Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


思いを託した手紙
2009年06月13日 (土) | 編集 |
ウィンブルドン関連のニュースをいくつか。

ラファエル・ナダル 16日にロンドンへ出発


世界中がかたずを飲んで?見守っているナダルくんの状態だけども。今週の火曜日に発表がありました。一応ロンドンには行く予定、とのことですね。しかし出場すると決めたわけではないようで…。
この数ヶ月間ひざの状態がよくなかったとのことですが。ということは、モンテ、バルセロナ、ローマ3連勝のときもすでに悪かったということなのか…あそこで頑張りすぎたのとマドリッドでジョコビ相手にまたまた頑張りすぎちゃったのが、こんなことになってしまった原因なのかなあ~がく~。

んで今のひざの状態はどうなっているのかというと。


オフィシャルサイトより引用
After the appropriate tests (MRI, Ultrasound scans and gammagraphy) Mr. Rafael Nadal suffers from insertion tendonitis in the superior end of both kneecaps with a light osseous edema.

MRI,エコーなどの(ガンマグラフィってRIシンチのことか?)検査で、両方(両側?)の膝蓋骨の上端、つまり大腿四頭筋と膝蓋骨をつなぐ腱の炎症、と、軽い骨浮腫。

うーむ。浮腫は炎症に伴う血行障害による二次的なものでしょうから、やはり病態の本質は度重なる機械的刺激による腱の炎症か…急性っていうより前から悪かったから慢性炎症の急性増悪、てとこかな。kneecapsと複数形になっているということは両足ということか?膝蓋骨はひとつの足に1こしかない…。
うーん。この文だけじゃなんもわからん。カルテ見てえ…(見てもどうせスペイン語だからなんもわからんが)

慢性炎症っていうのはなかなかあなどれなくて、たとえば胃や食道の粘膜や気管支などでも、ストレスやピロリ菌、喫煙などによる刺激が長年続くことによって粘膜の炎症が続いてそれがちりが積もれば山理論で発癌をひきおこす、とか最近言われている。喘息の本体は現在では気道の持続的炎症というのは周知の事実になっている。

足の腱炎というのは、よくジャンパー膝、とかいわれますね。ジャンプを繰り返す動作によって、膝蓋腱を痛めてしまうこと。バレーやバスケの選手に多いらしい。膝蓋腱は膝のお皿の下端なので、ナダル君の場合は上端だからやや非典型的といえるのかな。テニスでは腕を使って打つため、肘を痛めることが多い。

雨だれ石をうがつといいますが、ほんの小さなダメージが長いこと続くと大きなことになってしまう。ナダルくんのあのプレースタイルではたしかになあ…長くつづけてればたしかにそうなりそうだよなあ…(涙)

日本の整形外科学会の雑誌でこんなのがあった。

テニス肘やジャンパー膝、あるいはアキレス腱炎などに代表される腱炎および腱付着部炎は、日常診療で非常によく遭遇するスポーツ障害であるが、その病態はいまだに解明されていない部分が多く、治療法も確立されていないのが現状である。特に、スポーツ活動を中止し安静にすれば症状は軽快するが、再開するとまたすぐに再発する場合が多く、この再発をいかに防止するかがこの疾患の治療法を考える上で最も重要な点であるといえる。


…まさにナダルくんにぴったんこカンカンの状態ではないか…。原因も治療法もよくわからんなんて、がっくり。ようは動かさなきゃいいんだろうけど…。そんなこといってられん。ネットで見つけただけで、アブストラクトだけしか見れないけども、これを書いた人たちは、ラットの実験で、軽い運動が修復を早める可能性があるという研究結果を報告されている。今そういうこともやっているんだろうね。

マドリッド欠場してればなあ…ジョコビーにあのときさっくり負けてればなあ…という気持ちにもなるけどどんな試合でも全力で戦うのがナダルくんの身上だし。それに、マドリッドはパリと違って(涙)、お客さんが暖かく応援してくれる。だから、前哨戦としては不向きでフィジカル的にはきつくても、自国での大会は彼にとっては精神的にはとても心地よいものであっただろう。そしてそういう姿勢がさらにファンをひきつけるのだ。

ついこの間、ブログ友達ののびたさんや、のびたさんのお友達のれいこさんや他のお友達の方々がナダル君に日本のファンのメッセージを送ろうという企画をされていた。私も名前だけではありますが参加させていただいた。私なんかここでちまちま書いてるにすぎないだけだけど、こうやって実際に選手とのつながりを実感させてもらえる場を提供してくださったことに、厚く御礼申し上げます。

