Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


のっぽの悩み
2010年01月18日 (月) | 編集 |
Bernard Tomic 6-3 6-4 6-4 Guilaume Rufin

昨年の全豪で史上最年少で本戦での勝利をあげた、地元オーストラリアの17才Tomicくん。まだまだランキングは300位をきるところですが、何しろ若いし、ジュニアで活躍し、将来を大いに嘱望されています。最近は何かとコート外でごたごたが聞こえてくるあたりはすでにスター選手の兆しが表れているような感じもしますが。それだけ不振の続くオーストラリアテニス界がレイトンの後継者となりうるスターを求めていて期待と注目が高いということなのでしょう。
そんなトミッチくんには、ある悩みがあります。

それは、「身長が伸びすぎてしまうこと」。

…なんともぜいたくな…オリビエ・ロフスくん(ATPで一番身長が低い選手)が聞いたら発狂しそう?

2008年の秋が191cmで、その一年後である昨年9月の時点で194cm。4ヶ月経っている今はもうちょっと伸びているかもね。年齢を考えるとまだまだこれからも伸びる可能性は十分ある。

スポーツ選手なら、長身であるのはいいことだけど、高けれりゃ高いほど武器になるバスケットボールとはちと違うようです。

トミッチくんの弱点は、動きの悪さ、といわれています。母国の大先輩John Newcombeにもきつーいダメ出しを食らってしまったらしい。それを改善しようと、昨年から、ニックボロテリーアカデミーのトレーナーとして知られる日本人の中村豊さんをチームに加えて、体づくりに取り組んでいます。

トミッチくんは、身長が必要以上に高くなりすぎることが、この体作りや動きの克服の妨げになると、考えているようです。
「バスケットボール選手みたいにならなくていい。テニス選手としてちょうどいい高さがいいけど、なんとかやっていくしかないね」。
すでに伸びてしまった身長を縮める方法はないしね…。
しかし、中村さんのお世話になって昨年から取り組んできた結果、フィジカルコンディションはよくなっているとのことです。今大会、その成果が出て1回戦ストレート勝ち。地元の期待を背負って大変ですが、大会を盛り上げていってほしいですね。

男子で一番背が高いのは…カルロビッチだったっけイズナーだったっけ?その2人のどっちか。そしてデルポトロとチリッチがたしか197cmくらいだからその次くらいかな。しかし年齢を考えると今後デルポやチリッチを抜いてしまう可能性は十分にあります。大先生やイズナーとかも、「デカすぎんだよオレ」とか思ってるんだろうか。

人間、持って生まれたもので、がんばっていくしかないんだね。背の低い人はそれなりの、高い人はそれなりの苦悩と恩恵があるし。でもやっぱ、どっちかっつーと高いほうが、低いよりはいいんではないかなあ…と、ちびの私などはつい思ってしまうのですが。

Ivo Karlovic 2-6 7-6(5) 6-4 3-6 6-4 (13)Radek Stepanek
(4)Juan Martin Del Potro 6-4 6-4 3-6 6-2 Michael Russell


そのほかののっぽさんたちも今日はがんばりました。それにしても…やっぱり熱戦になったステパネクVS大先生。すごいスコアだ…ステパネク残念だなあ。いい選手なのに、初日で姿を消してしまいました。ドロー運が最悪でした…。

のっぽ軍団ではランキングトップのデルポトロはやや苦しみながらも順当に初戦突破。試合中判定をめぐって主審と口論してしまった場面があったみたいですね。主審によれば、なんでもデルポトロがプレーしたあと判定のチャレンジをするまでの「間」が長すぎるとのこと。そういえば昨年の全米の決勝のフェデラー戦でもそういうことがなかったっけ。
「間」といえば、ナダル君のポイント間の時間のかけ方や、ジョコのサーブ前のボールつきとか、間の長さに対する批判がありましたけど、これもまた新しい形の間問題ですかね。デルポ自身は、打ってボールの落ちたところを確認してチャレンジを要請してるだけだよ、と言っていますが、他の選手でこういうことを言われてる選手あまり見ないので、やっぱ少し長いのかな。くせなのかもしれないけど。

別にトップだからとか下位だからとか関係ないけども、やっぱトップ選手はいろいろと優遇される面もあるし、試合中のこういうところでケチをつけられるのは、自分を苦しめてしまうことになるし繰り返すと審判からもマークされてしまうだろうから、気をつけてたほうがいいのでは、いう気もする。デルポはナイスガイというニコちゃんのお墨付きをもらっているしね^^。

