Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


男子ファイナリスト!
2009年09月14日 (月) | 編集 |
長かった全米オープンもいよいよ、ついに男子のファイナリスト2人が決定しました。今年の全米はやけに長く感じるなあ(汗)。去年はこの時期ブログさぼってたもんなあ。
その2人を決める準決勝は、どちらもストレート勝ち、その内容はずいぶん違うものになりましたが、いずれも、「完勝」といっていいものでした。

(1)Roger Federer 7-6(3) 7-5 7-5 (4)Novak Djokovic

王者フェデラーロジェ君が6年連続全米決勝進出を決めました!いや~すばらしいですねえ(丸山薫さん風)。そして今年これでGSすべてファイナルに進んだことになります。

ストレート勝ちといっても、内容はすべて12ゲームまでもつれる熱戦でした。ジョコビッチは本当によくがんばったよ…でも、がんばったけど、どうしても超えられない壁が、そこにありました…(涙)。

第1セットから両者ともサーブ好調でこれは私の好きなキープキープタイブレークパターンになるなあと思ってたら。あらっいきなりジョコが先にブレイクアップ。おお…これはジョコ…いけるかも?と思った矢先にすぐブレイクバックされてしまった。
「史上最悪のゲーム」と自分でも言っていたようだけど、ダブルフォルトにストロークのミスが重なった。あれをちゃんとキープできてたら5-2upだったのに…たらればは禁句だってわかってるんだけどつい…。

ジョコはストロークいいショットでフェデラーを攻めていたように思えたんだけども、ロジェ君の緩急つけたバラエティーあふれる技に翻弄されてしまいましたかね。バック攻めしていたけどスライスでうまく深く返されたり、トップスピンで切り返されたり、ロジェ君は相手の攻撃をそらすのもうまかった。そして攻めるとことはどかーん!とフォアハンドがくる。ウィンブルドンのときに比べてまたフォアの調子がさらによくなっているように感じました。

第1セットは互角だったけど、タイブレーク…どこに差があったのかなあ…いつのまにか7-3になっていた…。うーむ。やっぱロジェ君サーブよかったもんなあ。あとは…やっぱ展開力とか、なのかなあ。ようわからんわ。

第2セットに入ると、両者とも0-30とサーブゲーム苦しむ場面がありましたがお互いにいいサーブで切り抜けるあたりは、さすがトップだなあ~と感心しきりでした。こういうのが続くと引き締まったいいゲームになってくる。しかし第12ゲームでついにジョコがまた破られてしまいます。何度もしのいだけど、最後はここぞとばかりに機を見て攻めてくる王者にピンポイント攻撃でやられてしまいました。

第3セットはジョコにチャンスがありました。その前のサービスゲームでブレイクピンチをしのいだあと、今度は15-40と自分にチャンスがやってきた。あれが最後のチャンスでしたかね~。必死で攻めるジョコでしたが、あと1本が、どうしても、でませんでした…。
ジョコは最後まで踏ん張りましたが、最後のゲームは、仕方なかったですね~。ロジェ君の「人生で一番すばらしいショット」が飛び出しちゃあ、もう…。あのまた抜きショットのことばかり書かれているけど、あれはアンディなども過去成功させたことがありますよね、確か。あれがこの全米の準決勝の最後のゲームのマッチポイントにつながる場面でパッシングウィナーになっちゃうってのが、やっぱロジェ君らしい(^^)。

今日はロジェ君がストレート勝ちだけど、決して、圧倒していたわけではないし、内容は熱く盛り上がる緊迫した場面もいっぱいあった。それでも、終わったあと、フェデラーの「完勝」と思えてしまう。
「彼は必要なときにいつもいいサーブを打ってきた。そして必要なときにフォアやバックでよく守ってた。そしてチャンスを生かしていた。そして僕に特別なプレッシャーをかけてきた。ブレイクやセットポイントで前に詰めてきた。そういうところが差になったと思う」。
敗者のジョコの弁でした。

今日はちょっとジョコに運もなかったかねー。審判の誤審や主審の不手際などに気持ちを乱されることがありました。今回準決勝のキムセレナ戦などでまた判定のごたごたがおこってるけど、この試合でもちょっと審判に疑問を感じました。やっぱカルロスラモスさんとかパスカルマリアさんとかラヒアーニさんとかカルロスベルナルデスさんとかラースグラフさんとか…あと誰だっけ…じゃなくっちゃね!。


(6)Juan Martin Del Potro 6-2 6-2 6-2 (3)Rafael Nadal

デルポトロが初のグランドスラム決勝進出を決めました!ソダりん、ウォズニアッキに続く、今年3人めの、GS決勝デビューです。

シードでは下であるにもかかわらず、下馬評では有利と言われていた。私もデルポが勝つ、勝たなくちゃいけないゲームだと思っていた。そしてそのとおりの戦いぶりでした。私はこんなに強くて何もかも有利に思えるデルポがこのグランドスラム準決勝という舞台でナダルくん相手に勝ちびびりしてしまうのではないかと心配でなりませんでしたが…全く杞憂でした。

