Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


女子はツアー終了、いよいよ最終戦!男子は…まだまだ(汗)・ランキング更新
2009年10月26日 (月) | 編集 |
WTA

10/26付


1位 Dinara Safina 7731p
2位 Serena Williams 7576p
3位 Svetlana Kuznetsova 5772p
4位 Caroline Wozniacki 5482p
5位 Elena Dementieva 5415p
6位 Victoria Azarenka 4451p
7位 Venus Williams 4397p
8位 Jelena Jankovic 3555p
9位 Vera Zvonareva 3550p
10位 Agniezska Radwanska 3340p


上位陣はそれほど大会に出てなかった割に順位は結構入れ替わってますね。ちょっと前大々的にセレナのNo.1復帰が報じられたばっかりなのにもうまた入れ替わってる…女王の意味があんまりないじゃまいか。これはもう今週のドーハ最終戦でおとしまえつけてもらうしかありません。

先週の大会にはウォズニアッキ、ズボナレワ、ヤンコビッチが出場。しかしそれぞれ初戦敗退、2回戦敗退、QF敗退とあまりいいところなく終わってしまいました。ウォズニアッキは初戦リードしていながらリタイヤしたことと、コーチである父親が周りに聞こえるような大きな声でリタイアするよう指示していたこと、その直後に賭けの倍率が大きく変動したことなどから、八百長にからんでいるのではないかと疑惑を持たれてしまっています。もちろん本人も父親もきっぱり否定してますが。勝っても次の試合プレーできないと思ったのでやめた、怪我は本当なのだからなんなら検査結果お見せしましょうか、と強気の姿勢を崩しません。
スポーツ賭博、テニス賭博がなくならない限り、こういう話題も尽きることはないのでしょうね。何が正しいのか、真実が非常に見えにくく、憶測でどんなことも言える。選手を信じたいし、一方やらせをしてる選手がどこかにいてもおかしくないとも思う。でもキャロは…さすがに違うんじゃまいか?ちょっとリタイアの仕方とタイミングが誤解を生んでしまったものと思われる。

ズボナレワはヤンコビッチとドーハ出場争いをしていましたがモスクワ2回戦で破れてしまったことにより、ドーハ出場の道は絶たれてしまいました(補欠で行くかも)。でもそれほどがっくり、という感じでもない。彼女はとにかく怪我が多いから、コメントみると、はぁ~これでやっとシーズン終わって休めるわ~みたいなことを言っています。
一方対照的にヤンコビッチは、
「最終戦に選ばれるのはとても重要なこと。8人しか選ばれないのだし、トップと戦うチャンスが欲しかった」。

その最終戦が、27日火曜日からいよいよ開催されます!最後の切符をヤンコビッチがものにしてこれでメンバーそろいました。楽しみだなあ~。GAORAでもたくさん放送されるみたいなので、時間にあまり余裕がないけどがんばって見たいと思います。今週は最終戦のレポートもちょっと書こうかな~。

それにしても、女子の最終戦と男子のそれが1ヶ月近くも違う…そりゃあ男子が文句言うのは当然だ。上海のマスターズカップのときは女子の次の週じゃなかったっけ。五輪もないのになんでそんなに遅いのだ。


そのほか注目

17位 Francesca Schiavone 2375p[GREATEST GAINER]

先日大阪で準優勝だったスキアボーネが、モスクワ大会で見事優勝!2週連続の決勝進出、がんばりました。ストーサー同様彼女も決勝でなかなか勝てずツアー優勝は2年前のBad Gasteinのみでしたが、ついに2年ぶりにその大きな壁を破りました。しかもクレムリンカップはプレミアの大きな大会。トップ選手はそれほどたくさん出てはいなかったとはいえ、シード選手でベスト4入りしたのがこの第8シードのスキアボーネ1人だけだったというのだから、いかに勝ち上がるのが大変かということだと思います。

初戦が一番きつかったみたいですね。でもそこをしのいで勝ってからはセットをおとさず、決勝戦も第2セットは6-0と圧倒。といっても内容はワンサイドではなかったようですが。
「最初はバトルだったわね。第1セットの第6ゲーム、あれが大きかった。」
15分もかかったそのゲームを獲ってからは、振り返りませんでした。
「第2セットは安定してプレーできた。4-0のときにトロフィーが目に入って、こう思ったのよ。”もうすぐあなたは私のもの…ふふふ(脚色あり)”てね」。
無事にゲットできて、よかったです^^。フェドカップ決勝に向けていい弾みになりそうです。

19位 Yanina Wickmayer 2310p
25位 Sabine Lisicki 1905p


前の週Linz優勝のウィックマイヤーは先週もルクセンブルクに元気に登場しベスト4進出。準決勝はファイナルセット7-5と接戦でしたが敗れました。
ところでこの大会はキム・クライシュテルスも全米以来出場していましたが2回戦で負けてしまいましたね。ウィックマイヤーは最近の活躍で、ベルギー=キムエナンだけではないという感じをみせてくれています。ぜひこのベルギー対決を見てみたい。

