Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アジアシリーズ終了・ランキング更新
2009年10月19日 (月) | 編集 |
最近ランキング話ばっか。まともな記事書いてない…orz。杉山さんの特集を書こうとしてるけどなかなか完成しないし(汗)。このごろややtwitterにはまりすぎてるきらいがあるので、今後は少しtwitterは控えめにしてブログのほうを充実させていかなければと思ってるですが~。

WTA

10/19付

1位 Serena Williams 7945p
2位 Dinara Safina 7940p
3位 Svetlana Kuznetsova 5981p
4位 Venus Williams 5896p
5位 Elena Dementieva 5875p
6位 Caroline Wozniacki 5575p
7位 Vera Zvonareva 4810p
8位 Victoria Azarenka 4451p
9位 Jelena Jankovic 3965p
10位 Agniezska Radwanska 3720p


今週は上位陣はほぼ変動なし。3位と4位が入れ替わりました。
トップ10では6位のウォズニアッキと10位のラドバンスカが登場。ウォズニアッキは前年まで東京でジャパンオープンとして行われていた大阪の大会、ディフェンディングチャンピオンとして登場しましたが、準決勝で、初優勝に燃えるストーサーに敗れました。序盤の圧倒的な劣勢をよく跳ね返しフルセットに持ち込みましたが、さすがに最初のビハインドが大きすぎたか。
ラドバンスカは先週Linzの大会に出場し、こちらも準決勝で敗退。アジアシリーズは東京、北京と好成績を上げていたラドバンスカ、今回もベスト4とすばらしい成績ですが大会規模を考えると優勝が期待されていただけにちょっと残念な印象もありますが。このところ好調で連戦が続いて疲れが出てしまったようです。
彼女はドーハ出場争いをしてますね。ヤンコビッチとズボナレワがやや有利でラドバンスカはちと状況厳しいけどまだ可能性ゼロではないらしいです。さて女子の最終戦最後の椅子を獲得するのは誰かな~。


そのほか注目

12位 Flavia Pennetta 3160p

リンツ大会トップシードとして臨みましたが、準決勝で敗退、こちらもベスト4で終了しました。今年は念願のプレミア優勝も果たし、イタリア女性選手初のトップ10という快挙も達成、充実したシーズンになっているペンネッタですが、この大会SFで敗れたことで、ドーハ行きへの道が断たれてしまいました。しかしまだ9番目になる可能性はあるとのことで、補欠入りのチャンスは残されています。ていうかぜひトップ10で今シーズン終了したいところですね。

13位 Samantha Stosur 2945p

今週は大阪でWTAツアーが行われました。そして、ストーサーが、ついにシングルスでWTAツアー優勝を果たしました!おめでとう!!!
これまで5回決勝進出していずれも敗退。今回6回目の正直が実りました。いやーこれはめでたい。この初タイトルが日本でというのがまたうれしい。ダブルスでは世界1位にもなりグランドスラムをはじめたくさんタイトルをもっているストーサーがシングルスに力を入れるようになったのが数年前くらいだったかなあ。最初はなかなか結果がでず、そのうち髄膜炎で戦線離脱など苦しんだ時期を経て、今年その努力が実ってシングルスで大きな結果を次々に出すようになりました。

準決勝のウォズニアッキ戦が大きかったですね。最初8ゲーム連取したのにそのあと追い上げられてセットオールになって…チキンハートと言われ続けてきたストーサー、ああ今回もだめなのか…しかし踏ん張りました。
「自分自身に言い聞かせた。パニックにならならにように、第1セットやってきたのと同じようにやる、積極性を忘れないように。」
彼女は、自分自身に勝ちました。

決勝戦も第1セットは緊迫した展開でもつれましたが、最後の12ゲーム目で価値あるブレイクをあげて、第2セットも振り返りませんでした。

「これは私自身にとってのひとつの目標だった、達成できてとてもうれしい。シングルスのシーズンの終わり方としては完璧よね」。
次の目標は、シングルストップ10入りです。

20位 Yanina Wickmayer 2230p [GREATEST GAINER][HOT SHOT]

一方Linzの大会ではベルギーの19才ウィックマイヤーが優勝。2つめのWTAタイトル獲得です。そしてこの優勝で初のトップ20入りを決めました。
彼女にとっても今年は大きな実りのシーズンとなっています。先のエストリルでツアー初優勝を決め、全米でGS初ベスト4入り。この大会でも準決勝で11位のペンネッタに下克上勝利。いままでの最高が18位のラザノでしたが、それを更新する金星となりました。
決勝戦では全米でも熱戦をやったクビトバに今度はストレートで勝利。ウィックマイヤーのアグレッシブなプレースタイルはハードコートで生きそうですね。これからも楽しみです。

