Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夢が叶ったグランドスラム初優勝
2009年09月16日 (水) | 編集 |
(6)Juan Martin Del Potro 3-6 7-6(5) 4-6 7-6(4) 6-2 (1)Roger Federer


デルポトロが、王者フェデラーをフルセットの末にやぶり、勝利、そしてグランドスラム初優勝!デルポおめでとう!!!
あと数日で21才になるデルポトロ、自分自身への最高の誕生日プレゼントになりました。
そしてロジェ君はちょっと最後は残念な結果になりましたが、フルセットの戦い本当によくがんばった、そしてジョコ戦すばらしい勝ち上がりだった、準優勝おめでとう!!

私は放送の日の朝は超早出しなくてはならなかったので、最初のセットの半分くらいしか試合見られなくて、…やっぱいつもの虐殺パターンじゃまいか(涙)…とがっくりきて出かけたのですが、どうしても結果が気になってあとで携帯で2ちゃんとかついったーを見たら、…ゆ、ゆ、ゆうしょう?えええ~っあんなに最初ダメだったのに、どうやって逆転できたんだろうか。

第1セットはデルポんほんとにカチコチでしたね~。すごいキンチョーしていたのがわかった。サーブも調子悪そうだった。前の日からすでに緊張しててあんまり眠れなかったらしく、朝ごはんも入らなかったとか。たしかになんか食べておなかこわしたら大変だもんね。一方ロジェ君はもう6回目だから慣れたもんで、いつものごとくリラックスしてスマートにプレーを続けていく。サーブがいまひとつだったらしいけど、その他はジョコ戦同様好調だったようです。あの下がりながらのパッシングショットはすごかったなあ…だみだこりゃ、といかりや長介状態だったんですが。

第2セットはどうやってセットがとれたんだろうか。
「フェデラーのサービスをブレイクバックできてから、自分のゲームを信じられるようになった」。
ひとつのポイントでのきわどいボールの判定が、流れを変えたようですね。ロジェ君のサービス・フォー・ザ・マッチだった5-4で30-30でのデルポの打ったショット、判定アウトに対してデルポがチャレンジしこれが見事成功。フェデラーはその判定が今ひとつ納得いかなかったようで、これがこのセット最後まで響いてしまったようです。結局そのゲームをブレイクされてしまい、タイブレークでも5-5からもっていかれました。

「最初の2セットは僕が優位に立っていたと思う。チャンスをあんなに逃してしまってはいけなかった」。
とれていたはず第2セットをを失ったのは、ややアンラッキーもありましたが、デルポトロのすばらしいカムバックにもよるものでした。

そうして第2セット追いついてタイブレークをとって次の第3セット、だんだんデルポの動きやショットの調子も戻ってきて、逆にロジェ君のほうがプレーに精彩を欠くようになったとのこと。しかし調子づいてきたデルポに落とし穴が待っていた…。第10ゲームというセット終盤の大事なとこで、痛恨の2連続ダブルフォルト。ありゃりゃ。
これは全仏準決勝でもありました。あのときはファイナルセットだった。んで結局そのサービスゲームとセットを一緒にロジェ君においしく持っていかれてしまいました。

「第2セットとれたときは、このままのプレーを続けていけば勝てるかも、と思えたのに、3セット目をとられてからは、ああやっぱりだめかと思ってしまった。」
あきらめかけていた彼を救ったのは、会場のお客さんでした。

会場のお客さんは、2人にともに暖かい声援を送っていたようでしたが、ややデルポトロのほうに声援が多かったみたいです。ま、リードされていたからというのもあるでしょうが。以前パリではフェデラーへの大声援をうらやましく感じた。そして今はこの全米のセンターコートで、自分自身がたくさんの声援をもらえるようになった…これでデルポトロが奮起しないはずはありません。

第4セット以降は断然デルポのプレーがよくなったみたいですね。一気にギアが上がったようだ。サーブも調子よく入るようになり、ショットも、動きも、第1セットよりはるかによかったそうです。そうなのか…あのときのダメポんじゃなくなったのねん。私はだめぽんのとこしか見ていない…。
ロジェ君も必死でデルポの攻撃と戦って、第4セットはまたもやタイブレーク。ロジェ君としては当然、この第4セットで決めたかったでしょうが、チリッチ戦のとき同様、起きてしまったデルポ龍を止めるのは、いくらロジェ君でも難しかったようです…。ファイナルセットはロジェ君がサーブも不調で動きやショットも鈍かったこともあり、デルポが2ブレイク成功し、最後もロジェ君のサービスをブレイクして、試合終了となりました。