どのセットも似たような展開だったみたいですね。デルポが序盤と終盤のサンドイッチブレイクでおいしく3セットをいただいてしまいました…(涙)。

サーブも好調、そしてストローク戦でもナダル君のスピンボールを上から叩いて早く攻撃をしかける。ナダル君も途中はいい感じで打ち合う場面もあったようだし、0-30にしたりブレイクチャンスも何度かありましたが、最後の最後を決めきれない。
そしてやはり痛めた腹筋の状態があまりよくなかったようで、特にサーブの際にそれが強く影響してしまったようです。真ん中にしか打てなかったとか。サイドに打つと、体をひねるからもろ腹筋が痛む。デルポトロの攻撃を守るには今日のサーブは難しかったと思います。

「カムバックしてこれたこと自体はハッピーだよ」。去年と同じベスト4という位置に来れたことは、大きな収穫だったに違いありません。腹筋をかなり痛めているようで、デ杯も欠場が決まっています。その状態でここまでプレーできたのだから、すばらしい健闘だと思います。さすがにデルポ相手には難しかったけど、相手が強かったのだから、納得の敗北です。
「デルポトロは今日すごくいいプレーをしていた、僕よりずっとね。彼を祝福したいと思う」。

おなかをゆっくり治しておくれ。

デルポトロは最後のテストを見事合格したことになりました。しかし楽そうなスコアだけど内心はとてもタフだったに違いありません。
「すべてのポイントをすごく集中していたよ。だってラファは偉大なプレイヤーだから。彼は5時間も6時間も走り続けることができる。僕はそんなに強靭じゃないけどベストをつくして、こうして決勝にすすむことができた」。
リードしていても決して安心などできない。むしろ大量リードするほど、逆転される怖さは増すばかりだと思います。それでも、前だけを見て、最後まで集中を切らさず、攻めきった。デルポトロの見事な勝利でした。


というわけで、今年の決勝戦は、フェデラーVSデルポトロ、となりました。実は私はこの2人の決勝進出をドローチャレンジで予想していたので、見事ぴったんこかんかん的中!まあ正直ドローチャレンジはもうどうでもよかったんだけど、こうやって当たるとやっぱ、ちょっとうれしい。さてあとはどっちが勝つかだな…。

今日のロジェ君のプレーはいつも通りすばらしいものだった。ジョコがあんなにがんばってがんばって必死でいいショットを打ち込んでも、セットもとれない。そんなフェデラー相手に…デルポが勝てるんぽ?ついそう思ってしまうけども…。
ロジェ君はこれで3年連続 VS GSデビューの若者、ということになりましたね。そして過去2回はストレートで撃破している…さて2度あることは3度ある、なのか、それとも3度目の正直で若者がフェデラーを撃破するのか。
デルポトロはサーブもいいしフォアもバックも鋭い速いボールを打つし、ハードコートが一番得意そうだし、…いいことを並べてはみたものの…フェデラーにボコられる場面しか思い浮かばない…うっ(泣)それだけは勘弁してくだせえ。

2人の対戦というとやっぱり今年の全仏が記憶に新しい。
「多くのことを学んだよ。もう少しでフェデラーに勝てそうだった。そして最初のグランドスラム準決勝だった。」
「僕にとってはまだすべてのことが学ぶことだし、将来いいプレーヤーになりたい。彼らのようになりたいんだ」。

ロジェ君は、やはりパリとロンドンで大きな記録を達成したことで、より精神的にリラックスできており、それが試合にいい方向に作用していると語っています。やっぱり、サンプラス越えと生涯グランドスラムは、絶対に達成したかったでしょうからね。今回は全米連勝記録でビル・チルデン越えがいわれているけど、それはあまり意識していないようです。
そして、なんといっても記録以上に達成できてロジェ君の精神を助けているものがあります。
「ミルカの妊娠と2人の子供の誕生は、決して簡単なことではなかった。」。
母子ともに健康で今日の日を迎えられたことが、何より彼の気持ちを助けています。

フェデラーが勝てば6年連続優勝、そしてパパになって初めての優勝、デルポトロが勝てば初のグランドスラム優勝、どちらが勝ってもすばらしい優勝になりますね。2人の健闘を楽しみにしています。



Del Potro too much for gimpy Nadal, will play for U.S. open final(AP)

今日の一曲
The Game Is Won/Lucie Silvas

UKの21世紀番キャロル・キングとの呼び声も高く2004年にソロデビューしたシンガーソングライターです。風貌がアイドルっぽいけど、他のアーティストにも多数曲を提供しているなかなかの職人さんのようです。ヨーロッパらしい、メロディアスでアクが強くないポップな爽やかさは日本人受けするのではないかと思うのですが、日本盤CDはどうやら発売されていないようである…。この曲はそのデビューアルバムに入っています。

I shouldn't be afraid
Of what I cant control
Cause whatever's round the corner
I will take it on

Believing in myself cant be wrong
I'm waiting for my time in the sun

(コントロールできないものを 恐れてはいけない
目の前にやってくるものすべてを受け止めるだけだから

自分を信じることが間違っているはずがない
私に光が注がれるときがくるのをじっと待っている)








スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。