Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウィンブルドンで一番おいしい日
2009年06月30日 (火) | 編集 |
今日は男女の4回戦、16試合が全部一ぺんに行われるんですね。ああそうか、日曜日に試合ないからかあ。男女ベスト8が、1日で全部決まります。ということは、この2週目の月曜日というのは、観戦するにはもっともおいしい日、ということにもなるのかもしれませんね。

4回戦

(2)Roger Federer 6-4 7-6(5) 7-6(5) (13)Robin Soderling

これは今日の第1試合で、まだ観戦する元気があったので比較的みれました。あ、この主審の人も好きなんだあ。お気に入りの主審が多すぎる。
緊張感たっぷりのいい試合でした。そしてロジャー・フェデラーの偉大さが随所に出てた試合でしたね。

「今日はラリーが少なくて、お客さんにとってはあまりおもしろくなかったかもしれないけど」とロジェ君あとで言ってたみたいだけど、私はこういう試合好きだなあ。キープキープでお互いがしっかりサービス締めて、んでところどころラリーとかミスとかがあって30-30とかになると、いつ均衡が破れるかハラハラして、んで綱渡りするような緊迫感の中両者キープしてく、ていう感じの試合展開はやっぱ好きだ。ブレイクが続くと、どうしても、引き締まった、という印象は薄くなってしまうように個人的には感じます。

これは戦ってる選手自体もそうなんじゃないだろうか。お互いキープが続くときは、結構我慢してキープできるのに、一旦ブレイクできちゃうと、…このセットとれるかも?みたいなへんな色気が出てきちゃって次のサービスゲームかえっておかしくなってブレイクバックされて勢いまで向こうに持っていかれちゃう、という展開多いですもんね。でも今日はそういう展開はなかったです。

この試合ブレイクゲームは第1セットの1回だけでした。第9ゲーム、ソダりんのサービスゲームで、ソダりんにミスがちょっと多く出てしまいましたね。ていうか、ミスさせられてたのかもしんないけど。。。
ロジェ君のすごいなあと素人目で思うところは、打つボールのコースです。あんまり技術的なとこわかんないのですが、攻められて苦しい体勢からでも、相手のいやあぁな場所にボールが返ってくるから、攻めてるはずの相手が、「なにそれ」て感じでびっくらこいて形勢逆転、みたいなの多いですね。この日もそういうの多かったです。

今日のロジェ君はなんか表情が冴えない感じがしたんですが、日差しが強くて暑かったからしかめ面してただけなのかな。後半に入るごとにリードしていったのものあったんだろうけどやや表情が柔らかくなっていってたようです。

「今日は本当にデンジャラスな試合だったよ。」お互いサービスキープが続いて、勝負はタイブレークのほんの1、2ポイントで決まる。
「でも気を落ち着かせて、チャンスを待っていた」。

このあいだ自信を得る方法、という話をした。今年の前半、ロジェ君はナダル、マレー、ジョコになかなか勝てなくて負けが続いてました。あの頃は、やはり、自信が持てなかったとのこと。
「気持ちが不安定だった。そのときその瞬間どのプレーを選択するのが正しいのか、はっきりわからなかった」。
マイアミでジョコに負けたときは、ラケットを叩きつけて壊しちゃう、という場面もありましたね。

それがわずか数ヵ月後、今はもう自信に満ち溢れて別人のようになってます。
「その頃あったパニクったりする兆候も今はもうないよ」。

これほどの人でさえも、自信を失うときが、ある。それを回復するには、やはり勝つ、しかない。



(1)Dinara Safina 4-6 6-3 6-4 (17)Amelie Mauresmo
(4)Elena Dementieva 6-1 6-3 Elena Vesnina
(8)Victoria Azarenka 7-6(5) 2-6 6-3 (10)Nadia Petrova


今大会は女子はロシア勢はやや少なめです。もうあとこの4人しか残ってません。
モレスモ敗れたり…今回この対戦をモレスモが勝つと予想した人がかなり多かったみたいなんだけど、実際かなり接戦になりましたが、最後サフィーナが女王の意地をみせましたね。このあいだの全仏のショックはひきずってはいない。
ていうかこの試合ほとんど寝ていてみてないzzz。フェデラー戦の途中から気づいたらこれがあっていた…しかも。この試合中に雨が降ってきて屋根が閉じたらしい!!!!