そしてのっぽ軍団のもうひとり、イズナーも初日登場予定でしたが雨で試合キャンセルになり、明日以降に持ち越しです。

Maria Kirilenko 7-6(4) 3-6 6-4 Maria Sharapova

女子ののっぽさんには受難の日でした。ありゃ~いきなりマリアちゃん負けちゃった…勝ったのはもうひとりのマリアちゃんでした。
シャラポワの速く鋭い攻めを予想していたキリちゃんは自分も負けずにアグレッシブにいこうとしていたようですが、やはり最初はやや後手に回ってしまったようですね。第2セットの途中から気分よくベースラインから打てるようになったとのこと。キリちゃんのチェンジオブペースにシャラポワのほうがリズムを狂わせられたみたいですね。昨年たびたび見られたシャラポワのサーブの不調、とくにダブりは今回は予想より(by キリレンコ)少なく安定していたみたいですが、キリちゃんのリターンも冴えてたみたいですね。

昨年は膝の怪我にも悩まされなかなか結果がでづらかったキリちゃんだけど、今は調子よく、痛みもないとか。
「今日3時間半の試合だったけど、痛みは全くないしよく動けてたと思う。」。


のっぽ軍団の入団資格としては、男子は身長190cm以上、女子は180cm以上、ていう感じでいいでしょうか。190cmはちょっと甘いかな。まあそこらへんで。

(2)Rafael Nadal 7-6(0) 6-1 6-4 Peter Luczak
(2)Dinara Safina 6-4 6-4 Magdalena Rybarikova

上位陣は比較的安泰だったようですが、ナダル君はLuczakに序盤苦しみました。やはり初戦だし相手も地元でモチベーション高かっただろうし、なかなかやりにくかった面はあったのかな。正直試合見てないのでなんにもわかりませんが。
インタビュー記事から察すると、初戦で緊張していたのとLuczakのプレーがよかったのもあって、ショットがいつもより短めでミスも多く出てしまったらしい。タイブレークはルツァック?のほうにミスが出て助けられたようです。
第2セット以降は逆に圧勝だったようだけど、やっぱセットをとって自信がついたということなのかな。

「ていうより、リラックスできたからだと思う」。
「第1セットは、ブレイクチャンスでパスをネットしたりして、接戦だった。相手のプレーもよかったし」。
「リラックスできてるときは、自分のテニスができるものさ」。

第1セットでの力みや焦りがなくなって、本来のプレーを取り戻せた、というところのようです。

一方のルツァックも、敗れはしましたが特に第1セットの善戦に手ごたえを感じています。「一生忘れられない試合になった」と語っています。第1セットのタイブレはアグレッシブに行こうとしましたがそれが少し裏目に出てしまったのかな。
ウッドブリッジにこの2ヶ月ほど指導を受けて、特にハードコートでの戦い方が向上したとのこと。ブリスベンやシドニーでもいいプレーができたそうで、この試合でもそのウッディー効果が出たようですね。
「見た目は30才に見えるけど、自分ではあまりそういう感じはないね。」
もうおじちゃん軍団入りですが、まだまだ進化し続けていると感じているとのこと。今後は南米でのクレーシリーズに出場予定で、まだグランドスラムで唯一本戦出場が叶っていないウィンブルドン本戦に出るのが目標だそうです。
そのためにも、地元のグランドスラムのセンターコートで大勢のお客さんの前で、世界No.2の前年優勝者といい試合ができたことは、貴重な経験になりました。
「(ブリスベンでは)ロディックといい試合ができたし、今日はラファともこういう試合ができたことで、少し自信も持てた」。


年末怪我で全豪出場も危ぶまれたサフィーナですが、上々のスタート。昨年は腰、それも脊髄を痛めてバックハンドを打つために体を回転させるたびに☆がちらついてたという彼女、シーズンオフも満足なトレーニングができず、年明けのブリスベン欠場、とどうなることかと思いましたが、先週のシドニーからツアーに復帰。まだまだ手探り状態とは思いますが、少しずつでも、調子を上げていって欲しいと思います。



Towering Tomic hopes to stop growing(ABC Sport)
Dinara finally conquers after a tale of two Safinas(The Australian)

今日の1曲
Tears and Laughter/Tall Tree 6ft Man

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
>la merさん

あけましておめでとうございます!こちらこそ、今年もよろしくお願いします~v-410

私も背が低いので、いつもすらっとした背の高い人がうらやましいなあと思いますが、高い人は、特に女性は、あんまり高すぎるのも…という話をよくききますね。
ほんと両方を足して2で割ったらちょうどいいのに…たしかに、胴体ではなくて足の部分に付け足してほしいですね(笑)
アンディはテニス選手として背が高すぎず低すぎず、ちょうどよい感じですね。そんなにのっぽさんではないのにあんなに強いサーブが打てるのがやや不思議です。
2010/01/21(木) 20:50:11 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
さっちさん、何を今更ですが明けましておめでとうございます。昨年はどっちかと言うとツイッターのほうでお世話になりました。

のっぽの悩み、私も小さいほうなので羨ましいですが、のっぽさんのほうも悩みがあるんですよねぇ。将来身長を移植できるようなことが出来たらいいのに。そうしたら私は足のほうを移植して欲しいです(ってそんなの出来そうにないけど)

では今年もよろしくお願いします。
2010/01/21(木) 04:17:26 | URL | la mer #jaMxsxoU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。