Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏草や兵どもが夢の跡
2009年07月06日 (月) | 編集 |
優勝おめでとう

2年ぶりの逢瀬

Roger Federer&カップ




最近アクセス解析などを始めちゃったりしちゃってるわけなのですが、検索でここにたどりつく方々がどのような言葉を検索しているのかもわかります。だいたいウィンブルドン、フェデラー、ナダル、とかが多いんですが、この時期意外に多いのが、「あえてフォア」。…笑…やっぱ気になってる人多いんだあ。なので今日は久々にそのあえてフォアを生で聞こうとNHKの主音声で見ました。が、今日はあまりその言葉なかったなあ。あったかもしんないけど、試合とtwitterに熱中してて気づかなかった。その代わり多かったのが、「強力ぅ!」。これからはこの言葉が流行ると思います(?)。

しかし森中さんも、福井さんも、冷静で落ち着いた話し振りがとても好感。こんだけの大熱戦になったのに、最後までとても静かで熱狂することもなく、とても聞きやすかったです。あーもうなんで衛星がWOWOWになっちゃったのかなあ。来年はもっとたくさんNHK見ようっと。

決勝

(2)Roger Federer 5-7 7-6(6) 7-6(5) 3-6 16-14 (6)Andy Roddick

ロジャーフェデラー優勝おめでとう!!アンディ…アンディいいい~~…言葉が見つからん。
勝負の神様、て、厳しいね…こんなに、こんなに頑張ったアンディに、勝たせてくれないなんて。そして、もう5回も優勝して、フレンチも獲って、生涯グランドスラム達成して、んでまたここでロジェ君に勝たせるのかい…。

でもそれは、見てるこっち側の視点であって、この優勝が欲しい気持ちは、両者同じ、だったはず、だよね。アンディもすごく勝ちたかっただろうけど、ロジェ君だって去年の悔しさもあったしすごく勝ちたかっただろうし。その両者の気持ちがぶつかりあったことで、すばらしい試合になりました。

公開処刑、瞬殺、虐殺…その前評判を覆す、すばらしい展開。2人ともサービス絶好調でなかなかブレイクチャンスきませんでしたが、アンディは前半パスがよく決まってましたね。いつもロジェ君にやられていることをアンディがやっていた。…今日はいつもと違う…これは結果も違うかも!という予感がもりもりしてたんですが。最後のほうでアンディがブレイクピンチをしのいだことで、逆にチャンスが来ましたね!あの場面どんなだったっけ…なんかもう忘れたな…とにかく、たった1回きたチャンスを見事ものにしてくれました。

第2セットはアンディタイブレ6-2まで行ったんですけどね~。あそこでなぜ決め切れなったのだろうか…プレッシャーなのかなあ。今までずっとサービスよかったのに、あそこの場面だけ悪くなってしまった。そのわずかな隙を逃さなかったロジェ君はさすがでした。

こうなるともうこの先やはり瞬殺か…と思いましたが、アンディは気持ちを切らさずよく粘ってくれたと思います。
「僕らは人間で、サイボーグじゃないからね。あのときも、他のときでも、選択は2つ、諦めるか、前にすすむか。後のほうが僕にはいいように思えたから」。
でも第3セット、ロジェ君はセットポイントきっちりとりましたね…なんかこのへんはやっぱちょっと差を感じてしまいました。でもそれ以降のアンディは、追い込まれたことで逆に開き直れたのかも。ブレイク成功した場面も、ほとんど決まったに等しいパッシングでしたね~。

第3セットの途中くらいまでは、アンディはサーブでなんとかポイントとっていたという感じで、ストローク戦になると展開力のあるロジェ君に優位に立たれていて2ndサーブになるとかなり苦しい感じだったように思います。しかしその流れが徐々に変わってアンディがストローク戦でも打ち勝つようになりましたね~。あのあたりは、レイトン戦やマレー戦で見せてくれた粘りや忍耐を彷彿としました。ハードヒットして鋭いショットでポイントをとる場面も多くみられた。今までだったらあそこでずるずる持っていかれてたように思う。その流れの変化が4セット目をもたらしたのじゃないかな。

ファイナルセットはもう…おなかいっぱい。まさかこんなことになるとは。2人ともサーブよくキープしてたけど、徐々に、ほんとに徐々にだけど、ロジェ君がおしてきてました。アンディのサービスゲームはドキドキ、ロジェ君のサービスゲームはさくさく…。また3セット目あたりのような流れに変わってきてしまっていた。でも長丁場になってロジェ君も決めきれない。やはり疲れも相当あったのだろうなあと思います。アンディは本当によくしのいでいた。
「とにかく、続けるしかなかったよ。つい前のポイントを振り返ってしましいうになるけど、それぞれのポイントはあくまで1ポイントでしかない。そして次から次にやってくる。」