実は私はナダルくんに二度ほどファンレターを書いて出したことがある。スペイン語は当然できないので、英語で。両方とも送り返されてこなかったので、無事に届いたのだとは思う。読んだかどうかは、知らないが。昔はそんなエネルギーもあったなあ~。今は…もうそんな馬力はない。。。でも、思いは、一緒だす。

ローランギャロスで敗退した後、ロンドンタイムスの彼のブログには、たくさんの励ましのコメントが寄せられていた。それらはどれも暖かく、見ていて胸が熱くなった。私も書き込もうかと思ったが…恥ずかしいので、やめました(_ _)

ウィンブルドンには出場できるのか。まだ答えは出ていない。でも。
たとえほんの少しであっても、可能性があるのであれば、信じる。
普段彼がコートで示してくれていることを、ファンである私も実行し、信じていようと、思います。
6月22日、ナダルくんがセンターコートに立っていることを。


まだ続きあります↓



15才英国選手、ワイルドカードでウィンブルドン本戦出場

長く低迷していたイギリステニス界にアンディ・マレーという期待の星が現れて数年。今度は女子でも、期待の新星が。いよいよ今年のウィンブルドン本戦に登場します。

今年1月に15才になったばかりのLaura Robsonは、昨年のウィンブルドンジュニアで優勝。ジュニアの優勝者は自動的に翌年の本戦の予選のワイルドカードが与えられるそうですが、予選を飛び越えていきなり本戦のワイルドカードを獲得しました。地元イギリスの期待の大きさがうかがえます。

ローラちゃん(と呼ぶことにしよう)は、昨年末にシニアデビューしたもののまだ学業などもあるため大会への出場は制限しているらしく、今年もジュニアの大会にしか出てないようです。今年全豪ジュニアでは準優勝。その後怪我などで少し休んだあと春ごろから復帰してます。怪我というより成長に伴う痛み、だとか…なんだか、、うらやましい…私なんぞ、老化で…いたたたた。

現在でもマレー君に対するイギリスメディアの期待はすごいものがある。これから彼女はこのメディアやファンの期待という新たなプレッシャーとも、付き合っていかなければいけない。長くやってれば思うように成績が出ないことも、怪我で苦しむこともあるだろう。でも、それでも、まばゆいばかりの輝く将来が、彼女を、待っています。どんな選手とあたっても厳しい試合になるでしょうが、これからのイギリスを背負って立つ存在になるでしょう。がんばれ!

クルム伊達公子、ワイルドカードでウィンブルドン本戦出場

そして日本にとって明るいニュース。伊達さんがウィンブルドンに帰ってきます!かつてグラフとの息詰まる熱戦を繰り広げた伊達さんが、また芝生のコートで、あの勇姿を見せてくれる…楽しみ(^^)。
過去の伊達さんの活躍やウィンブルドンでの活躍が、評価されたのだと思います。イギリス人好き

あのグラフとの熱戦では、今でも語り継がれてますよねー。もっと早い時間であったなら…日没にならなかったら…(涙)おそらくほとんどの日本人がまだその呪縛から解放されていないはずです。私も見てたよおお…。フォアが絶対的に強いグラフに対し、あえてフォア(森中さん?)にボールを集めるという戦略が見事にはまったあの一戦。たらればの話はしてはいけないとは思いつつ、やっぱ思うよなあ、あのまま続いていたら、。。。。。。あーもうくやしすぎるう~。

今ではライジングで打つというのは珍しくないんだろうけど、当時は伊達さんのあの打法はかなり注目されてましたよね。男子でもアガシくらいじゃなかっただろうか、ライジングであんなに完璧に打ち返してたのて。伊達さんの試合は絶対放送されるはずなので、もう今から楽しみで仕方がない。勝ち上がりはドロー次第というところだろうけども、芝だからクレーほど体力への負担も少ないだろうし。期待しちまう。でも期待しすぎるとろくなことにならないので、過剰な期待はしません。でもやっぱ期待しちゃう。


腱炎の病態 北岡克彦 他 日整会誌第78巻第9号2004(加茂整形外科医院)
Robson's rise earns Wimbledon wild card(The Independent)
伊達、ウィンブルドン本戦へ=13年ぶり、主催者推薦で-女子テニス(時事通信)

今日の一曲
手紙~拝啓 十五の君へ~/アンジェラ・アキ
現代版「仰げば尊し」。




「これからの2週間は僕にとって難しいものになるだろう」とナダルくんは言っていた。怪我と、不安と、心配と、いろんなものと今必死で戦っているはずだ。
「自分を信じる」ことは、難しい。でもそれに成功できたとき、栄光が、待っている。そしてそんな彼の後ろ姿を見て、若い選手がまた、育っていく。



