Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家族の夢
2009年07月03日 (金) | 編集 |
ウィンブルドンが他のグランドスラムと違っているもののひとつに、男子、女子の呼び方がある。他のGSは「men」「women」なのにここだけは、「Gentleman」「Lady」となっている。なんか粋だよねえ。たしかにまあ英語では、れぃでぃ~すえ~んどじぇんとるまん!とはよく言うけれども。


準決勝

(3)Venus Williams 6-1 6-0 (1)Dinara Safina

ビーナス強し…!こんなに圧倒しちゃうとは。サフィーナのフィジカルが万全でなかったというのもあるけども、それにしても、これほどまに差がついちゃうとはなあ。

セレナ戦のあとすぐ風呂に入ったので前半はほとんど見てないんだけども、風呂から上がってTVつけたらアナウンサーの第一声が、「サフィーナ初めてサービスキープ」だったから、いやあな予感はしたんだよね…。そのあとビーナスがさくっとセットとってしまいました。

第2セットに入っても、流れは全く変わらず。サフィーナはとにかく攻めるボールでのミスが本当に多かった。形はサフィーナでも決めのボールがアウト、ネット、そういうのがいっぱいで、逆にビーナスはきっちり決める。そんなんだからどんどんスコアが開いていっちゃう。今日はビーナスはピンチらしいピンチはほとんどなかったのじゃなかろうか。
さすがのサフィーナのコーチも今日はちょっとあきらめ顔でしたね…。

サフィーナはこれでまたもGS勝利はおあずけ。今回は、ちょっと遠かったかな…。

ビーナスはエラーが試合を通じてわずかに1、そしてウィナーが16.一方のサフィーナはエラーが16となりました。

「こんなに完璧にうまくいくことがあるなんて…でもとってもうれしい」。ビーナスもうれしいというより拍子抜け、という感じかもしれませんね。準決勝というのは本来もっともっとタフなものであるはずだし。

「1時間以内で試合が終わって、1ゲームしかとれなかったのはとても残念なことだけど、受け入れなくちゃならない。」
「ここは私の得意なサーフェスじゃない、それでも準決勝までこれた。なので気持ちを切り替えて来年はもっと違う気持ちでここで戦いたいと思う」。

やはりサフィーナには芝に対する相当苦手意識があったのかなあ。対するビーナスはこんなに芝での自信がある。結果がこうなっちゃうのも仕方ないかなあ。

これでまたサフィーナはランキングのことでいろいろ言われるでしょうねえ。現にインタビューですぐに言われてるし。でも、考えてみれば、今年のグランドスラム決勝2つに準決勝、安定した成績を出している。セレナも今年は全部準決勝以上だけど、GS以外の大会で多く勝っている分サフィーナが上にいる、そういうことなんだろうね。ランキングがポイント制である以上こういうことはどうしても起こりうると思う。とにかくサフィーナは、残る1つの全米、だね!あそこで勝てれば、みんなを黙らせることができるでしょう。

(2)Serena Williams 6-7(4) 7-5 8-6 (4)Elena Dementieva

すばらしい試合になりました…!セレナ、勝利おめでとう。デメたん…デメの心境を考えると、切なすぎる。
両者の気持ちと力と技がぶつかりあった、本当にすごい内容でした。
内容では、ストロークの技と勢いでは、デメが上回ってたかあな。セレナはよくしのいだなあと、感じます。今日は、セレナのパワーというより、しぶとさ、そしてやはりメンタルの強さを、感じました。

第1セットの数ゲームは転寝していた見損ねたのだけど、1ブレイクずつしてたんですね。でも両者とも自分に流れを持ってくるには至らなかったか。デメンティエワはセレナの強力サーブにもリターンうまく返していましたよね~。エースこそ少なかったものの鋭いリターンでセレナを苦しめていました。それが、セレナのサービスのミスやダブルフォルトを誘っていたのだと思います。
この試合常にデメが先手をとってました。ゲームも先行し、セットポイントも、セット先取も、マッチポイントもデメが先。それが、この試合をおもしろくしたと、思います。もしセレナが先だったら、こうはならなかったのではないかと、思う。

第1セットは攻めていたデメンティエワが会心のゲーム運びでとりました。セレナが今日はやけに苦しそうだったというのもあったけどそれはデメンティエワの心技体が充実していたのを感じていたというのもあるんでしょうね。デメ見事なプレーぶりでした。
第2セットは逆にセレナがブレイク先行しましたが、途中でデメがブレイクバック、そして5-4でデメにマッチポイント…!あぁ今回は姉妹対決はなかったか…ちと早とちりしてしまいました(汗)
「今日の試合内容には満足しているけど、唯一後悔しているとすればマッチポイントでもう少しリスクをとってダウンザラインに打つべきだったかしらね」。
デメ、あと一本が、遠かった。

セレナは土壇場での見事なサーブ力。今日は強力サーブはデメのリターンの前にやや影を潜めていたけど、本当に大切な場面ではいいサーブがでていました。「コートの向こうにいるのがセレナかアンディ・ロディックかわからなかった」とまでデメ言っている。

非常に気になっていたデメのサーブだけども、今日はすごくサーブ、よかったですよね!スキアボーネ戦で非常に悪かったように書かれていたのはなんだったんだ…ダブルフォルト自体は決して少なくはないけども、全体的にそれほどサーブが悪影響した、という印象はない。とくに第2セットだったかなー、セカンドサーブでエース、てのにはびっくり。セレナの逆をついた見事なサーブでした。
しかし後半になると、サーブでのフリーポイントはやはり少なくなってしまった。でもそれでも、それを補ってあまりあるすばらしいストロークでした。