やっぱこういう展開になると、後攻めは辛いですね。ブレイクが即試合終了になってしまう。ずーっとアンディのサーブをブレイクできなくて、最後の最後の、本当の最後に1回ブレイク、それが、6回目の頂点、そして、サンプラスを超えるGS15勝目になりました。今日は乙女すわりじゃなく立ったままわーいでした。
サンプラス久々に見たな…オーラありまくりだ…サンプラスの本去年買ったけど3ページしか読んでない…これから挑戦する…。あと10年くらいしたら、ロジェ君やアンディやらレイトンやらがあそこに座ってのんびり観戦してたりすんのかなー、とか思いました。


今日のアンディは、本当に、すばらしかった。こんなにすばらしいプレーをしても、勝てないなんて。ウィンブルドンのトロフィーが、こんなに遠いものだなんて。こんな試合であと少しで届かなくて、また来年挑戦とか…辛すぎる…でも感動しました。負けたあとのスピーチで勝者を称えるアンディは毅然としていて、かっこよかった。
勝ったときは、誰だっていい人になれる。負けたときこそ、その人の人となりが、試される。今日のアンディは、ある意味もう一人のチャンピオンと、言いたいです。んもう感動しまくりだよおお~ロデヲタ復活したくなったよんもう。
「スコアに関わらずこれはスポーツのイベントだけど、正直にいうとそんなもんじゃない。その瞬間瞬間をなんとか乗り切るしかないんだ、いいサーブを入れて自分のショットを打って」。

ステファンキコーチも、アンディのプレーに心から賛辞を贈っています。
「最後の3セットは、彼の人間性がそのまま出ていたね。僕の心の中ではチャンピオンさ」。

でもやはり、勝者は、1人。今日のロジェ君は、本当に勝者にふさわしかったと思います。アンディがこんなに頑張っても手に入れられないものを6回も手に入れちゃうんだから、本当に今まで、ずいぶん努力して、この15勝を積み重ねてきたのだと、思います。人にいえない苦労も、いっぱいあったのではないでしょうか。スピーチで言ってましたよね、去年僕もこうやって負けたんだよーって。あれ聞いたとき、やっぱ去年の敗北は相当堪えたんだろうなあと思いました。それだけに、今日はアンディがいくらいいプレーをしようと絶対に負けたくない、という強い気持ちがあったのだと、思います。去年と同じ思いは二度と味わいたくない、そんな必死の思いを、感じました。

「テニス人生の中でとにかくできる限り一生懸命やってきた。若いころは後悔することも少しはあったかもしれない。何が重要かはっきりわからない時期を乗り切ることは大切だと思う、だからとにかくいろんなことをやってみるんだ」。
そして、そんなテニス人生の中で10年間愛する人と一緒にいられたことがとてもうれしいと、語っています。記録とかなんとかよりやっぱそれが一番だよねー。そしてもうすぐ2人の愛の結晶がこの世に誕生する。


フェデパパさんも喜んでましたねー。去年優勝したナダル君に贈っていた拍手を、一年経って今度は自分の息子に、送ることができた。本当によかったと、思います。
そして主審のグラフさんもおつかれさまでしたー。グラフさんは22年審判やってきてこれが初のウィンブルドン決勝主審だったそうですねー。いつもグラフさんが試合前の主審紹介のときに、イエ~イ、てやるのを見るのが好きです。今日はまた大変な試合でしたが、グラフさんにとっても、すばらしい1日になりました。

去年の決勝が歴史に残る伝統の一戦と言われるほどすさまじかったわけだけど、わずか一年でそれをさらに上回るこんなすごい熱戦になりました。今年は雨の中断もなく、日も明るくて、より条件のよい戦いになって、よかったと、思います。



2週間の戦いを終えた芝生のコート。明日になれば、選手もメディアもファンもここを去り、静寂が戻る。その荒れ果てて土がむき出しになった様は、戦いの激しさを物語っています。また明日から、整備され、種がまかれ、芽を出し、1年間かけて、あの緑のじゅうたんが、作られていく。その間にはテニス界にはいろんなことがおこるでしょう。でも必ずまたここに、戻ってくる。それだけは変わらない。


