Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全部ストレート勝ち-インディアナポリス 7/21
2005年07月22日 (金) | 編集 |
RCA Championships

ふあぁ~今日も一日暑かった…。今日は昼出かける用事があったので、真昼に車に乗り込んだら。どっひゃぁ~。生き地獄とはまさにこのこと。暑い、というより、く、くるしい…。今日は何度くらいあったんだっけ?う~む、今年も猛暑か…。というわけで今日は疲れたのでここの結果はちょい短めに。

今日のインディアナポリスは、シード選手がわりかし順当に勝ったようですね。まずは第2シードのニコちゃんことキーファーから。去年決勝まですすんだということで、今年もぜひそこまではたどりつきたいでしょう。まメンバーみてもアンディ以外はそれほどニコちゃんにとって、うわ強敵!ていう人はあまりいないし。結構可能性高いんじゃないかな。今日も、オクンをストレートで、結構快勝のようでしたね。ウィナーも18決めました。

ニコちゃんは一時はランキング4位まであがったことがあるそうです。そういえば、風貌とプレーがややアガシに似ていることもあって、「ドイツ版アガシ」とか言われてたことあったっけ。アガシみたいにすごい活躍をか~なり~期待されてたんだけど、いまひとつ大きな結果は出せないでいる感じ。そろそろここでなんとかしないと、このままずるずるいっちゃいそうな雰囲気も…。ま大先輩ベッカーみたいに、ていうのはちょっと酷かもしれないけど、少しでも近づきたいね。

そのニコちゃんと次に対戦するのは、ルゼ。ここだけ唯一順当にシード選手同士の対戦になりましたが、ルゼがニューポートでの好調をここでも維持しているようで、勝ちました。第1セットはサービスブレイクが全くなく、緊迫しましたがルゼがとり、ここでも、とったほうのルゼが第2セット突き放しました。やはりこの展開は多い。第2セットは4-0と一気に主導権をとり、カールセンに反撃のチャンスを与えませんでした。これで先々週から7連勝です。

どうしてもマレイ君のほうばっかりにイギリスの注目はいっていてルゼかわいそうだけど、こりゃ実力を示して存在感を勝ち取るしかないね。がんばれルゼ。

次はアンディ。こちらも、ほぼ危なげなく、イスラエルのオクンをストレートで破ってベスト8。そしてそのアンディと対戦するのは…ジネプリがきた!復活をかけるスリシャパンに第1セットは団子でとっちゃいました。ジネプリが3回続けてかったのは、去年のワシンドン以来なんだって。しかしこれでまたアンディに挑戦できるよ。第1日目にフューチャーしたかいがあった。今度で7回目の挑戦です。今度こそ、アンディに勝てるといいね。あり?私はアンディを応援してたんだっけ。うぅむ…。

あぁジョバンニ君ついに力尽きたか…残念。地元のゴールドスタインにストレート負けしてしまいました。う~ん。チャンスかと思ったが。しかし、この大きな大会でベスト16ですから、よくがんばったと思います。ランキングも74位とちょっとづつ上がってきてます。この順位なら予選はもうしなくてよいね。また次も期待してるよ!

そして、もう一人残念なのが、フィッシュ。なんと手首を痛めて3ゲームしかしないでリタイアとなってしまいました。こないだのマレイ戦でちょっと無理しすぎたかな…きつい試合だったもんね。痛めたのは手術したほうの手なのかな。しかしこれでスイスのバストルがうれしいATP初ベスト8入りです。最近スイス勢はいい結果が出てますな。!ロジェ君に刺激されてみんながんばっているのかな。ん~あまりにも偉大すぎる存在だけど、やはり同じ国にあのような選手がいるというのは幸せなことだと思う。次はシード選手のベック。厳しい戦いなるでしょうが、バストルは失う物は何もないわけだし、全力で向かっていってくれるでしょう。

そのベックも、あっさりストレート勝ちです。ベックの今年の最高成績は、ミランとマルセイユのベスト8だそうです。ずいぶん前だな…それ以来なかなか勝ててませんでしたもんね。しかしデ杯でもスロバキアは初のベスト4に進んだし、あれでまた調子をつかむきっかけになるかな?今年最高のベスト4に入る大きなチャンスです。

そしてデント。こちらも、ポーをあっさり下してベスト8進出です。そして次は同国のゴースドスタインとの対決。デントは、下位の選手にはあまりとりこぼしが少ないけど、その代わり上位選手にもなかなか壁が厚い。ま今年はコリアやサフィン、ナル、といった大物も倒してるけど、その後怪我して勢いがちょっと止まっちゃったしね~。デントがもう一皮むけるには、やはりビッグネームをまた一人倒して、その後の試合で、いいプレーをする、というのが必要なんじゃなかろうか。まー言うのは簡単だけど大変なことだよね、そんなの。でも、本当にトッププレーヤーを目指すのなら、やはりそれは必要なことでしょうね。中堅選手で終わってもよいなら、いらないことかもしれないけど。君には中堅選手で終わってほしくないのだ。

というわけで、今日はあっさりした試合が多かったこともあって、記事もあっさりした内容になってしまいました。すいません。でももう今日は昼間忙しかったので、もう疲れた…さっさと風呂入って寝ます…zzz。

試合結果 3回戦
①Andy Roddick(USA) 6-3 6-3 Noam Okun
②Nicolas Kiefer(GER) 6-1 6-3 Kevin Kim(USA)
④Taylor Dent(USA) 6-2 6-2 Bjorn Phau(GER)
⑦Greg Rusedski(GBR) 7-6(3) 6-2 ⑫Kenneth Carlsen(DEN)
Robby Ginepri(USA) 6-0 6-4⑨Paradorn Srichaphan(THA)
⑩Karol Beck(SVK) 6-2 6-4 Rajeev Ram
George Bastl(SUI) 1-2 ret. Mardy Fish(USA)
Paul Goldstein(USA) 6-3 6-2 Giovanni Lapentti(USA)


関連記事

Kiefer, Roddick, Ginepri, Roll Into Quaterfinals(ATP official)




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。