…見逃したorz…。

目の前でそれやってたのにぐーすかぴーすか寝ていました。

エレナ対決はデメが圧勝。この日はすごく暑かったので、デメはあまり長いラリーはせず早くポイントを決めるようにしていた、とのこと。
あれ以来デメの発言が気になっちゃって、いろいろインタビュー読んだりしてますが、まだデメトラダムスの予言は出ていない。
「テニスは、自分のゲームや自分自身に、いろんなことを学ぶ機会を与えてくれる。それは、いかに悪い経験を早く忘れて先のことに集中できるかということよ。」
パリでは3回戦で敗れてしまったデメですが、気持ちの切り替えがうまくできているようです。

4年に1回しかない五輪や2年に1回の世界選手権と違って、テニスは年に4回もこのような大きな大会がある。だからひとつの大会でうまくいかなくっても、少し経てばすぐまた次が、やってくるものね。

ペトロワ負けちゃったのかあ。残念。でもアザレンカは、グランドスラムで安定して成績出してくるようになりましたね。これで全仏に続くベスト8.あのときはベスト4まですすみました。今大会もそれに続けるか。次なる相手はセレナ。ビーナスよりはセレナ相手のほうがチャンスあるような気がします。もちろん大変な壁です。でも私は結構アザレンカいけるのじゃないかと思ってるんですが。
本当に次のQF勝てたらアザレンカ、次世代の女王としてのroad of the Queenがみえてくるかもしれませんねえ。

(22)Ivo Karlovic 7-6(5) 6-7(4) 6-3 7-6(9) (7)Fernando Verdasco
Lleyton Hewitt 4-6 2-6 6-1 6-2 6-2 (23)Radek Stepanek


カルロビッチの試合はなんかいつもすごいなあ。これもツォンガ戦同様タイブレークの嵐。やっぱタイブレはビッグサーブがあるほうが有利なのかなあ。ベルちんもだいぶ健闘したんだと思いますが、大先生がここは頑張りきりました。これで…ベスト8初めてなのかな?芝ではある意味存在感はいつもぴかいちのカルロビッチだけど、意外にあんまり勝ち進まないんですよね、いつも。今年はようやく、下馬評どおりの活躍をみせてくれています。

私のお気に入りのブラッド・ギルバートさんのサイトで、カルロビッチについて言及されてたんだけど、ギルバートさん曰く、カルロビッチが今回いいのは、セカンドサーブでのプレーがよくなってポイントがとれているから、だということです。なので次の試合、カルロビッチのセカンドサーブでのプレーに、注目してみることにします。

そしてこれもある意味すごい、レイトンとステパネクの一戦。出入りの激しい内容になってますが、2セットダウンからレイトンが逆転勝ち~!Mっぷりをいかんなく発揮している…。

2002年にこの大会優勝しているレイトンですが、あの頃と比べて今年はどう?優勝した年と同じなにかを感じてるかい?みたいな質問を以前されてました。
それについて、レイトンは、優勝したあの年もストレート勝ちが多くて、QFのシャルケン戦だけ2セットとられてた、そうです。今大会も、3回戦までストレート勝ち。今回初めてセットとられたわけだけど、長い戦いを制するには、やはりあまり長い試合にならず、比較的すんなり勝ちすすむのが鍵かも、みたいなことを言ってました。

Sabine Lisicki 6-4 6-4 (9)Caroline Wozniacki
(11)Agnieszka Radwanska 6-4 7-5 Melanie Oudin


両親がポーランド人対決は、またもやリシツキが勝利。ウォズニアキ相性悪いのかな。前哨戦では優勝を飾り、トップ10の若き才能として今年に入ってからWTAの主役の一人となっているウォズニアッキですが、まだ大ブレイクするにはすこし時間がかかるのかな。でもこういう感じで負けていても来年あたりにまたひとまわり強くなっている、ということはよくあるので、待ちましょう。リシツキはこれがおそらくグランドスラム初ベスト8、だと思います。
そして今もポーランド人のラドバンスカは、今大会のダークホースとなっている勢い十分のオーディンにやや押されながらもトップ選手の貫禄で押し返しました。オーディンの経験不足に助けられた感もあったとのこと。
ラドバンスカは次ビーナスかあ。きびちいね。今のビーナスをやぶるのは、この残った7人だれを考えても、むずいように思います。

(3)Andy Murray 2-6 6-3 6-3 5-7 6-3 (19)Stanislas Wawrinka

これは最後の最後で日没の後も照明のなかやってましたね。最後はWOWOWの中継も終わってCSIになっていた…。
スタン君惜しかったあああ。もっとさっくり負けてしまうかと思ったら、フルセット…第4セットとりかえしてくれると思わなかった…2,3セット連取されて、あーこれで終わりかと思ってしまった。

スタン君は、1つの試合の中で、すごいいいプレーのときと、そうでないときとの、差がすごくあると思う。モンテのジョコ戦のときとかはそれをすごく感じました。いいときは、んもうトップ選手も大変なくらい強いけど、少し調子が落ちた時間帯が、なかなかうまくいかなくて。そこが、マレーくんやジョコになかなか勝てない一因なのかなあと、素人ながら偉そうに考えてしまったりするわけです。

