらく一人もいなかったのではないだろうか。私も含めて。誰も見てない中ひっそりとコートを去っていくソダりん…悔しかったでしょうね。でも神様はちゃんと見てました。そして今、あのときまばゆいばかりに輝いていたクレーキングを自らの手で破り、世界中の注目を浴びることとなった。ソダりんは、月見草からひまわりに、なったのだ。運命って不思議だー。

ちょっと前ナダル君のことを書いたときに、フェデラーというニンジンを追っかけてる、という話をしたけども、クレーでは逆だった。フェデラーは、ナダルというニンジンを追っかけてた。他の人には負けない。ナダルさえ倒せれば。そう信じて今までやってきた。ところがそのニンジンを、他の人が横取りして食べてしまった。これにはロジェ君もちょっと戸惑ったのではないだろうか。もちろんフィジカル面とかいろいろ聞いてたかもしんないけど、あまりにも衝撃的だったし。そんな中よく自分を見失わずに、最後まで戦い抜きました。ハース戦とデルポ戦はかなり危なかったけど(とくにデルポ戦)、あそこで勝利できたことが、今日の圧勝につながったのだと、思います。
いやーしかしよかったよかった。これでロジェ君負けちまったらどう話をまとめたらいいのかわかんないとこだった。あとはソダりんが一発屋で終わらずにこれからも活躍してくれますように。


ということで男子はこれにて終了。2週目は楽しめるか正直不安でしたが、結構楽しめたな…よかった…これで自信がついた(何の?)。今回は…とりあえずナダル君の敗戦につきるな…だいぶ心の整理はついたけど、まだ立ち直ったというには遠いかなー。こういうときの気持ちの建て直し方はなかなか難しくって、一朝一夕にはいかない。毎日いろんな感情がおしよせる。大丈夫、次があるさ!と前向きな松岡修造さんみたいになれる気持ちと、あぁもうだめぽ…このままずっとだめなんじゃないかと絶望してだんご虫になりたくなるときと、2つの感情がある。1日ずつ経つごとに、それらが交錯しながら、だんだん修造が増えてきて、だんご虫が減ってくる…。まだ私の中ではだんご虫はなくなってはいないけど、だいぶ少なくなってはきたかな、と…(しかし膝がやばいと聞いてまただんご虫がわいてきたー)

まあ今回はナダルくんは敗戦に泣き、お客さんに泣き、怪我に泣いたわけだけど、長くやってりゃこんなときもあるか。去年があまりにもいいシーズンだったから、こういう年もある。またいいときがそのうちめぐってくるさ!めげずにがんばっておくれ!とりあえずウィンブルドン出場できることを、祈っています。

全仏期間中、アクセスも増えて、訪問いただきありがとうございました。コメントもたくさんいただき、うれしかったです。この2週間久し振りに書いていて、昔のいろんなことを思い出したりしてました。だいぶさびついていた腕も少しはもどってきたかな。またいつやめると言い出すかわかりませんが(^^;)とりあえず今はつづけていこうと思ってます。前と違ってグランドスラム意外は更新頻度は少なくのんびりいこうと思ってますが、2週間度にまた…ううむ。きついな…それまでちょっと休憩してまた戻ってきます。ていうかもうこんな時間かい。この睡眠不足の毎日がきつかった。明日仕事だーもう寝ます。おやすみなさいzzz。


Soderling in Control Ahead of Final Showdown With Federer(Buzzle.com)

今日の一曲
La Vie En Rose/Edith Piaf

2週間お送りしてきましたフランスアーティスト特集も、今日が最終回となりました。トリを飾るのは、フランスの美空ひばり(?勝手に命名)ことエディット・ピアフです。フランスでもっとも愛されている歌手である彼女の曲を使うのは、テニス界でもっとも愛されているロジェ君の優勝を祝福するに、ふさわしい。
2年前だったか、彼女の伝記映画で主演したマリオン・コティヤールがアカデミー主演女優賞を獲得して、またピアフの名が世界的に認知度が高まりましたよねー。私もあの映画みましたよ。
ピアフはその波乱万丈の人生ゆえに悲劇的なイメージが強いですが、今回お送りするこのライブ映像は、お客さんと話したりしながらにこにこして楽しそうに歌ってる感じなのがとても新鮮で好きです。

ロジェ君の人生は今まさに、ばら色なんでしょうねー。でもずっとばら色だったわけじゃない。黒かったり、灰色だったときもあるはずだ。でも優勝カップを持った瞬間、すべてがばら色にかわる。
自分自身、ばら色、と胸を張っていえるような人生を、送りたいもんです。


