Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あと1勝で…-アメルスフルト 7/20-
2005年07月21日 (木) | 編集 |
Priority Telecom Open

今日はいよいよ第1シードプエルタ君登場ですねー。今日唯一の1回戦でした。今日は第1シードらしく、Tipsarevicにストレートの快勝です。第1セットいきなりオープニングゲームからブレイクに成功すると4-2と主導権をとり、第2セットも3-0と、終始リードを保っていたようです。ブレイクにも2回成功し、自身は1回ピンチがあっただけ。1時間ちょっとしかかかりませんでした。

プエルタ君は今エントリー12位。夢のトップ10まであと一息です。実際次2回戦勝てば、その夢が現実のものとなります。その相手は、Juan Antonio Marin。そしてデ杯で気をよくしたのかダブルスでもArnoldと組んで1回戦突破です。これを気にダブルスにも目覚めちゃったりして。

そのプエルタ君とぜひ決勝で戦いたいニコちゃん1号は、今日の2回戦もバネックを破ってベスト8入りです。今日はニコちゃんスロースタートで最初バネックに0-3とリードされてしまいますが、そこから3-3に追いつくと、4-4から一気にブレイクを決めて第1セットをもぎとりました。第2セットも5-5となかなか競った展開になりますが、勝負どころの第11ゲームでニコちゃんがサービスブレイク成功、重要なとこをとったニコちゃんがストレートで勝負をものにしました。

ニコちゃん1号と準々決勝で対決するのは、スペイン対決を制したサンチェス。それからカレリもがんばってますね。強者ハネスクをストレートで退けました。第1セット厳しいタイブレークを制した後、ずっとキープキープできていた第2セット第10ゲーム、ここでカレリが遂にブレイク成功!一緒に勝ち星もとることができました。カレリ調子があがってきたかな。この試合は雨で中断もあったそうですが、カレリ集中力をきらさずよくがんばりました。

ランキングが低いとはいっても地元選手は要注意ですね。オランダのVan Gemerdenが、第4シードのロクス兄ちゃんにストレートで勝っちゃいました。

試合結果 
2回戦
③Nicolas Massu(CHI) 6-4 7-5 Jiri Vanek(CZE)
Melle Van Gemerden(NED) 6-2 7-5 ④Christophe Rochus(BEL)
Agustin Calleri(ARG) 7-6(5) 6-4 ⑥Victor Hanescu(ROM)
David Sanchez(ESP) 6-2 6-2 Alex Calatrava(ESP)
1回戦
①Mariano Puerta(ARG) 6-2 6-2 Janko Tipsarevic(SCG)


関連記事
Puerta Closes in on World Top 10(ATP official)


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。