埋め込みが無効になってたらここで聴いてください
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
大人気
>nicoさん

リンクありがとうございます。RG期間中もデメは、ナダル君は疲れててしんどそう、といってましたね。みんながナダル強い強いと言っている中で、ひとり冷静な目を持っていた…デメちゃんさすが!記事も何かじーんときちゃいましたー。この記事はお借りして(^^)ウィンブルドン期間中のどこかで引用してパク…使いたいと思います。

最近ナダル君女子選手に大人気ですね。アザレンカは「ナダルのメンタルが欲しい」といい、セレナはSI.comのブログでベタ誉め。サフィーナも好きって言ってた…ついこの間までみんなフェデラーフェデラー言ってたのに…現金なものだなあ(^^)。ナダル君は女子選手ではイバノビッチと一番親しそうですね。

全米はどうでしょうかねー。ハードコートは得意にしてる選手が多いし。でもグラスでも優勝できたわけだし、これからも進化し続ければ決して不可能ではないと思います。でもかなり壁は厚そう…柔よく剛を制す、じゃありませんがハードヒッターに対する攻略法をなんとか見つけて切り抜けていって欲しいと切に願います。
2009/06/18(木) 20:40:38 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
再び失礼いたします
新コーチの件は以前も記事にしていらっしゃいましたよね。ナダル君が勝てない時期でしたっけ?とてもよく覚えています。でもギルバートさんはナダル君大好きなので、甘やかしちゃったりして(笑)
やっぱりハードは厳しいですかね~今年じゃなくてもいいけれど、全米はなんとしても取って欲しいんだけどなぁ。でもハードのナダル殺しをソダりんにはクレイでもやられてしまいましたからね(涙)ビックサーバー&超攻撃的なラファに変身できたらいいのにな。

それからURLに記事リンク張っておきます。
デメさんのコメントにホロリとしてしまったので・・・
WTAの人気№1は間違いなくナダル君ですよね?no?
2009/06/18(木) 19:26:19 | URL | nico #gHke2YW6[ 編集]
新コーチの可能性とか(絶対なさそう)
>nicoさん

こういうことが起こるたびにスケジュールを見直せ~みたいなことは、ずいぶん前からあちこちで言われてますよね。それでも今年こうなってしまった。ナダル陣営はおじさんを含めて身内みたいな仲のいい気心の知れた人が多くて、それがいい面もあるけど甘えみたいなものがあったりはしないのだろうかとつい批判的に見てしまいたくもなります。あんまり大々的に書く勇気がないのでこんなところでこそっと書いてますが(^^;)

私は以前から、ギルバートさんやケーヒルさんみたいな人がナダル君をコーチしたらすごくおもしろいことになるだろうなとずっと思ってます。やはりハードコートの戦い方は今までのままではおそらく今以上には強くはなれないのではないかという気もします。デルポやツォンガもいるし。トニおじさんと離れるなんて考えられないんだろうけど、食わず嫌いしないでそういう新しい人とやってみるのもいいんじゃないかなーなんてなんとなく思うんですが、まあ…そんなことするわけないか…。
2009/06/17(水) 22:03:51 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
>あいこさん

最近はネットでも生で試合を見られるようになりましたよね。TennisTV.comだったかな。有料でGSやマスターズ1000や女子の試合などがたくさん見られます。私はお金が惜しいので無料のサイトを探してますが…そういうこともあってもうWOWOWイラネみたいな雰囲気がコアなファンの間にちょっとずつ芽生えてるのは確かですね。でもやっぱりテレビの大画面も魅力だしグラミー賞やアカデミー賞なども放送されるので私は解約できません(^^)

