Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前哨戦まとめ+ウィンブルドン展望・女子編
2009年06月21日 (日) | 編集 |
前哨戦もついに終了し、またグランドスラムの季節がやってきました。舞台は芝。…やっぱちょっと全仏と間隔短すぎるよなあ。なんで誰も日にちを変更しようとしないのだろうか。ライン判定とかはすぐ導入するのにさ。ほかにもっとやるべきことあるんじゃないのかなあ。

女子は、エナン引退以降イバノビッチが全仏優勝してから勝てなくなり、戦国時代に突入。セレナが全米と全豪2連勝してややリードしたかに見えたけどその後ややぱっとせず、コンスタントに成績を上げているサフィーナが今んとこNo.1を維持してます。しかしそのサフィーナが今年全仏でまた負けてしまい、まだまだこの流れが続きそうですね。なのでウィンブルドンも、誰がくるのか全くわからん。

今回は久々に、ドロー展望などをやってみようと思います。
第1ブロック、サフィーナの山

クレーシーズン大活躍だったサフィーナとクジーが同じブロックですね。しかし芝シーズンに入ってからはどうだろうか。サフィーナはオランダでタナスガーンに敗退。クジーはイーストボーン初戦で敗退。それにどちらもあまり芝での実績は高くない。そんな中、第9シードのウォズニアッキがイーストボーンで優勝。芝での初タイトルになりました。自信もつけたでしょうし、これは今回楽しみな存在ですね。

…と思ったら…初戦の相手が伊達さんではないか…!!がびーん。なんでこうなるの~。せっかくWCもらえたのに。でもまあ決まったことだし仕方ないかー。今トップに近いウォズニアッキにどのような戦いをみせてくれるか、楽しみにしています。放送もされることだろうし、ウォズニアッキのプレーをじっくり見てみたいというのも、ある。

以前のチャンピオン、モレスモがいますねー。17シードかあ。モレスモのタッチとかプレーとか大好き。このところなかなか以前のようには勝ちあがれないけど、地道にがんばっているモレスモを応援したい。いい思い出のあるこのSW19で、またあのときみたいなかっこいいプレーを見たいです。

そのほか、予選から勝ち上がった中村藍子さんと、森上さんもこのブロック。日本人が多い。相手はスレボトニクと、クジーということでいずれも厳しい戦いになるでしょうが、初戦というのはトップ選手でも調子があがらないこともある。がんばってください!

第3シード、ビーナス・ウィリアムスの山

ここにはヤンコとイバのセルビアコンビがいますね。2人とも去年の今の時期は飛ぶ鳥を落とす勢いだったけど、今年はちょっと脇役に回ってしまっている。イバノビッチはイーストボーンも初戦で敗退してしまいました。相手がペトロワっていうのも不運ではあったけども。

それから記憶に新しいストーサーがいる。イーストボーンでは優勝したウォズニアッキとフルセットの熱戦を演じました。ストーサーのスタイルならクレーより芝のほうが戦いやすいように思える。あとは最近球速の遅い芝でのストロークでどこまで打ち合えるか、てとこなのだろうか。
そしてすぐ近くには同じオーストラリアのドキッチも。全仏は悲しい怪我での棄権となりました。体調はどうだろうか。いろいろ家族のことで大変だけども、がんばってほしいと、思います。

バーミンガム準優勝のNa Liがここ。去年のジェン・ジーの活躍にかなり刺激されているだろうし、前哨戦で結果も出しているから、ビーナスの対抗馬としては一番手かな。

この山はなんだかんだで、やはりビーナスが強いのかなあという感じもしますね。

第4シード、デメンティエワの山

デメも調子にやや波のある感じとなっている。イーストボーンでは2回戦でラザノにフルセットで最後タイブレで惜敗。クレーシーズンは準決勝が2回あるけどその後は3回戦敗退。デメのクレバーなストローク、好きなんだよなあ。個人的に結構応援している。ネックはやはりサーブなのかなあ。以前よりかなり改善されてると素人目に見ても分かるけど、今年の全豪とか見てたらやっぱりGS獲るには足りない、という感じもしないでもない…。
そしてデメのすぐ近くに森田あゆみ選手が。初戦がレザイ戦ってことでまた厳しいけども、それほどランキングに差もないし、勝てる要素もたくさんあるように思う。チャンスを確実にものにしてくれ!期待しています。