つぶやき隊のリシキは久々の上位進出でした。ウィンブルドン以降は怪我もあってなかなか思うようなプレーができず結果もやや停滞ぎみでしたが、今年2度目のツアー決勝進出。通算では3回目です。今回はランキングや実績でリシキのほうが本命で優勝を期待していましたが敗れてしまいました。スコア見てたけど相手のサービス・フォー・ザ・マッチで追いついたり、ブレイクチャンスも結構あったのになかなかとりきれず、逆に相手にはブレイクポイントで成功されてしまう…昨日はリシキの日じゃなかった、そんな感じでした。
彼女にとっては今年は大きな飛躍の年になりました。来年はさらにステップアップして、グランドスラム2週目でトップと争っていくようになっておくれ。つぶやきも楽しみにしてます。

26位 Alisa Kleybanova 1880p
32位 Shahar Peer 1690p


ロシアのクレイバノワは東京にも来ていたし最近日本人選手とよく対戦していたので日本で少し名前が浸透しましたね。今回地元のモスクワでベスト4進出。QFではヤンコビッチをストレートで破り、ヤンコ戦2連勝。ヤンコにとってはちょっと天敵化しつつあります。

ペールはルクセンブルクでQFでハンチュコワを破ってベスト4。準決勝ではリシキと壮絶な試合をやったみたいですがファイナルタイブレで最後も2ポイント差で敗れてしまいました。途中ペールがリードしながら試合がすすんでいったようなので、ちょっと悔しい敗戦です。BaliでのIS最終戦に出場が決まってます。

33位 Alona Bondarenko 1680p
53位 Olga Govortsova 1245p


最近は妹のほうがやや目立っていたボンダレンコですが先週は姉がベスト4入り。優勝したスキアボーネに敗れました。
妹にランキングで追い越されたことについて、「彼女が上にいて私が追いかけるってちょっとおもしろいわね。でも彼女がいいプレーをしているのはうれしいことよ」と言っている。奔放な妹をやさしく見守る姉…どうもステレオタイプに見てしまうなあ~。内心はめらめらなのかもしんない。。

Govortsovaさんはモスクワ準優勝。スキアボーネにストレートで敗れてしまいました。やっぱり彼女も、第1セットの第6ゲームが大きかったと、語っている。試合の中で鍵になるゲームというのはいくつかあるけど、この試合では相当その第6ゲームの存在感が強かったんですね。観たかった。
彼女は決勝進出が2回目だそうですね。最初は去年で復活したダベンポートに敗れていました。今回モスクワ初参加で決勝にすすんだことで大きな自信を得て、来年がんばると、力強く語ってくれました。

55位 Timea Bacsinszky 1204p

そしてレギュラーツアー最終週にツアー初優勝を決めたのが、スイスのぴちぴち20才バシンスキーです。今までツアーでは4回のベスト4が最高。なかなか決勝進出できませんでしたが、5回目のチャレンジで見事決勝進出、そしてそこで苦しんだ分優勝は1回目のチャレンジで見事成功!決勝戦は格上のリシキ相手で本命ではありませんでしたがすばらしい戦いぶりでした。

「全然ナーバスにはならなかったわ」。というバシンスキー。心臓も強そうです。準決勝のウィックマイヤー戦を乗り越えたことで自信も勢いもついたみたいですね。初優勝にうれしさいっぱい、という感じだけど来週もITFの大会に出るみたいです。


というわけで、WTAツアーはあとは2つの最終戦とフェドカップ決勝を残すのみとなりレギュラーツアーは終了。約2ヶ月近くあるから男子よりは少し休めるね。。。今年もいろんなことがあったなあーー。と振り返るのはまた次の機会にしよう。ITFの大会はまだちょっと続きますが…、とりあえず、みなさん1年間おつかれさまでした。シーズンの疲れをここでゆっくりととって、リフレッシュしてください。


ATP

10/26付

1位 Roger Federer 10305p
2位 Rafael Nadal 9095p
3位 Novak Djokovic 7950p
4位 Andy Murray 6890p
5位 Juan Martin Del Potro 6165p
6位 Nikolay Davydenko 4700p
7位 Andy Roddick 4670p
8位 Jo-Wilfried Tsonga 3930p
9位 Fernando Verdasco 3330p
10位 Robin Soderling 2900p