24位 Francesca Schiavone 1935p
54位 Petra Kvitova 1225p
58位 Sania Mirza 1119p


スキアボーネは大阪の大会で準優勝。スキアボーネも決勝でなかなか勝てず今回を含めると決勝戦は1勝10敗。うーむ…スキアボーネはエナンをよく苦しめてたイメージがある。実際勝ったりもしてたしね。
そんなスキアボーネは期間中大阪の街を大いに楽しんだようです。カラオケに行ったり食事したり。たこやきとか食べたかな。地元の人もとってもniceだったわ、とうれしいことを言ってくれています。もうちょっと時期が早かったらあの大きなひよこちゃん見れたのになあ。

KvitovaはLinz決勝で同い年のウィックマイヤーに敗退。全米のときは大熱戦でどっちが勝ってもおかしくないところをウィックマイヤーにもってかれて今回も優勝をもってかれて、ランキングでもやや差がついてしまったかな。ほんのちょっと何かが違えば2人の立場が逆になっていてもおかしくなかったように思います。でもま、まだ19才だし、まだまだこれから挽回のチャンスはありますよね。

ミルザが久々に上位進出。芝の大会以来のベスト4入りです。大阪の大会でスキアボーネに準決勝で敗れました。
ところでミルザはこのほど婚約を発表しましたね。テニス関係ではなく一般のビジネスマンらしいです。お幸せに~。

415位 森上 亜希子 86p

大阪生まれの29才森上さん、現役最後のWTA大会を地元の大阪でしめくくりました。1回戦勝利し、2回戦でストーサーに破れ、森上さんの現役が終わりました。
長く膝の怪我に苦しんで闘ってきましたが、もはやこれまでのような激しいプレーができないと判断し、ラケットをおく決断をしました。

シングルスとダブルスでWTAツアータイトルを1つずつ獲りました。そして2006年には怪我がらみではありましたが当時エナンを脅かしかねない存在だったペトロワに1回戦で勝利。なんといっても忘れられないのは2年前のウィンブルドン、ビーナスとの3回戦。ファイナルセット7-5で惜しくも敗れましたが、私たちに夢をみさせてくれました。
「あの試合に勝ってたら人生変わってたかもしれないけど、でもそうならなかったね。(中略)ウィンブルドンのセンターコートはどの選手にとっても夢の舞台でその夢が実現できた」。
そしてフェドカップでは長く日本の主力として活躍。杉山さんに続く引退は寂しい限りですが、ゆっくり休んでください。
と書いたけども、実はまだ大会が残ってます。このあと日本選手権に出場、そのあと引退する予定となっています。


ATP

10/19付

1位 Roger Federer 10805p
2位 Rafael Nadal 9095p
3位 Novak Djokovic 7950p
4位 Andy Murray 7390p
5位 Juan Martin Del Potro 6315p
6位 Nikolay Davydenko 3710p
7位 Andy Roddick 4690p
8位 Jo-Wilfried Tsonga 4040p
9位 Fernando Verdasco 3400p
10位 Robin Soderling 3235p
[HOT SHOT]

男子のほうは、アジアシリーズの大トリ、マスターズ1000上海大会が行われました。ロジェ君とマレー君以外はおおむね出場しましたが、結果は明暗分かれました。
北京からの連戦となったナダル君とジョコは連戦の疲れも見せず元気に勝利を重ね、ジョコはベスト4入り、ナダル君は準優勝。ジョコはなかなかマスターズのタイトルがとれませんね今年。しかしツアータイトル3つとそれ以外でも安定した成績により、マレー君をまた抜き返して3位浮上です。
ナダル君のほうは、最近ようやく怪我のことをあまり言われなくなってきた…かな?しかし決勝戦は彼なりに精一杯力を出せたとは思いますが、内容はほぼ完敗でした。

デルポとアンディ、ベルちんは暗のほうになってしまいました。先週の大会は怪我でリタイア続出だったけども、デルポもアンディも途中リタイア。深刻な怪我ではなさそうだけど最終戦前に大事をとって、ということかもしれません。たしかにロンドンが控えてるし、出場も決まってるから(アンディはまだだけどまあポイント的にかなり有利)無理しないでゆっくり調整していってほしい。