しかしすごい試合をやったもんだなあ…。いろんなドラマや勝負の微妙なあやがあって、…よく勝てたのうデルポよ…。これは見るのはきつかっただろうな…。
録画してあるから試合自体はこれから1週間くらいかけて(笑)じっくり見るつもりですが。生で最後まで見れなかったのは残念だけど、まあこんなの見せられたらストレスで発狂してたかもしんないから、健康には…よかったのかな…(しかし夜中のテニス観戦自体がすでに不健康)。


↓つづく






ロジェ君はさすがに試合後悔しそうな表情でした。(表彰式のとこだけ早送りして見た)。昨日のジョコの敗戦とは違う。勝てていたはずの試合を、おとしてしまった。失意のロジェ君でしたが,全米オープンの、他のグランドスラムにはないあるものに、やや救われたみたいです。
「音楽がずっと流れていたからね。オーストラリアやウィンブルドンでは、(決勝で負けた)試合のあととても静かで、いろんな感情がうずまいてきた。でもここには音楽があったから、試合のことより音楽に心を委ねていられた。それはよかったかことかな。」。

音楽は、現実の厳しさにささくれだった人の心をやさしくなでて、癒してくれる。

「4連覇も、5連覇もすばらしいものだった。6連覇するのも夢だった。でもそれを全部自分のものにはできないよね。この夏はとてもいいシーズンだった。他の大会ですばらしい結果を出せたから、今日はそんなに落ち込んではいないよ。勝つチャンスもあったけど、ものにできなかった。ちょっとついてなかったかな」。

試合の中だけじゃなく、日程などでもロジェ君にちょっと運がなかったかもしれません。雨で終盤日程がたてこんで、準決勝と決勝が連戦になった。(最初の予定から連戦だったっけ?わからぬ)そしてトップハーフだったため準決勝が第二試合になった。ジョコ戦はストレート勝ちとはいえ内容は激しく、身体的にも精神的にも消耗は大きかったと思います。その準決勝からこの日の決勝まで、24時間もありませんでした。一方のデルポは先に試合を終えていたし、準決勝は比較的消耗せずに終了できていました。

私は試合をあまり(というかまだほとんど)見てないのですが、いろいろなところの話を総合すると、サーブが絶不調、第1セットは展開力と組み立てとデルポトロの不調で順調にとれたけど、後半になるにつれて相手が調子を取り戻してそのパワーとスピードにおされて自分の調子がくるってしまった、というところなのかな(柳さんの話そのまんまだ)。でもそれでも第4セットは勝利まであと数ポイントだったのだから、やはりすばらしい健闘だったと、いっていいと思います。

そしてその偉大な王者をこのグランドスラムの決勝で破ったデルポトロは、本当に、すばらしい!いやー実際優勝しちゃうなんて。実際ドローを見たとき、大会前から今回はデルポがくるんじゃないかなあという予感はあった。だからドローチャレンジで決勝進出予想したわけだけど、さすがに優勝というのは予想しづらかったので優勝はフェデラーにしてしまいましたが。最後は外れたけど、でも外れてもやっぱデルポの優勝は、個人的にもとってもうれしいです。

「(優勝が決まった瞬間)コートに倒れこんだとき、いろんなことを考えてた。家族や友達のこととか、いろいろさ。どう説明したらいいのかわかんないよ。だってこれは僕の夢だったから。」
「今はまだ説明できないかな。明日にになったら、来週になったら、わかるかもしれないけど。今はまだ何も理解できてないんだ」。
大会期間中も、ここは一番好きなグランドスラム、ここで勝つのが夢なんだと、ずっと言っていた。夢が現実になった瞬間は、誰でもこんなものなのかもね。いつもの記者会見では穴から出てきたモグラみたいにむにゃむにゃしゃべってる朴訥な感じのデルポトロが、さすがに表彰スピーチでは興奮して声が上ずっていたのが、とても印象的でした。