この試合は最初から全部は見てないけど、40-40とかよくなるんだけど、勝負どころ!というポイントになる場面でややスタン君のほうがぴりっとしない印象があったかなあー。逆にマレー君は、ブレイクピンチとかチャンスとか、大事な場面ですごく集中していていいショットを打っていたし、そういうときのミスが少なかった。そこの差だったのではないかなあと思う。

といっても同じくらい一生懸命やっているはずなんだよね、きっと…でも見てる客としてはそう感じてしまうのでした。。ま、それでも私はそんなスタン君が好きなのさ~。

これでまたベスト8はおあずけになってしまいました。とほほ。スタン君のベスト8はいつ実現するのかなあ。きっといつかはたどりついてくれると思っています。全米に期待します!


Federer reaches quarterfinals at Wimbledon(AP)
Player Interview-Elena Dementieva-29 June 2009
Player Interview-Lleyton Hewitt-27 June 2009


今日の一曲 -天気・気象ソング特集-
Little Fluffy Clouds/The Orb

今回もまたややオタッキーなやつを。といってもテクノ界ではわりと知られている人ですが。
ジ・オーブはイギリスのテクノユニット。この独特な異次元に迷い込んだような不思議なワールドが、いいですねえ。このリズムがたまらんわ。
ところで、このorbのメンバーあるいはサポートメンバーとして長く携わってきたエンジニアのAndy Hughesが今月亡くなったと報じられていました。ご冥福をお祈りいたします。





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
蚊は夏に活躍する
>ゴランさん

おはようございます(^^)。甲子園かあ。一度行ったことあります。たしかに高校野球も準々決勝が一番おもしろいといいますよねー。清峰春夏連覇してほしいな…。

女子もそうですが、ベテランが若手に立ちはだかっている大会になってますね、今回。ハースVSチリッチなんかまさにそんな感じでした。私はチリッチ応援だったのでやや残念だったですが(^^)…。
フェレロは以前も芝で活躍していたし、本当にウィンブルドン得意なのですね。今年はツアー優勝もしたし、調子が上がっているようでうれしい限りです。次の試合は完全アウェー状態でしょうが、フェレロは関係なくやってくれるでしょう!なにせ蚊ですから…(蚊って誰がつけたのかわかりませんが絶妙なたとえですよね)。

2009/07/01(水) 10:35:23 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
おはようございます。
出張の電車の中で楽しく見せてもらってます。

おいしい日とはその通りですね!
昔は甲子園に近いところに住んでいたので準々決勝で4試合たっぷり楽しんでました~

今回の大会はとても楽しいです。
今の最新のテニスをちょっと前のテニスが倒すというのが続いてますね。
レイトン教授はもちろんですが、僕の一押しは「蚊」の貴公子フェレーロです(最近はフェレロの記載が多いですね)。
次は圧倒的応援のマレーで、前哨戦では負けてますがやってくれると期待してます。ナダルの活躍で影が薄くなったまま死んでいったコリア、ガウディオ、フェルケレクらの無念な魂を引き継いでくれていると勝手に思ってます。





2009/07/01(水) 08:48:20 | URL | ゴラン #-[ 編集]
ニューボールズ対決
>momoさん

スタン君惜しかったですが、完全アウェー状態でよく戦ってくれたと思います。

それにしてもレイトン…なぜにそんなに2セットダウンからの逆転が多いのだあ~。そんな馬力があるなら最初から…って思ってしまいますね(^^)。自らを追い込むことでよりパワーが出てくるとか…ファンとしては大変な心境ですが、でも最後に勝ってくれるから、よしとしましょう。

ついにレイトンVSアンディが実現するんですね!私はどっちも好きなのでどっちかがここで負けちゃうのが非常に残念。とってもいい試合になると、思います!

フェレロやハースも今回勝ち残っていて、なんだかうれしいですね。そしてマレー、ジョコとそれぞれ対戦…世代対決も、みどころですね。
2009/06/30(火) 20:58:55 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
ワウリンカは惜しかったですね~ 私もまさか第4セット取るとは思ってませんでした。素晴らしい試合だったです!
レイトンは…もう頼むから普通に試合してーって感じ(笑)何でも2セットダウンから逆転して勝つ割合って10%くらいなんだそうです。レイトンは昨日の試合で確か6回目。そういうところが好きなんだけど、観戦は疲れます。

それにしても今回は本当にベテラン勢が頑張ってますね。
2009/06/30(火) 13:39:21 | URL | momo #XbnZBJT2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。