Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


父子鷹で新たな挑戦
2009年09月04日 (金) | 編集 |
(24)James Blake 6-4 3-6 7-6(6) 6-3 Olivier Rochus

アメリカの夏のハードコートといえば代名詞のような存在だったジェームスブレイク。最近では早期敗退することも多く、なかなか上位進出できず以前の勢いが感じられませんが、今回の全米は、地元ということもあってがんばってます。ここまで順調に勝ち上がり3回戦進出。

ジェームスブレイクというと、ナイキのノースリーブのイメージがとても強いんだけども、いつのまにかウェアがFILAに変わってます。そしてこのほど、FILAの協力のもと、自分のブランドを立ち上げることになりました。

そのブランド名は、「Thomas Reynolds Collection」。

2004年に消化器系の悪性腫瘍で亡くなった彼のお父さんの名前を、つけました。

自分ではなく父の名前を採用した理由について、ジェームス君自身がこういってます。
「いつも自分にちなんだことばかりである必要はないしね。それより父の精神を感じられるものとつながりを持ちたいと思ったのさ」。

ジェームス君は、父からテニスのてほどきを受けました。そしてコートの中だけでなく外でも、父からいろんなことを学びました。肉体は滅びても、我が子の中にしっかりとその魂は生き続けています。それを今回、実際に形として、残そうと、考えました。

テニス選手、とくにトップ選手ともなると自分のブランドを持つ選手も結構います。そのほとんどは、自分の名前や、自分をイメージするものをロゴとして用います。それは当然、その名前こそが商品価値の高いものであるから。その選手にあこがれ、敬愛するファンにとって、当の選手の名前の入ったシャツや靴を身につけることは、何よりの喜びとなる。

なので、ジェームス君のように、自分の名ではなく、父の名前を冠することは非情にリスキーなことであるという見方もあります。しかし関係者は、もっと広い視野でことを考えているようです。

「彼のテニスのキャリアと結びつけて考えるのではなく、彼がテニスを引退した後もこのビジネスが長く広く続くことが目標なのです」。

最近本を執筆、出版したジェームスブレイク。内容は読んでいないので知りませんが、おそらくお父さんについてもたくさん語っているでしょう。ハーバード大の学生だった彼は、引退後大学への復学も考えているようです。テニスプレーヤーとしてだけでなく、ジェームスブレイクという人物そのものをブランドイメージにする。それには父の存在は欠かせない。ていうところかな。このへんはあくまで私の解釈です。

テニス関連グッズだけでなく、ゴルフやフィットネス関連や、そのほか普段の洋服など、テニスを超えた幅広い分野でこのブランドを成功させていきたいと、考えているようです。

先月の27日からいよいよ発売され始めたみたいですね。そしてもちろんジェームス君本人も、このTRブランドのウェアを着て今回の全米を戦っています。

一番の広告塔は、当然自分。このビジネスを成功させる秘訣、それは、いろんな要素はあろうけど、なんといっても、自分が大きな大会で活躍すること。彼にもスタッフにもそれがよくわかっています。

James Blakeという名前はわかりやすくて覚えやすくて華があるし、この名前はブランドとしてつけるにはかなりぴったんこかんかんのような気がするので、もったいないなああーーという気もしないでもないけど、でも、父と息子との、三途の川を超えた絆の強さを、このブランドに感じます。このロゴは、なかなかかっこいいね!FILAはわりと好きなブランドでバッグとか昔よく買ってた。もう少し時間が経ってうちの近所でもこれが発売されたらぜひ見てみたいなあ。
3回戦のときはぜひ、ジェームスブレイクのウェアにご注目を。

往年の名選手もいろいろ自分の名前をブランドにして成功してきました。フレッド・ペリー、クリス・エバート、そして、最も成功したのが、ラコステ、といってよいでしょう。アメリカ版ラコステを目指して、ジェームスブレイク父子の新しい挑戦が、始まりました。




Melanie Oudin 5-7 6-4 6-3 (4)Elena Dementieva
Yaroslava Shvedova 6-3 6-7(4) 7-6(6) (5)Jelena Jankovic


大波乱の日となりました。2試合合わせて…6時間近くかかったかな?6セットの壮絶な戦いの末に、4位と5位が敗れ去りました。
私は最初のデメとウダン(と発音するらしい)の試合を見てましたが、とにかくウダンのショットが伸びがあって、深くて、きわどいところでよく入ってた。失うものはないというUNDERDOGの特権で、思い切って振り切っていたから、かな。デメが特に不調だったとか悪かったとは思わなかった。すごく最高に絶好調でもなかっただろうけど、サーブもDFは少なかったし。

柳さんが解説でちらりと言われていましたが、ライジング気味にボールの上がりばなをたたくデメに対してウダンは、少しボールが上がってくるのを待ってから、打つ。いくら速いコートとはいえ、速いタイミングで攻めるライジングが必ずしも有利とは限らない、というのがよくわかる試合でした。そのウダンのその打つ瞬間の微妙な「ため」がデメのリズムを狂わせ、コースを読ませなかったのだと、思う。デメが逆をつかれて追いかけることすらできないウィナーが幾度も見られた。

ウダンはネットにも果敢に出て、そしてネットプレーもうまかった。ネットプレーヤーという感じではないけど、常に前へ、前へというハードでは大切な攻める姿勢もすばらしかった。そしてやはり、ウダンの気迫がすごく感じられた。挑戦する、ではなく、勝つ、という気持ちがとても伝わってきた。しつこくない程度の気持ちを全面に出したファイトあふれるプレーぶりはとても清々しいものでした。

