Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング更新 8/10
2009年08月11日 (火) | 編集 |
昨日はせっかく書いてたのにFC2のシステムがおかしくなってしまってアップできませんでした。というわけで一日遅れましたが。

WTA

8/10付

1位 Dinara Safina 9601p
2位 Serena Williams 8628p
3位 Venus Williams 6935p
4位 Elena Dementieva 6591p
5位 Jelena Jankovic 5930p
6位 Svetlana Kuznetsova 5851p
7位 Vera Zvonareva 5400p
8位 Caroline Wozniacki 4750p
9位 Victoria Azarenka 4539p
10位 Nadia Petrova 3290p


女子は先週LAでプレミアの大きな大会がありました。スタンフォードほどじゃないけど、トップ選手、スター選手も多数出場しており、見所もたくさんありました。

先々週プレーがなかったサフィーナがここに登場。当然優勝候補筆頭でしたが、3回戦で中国のジェン・ジーに敗れてしまいました。過去4回の対戦はすべて勝っていたサフィーナですが、内容は結構競っていたようで、今回ついに敗北を喫しました。

サフィーナは過去数ヶ月サーブにずいぶんと苦しんでいたようですが、どうやら左足(膝)を痛めていたみたいです。それであんなダブフォしてたのか…知らなかった…サフィーナ自身は言い訳みたいでいやだからと、怪我のことは黙ってたようです。てか対戦相手にも知られたくないだろうしね。
ドイツのポルシェの大会からウィンブルドンまでの間、大量の鎮痛剤を服用しながらプレーしていたというサフィーナ。左足を曲げると「☆が見える」くらい痛かったそうな。だから力も入らずサーブも威力がなくなる。でも先日のスロベニアの大会から、薬を飲まずにプレーできるようになったとのこと。なので体調は万全だったはずですが…結果がでませんでした。サーブはよかったようですが、他のところに原因があったようです。

9位のアザレンカも登場。マイアミという超ビッグなタイトルを手にして以来GS優勝候補にも名前が挙げられるようになりましたが、あれ以来優勝はあったっけ。今回は、3回戦でシャラポワに不覚をとってしまいました。

そのほか注目

12位 Flavia Pennetta 3190p

先週のLAのビッグな大会で栄冠に輝いたのは、イタリア人の27才ペネッタ。プレミアクラスは初優勝です。なんといっても準決勝のシャラポワ戦勝利が光りましたね。もちろんランキングはペネッタのほうがずいぶん上ではあるけども。決勝戦も、ややナーバスさを見せるストーサーをよそに、とてもすばらしいプレーぶりだったようです。去年もこの大会決勝進出しています。その経験も生きていたのかもしれませんね。
これでランキングも自己最高の12位。長い歴史の中で、イタリア女性選手のトップ10入りはまだ今まで一度もないそうです。過去スキアボーネとファリナエリアが11位までいったそうですが、あと一歩及ばず…そして今度はペネッタが大きく近づいています。日本人だって伊達さんがトップ10の経験があるのにイタリア女子選手がないなんて意外…これはもしペネッタが10位内に入ればすごく歴史的なことですね!ペネッタがんがれ~。なんか応援したくなってきた。

14位 Agnieszka Radwanska 2981p
17位 Samantha Stosur 2562p


ラドバンスカはLAでは姉妹そろって活躍。妹のほうはチブルコワに勝ちましたね。女子は本当に姉妹でプレーする人多いですね。男子は兄がコーチというパターンが多いけど両方出てるって人あんまりいないなあ…ブライアン兄弟がいるか。準々決勝でシルステアに敗れました。

先々週に続いて今週も活躍しましたストーサー。好調を維持して決勝進出。トップに近づくとランキングもなかなか上がりにくくなるものだけど、それでも少しずつ、順位をあげています。
今までWTAツアーで4度決勝進出しいずれも準優勝。そして今回5回目の決勝進出でした…が、今回もまた再び敗れてしまいました…。ストーサーのプレーって、強くて重そうなサーブとネットプレーがとてもかっこいい♪それに筋肉質の中性的ないでたちがまたかっこいい…そしてサングラス姿がまたかっこいい…かっこいいづくめ。サングラス隊ではクレメンとともに二大巨頭の座を不動のものにしている。