準々決勝までセンターコートでプレーすることすら叶わなかった。フェデラー、マレー、ジョコビッチ、そしてナダル、ロディック、きらびやかなスターの名前がメディアの紙面を飾っていた影に隠れていたデルポトロという名前が、今は一心にスポットライトを浴びている。これで地味ー軍団は卒業できるかな。

私はロジェ君の6連覇とビル・チルデン越えも応援していたけど、やっぱデルポトロの初優勝のほうを応援してしまいました。グランドスラムを優勝するということがいかに難しいことか。近くて、遠い、グランドスラム優勝、それを今年は本当にいろいろな場面で感じました。
それを15回もやっている人がこういっています。
「常にたいへんな努力をしてこそ、初めてのグランドスラムタイトルを手にすることができる。彼に本当に脱帽するよ。だって簡単なことじゃないから、特に僕みたいに経験のある相手に対してはね」。

初めてのグランドスラム制覇にあと少しで涙を飲んだ選手たちの姿は今も目に焼きついて離れません。それだけに、そのグランドスラム初優勝が達成されるのを、最後に見たかった。涙まみれになりながら、人生で初めてのグランドスラム優勝カップを天に高々と持ち上げる。今年最後のグランドスラムの最終日に、それを見ることができて、よかったです。デルポトロありがとう。


Del Potro shocks Federer in U.S.open final for first Grand Slam title(SI.com)

今日の一曲
These Arms of Mine/Otis Redding

アメリカの公民権運動が高まっていた60年代、黒人の魂を象徴する「ソウル」という音楽ジャンルが確立されつつあった時期に、オーティス・レディングは20才そこそこでこの曲をつくり、全米にその名前をとどろかせていきました。レイ・チャールズやサム・クックと並び証されるほどの優れたアーティストでした。飛行機事故で26年という短い生涯を終えましたが、彼の残した魂は、半世紀近く経った今でも私たちの心をとらえて離しません。




ひとつの大会で優勝し、カップを高々と掲げるときというのは、どんな気持ちなんだろうか。苦しい練習にも厳しい試合にも辛い敗北にも耐えて頑張り続けるのは、ひとえにこの瞬間を夢見ているからこそ。だからこそ、それを手にした瞬間は、言葉では言い表せないいろいろな感情があるのでしょうね。


These arms of mine, they are lonely,
Lonely and feeling blue.
These arms of mine, they are yearning,
Yearning from wanting you.
And if you would let them hold you,
Oh how grateful I will be.

These arms of mine, they are burning,
Burning from wanting you.
These arms of mine, they are wanting,
Wanting to hold you.
And if you would let them hold you,
Oh how grateful I will be.


(この僕の両手は、恋しがっている
淋しくて、ブルーな気分になってるんだ
この僕の両手は、恋焦がれている
君が欲しくて
もし君をこの腕に抱かせてもらえたら
どんなにすばらしいものだろう

この僕の両手は 燃えている 君が欲しくて
この僕の両手は 君を抱きたくて たまらないんだ
もし君をこの腕に抱かせてもらえたら
どんなにすばらしいものだろう)





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
Re: 夢が叶ったグランドスラム初優勝
>あいこさん

こんばんは~。体調は回復されたでしょうか。ブログ更新されてたからよくなったのかな?と少し安心してますが。大会期間中は自分のブログ書きで忙しくてなかなかあいこさんのところにもいけませんでした。そのうちすぐにまたおじゃましますね~。
キムの活躍は予想してましたがさすがに優勝までは予想できませんでした。セレナはともかくデメちゃんが早く負けてしまったのが…(涙)デメとキムの対戦を見たかったなーと思います。全豪ではぜひ対戦してほしいです。

ナダルくんの腹筋は15mmほど裂けていたということで、そんなに悪かったのか!びっくりしました。ロンドンの最終戦までに治りますかねえ…去年も欠場してその前も一度欠場しているから、今年は絶対出場してほしいと切に願ってますが…。
ドローチャレンジはフェデラーデルポの決勝進出を当てたのが効いたのか最後にジャンプアップ(?)して6000位くらいで終了できました(^^)。まあフェデラーはみんな予想してたろうけどデルポを予想した人って意外と少なかったんだろうなあと思います。いろんな意味でデルポありがとうv-411

2009/09/16(水) 22:30:13 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
Re: 夢が叶ったグランドスラム初優勝
>mifuaさん