今日の一曲 -天気・気象ソング特集-
Here comes the Sun/The Beatles

イギリスが生んだ音楽界の英雄ビートルズ。
マレー君の活躍にわき、ロブソンの健闘が光った。長きにわたり不振だったイギリステニス界にもようやく、日が差してきた。そのうちこのウィンブルドンにもイギリスの英雄が生まれる、そんな可能性を感じさせる今年の大会でした。そしてかつてNo.1を追われた者たちに再度暖かな日ざしが注がれた大会でもありました。
ていうか今年晴れすぎ!おかげで雨ソングが使いにくかったじゃないかー。屋根もあまり活躍できなかったし。来年は雨男のナダルくんが戻ってくるからきっと屋根も雨ソングも活躍することでしょう。











スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
次はハードコートで
>nicoさん

昨日は楽しかったですねー。また今後もよろしくお願いします(^^)
ナダルくんはいつごろ復帰するのでしょうね。もうだいぶよくなったかなあ。カナダに出てくれますかねー。そうなったら大盛り上がりでまた実況しましょうね~。想像したら楽しみで仕方がない(笑)
2009/07/06(月) 22:01:05 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
おつかれさまでした
>あいこさん

こちらこそ、あいこさんのほうにお邪魔させていただいたりもして楽しませてもらいました。でもやっぱりナダルくんがいるときにもっとも~っと語りたかったですねえ。ハードコートシーズンはぜひともラファ談義で盛り上がりたいですね。それまでお互い休養して鋭気を養っておきましょう。
2009/07/06(月) 21:58:02 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
不調でも最強
>ゴランさん

決勝が熱戦になると月曜は一般人にはきついですね~。私はあのあと4時くらいまでここで書いてて4時ごろ寝ました。んで6時半ごろ起きて2人のインタビューチラ見して書き加えたりしてたら7時過ぎてた(汗)
今日は私もしんどかったです。特に午後はきますね…。
ランキング更新が終わったらしばらくテニスのこと考えない日々を送ります(^^)。

たしかに思い返せば、ゴランさんの言うとおり、ロジェ君には意外なフォアのミスが多かったですね。「あえてフォア」の出番が少なかったのも、あえて打つ余裕と自信が今までに比べてちょっとなかったのかもしれませんねー。十分な態勢になられて、「うわぁやられるぅ~」と思わせる場面でも意外に厳しくないボールだったこともよくありました。

解説でも言われてましたが、以前の出たら優勝という絶頂期に比べると、さすがに少しキレや威力が落ちているのかも、しれませんね。アンディの好調と、ロジェ君の不調が合わさったのも、長丁場になった一因ということも考えられますね。
しかしそれを補って余りあるサーブ力と組み立てと精神力でした…不調なときでもこうやって勝つ、てんとにすごいですねー。それだけになおいっそうアンディ残念でなりません。めげずに頑張ってほしい、と願うしかありません。

またこうやってゴランさんといろいろ語れるのは本当にうれしいことです。携帯からご覧になっているとのことで、長くて読みにくいでしょうすいません(^^;)以後努力します…(といつも言っているが実行できてない)。

2009/07/06(月) 21:53:36 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
お疲れ様でした!
さっちさん、2週間ありがとうございました。
ゆっくり休んでまたバリバリ書いて下さいね。楽しみに待っています。
2009/07/06(月) 20:48:15 | URL | nico #gHke2YW6[ 編集]
あれ~?
こんばんは。少し前にコメントしたのですが反映されてないですねー…間違ってキャンセルしたのかもσ(^_^;内容…忘れてしまいましたが(笑)、二週間お疲れ様でございました。毎日の更新を楽しみにしていました(*^_^*)また次のGSまでは負担にならない程度に更新して下さると嬉しいでっす(笑)
2009/07/06(月) 19:22:25 | URL | あいこ #8iCOsRG2[ 編集]
お疲れさまでした。
昨日は3時まで起きてて寝不足で仕事しんどいです。
朝早くからブログの更新までされてて、驚きましたが大丈夫ですか?徹夜ですか?
私もそうですが(笑)、今日はゆっくりされてください。

自分もWOWOW見てたのですが、柳さんばフェデラー万歳的な解説だったので、NHKに変えてしまってました。
あえてフォア、確かに笑いますね。

しかし、昨日のフェデラーはそのフォアが何かおかしかった気がします。
フォアが衰えたとか、アンディのプレーがよかったりとか、外の要因はあると思いますが、本当にフォアが入ってなかったです。
ネットやオーバーが異常に多く、いつもは見たことがない、すごくスピンがかかった緩い球でつないでごまかしていました。
これは怪我?とマスターズのナル戦の再来か?と思っていたのですが、サーブだけは絶好調で結局??のままでした。
去年は本当に打ち合いでいい決勝でしたが、今年はフェデラーの不調で試合が延びた気がしてしまいましたが、そんなことはかいのでしょうか…


2009/07/06(月) 08:40:13 | URL | ゴラン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。