しかしそのサーブとネットプレーというアグレッシブなプレースタイルは決勝戦では影をひそめ、ほとんどベースライン後方でプレーさせられていたとのこと。そして常にペネッタのペースで、緊迫した場面になることもあまりなかったそうです。
「とくに必要以上に神経質だったとは思ってない」ストーサー。
「すべてがとてもいい感じでやりたいことが全部うまくいく日もある。今日はでもとくに悪いプレーだったとも思わないけど、ただ彼女(ペネッタ)がすばらしかった」。

6回目の正直が実りますように!

22位 Zheng Jie 1951p

LAでQF入り。ストーサーにQFで敗れました。しかしその前の試合では、トップシードのサフィーナを破る大金星。昨年のWB以来、多少の浮き沈みはありますがコンスタントに上位進出しています。中国ランキングでもNa Liを激しく追いかけています。

サフィーナ戦ではこう話していました。
「サフィーナはビッグサーブを持っているけど動きはそれほどよくないし、フォアよりバックハンドがずっといいショットを打つのもわかっていた。だから私はできるだけサフィーナのフォアにボールを集めることと彼女を走らせることを考えた」。
過去の対戦では苦しめながらも勝てませんでした。その教訓が今回ようやく実りました。

24位 Sorana Cirstea 1896p

LAでベスト4入り。準々決勝では第8シードのラドバンスカ姉に下克上の勝利を挙げました。
今年のRGでベスト8入りを決めてシンデレラガールとなったルーマニアのシルステア。彼女は体格も大きく、とても強いフォアとバックを打つそうですが(まだ見たことない)、どうも若さのあまりどんな状況でもバカ打ちしすぎてしまう傾向にあるようです。
彼女は今コンチータ・マルチネスと組んでいるらしく、マルチネスから、スピンの有効な使い方やポイントの組み立て、フットワークなどを教わっているそうです。これから大きな舞台で実戦を積んでそういうものを身に着けたらすごい選手になりそう。期待の若手選手ですね。

先週の大会では右足を痛めてしまったようで、準決勝では好調ストーサーに敗れました。

49位 Maria Sharapova 1170p[GREATEST GAINER]

いよいよマリアちゃんが復活してきました。はぁようやくトップ50入りかー。先は長い…でも先週は大活躍。元女王の片鱗を見せてくれました。3回戦ではトップ10のアザレンカにフルセットで勝利。そしてSFまですすみ、優勝したペネッタに敗れました。

少しずつ調子がもどってきているみたいだけど、まだサーブの調子がいまいちのようです。QFのラドバンスカ妹戦ではDFを13も出してしまいました。以前はサーブが武器だったのに…。
そしてSFのペネッタ戦ではさらに多い16のDF。エラーはペネッタの倍以上の61も出してしまいました。「第3セットに持ち込めたのにびっくりした」というほどです。勝つチャンスもないではなかったようですが、ものにできませんでした。

昨年の手術以降マリアちゃんは、サーブの振りをよりコンパクトにすべくフォームの改造中とのことです。そういうこともあってまだ調子でないのかな。そして復帰してとくにこの2週間でたくさん試合をしての疲れも不調の一因であると自己分析しています。肩にテーピングしてましたね。

彼女がアメリカにやってきたときの最初のコーチであるLansdorpさんは、あの勝負強いファイターのシャラポワのサーブの不調ぶりが「理解できない」と首をひねるばかり。
「自分のサーブに自信が持てないことが、他のすべてのプレーにダメージを与えている」。

今は苦しい時期だ、がんばっておくれ!