そして、この上海マスターズの初代チャンピオンとなったのは、ニコライ・ダビデンコ、ニコちゃん3号です!!おめでとう~!!!
決勝戦は録画しといたのをみました。ニコちゃんのプレーぶり、すばらしかった。ジョコ戦もすごかったけど、決勝戦はストロークの鋭さとキレにより磨きがかかっていた。深さとアングルショットでの揺さぶりも効果的だったし、そしてベースラインの後ろぎみにいたナダル君と対照的に、常に前へ前へという感じでほとんど攻めていた。短くなったボールをノーバンでスイングボレーみたいにして打つ場面もよくみられましたね。攻めの鋭さ、早さ、ショットの正確さと美しさ、いや~見とれちゃいました。やはりハードコートは攻めてなんぼという典型的な試合だったように思います。

ナダル君の粘りもすごかった。でもやっぱこのサーフェスでは守る、拾うだけじゃだめなんだと感じた。一時は流れがナダル君にいきかけたけど、攻めの姿勢を貫いて栄冠を勝ち取ったニコちゃんには溜飲が下がる思いすらしました。ナダル君の堅い守りにくじけそうになりながらも最後まで攻めきった。最後マッチポイントでのチャレンジの結果を待つときのニコちゃんの表情はしばらく忘れられない。

ニコちゃんは決勝戦が18勝5敗とかなりすばらしいのだけど、これは彼のプレースタイルを考えるとうなずけるものだと思う。試合が練習みたいなもんだとたくさんの大会に出場するから、1コケも割と多い代わりに勝ちだすとずっと勝ち続ける。今年のハンブルグとウマグ2週連続優勝もそんな感じだったし。ニコちゃんは、休みがあるとかえって調子がくるってしまうタイプなんじゃなかろうか。ジョコ戦が熱戦になって体力面も心配されたけど、逆に準決勝までのリズムや流れをそのまま決勝につなげました。

そして上海でベスト8に入ったソダりんが、ついにトップ10入り~!!人生初のトップ10です。これはまたうれしいことだねえ。そしてめでたくこうやってランキングコーナーレギュラー獲得となりました。最終戦出場争いもまだまだ続くけど、さらに上をめざしてがんばっておくれ。


そのほか注目

28位 Ivan Ljubicic 1230p

ルビチッチは選手会長をやめてデ杯も卒業して自分自身のプレーに専念できるようになって、少し調子を取り戻しつつあるように感じる。今年これで3回目のマスターズ1000ベスト8入りです。準々決勝では第1セット先取しましたが残念ながら怪我で途中リタイアとなってしまいました。

34位 Feliciano Lopez 1114p

ロペス君はQFでソダりんをストレートで破る下克上勝利で、キャリア初のマスターズシリーズベスト4入り。その準決勝はこちらも残念ながら足首の怪我で途中リタイア。なんでもその日の朝から右足にばい菌が入ってしまったかなにかで痛みが少しあり、それをかばおうとして試合中へんな動きをして足首をひねってしまったとか。泣き面に蜂となってしまいました。治療してるときすごく痛そうで見てても辛かったです。お大事に。

75位 Rainer Shuettler 650p [GREATEST GAINER]

今週一番のアップ率だったのは、ドイツのシュトラー。上海は予選からの参加でしたが、4連勝でベスト16入り。3回戦でジョコビッチに敗れています。

というわけで今年度のアジアシリーズも終了。最近またツアースケジュールの過密さが問題視されてるけども、全米後の終盤疲れのたまった時期に行われるこのアジアシリーズでは上位選手の欠場や大会期間中の故障が目立つものとなりました。どうしてもヨーロッパやアメリカ中心の今のテニス界ではアジアは場末になってしまうのは仕方ないのかな。アジアの選手がグランドスラム優勝にからんでくるようになると、少し変わってきたりもするのかもしれませんが。でも日本も中国も他の国もいい大会になっていたように思います。来年も、みなさんぜひアジアに来てください。さて今週からは舞台は再びヨーロッパに戻ります。



今日の1曲
When the Heartache Ends/Rob Thomas





現在全米ツアー中のロブたん。この曲は最近のではなく大大大ヒットしたあのソロデビューアルバムの中のものです。なのでビデオに出てくる彼もまだまだ若くてカコイイ。最近のロブたんはさすがに不惑間近でややおっさん化してきてるけどそれはそれでまた渋くてカコイイんだよね。今も昔も大好き♪