こんばんは!私も、大会期間中は夜中見るのがきつくて早く終わんないかなあとか思ったこともありましたが、実際終わってしまうと淋しい…早く全豪こないかなあと今は思ってます(←完全に中毒)
ナダル君のストレート負けが衝撃的にいろいろなところで書かれてますが、全然びっくりしませんでした。むしろあんなに腹筋を痛めていてよくあんなにプレーできたなあと感心したくらいです。ベスト4に入ったことのほうが私にとっては衝撃でした…。やっと膝の心配をしなくてよくなったら今度はおなか、ナダルくんとナダルファンの試練はいつまで続くのでしょうか…。とにかく怪我を治して今季の最終戦には絶対出場して欲しいです!
そしてデルポにはぜひ残りのマスターズ1000とか最終戦で優勝して4位以内に入って、ナダルくんと全豪でQFで当たる心配をナダルファンにさせないで欲しいです…。
2009/09/16(水) 22:22:23 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
Re: 夢が叶ったグランドスラム初優勝
>ゴランさん

こんばんは~。お言葉ありがとうございます(^^)
今年のグランドスラム男子決勝は熱戦が多かったですね。それだけ、王者フェデラーと他の選手の差が縮まっているのかな、と思いました。しかし不調でもこれまではなんとか勝機を見つけて勝っていたロジェ君相手に劣勢から挽回してフルセットで勝ってGS初優勝っていう内容が、本当にすばらしいの一言です。これで相当な自信をつけてますますデルポトロは強くなるでしょうね。一発屋で終わることもなく来年以降も同じように活躍して優勝を重ねていくんだろうなと予感させるすばらしい優勝でした。

久保田さんのあれは、「決勝初出場」といいたかったのを単に言い間違えただけだと思います。でもアナウンサーとして言い間違いを連呼してて気付かないというのも情けないですが(笑)
ちなみにデルポトロの全米の成績は2006年本戦初出場初戦敗退→07 3回戦→08 QF→09 優勝 成長速度の右肩上がり具合がすさまじいi-237
2009/09/16(水) 22:12:13 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
全米OP中更新お疲れ様です(*^_^*)
こんばんは。終わってしまいましたねぇ…この大会は何故か長く感じていましたが、終わってみればやはり寂しいです。男女共予想しなかった二人でしたが、良い意味で裏切られました。これからの活躍も今まで以上に楽しみです♪ラファの検査結果は…怖いですが、とりあえず出るまで静観します。フェデラーも6連覇こそ逃したけれど、5連覇も相当素晴らしい記録ですよね。全選手の皆さん、ありがとう!です。※ドローチャレンジ、結局5ケタで終わりまちた…(・_・、
2009/09/16(水) 21:55:25 | URL | あいこ #8iCOsRG2[ 編集]
Re: 夢が叶ったグランドスラム初優勝
さっちさんこんにちは!
全米終わりましたね~気が抜けたような、寂しいようなかんじです。
女子はキム優勝おめでとうv-20女子で唯一のマイプレイヤーで今回唯一遺影にならなかった選手でした。
男子はデルポ、おめでとう!本当に強くなりましたね!ロジャーですら勝てないんだから、腹筋痛めたラファではポコられて当然でした。デルポ本当はすごいタフドローだったのですよね~
マレー、ラファの故障がなくても勝てていたようにも思いますが、体力はかなりすり減らされてたはずだから・・・ラッキーもありましたね。
これで自信もつきました。これからのドローは誰がデルポを引くかによってトップ4はドキドキですね!
ラファですが、今年の生涯グランドスラムはお預けとなりました。また来年がんばってほしい!まずは腹筋早く治して元気にツアーに戻ってきてね。
2009/09/16(水) 19:17:50 | URL | mifua #-[ 編集]
更新お疲れさまでした。
本当に予期しない幕切れでしたね。デルポは本当にすごかったですね。
攻撃的なディフェンスプレーでしたね。強いサーブと体に似つかわしくない堅い守り。ナダルのようにスピンではなく、強いフラットで深く我慢強く返してましたね。
ところでWOWOWで何度もグランドスラム初出場初優勝と連呼されてましたが、違いますよね?ずっと気になってました。

2009/09/16(水) 11:49:30 | URL | ゴラン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。