なんか女子に気合入りすぎて男子がかなり手抜きになってしまっています…。

ATP

8/10付

1位 Roger Federer 11060p 
2位 Rafael Nadal 9285p
3位 Angy Murray 8260p
4位 Novak Djokovic 7380p
5位 Andy Roddick 5530p
6位 Juan Martin Del Potro 5155p
7位 Jo-Wilfried Tsonga 3650p
8位 Nikolay Davydenko 3525p
9位 Gilles Simon 3330p
10位 Fernando Gonzalez 3285p



先週はウィンブルドン以降初めてトップ5選手が登場。…ていうかまあアンディのことですが。体調も無事に復調したようで、過去タイトルもあるこのワシントンに出場してきました。
先日のウィンブルドン決勝戦以後、評価が上がったのはいいけれどこの周囲の変わりように本人もやや当惑している感じ。ちょっと前までは終わった人みたいな扱いだったのに今のこの持ち上げっぷりは何?みたいな…。
その5位のアンディと、6位のデルポトロがトップシードの役割を十分果たし、見事ワシントン決勝進出。過去優勝経験もある2人の熱のこもった戦いは、ファイナルタイブレという大熱戦になりましたが、最後デルポがタイブレ8-6と、首の皮一枚でタイトル保持に成功しました。

アンディまたしても惜敗…。先週のワシントンはとても珍しく蒸し暑かったようですね。「いつものワシントンと違う」と語っていた。アンディはナイトゲームが多くて、んで決勝は昼間だったから余計きつく感じて調子狂っちゃったのかもしれません。でもタイブレ8-6だからあんまし関係ないかなあ。まだまだ全米への前哨戦だし、やっぱり勝ちたかったろうし悔しいでしょうが、今週のモントリオールにぶつけてほしいです。

でもデルポトロの力強さというか、たくましさが感じられたのも嬉しい。去年は勢いでどんどん勝っていた印象があるけど、今年はなんかまた別の強さが加わってきてるような気がする。やっぱ全仏の活躍が大きな自信になってるのかなー。あの大会以来ちょっとデルポがお気に入りになりつつある。

ツオンガもワシントン出場。トップ10選手としてすっかり定着したツオンガだけど、今回はIsnerにやられてしまいました。ちょっとドロー運なかったか…。

そしてトップ10に復帰してきたのが、ゴンちゃんことゴンザレス。ワシントンでは強敵ハースを破って準決勝進出。ゴンちゃんは先週の大会はシングルス、ダブルス両方に出場してたみたいですねー。ゴンちゃんは右膝の軽い腱炎を起こしているようでWB以降は地元のチリで休んでたみたいですが、先週はハードスケジュールをこなしました。「練習するよりダブルスをやるほうが楽しいし♪」だそうです。


そのほか注目

30位 Ivo Karlovic 1390p

ワシントンでQF進出。準優勝のアンディに敗れました。そういえばカルロビッチもサングラス隊ですね。カルロビッチは最近ラップソングが話題になってます。クロアチア語で昨年CDデビューしたというあれ…はいでぃはいでぃ~♫
なかなかいい曲(?)。ただ楽しみでやってるだけで引退後ラッパーとして活動する意思はないそうです。次回作はなんとエンターテイナージョコビッチとデュエット予定!楽しみだなあ

40位 Lleyton Hewitt 1145p

レイトンも久しぶりの登場ですねー。40位か…なかなか上がらんなあ。今回はウィンブルドンのときに倒したデルポと再び対戦。今回も惜しいとこだったんだけど今度はデルポに勝利を持ってかれてしまいました。あとちょっと…33位までに入れたら全米でシードもらえるかなあ。(ナルが全米欠場する)

55位 John Isner 924p[GREATEST GAINER]

そして今週のGREATEST GAINERを獲得したのは、地元のアイスナー?イスナー?わからん。Isnerくんです。長身でビッグサーブ、そのサーブ力がフルに発揮されたようです。このワシントンは2年前に初めてATPツアー決勝進出を決めたげんのいい大会、そのときはアンディに敗れました。今年は後一歩で2年前に及びませんでしたが、2回戦ではツォンガを破る金星をあげ、SF入り。そして今回もまたアンディに敗れました…。さすがにビッグサーブだけあってタイブレークをよくしてます。