ヤンコビッチのほうも大変な内容だったみたいですね。カザフスタンのShvedova、最後もタイブレークという厳しい場面をよく勝ちきりました。
ところでヤンコビッチは前日の水曜日におばあちゃんが亡くなったそうです。試合には直接は関係ないことだけど、そういう状況の中で戦うのは精神的にきつかっただろう、とも思います。

Marco Chiudinelli 2-6 7-6(4) 6-4 6-3 Mikhail Youzhny
(23)Philipp Kohlschreiber 6-3 6-4 0-6 6-2 Somdev Devvarman
(14)Tommy Robredo 6-2 4-6 6-2 6-4 Guillermo-Garcia Lopez

Anastasia Rodionova 6-3 3-6 7-5  (23)Sabine Lisicki

速いコートを得意とし、とくにこの全米ではナダルくんにQFで勝ったりと、デンジャラスプレーヤーとして活躍してくれているユーズニーですが、今回は早期敗退となりました。破ったのは、スイスのChiudinelli(発音がわからない)です。

おお私のコール(笑)が勝ち進んでいる。コールシュライバーもスタン君同様4回戦がGS最高なんだよね…なんとかベスト8を、応援したい。次の相手は、難敵ステパネク。うーむ…。

ああG-Loくん負けてしまいました。さすがに実力者のロブレド君が止めましたね。今シーズン好調のG-Loくんだけにここで下克上あるかなーと思ってましたが。ロブレド君はさすがに経験豊富、しっかり勝ち上がってますね。まえどこかの大会でファッションショーに挑戦してるのを見たけど、スーツをぱりっと着こなしてるロブレド君めっちゃかっこよかったな~。

あーリシキ負けちゃったか…前哨戦のころから怪我で欠場とかしてたから心配でしたが、やはり…。この日もファイナルセット5-7とがんばって力つきて、最後は歩けなくなって涙を浮かべて車いすでコートを去っていきました…うううお大事に…。リシキのビッグサーブを見たかったな。次に見せておくれ。



Fila & James Blake Launch Thomas Reynolds(FILA.com)
Blake & Fila Go Where No Brand Has Gone Before(CNBC.com)


今日の一曲
Dance with my father/Luther Vandross

2005年に亡くなったR&B界の宝、ルーサーの晩年の曲です。父に対する思いを歌っています。PVにはいろんな芸能人がお父さんや息子、娘と思われる家族とともに登場しています。聴くたびに、あるいはPVを見るたびに胸がいっぱいになってしまいます。






スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
Re: 父子鷹で新たな挑戦
>mifuaさん

まだ発足したばっかりだけど、本人が活躍すればこのTRブランドもより浸透しますよね。ラコステみたいに、というのはかなり大変な道のりでしょうが、クレバーなジェームスブレイクだけにビジネスのほうもがんばってくれると期待してます。
ドレッドヘア似合ってましたよね~トレードマークでしたですもんね。でも私は今のスキンヘッドも好きですよ♪ちょっと屋台のおいちゃんみたいだけど(^^)

女子はとくにトップハーフがシードダウンが相次いでますね。ボトムハーフが厳しそうです。サフィーナはこのチャンスを今度こそものにできるかな?次はさくっと女王らしく決めてほしいです。
2009/09/05(土) 14:27:20 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
Re: 父子鷹で新たな挑戦
こんばんは!
今日ブレイクの試合を見て、ロゴがフィラじゃないと思いじ~と見てしまいました。
Tと見えてどこのメーカーなのかな?と思っていたら、Tの下のフィラの文字が???なんでFじゃないのだろうと思ってました。なるほど謎が解けました。有難うございます。
頭も顔も運動神経もいいブレイクですが、髪型が・・・残念!
今日の女子は大波乱!デメさん残念でした。
2009/09/05(土) 00:16:50 | URL | mifua #-[ 編集]
Re: 父子鷹で新たな挑戦
>美咲さん

またまたこんばんは~。ボレリは敗れてしまいましたが、アンディは順調ですね!ジョコやハースなど強敵ぞろいの山ですが、地元の声援も味方になりそうですね。

ジェームスブレイクはそういえば前ミネラルウォーターかなんかの宣伝やってましたね…かすかな記憶が…彼はイケメンだし広告塔としてもかなりいけそうですね。今回のTRコレクションも、ロゴや青色のデザインがなかなか素敵です。

リシキは前哨戦から体調がいまいちだったので心配でしたが、不安的中してしまいました。でもリタイアせずに最後まで戦いましたね。彼女のビッグサーブがとても魅力的で好きなので、また全豪で活躍を期待しています。
2009/09/04(金) 23:27:12 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
Re: 父子鷹で新たな挑戦
こちらにもコメントしちゃおう。
ブレイクはデザインなどに興味があるんでしょうね。
昨年のシンシナティでスポンサーのエビアンがフェイシャルスプレーの試供品を配っていたのですが、そのスプレーをよく見たら「デザイン by ジェムズ・ブレイク」と書いてありました。
ブレイクがサーブをしている絵が付いていただけなんですけど…。
彼はテニスをやめてもいろいろな道が開けそうです。

リシキ残念!ドイツ期待の星として次こそ輝いておくれ。
2009/09/04(金) 23:02:00 | URL | 美咲 #n953mqEs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。