Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あんなことこんなこと
2009年06月28日 (日) | 編集 |
今日はミドルサンデーで試合がありませんでしたので、この1週間でお伝えできなかったことや、ちょっと小ネタ的なことをご紹介。

食べ物持込禁止!

ウィンブルドンには、服装やテレビ中継、日程について独自のルールがありますが、選手が使うロッカールームにもあるルールがあるそうで、それがセレナの逆鱗に触れてます。

「こんな意味ないルールなんて、大キライよ!キイイイッ!」
とまあなんと文面だけみても迫力ありそうなセレナの言葉なのですが、何に怒っているのかというと。

選手のロッカールームにはフルーツバーや健康バーみたいな、いわゆるカロリーメイトみたいなやつがおいてあるそうなのですが、その代わり外から食べ物を持ち込んではいけないという決まりがあるそうです。
セレナがこれにこんなに怒ってるということは、他の大会は持ち込みOKってことなのかしらん。

「ロッカールムでもの食べちゃいけないってんなら、なんで食べ物がおいてあるのよ!?」
「こんなルールには賛成できない。」

All England Clubのスポークスマンによると、このルールは、ローカールームを清潔に保つ目的だそうで、10年近く前からすでにあるそうです…。


マイケル・ジャクソンを悼む

音楽界のスーパースターの突然の逝去は、ウィンブルドン期間中の選手たちにとっても大きな衝撃をもって迎えられました。
セレナは、「ショックで言葉もないわ。彼と彼の家族にお悔やみの言葉を述べるしか、今はいえない」。「本当に、つらい出来事よ」。

「あらゆる人が彼の音楽を聴いていた。ビートルズや、エルビス・プレスリーのような存在。彼らは人生における"icon"であり、決して忘れることはないわ」。
セレナは過去マイケルに何度か会ったことがあるそうです。とても名誉なことだったと、話してます。

ロジェ君ことフェデラーも、マイケルの死についてコメントしてました。
マイケルはロジェ君の故郷であるバーゼルに公演に来たことがあるそうで、そのとき彼は。
「姉(妹?わかんね)と一緒にスタジアムの外で、聴いてたんだ」。「彼が来るなんて、こんなエキサイティングなことなかったからね。とても若い頃だったと思うよ」。

いつもマイケルの曲を聴いているというロジェ君。
「彼の音楽が大好きだよ。音楽界にとってとても悲しいことだ。僕のように、多くの人が彼の音楽に癒されてきただろうからね」。
「これから先何年経っても彼の曲を聴き続けるさ、もちろん」。

私事ですが、洋楽に全く興味のない私の母親が、私が車の中でマイケルの「スリラー」をかけているのを聴いて、「これいい曲ねえ」と言ったのは未だに忘れられない。マイケルの曲は本当に年代世代を超えて愛されている。



ローレウス・アウォード賞発表

スポーツのアカデミー賞ともいわれるこのアウォードは、毎年スポーツで活躍した選手たちに贈られる賞です。テニス選手も毎年数多くノミネート、受賞します。26日に各賞の発表がありました。今年は残念ながらテニス関係は受賞はありませんでしたが、ノミネートされてた選手が何人かいましたので、それも含めてご紹介しておきます。

まず最優秀選手賞・男子部門は、2005年からこの4年連続ロジェ君が受賞していてテニスが独占状態でしたが、今年はついに他のスポーツに明け渡すことになりました。
昨年北京五輪で大活躍だったウサイン・ボルトが受賞。テニス界からはナダルくんが候補に挙がってましたが、さすがにボルトにはかなわなかったか。
他にはクリスティアーノロナウドやロードレースのロッシ、F1のハミルトン、競泳のフェルプスなどが候補でした。やっぱ「世界一速い男」の存在感は、強いです。
最優秀選手賞・女子部門では、これも五輪組、走り高跳びのイシンバエワが受賞。彼女はライバルはもはや自分自身のみ、ていう感じ孤高の存在ですね。ビーナスがここにノミネートされてましたが惜しくも受賞ならず。他の候補には競泳のライス、陸上のディババ、アルペンのリンゼイ・ヴォンなどがあがってました。

つづいて、このブログ的に言うと「うなぎのぼり賞」ともいえる、年間最優秀成長選手に選ばれたのは、またもや五輪組。競泳のレベッカ・アドリントン。イギリスの女子選手。たしかに、あの北京五輪での400m、ケイティ・ホフとの白熱したレースは、ほんとすごかった。ディープインパクトみたいな差しきりでした。
テニス界からは、イバノビッチとジョコビッチが、ノミネートされてました。2人とも、グランドスラム初制覇を、評価されたのだと、思います。

やっぱ五輪イヤーの翌年は、なにかときびちいね。。今年は五輪もワールドカップもないから、来年はきっとテニス関係の受賞が、あるでしょう。期待します。

デメトラダムスの大予言

今年の全仏は優勝間違いなし、最強の優勝候補と言われたナダルくんが4回戦で敗退したとき、ほとんど多くの人が衝撃を受けたことと思いますが、少なくとも約1名、それを予想していたであろう人がいます。