ズボナレワは全仏欠場してこれがGS復帰戦です。欠場ってのは本当に辛いもんだよね…ぼそ。一時期の低迷から脱出して、今年初旬にかけてかなり強さをみせてました。全豪では優勝するかもーとなんとなく思ってた。その後怪我もあって少し調子崩したけど、復帰してまたいいプレーをみせてほしい。そしてもうすぐ、得意のハードコートシーズンもやってきますしね。

ベルギーのWickmayerの名前を最近よく見ます。今年エストリルで念願のWTAツアー初優勝を飾りました。そして今回オランダの大会でも、決勝進出。タナスガーンに敗れましたが、見事な健闘です。前週のITFのグラスの大会でも準決勝まで戦っている。なかなか調子よさそう。彼女みたいな人が突然どかーんと、きたりするんだよね。
キム、エナンなきあとのベルギーをしょって立つ存在…あっそうかキム復帰するのか。でもまあランキング的には彼女がNo.1。注目すべき存在です。

ウォズニアック(?)は前哨戦イーストボーンでベスト4入り。初戦ではクジーに勝ちました。ウォズニアッキとウォズニアックてかなり紛らわしい…最初名前みたとき同一人物かと思ってしまった。その名前似てるコンビがイーストボーンSFで対戦しました。ウォズニアッキに今は成績でも先手をとられてしまってるけど、彼女も伸び盛りの一人。お人形さんみたいな顔つきですね。ていうか名前がかなり書きづらい。とくに「ウォ」が。なんかいいニックネームないかなー。

イーストボーン決勝で敗れたラザノが、このブロックですね。ストレート負けとはいえ、なかなか接戦だったようなので、自信をもって大会入りできているでしょう。そして全仏大活躍だったチブルコワもこのブロックです。

第2シード、セレナの山

今回セレナはビーナスと離れました。これで2年連続姉妹決勝の可能性もある。それをとめられる人物はこの中にいるのか。アザレンカがここですね。それからマリアちゃんも。マリアちゃんは、59位だけど、ウィンブルドンの特別シードのおかげで、24シードに抜擢。これはよい判断だと思います。マリアちゃんほどの人が、いきなり初戦でサフィーナやセレナと対戦、なんてことになったら、残念だものね。

そして中国No.1、去年の大活躍が記憶に新しいジェン・ジーがここにいます。実力者のタナスガーンもここ。タナスガーンはオランダの芝の大会、去年今年と連覇に成功。この大会女子では初めてとのことですね。おめでとう!アジアの選手は応援したい。とくに準決勝のサフィーナ戦勝利は、見事です。去年も決勝でサフィーナに勝ってる。バーミンガム優勝のリバリコバも、ここ。

そして日本の杉山さんがここにいました。初戦シュニーダーか…左利きだし、ちょっと曲者というか、シード選手だし手ごわい相手になりましたね。とにかくがんばってください!

このセレナの山が一番激戦っぽい感じですね。


…というわけで…。うーむ。誰が高気圧ガールになるのかさつぱりわからんね。やっぱ実績からビーナスセレナになるのかなあ。それとも若手が出てくるのか?私は個人的にマリアちゃんを応援したい。彼女も長いこと怪我で苦しんできた。全米と、全豪と2つもGS欠場した。全仏で予想以上の結果を得られたことで、自信をもって今大会臨んでほしいと思います。今回はどんなウェア着るのかなあ。それも楽しみのひとつ。マリアちゃんは、もとが美しいのだから、あまり派手なものじゃなくシンプルなウェアでいいのじゃないかなあといつも思うが。優勝した全米で着てた黒いドレス風のやつは、よかったですね。いつかのウィンブルドンで着てたあの白鳥みたいなひらひらしたのは、ちょっと私はあまり好きじゃなかったなあ。でもマリアちゃんはひらひら系好きだしなあ。。


今日の一曲 -天気・気象ソング特集-
高気圧ガール/山下達郎

なんか夏のハードコートシーズンのほうが似合いそうな曲ですね。
このアルバム「MELODIES」には、夏らしいこの曲と、冬の代名詞といっていい名曲「クリスマス・イブ」が一緒に収録されている。達郎さんの懐の深さを感じさせる一枚です。






スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。