上位陣にはほぼ動きはありません。マレーくんとジョコの差がちょっと開いたかな。
トップ10では、6位のニコちゃんと10位のソダりんが大会に出場。
ニコちゃんは上海マスターズで優勝してすぐ次の週でだいぶ疲れもたまってましたかね~。1回戦がサフィン相手というなんとも切ないドローで、しかもサフィンの引退間近ということで地元で超アウェー状態というのがまたニコちゃんらしい(泣) その1回戦で負けてしまいました。最終戦争いはまだ出場決定ではないけどかなり有利だしまあ椅子は確保したかな。

一方その最終戦出場争いの真っ只中にいるソダりんでしたが、地元のストックホルムで優勝してベルちんにプレッシャーをかけたかったところですが、ベスト4まですすんだところで右ひじの怪我で準決勝を棄権することになってしまいました。うーんそれまでの勝ち上がりが順調だっただけに、期待してたしライブで応援しようと思っていたので超残念。今年大ブレイクしただけに、試合数も増えて連戦も増えただろうし、どこかに故障がおきても不思議ではない。来週のバレンシアに出場予定となっていますが、ロンドン最終戦出場をかけた戦いはやっぱり最後のパリ、ベルシーマスターズが大きな鍵になってくるから、そこに向けてうまく調整していってほしいと思います。

そのほか注目

25位 Mikhail Youzhny 1400p
41位 Marcos Baghdatis 955p


先週のチャンピオンはこの2人でした!2人ともおめでとう!2人とも今季ATPツアー初優勝でした。

ユーズニーは5月のミュンヘンと先日の楽天と今年は決勝2連敗でしたが、超地元のモスクワオープンの優勝は本当にうれしいものでしょうね。この11年ずっとクレムリンカップに参戦してきて決勝進出は初めて。子供の頃見にいったりこの大会ボールボーイもしたことがあるそうですね。そんなふるさとでの大会は、グランドスラムとは違った意味で「特別なもの」であるのは当然です。

でも、特別であるがゆえに、意識しすぎて今までいい結果を出せなかった。「ちょっと緊張しちゃうんだよね」というように決勝戦は立ち上がり0-3と出遅れ、第一セットも落としてしまいますが、第2セットは逆に6-0で取り返し、最後はリードしてから追い上げられるという嫌な展開でしたが、なんとか振り切って頂点に輝きました。

このクレムリンカップは今年を含めこの6年間ずっとロシア選手が優勝してるんですね。ニコちゃん3号が3回とダントツで、くにちゃんとアンドリエフくんが1回ずつ。サフィンがここに入っていないんだよなあ。そして今回ユーズニーがこのクレムリンカップは外人には渡さねえぞ軍団に加わりました。

一方ストックホルム大会では、好調のマルちゃんことバグダティスが、ノーシードから勝ち上がり見事優勝!2年半ぶりのツアー優勝となりました。準決勝が相手の棄権という運もあったけど、先週のチャレンジャーの優勝をひっさげて、実力はここでも十分に発揮されました。

怪我などで約8ヶ月プレーができなかったとのこと。その間に最高8位だったランキングも150位くらいまで下がってしまいました。
「もちろんカムバックできるかどうか、不安はあった。今はまたいい結果を出したくて仕方がないよ」。
チャレンジャーで今季だけで3大会優勝。今後も韓国でのチャレンジャー大会に出場予定とのことですが、来年はATPツアーに本格的に戻ってきてくれそうですね。

43位 Thomaz Bellucci 931p

今年スイスのGastaadでツアー初優勝を挙げたベルッチ、ストックホルムでベスト4の活躍。準決勝も接戦でしたが、惜しい敗戦でした。そういえばブラジルが五輪開催決めましたね。ベルッチ地元だからそれまで現役をつづけてくださいね~。

46位 Janko Tipsarevic 910p
62位 Olivier Rochus 739p


2人とも決勝で敗れましたが見事な準優勝です。ティプは先日チャレンジャーで優勝してましたね。
最近コーチを変えて試合のときの考え方も変わったのだとか。旧ヤンコと新ヤンコとの違いはそこなんだよ~と、自分で言っていた。ところでティプはまだツアー優勝というか決勝進出がなかったんですね。ちょっと意外だった。。。初めての決勝戦の味はビタースイートだった…。全豪のフェデラー戦は今でもよく覚えてる。あんな力を持ってるんだから、いつか必ず優勝すると、思います。

ストックホルムではロクス弟のオリビエくんががんばりました。最後の決勝戦はちょうど2年前で、今年準決勝が何度かあったけどなかなか決勝にいけなかった。今季初決勝戦でした。決勝戦はサーブがうまくいかなかったのが敗因だったと、語っています。でも準決勝のベルッチ戦はお見事でした!ベルッチの17本のエースと猛追に耐えました。
ロクスくんは去年のちょうど今頃肩を怪我して手術し戦列を離れていたようです。マルちゃん同様ランキングも100以下に落ちましたが、今年ツアーで好成績を挙げたことで、また100内に復帰。トップ50復帰までもうちょっとです。