6度目の挑戦でついにシングルスタイトル獲得したストーサー。あと一歩のところで敗れては味わってきた辛い心の痛みからやっと解放されるときがきました。よかったよかった。
そして長きにわたる怪我の痛みとの戦いに終わりを告げた森上さん、おつかれさまでした。

It's never easy and you never know 
What leaves you crying
And what makes you whole

But it's alright 
Why don't you tell me again
How you'll still be there
When the heartache ends

(決して簡単なことじゃないしどうなるかもわからない
何に泣くことになるのかも
そして何が君を満たすのかも

でも大丈夫 僕にもう一度言ってくれ
まだそこにいてくれると
その心の痛みが止んだときに)  
lyrics by Rob Thomas


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます!
確かにひよこですね(笑)
アヒルには見えません。
お返事ありがとうございます。
大阪出身なのに知りませんでした・・・

2009/10/25(日) 21:31:37 | URL | ゴラン #-[ 編集]
ひよこではなくあひるでした
>ゴランさん

HPオープンの会場や宿泊ホテルから八軒家浜が近くていける距離なのかどうかはわかりませんが、少し前に水都大阪があっていたときにそこの会場近くに大きなひよこが浮かんでたようです。…あれはヒヨコじゃなくてアヒルだったんですね!(←検索した)失礼しました(笑) 下のサイトに画像がたくさんあります。私は結局見にいけませんでした~ 

http://www.geocities.jp/hetgallery/rubber-duck-project2009-suitoosaka.html

ニコちゃんは結果がいいときと悪いときの差があるから予想がしづらいですね。でも連戦になるほうが調子でてくるみたいで本人もあまり休むのは好きじゃないと以前言っていたように思います。
2009/10/22(木) 01:25:55 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
いつも楽しく読ませてもらっています。
「もうちょっと時期が早かったらあの大きなひよこちゃん」ってなんですか?
大阪人としてそのことが気になって夜も眠れません(笑)
いつもながらテニスと関係ないことですいません。
ダビデンコの決勝の勝率は本当にびっくりしました。そんなイメージが全くなかったです。
それでは失礼します。
2009/10/21(水) 23:52:08 | URL | ゴラン #-[ 編集]
ラファどんまい&森上さんおつかれさま
>あいこさん

こんにちは~。森上さんとビーナスのあの試合はほんとうに惜しかったですね森上さん。ビーナスあのあと優勝したからなんだか余計に悔しくて(笑) 金星はならなかったけど、記憶に残る名勝負を見せてくれてありがとうと言いたいです。怪我でいつもテーピングしている印象がありましたから、苦しかっただろうなあと思います。

ナダル君は怪我を感じさせないいつもの粘りある走り回る元気なテニスが戻ってきていると思いました。でもサーフェスのせいなのかどうか、今年初旬の絶好調のころのバックハンドの鋭さや強いサーブはまだあまり感じませんでした。フォアは戻ってると思いますが…。今回はとにかく神様仏様デンコ様というくらいニコちゃんの攻めのショットがすごすぎだったので、悔しそうでしたが納得はしてるのではないでしょうか。
シャラポワ同様、存在そのものが相手にプレッシャーとなるあの独特の威圧感が薄れて対戦相手に脅威をあまり与えられなくなってるような気も…でもまたこの敗戦を生かして進化してくれそうだし来年もクレーになれば立場は逆転すると、思ってます。
2009/10/20(火) 21:42:15 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
2007年WBは印象深い大会です。
さっちさん、こんにちは~^ ^
森上さんの2007WB ヴィーナス戦は覚えています。あの大会、ヴィーナスが唯一負けそうだった試合でしたから!フェデナダルの決勝戦もとても印象に残っていますが(この試合でナダルを応援し始めたので)、この森上ヴィーナス戦も忘れられない戦いです。ウェアも可愛かった♪日本選手権を最後に引退・・・お疲れ様でございました。
ラファの上海の試合は殆ど観ていない(動画もインタビューも)のですが、さっちさんからみて動きはどうですか?デンコさんのチャレンジ待ちの表情は写真のみですが私もちょっと忘れられません。ラファに勝った+大きな大会だからか、珍しくデンコさんの写真がたくさん出回っているのが嬉しいです(笑)ラファには復帰後のタイトルが欲しいです。ベルシー(というかパリ)は去年リタイアした大会ですが、今年は良い結果が残せたらいいなと切に思います。
2009/10/20(火) 10:37:12 | URL | あいこ #8iCOsRG2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。