というわけで、フランスアーティスト特集、いかがだったでしょうか。あんまり知らなくてねえフランスの歌手って。数人は知ってたけど。だから結構苦労しましたが、なんとか14曲集めることができました。なかなか楽しかった。
次のウィンブルドンでも、すでに新たな企画を考えておりますので、お楽しみに。ちなみにイギリス人アーティスト特集ではありません(笑)。なんかどう考えても本記事よりこっちに力入ってるなあ。。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
絵文字が~
>ふみネーさん

いらっしゃいませ!ありがとうございます。このところブログを放置していたので返信が遅くなってしまいましたm(__)m。
ブログの更新はなかなか大変ですが、お互いがんばりましょう。

…今気づいたんですがこのテンプレ、コメントに絵文字が使えない…どうにか考えます。。。
2009/06/13(土) 00:38:05 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
ごぶさたでしたっ!
遊びに来て下さってありがとうございました~!
久しぶりに遊びに来たら・・・
やっぱりさっちさんの記事は楽しい~♪
またちょこちょこ遊びに来ますねーっ(^_-)-☆

ラファちん、ウィンブルドン出場を決めたようですね~
嬉しいような....心配なような....
(^0^*オッホホ
2009/06/11(木) 23:14:29 | URL | ふみネー #pRW1T4WY[ 編集]
>あいこさん

こちらこそ!新しくあいこさんともお友達になれて、うれしかったです。書き続ける励みにも、なりました。
ウィンブルドンはナダルくんのことが、たくさん書けますように!祈りましょう。。。
2009/06/10(水) 06:31:11 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
祝・RG毎日更新達成!
おはようございます。全仏2009の更新お疲れ様でございました!毎日楽しみに覘かせて頂いて、泣き言も言わせて頂いて(笑)とてもありがたかったです。ありがとうございます!今後も楽しみにしています(^ ^)v
2009/06/09(火) 08:55:02 | URL | あいこ #8iCOsRG2[ 編集]
まだまだ心配事が…
>nicoさん

再開して新たにnicoさんと知り合えて(といっても文字だけですが)とってもうれしかったですよ!書き続ける励みになりました。
無理しないように、といろんな人から言われているので(^^;)そこはくれぐれも気をつけてセーブしていきたいと思ってます。でもウィンブルドン始まっちゃったらまた暴走してしまうかも…?
ああもうナダル君の足が心配でたまりませんよ~だんご虫どっかいけ~
2009/06/08(月) 21:08:29 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
パパプレーヤー
>momoさん

たしかに、トップシードで一人だけ残ってたので余計に負担かかっちゃったかもしませんね。でも逆にその絶好のチャンスをきちんとものにするあたりは、試合での勝負強さにも通じるところがあるなあと、思いました。子育てはレイトンが先輩ですね。

そう私もどこかでマレー君とレイトンが組むというのを見て、とても楽しみです。見たいですよねー。でもたぶん見れない…以前はWOWOWでも全仏とか決勝だけダブルスやってたりしてたのに、最近はさっぱり。。。ガオラではウィンブルドンのダブルスを放送してますね。ウィンブルドンはわりとシングルスのトップ選手もダブルスに出るので、結構楽しみにしてます。
全仏中はコメントたくさんくださってありがとうございました。これからもレイトンのことをたくさん書けるように、どんどん活躍して欲しいです。
2009/06/08(月) 21:05:14 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
お疲れ様でした☆
さっちさん、毎日素敵な記事をありがとうございました。
後半はしんどいのでは?と心配しましたが、楽しめたようで安心しました。立派です!
おもいっきり自信つけちゃって下さいv-91
でも、あまり無理しないでね。
私は・・・いつまでたってもだんご虫~トホホ




2009/06/08(月) 19:35:32 | URL | nico #gHke2YW6[ 編集]
フェデラー良かったですね。
たぶん、肩の荷をおろしたような気分なのでは…って、私のような凡人には想像もつきませんが。
生涯グランドスラム達成したし、夏にはお父さんになるし。今、最高に幸せでしょうねー 

そして明日からはもう芝のシーズンです。
クイーンズでは、レイトンがマレーと組んでダブルスに出るので、それも楽しみ!
ダブルスの試合って、見ててけっこう面白いですよね。もっと放映してくれたらいいのに、といつも思います。
2009/06/08(月) 04:19:43 | URL | momo #XbnZBJT2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。