143位 Mikhail Kukushkin 391p
150位 Illya Marchenko 375p
[GREATEST GAINER]

先週のモスクワは2人の予選勝ち上がり選手がベスト4入りしました。21才のカザフスタンのKukushkinはこれがATPツアー初のベスト4でした。準決勝で優勝したユーズニーに敗れています。昨年おともだちのGoluvevがカザフスタン人として初めてツアーファイナリストを果たしました。そのGoluvevが昨年のそのファイナルのポイントを失ったらしくかなり順位を下げてしまって、Kukushkinとランキングが接近してます。国内No.1になるチャンスも出てきましたね。

22才のMarchenkoもモスクワベスト4入りでランキングが40も上昇し、今週のGG獲得です。彼はウクライナ出身ですが、ウクライナといえばStakhovskyがNo.1ですね。MarchenkoはNo.2争いをしています。彼はデ杯の勝利以外ツアーの試合で勝ったことがないらしく、これが当然はじめてのベスト4。予選からあわせると5連勝くらいしたのかな。ランキングも一気に上がりましたね。まだまだ若いし、トップ100を目指してがんばってね。せっかくベスト4入りしたのだからATPの選手ページにぜひ写真をつけてあげてくださいATP公式さん。

Caroline Wozniacki denies fixing match at Luxembourg Open(Fox sports)
Zvonareva and Safin ousted out in Moscow(Reuter)

今日の1曲
Traveller Toccata(Remix)/Rasmus Faber

だいたいいつもは記事の内容にちなんだ曲を書くのだけど、今回はあんまりおいしいネタが思いつかなかったので…スウェーデンで大会があってたので、スウェーデンのミュージシャンをご紹介。
Rasmus Faber、略してRafa(笑)です。本当にリミックスとかでRafa's remixとか表示されてることがよくあります。そんなスウェーデンのラファは、だいぶ前からハウス界では名の知れた人でしたが、昨年オリジナルアルバムを発売して日本でも売れましたね。私も好きなので買いました。コアな人たちからはよく「乙女ハウス」とか揶揄されますが、まあジャケがまさにそんな感じだけど…でも曲はやっぱいいですよ~。

今回の曲はリミックスアルバムに入ってるやつこれももってる。オリジナルアルバムはボーカル主体でメロウな感じもあったけど、リミックスはラファの本領発揮とばかりにフロア向けのちょっととがったかっこいい仕上がりになってて車とかで聴くと特に気持ちよい。フルで聴けるサイトをだいぶ探したけどなかったので…でもまあこのiLikeの試聴でも雰囲気は伝わるかと。My Spaceやオフィシャルサイトにいくともっと長く聴けるし他にもよい曲がたくさん紹介されてるので、興味もった方はぜひ聴いてみてくださいね~。(MP3の横のボタンをおすとジャケが表示される)



Rasmus Faber on MySpace
Rasmus Faber official page(いきなり音楽が自動で流れてきます)




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
みなさんお疲れです
>あいこさん

こんにちは~。このコーナーって更新月曜だから火、水あたりは「まだまだ~」と余裕かましてるとすぐ土日になって焦って情報かき集める、ていうことになるんですよね。。。毎日こつこつ情報把握しとくのが一番いいんですが~。今週はWTAの最終戦だし男子は3大会あるしなんかまた大変そうです(爆)

サフィーナはメンタルも心配ですが椎間板ということになるとちょっと重症感ただよってきて、来年の全豪があやしくなってしまいましたね。出れても勝ち進めるかどうかも…。女子は男子に比べて短いとはいえ、やっぱりシーズン長いですよね。
ジョコもマレーくんも安定した活躍ですがGSがちょっと本領発揮とはいきませんでしたね。最終戦で来年の全豪の弾みになる活躍をしてくれるかな~でもやっぱしナダルくんにがんばってもらいたい…(^^)
2009/10/31(土) 13:17:04 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
こんにちは。
最近殆どテニスをチェックできていないので、さっちさんのブログ更新が嬉しいです♪
男子も女子と同じ時期に最終戦となるようにすればいいのになと思います。
あ、でもツアー以外でエキシビに出る選手が増えちゃうかな?
サフィーナが最終戦をリタイヤしたそうですね。椎間板の損傷?で全豪の出場も危ういとか。やっぱり休みきれないものなのね・・・(涙)
それにしてもマレーはGSの優勝が無いのにこのポイントって素晴らしいですね。あ、ジョコも。ジョコは二回目のGS優勝が欲しいところだし(できれば全豪以外?)、マレーも早いとこ欲しいでしょうし頑張ってほしいです。
2009/10/29(木) 16:43:33 | URL | あいこ #8iCOsRG2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。