Dinara Safina plays up win while downplaying past pain(Los Angeles Times)
All the little things add up to big win for Flavia Pennetta(LA Times)
Maria Sharapova can't control her serve(LA Times)
González Wins Singles Match, Loses in Doubles(Washington Post)

今日の一曲
It must be love/Alton McClain & Destiny

70年代ディスコの定番!エモーションズの「best of my love」に曲調がよく似てます。ポストエモーションズを狙って結成されたのかどうかはよくわかりませんが。なんか映画のドリームガールズみたいだなあ。この曲は彼女らの最大のヒット曲、と言われていますね。私はリアルタイムでは当然知りませんでしたが、70年代コンピなどによく入ってるしFMで流れたりもしたので知りました。ん~このリズム感は体がつい動いちゃうなあ~♪

今年のUSオープンシリーズのキャッチフレーズは、"It must be love"。公式サイト(?)には選手が自分のloveなものについていろいろと語っている映像があります。私にとってのit must be loveなものは何かなー。もちろんテニスもだけど、それ以外では、やっぱし音楽であります。
しかし!それ以上にloveなもの、そう我らがラファえ~ルナダル君がいよいよ今週復帰!そしてキム・クライシュテルスも復帰!今週1週間はいろんな意味でビッグな週になりそうですね。しかしこんなときに休暇をとる私はきわめて間が悪い…。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
Re: ランキング更新 8/10
>あいこさん

カルロビッチもなかなかのエンターテイナーですね。新たな一面を見れた気がします。ツアーでの成績もいいし、今キャリアで一番充実しているような気もします。
シャラポワはまだまだ苦難の日々が続きそうですね。一時期の圧倒的な強さが戻ってくるのを見たいです。キムが全米優勝したときの準決勝での熱戦を思い出します。
もうすぐナダル君登場ですね!でも私はそのときパソコンの前にはいない(泣)心の中で応援してます。
2009/08/13(木) 01:12:52 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
はいでぃ、はいでぃ~♪を聴いてから
あの、ひくーい声でのメロディが耳に残ってます~困ってます~(苦笑)
シャラポンも復活してからコート内で華やかな話題が出てきませんが、サーブが復調すれば来シーズンはもっと上にあがってくるでしょうか。キムキムも復活して早々バルトリに勝利したし、これでWTAももっと盛り上がればいいな。
明日はいよいよラファのシングルス戦です!今からドキドキしてまっす。
2009/08/12(水) 10:15:14 | URL | あいこ #8iCOsRG2[ 編集]
Re: ランキング更新 8/10
>mifuaさん

早速おこし下さってありがとうございます!
ナダルくんとキムはよいスタートがきれましたね。特にキムは初戦いきなりバルトリだからしんどいなあ…と思ってたら!ストレート勝利とは。優勝までは難しいかもしれませんが、これは一気に台風の目になりそうですね。
ナダルくんはいよいよ明日がシングルス初戦ですね。最初から手ごわい相手になりそうだけども、モントリオールでいっぱい試合をしてほしいなと思います。
エナンは復帰するつもりはないと、ちょっと前どこかで語ってましたね。でも人の気持ちなんて変わるもんだし、キムが活躍すればムクムクとライバル心が…、てことにならないかなあ~ちょっぴり期待したいです(^^)
2009/08/12(水) 00:00:53 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
Re: ランキング更新 8/10
こんにちは!
今日はグッドニュース!
ナダル君がセカンドコーチ、ロッチと組んでダブルスでジョコビッチ組みに勝利!
水曜日のシングルスに向けていい感じかなv-221
でも、あまり無理しないでほしいですが・・・
キム、クライシュテルスもバルトリに勝利でしたね!
バルトリはこの前ビーナスを破って優勝したばかりなのに・・・
私、キム、エナン好きだったけど、エナンは復帰しないのかな?してほしいな・・・

2009/08/11(火) 22:27:56 | URL | mifua #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。