おしむらくはあのライン判定…土橋さんも言われてましたが、ほんとうに、数ミリの差でしたね…しかもそれが勝負を決める重要な場面で、セレナに味方した…あれで線審を責められませんよねー。あんなの人間の眼で判断するのは、不可能だ…。
今回土橋さんの解説だったわけだけど、やっぱこの鍋島&土橋コンビはいい。安心して聞いていられるし、口数少ないけどそれだけに、余計なところでしゃべらないからうるさくないし、ややかみかみなのが惜しいけど専門的で的確な指摘があり、わかりやすい。男女どちらかの決勝も土橋さんがいいよう。でもどっちとも違うんだろうなあ。せめて男子の準決勝を最後に、やっていただけたらうれしいです。

「私にとって、本当にドラマチックな勝利のひとつよ。試合の間ずっと気分は落ち込んでいた。だからすばらしい気分だわ。本当に勝ちたかった」。
全仏準決勝で、勝てる試合を落とした。準決勝での勝率の高いセレナにとって、屈辱的なものだったでしょう。今回は、負けてもおかしくない試合で、勝てました。

セレナのメンタルの強さが改めて再確認されたんだけども、だからといって、この勝敗を精神力の差、とは言いたくない。デメたんも苦しい場面を何度ものりきった。サービスゲーム苦しくてもダブらなかった。力はもうほぼ完全に同じだったように思う。でも、勝者と敗者を分けなくちゃならない。厳しい世界だと思います。セレナのほうに、ちょっと運が、あったかな…いやこれほどの熱戦を運で片付けちゃうのもなんかいやだなあ。こういうときは、いつも切なさを感じます。

切ないといえば、デメのお母さん…私はデメのお母さんの隠れファンなのであるが、あのお母さんの心配そうに娘を見つめる顔が、たまんない。いつも惜しいとこで負けて本人以上にお母さん無念の気持ちでいっぱいでしょうね…いつかこのお母さんの満面の笑みが見られるといいなと、思ってるのですが。今回もまた、お預けになりました。


というわけで、決勝は、2年連続姉妹対決。すごいなあ~。ご両親はどんな心境なんだろうか。2人の決勝はもちろん嬉しかろうけど、どっちかが必ず負けるというのも複雑だろうなあ。でもファミリーボックスをゆったり使えるのは、いいね。
「セレナががっかりするのを見たくはないけど、私自身もがっかりしたくないしね」。
「でも彼女か私のどっちかが負けてしまったら2人の決勝という夢は実現しない。だから私は彼女と戦いたいわ、それが私たちと家族にとっての夢なのだから」。
ビーナスは姉らしい心境を語っています。

でも今大会ビーナスもセレナも充実してるから、これは楽しみな対決になりましたね。今までの戦いではややビーナスがメンタルでもぶれもやや少なそうだし優位かなとも思えてたけど、今日の試合でセレナが厳しい内容を乗り切った。これでセレナの強さが増したような感じもするから、本当にわかんなくなったと、思います。

WRAPUP 1-Tennis-Different semis, same old results for Williamses(Reuter)
Player interview D.Safina


今日の一曲 -天気・気象ソング特集-
白い雲のように/猿岩石

最近有吉くんまたTVによく出てますね。
森脇くんは芸能界は引退して事業をされてるようです。
ヒットしてた頃はあんまりまともに聴いたことなかったけど、今改めてこうやって聴くと、ほんといい曲。
藤井フミヤ作詞、藤井尚之作曲。







スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
どちらも記録…
>ふみネーさん

そうなんですよねー、2試合のあまりの違いに、なんともいえない気持ちになっちゃいました。。
サフィーナは一生懸命やっているはずだからあんまりいうとかわいそうだけど…このかわいそう、てのがまた屈辱なんでしょうが、現実はきびちい。

姉妹の実力は拮抗してるし、決勝はいい試合になると、私も思います!
2009/07/03(金) 21:18:58 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
まるで違う!
さっちさん、こんばんわ~

サフィナちゃんとデメンティエワちゃん、
同じ負けでも全く違う~(~_~;)

かたや準決勝最長試合!
かたや準決勝ワンサイドゲーム記録!
ですって~(^З^)ぷぷぷ

2年連続の姉妹対決~どちらが勝とうと、良い試合を期待してます!
2009/07/03(金) 19:47:15 | URL | ふみネー #pRW1T4WY[ 編集]
あと一歩~
>あいこさん

やってる本人も大変でしょうが、近くで見てるしかない家族も大変でしょうね…。デメのお母さんなんか好きなんですよねー。かげながら応援してます。

セレナとデメの試合はライブで見てましたが、もう第2セットの途中はデメが勝つ雰囲気まんまんで、お客さんもそういう感じでデメのMPのとき拍手喝采でした。あそこから蘇ったセレナはほんとすごいです。
デメにもいつかGS優勝してほしいです~!
2009/07/03(金) 19:45:08 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
私も
あの、少し泣きそうなお顔が気になっていました。見てるだけしかできない、というのも辛いですよね・・・。それにしても残念でした。結果を知ってから観ていたのですが(!)、それでも第2セットまでは”これは勝つんじゃないか、勝ちそうだよね”と一人ぼやいていましたよ(笑)それほど素晴らしかったです。
2009/07/03(金) 12:21:52 | URL | あいこ #8iCOsRG2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。