今大会第4シードのエレナ・デメンティエワは、ナダルくんが全仏4回戦進出を決めた翌日、自身の記者会見でこんなことを言っていました。
「彼は少し疲れているように見える。最初の2試合を順調に勝っているとしても、元気には見えない。彼は試合をたくさんやりすぎているのかもしれないわね」。
「今年の彼にとって、優勝するのは本当に難しいチャレンジになると、思う」。

このときのこのデメの言葉を真剣に受け止めた人は、どれくらいいたのだろうか。そしてそのおよそ24時間後、それが真実を突いた言葉であったことを、みなが知るのであった…。

のちにデメはこう語ってます。
「彼(ナダル)が1回戦、2回戦と勝っていくのが、不思議だった。彼を見ていて、試合を終えた後の目に幸せを感じられなかった。」
「たくさん試合をこなしていて、疲れているように私には思えた。彼のプレースタイルはとても体力を使う。負けて欲しくなかったわ」。
「彼はとても素敵な男性だし、きっとすごく全仏のタイトルが欲しかったと思う。でも、限界がきたときは、やっぱりそこが限界。休むべきときだったのよ」。

テニス記者もまっつぁおのこの洞察力にあっぱれ。周囲の噂や発言に惑わされず、目の前の事実をしっかり見つめるということは、とても難しいことなのだなあと、改めて思います。

…それでは、今回のウィンブルドンは、どうでしょうか?優勝するのはフェデラー?マレー?←ここは創作

「そんなこと聞かないでよ。予測が当たったのはこれが初めてなのよ」。
いやいやそんなご謙遜を。ぜひお聞かせ願いたいものです。今回のウィンブルドンでは、まだあまりそのようなことは語ってませんが。この先デメのコメントには要注目です(^^)。


あー。この1週間必死で見て楽しんで書いて、辛いのがようやく消えつつあったのに、こうやって書いたらまたなんだかいろいろ思い出しちゃったなあ。ぐすん。デントのこととか考えたら、1回GS欠場したくらいじゃないか、とも思えるようにはなったけど。。1週間前は落ち着いてたつもりだったけど、あのころ書いてたのをいま見直したらやっぱ感情的になってたなあ…がく。
たしかにロジェ君みたいな華麗な美しいテニスではないかもしれない。スケジュール管理も下手くそでおんなじこと繰り返してばっかの困ったくんかもしれない。ジョコやマレーくんみたいにスマートなプレースタイルじゃないかもしれない。ソダりんやツォンガみたいに速いテニスはできないかもしれない。
でも、シコらーでも、泥臭くても、必ずしもかっこよくなくても、そういうとこも含めて、好きなんだよねー。それを忘れるとこだったよ…。学習能力ないなんてつまんないこと書いてしまって、反省している。。
今何やってんのかなー。ウィンブルドン見てるかな。いつごろプレーするんだろうなあ。ついいろいろ思ってしまうけど、少なくとも今年のウィンブルドンにはもういないのだし、ね。今そこにいる人を、しっかり見たい、というのも気持ちです。

さて、明日からはまたナダルくんのことはしばし忘れて、今年のウィンブルドンの後半戦を、最後まで見届けたいと思います。もりもりがんばるぞう

Serena Williams complains about food rules imposed at Wimbledon(AP)
Federer on the outside looking in at 1980s Jackson concert - Summary(Earth times)
Laureus.com
Dementieva: 'Tired' Nadal won't cruise to Open title(AP)
No future in fortune-telling for Dementieva(Reuter)←nicoさんご提供

今日の一曲 -天気・気象ソング特集-
明日天気になぁれ/ゆず

ビデオに出てくるヨーキーが超かわいいんだあ






スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
missing
>nicoさん

イギリスのいちごってどうなんでしょうね。店で売られてるのは国産ばかりなので、よくわかりませんが。福岡のイチゴはおいしいです(^^)。

デメは今大会好調ですね。優勝してほしいけど、ビーナスがとても強いですねえ。3連覇がかなり現実的になってきましたね。メンタルでもセレナより安定しているように思います。

今大会もおもしろい試合いっぱいあるし楽しんでいますが、ナダルくんがいないのはやっぱりさみしいものですね。グランドスラムに早く戻ってきてもらいたいですね。
2009/06/30(火) 05:20:20 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
うわぁ~美味しそう
イチゴミルク食べたいなぁ~でも日本のイチゴが世界一美味しいと私は思ってます。

今年はデメさんに優勝して欲しいな。新しいチャンピオンが見たいの。もちろん男子もね(笑)

私もちょっぴり批判しちゃった・・・
ごめんね、らふぁああ(涙)
他に好きな選手もいるし、テニス大好きなんだけど、やっぱり寂しいですね。
今、何してるかな?
2009/06/29(月) 22:06:36 | URL | nico #gHke2YW6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。