リンクの件ありがとうございました。さっそく加えさせていただきます。私のブログもリンクしてくださるのは本当に嬉しいです。リンクフリーなのでご遠慮なく貼り付けちゃってください。
2009/06/17(水) 21:54:58 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
・・・してればなぁ~(涙)
ほんと、ああしていれば~こうしていれば~ってことが多すぎるから、今回ばかりはなかなか立ち直れません。試合数がダントツ多い上、ロッテルダムで既に膝を壊していたのに。
全仏5連覇、全英チャンプの大切な年だっただけに悔しくて仕方ありません。批判したら頑張ったナダル君がかわいそうだから、静かに見守るしかないのはわかっているのですが・・・
ナダル君や陣営は後悔していないんだろうか?もし失敗だったと少しでも思ったのなら、来年からはもう少しスケジュールを考えて欲しいな。爆弾ができるだけ爆発しないように!!!
2009/06/17(水) 21:28:58 | URL | nico #gHke2YW6[ 編集]
WOWOWの副音声希望は
おはようございます(^^)v WOWOWは副音声が無いんですね。知らなかったのでびっくりしました(未契約。テニス好きなのに!)。でもそういえば、どなたかも書かれていたなぁと思い出しました。そうか・・・、それなら逃げ道(?!)のあるNHKはまだいいですね。でもナダルの時だけは別の人がいいです。何なら私が・・・(笑)
ラフターとサンプラスの試合でそんなことがあったんですね。素晴らしい選手ですね。仰る通り、昨年のWB男子決勝の暗さは半端無かったですよね。表彰式なんて観客は見えていたのかしら・・・。
それからリンクのお申し出をありがとうございました。私のブログでもリンクさせていただけますか?これからもよろしくお願いします。
2009/06/17(水) 09:39:36 | URL | あいこ #8iCOsRG2[ 編集]
Re: WB開始までは
>あいこさん

最近ナダル陣営は静かですね。いろんな批判や称賛が渦巻いてるみたいですが、静かに見守りましょう。

ひざの問題はもう4年前からあったし、今更という感じではありますが、こうやって表面化するたびにプレースタイルやスケジュールのことが言われたりして、かわいそうですねー。なんでも全力でプレーする彼のスタイルこそが魅力なので、おそらく今後も同じように、怪我に苦しんだり調子を上げたりしてうまく付き合ってやっていってくれるでしょう。ウィンブルドンはたしかに複雑ですよね。出場して欲しい気持ちはもちろんあるけど、夏のUSシリーズのことを考えるとあまり無理してほしくないし。ランキングや生涯GSのことはあんまり私は気になりませんが、プレーしてて辛いという状況だけは回避されれば、それだけです。

伊達さんも怪我に悩まされているから出場は出来ても結果はなかなか難しいかもしれませんね。とにかく初戦の相手次第、ていうことでしょうか。あの準決勝は忘れられませんねー。日本中が応援してましたよね。あんなに日本がテニスに注目したのも異例のこと…。グラフは翌日に延びれば勝てるという自信があったんでしょうね。でも去年の決勝のナダルフェデラー戦のほうがよっぽど暗かったと思いますが(^^;)あの2人はほんとよくがんばりましたよねえ。話変わりますが、以前パトリック・ラフターとサンプラスの試合でも同じようなことがあって、ラフターは日没を提案されたけど、「相手もおんなじ条件なんだから別にいいよ」と試合を続行したそうです。そして負けましたが、ラフターは史上最高のスポーツマンシップをもった選手だと今でも思ってます。

森中さんの実況は以前は好きだったんですけどねー。高校野球の実況とかうまいです。でもNHKはまだましです。福井さんの解説好きだし。多重音声だし。WOWOWなんて…金払ってるのにい~。せめて副音声つきにしてほしい。実況も解説も最近いまいちです。とくに解説で好きなの土橋さんだけになってしまいました。遠藤さんと丸山さんが恋しい…あと田中アナウンサーも恋しいです。
2009/06/15(月) 21:34:45 | URL | さっち #-[ 編集]
WB開始までは
読書とDVD鑑賞に当てているあいこです。動くナダル欠乏症(大げさ?)で、若干やさぐれはじめてます(笑)
ナダルの膝が休めばいいだけではないんですよね。慢性ということで手術も意味が無いというのはある意味深刻ですよね。WB初日センターコートにたってほしいということも、無理しないでスキップして全米あたりに照準を絞ってほしいとも思いますが、複雑です・・・。ランキングはどうやら来月あたりに交代のような雰囲気ですし、フィジカルが少しでも楽なようにスケジュールを組んでくれたらいいなと願うだけです。
そんななかでクルム伊達選手の話題は嬉しかったです。96年の準決勝はグラフファンの私でさえも伊達選手を応援していました。日没サスペンデッドを執拗に申告するグラフにイライラしていたものです(笑)伊達選手は(当時は)スロースターターでしたから、翌日再開となれば勝ち星は難しいなぁと思っていましたからね。NHKでは放送してくれそうですからこちらは楽しみです。ただ、実況が「あえて、フォア!」の人じゃなければいいんですが・・・。あれが耳障りで途中で副音声に変えましたからね・・・(英語わからんのに!!)!
2009/06/15(月) 13:45:08 | URL | あいこ #8iCOsRG2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。