Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オーストラリア女子選手たちの奮闘
2010年01月20日 (水) | 編集 |
昨日はドキッチが初戦で姿を消してしまいましたが、今日はまたオーストラリアの女性選手たちが、続々とメルボルンパークに登場しました。

(13)Samantha Stosur 6-1 1 3-6 6-2 Xinyun Han 

まずは女子で今やシングルスでも豪トップ選手なったエースのストーサーです。191位のHan相手に1セットを奪われるやや苦しみながらのスタートとなりました。
サーブの調子はよかったそうですが、第2セットそのサーブの精度がやや落ちて、相手にセカンドサーブを狙われたとのこと。失うものがない状況のHanの追い上げと勢いに苦しみました、
「特にプレーを変えることはせず、最初と同じスタイルを貫いた」。
セットを失っても、ファイナルセットで再び立て直せたことはよかったと、語っています。

ダブルススペシャリストからシングルスへ転向して、数年経ちますが、ツアー優勝は遠かった。何度となく決勝で敗れました。男勝りの体つきとサングラスがよく似合うクールな風貌とは裏腹に、ツアー決勝でなかなか勝てないうちに「チキンハート」という異名がついてしまっていました。しかし、昨年そのシングルスで大ブレイク。全仏ではグランドスラム初となるベスト4入り。そして、夏のハード大会ではセレナを破る金星も挙げ、そして、何度なく阻まれてきたツアーシングルス優勝を、ついに大阪で手に入れ、チキンハートの汚名をようやく返上できました。

今やほぼすべての大会でシード選手として登場するようになりました。

「たしかに、する試合のほとんどでは、私はunderdogではなくなったわね」。

かつては、自分がunderdogとしてシード選手に挑戦していった。常にセットを先に失い、追いかける立場。失うものはなかった。そして今は、相手がかつての自分と同じような状況で、自分に立ち向かってくる。どんなトップ選手でもかならずunderdogの時期があり、それが徐々に、立場が変わっていく。

プレッシャーに弱いといわれていたストーサー、トップの立場になって、プレッシャーは大きくなったのでは?

「たしかにそうかもね。でも私はこれをずっと求めていた。そしてこれからも同じようにさらに上を求めていく。プレッシャーが大きいほど、得るものも大きい。だからプレーしているのよ。自分のできる限りの最高のところに到達したい」。

そんなストーサーは、今は地元の広告塔として、メルボルンの街のあちこちや、CMなどにたくさん登場しているとか。
「コートに来る途中自分の顔が載った広告をあちこちで見かけるわ。今まで全豪に通ってたのととは違う光景ね」。
ストーサーはこの今の自分の状況を素直に楽しんでいます。
「だっていつお呼びがかからなくなっちゃうかわからないでしょ。」

これも、プレッシャーの大きいトップ選手ならではの、貴重な報酬といえますね。

Julie Coin 3-6 7-6(4) 6-3 Alicia Molik

一方かつての女子のエースだったモリック。かつてはこの全豪でベスト4、ダベンポートとのあの準決勝での死闘は未だに記憶に新しい。その後は怪我や病気で復活と離脱を繰り返していた感じですが、やはりもとトップ10として、今回もワイルドカードを勝ち得て本選出場、初戦センターコートに登場です。

しかし…あちゃ~痛い逆転負け…。家に帰ってきたときちょうど第二セットがあっていて、モリックが3-0と大量リードしていて、「あーなんか終わりそう~」と思っていたのに。。。なんでこうなっちゃったんだ?
やっぱ第8ゲームかなあ。Coinのサーブで15-30くらいだった、あそこで勝利まであと2ポイントとなったところで、3連続ミスが出てしまい結局Coinがキープして5-3。そのあともサービス・フォー・ザ・マッチもあったけど逆転され、タイブレークも途中までは五分五分だったんだけど、後半の勝負どころでCoinが攻めきりました。

ファイナルセットもモリックが先にブレイクしたのに、すぐにブレイクバックされてしまった。そのあとはあまり見ていないけども。モリックは第2セット勝てそうで油断したとは思わないけど、ちょっと勝ち急いでしまったような印象がありました。あせっていたというか。そんな焦らなくても…と思いたくなるけど、やっぱそこが難しいんでしょうね。Coinも後半徐々に調子を取り戻していたようだし、モリックとしては、ここで決めないと!という気持ちが逆に自分を縛り付けてしまったのかもしれません。

大勢の地元のお客さんが応援してくれていましたがこの逆転負けは、ちと堪えたかもしれませんね…うーん残念。しかし相手のCoinはすばらしい粘りでした。ショットではモリックにやや押されてる印象あったけど、ネットプレーが効果的に決まっていたのもよかったですね。そして前へ出る姿勢がいい攻めにつながっていたように思いました。

Casey Dellacqua 6-2 3-6 6-4 Anastasiya Yakimova

こちらも全豪ではおなじみ地元のデラクア。センターコートにもときどき登場します。
デラクアは2008年の秋から肩の怪我で戦線離脱し、昨年2月に手術を受けました。回復が予想より大幅に遅れ、そのうち足まで痛めてしまい昨年は結局ほぼ全くプレーができず、ランキングは今や980位となってしまいました。そしてこの全豪のワイルドカードをかけてのプレーオフのわずか数日前にようやく試合ができるようになったとのこと。そしてその過酷なプレーオフで見事にワイルドカードを勝ち取り、今日の日を迎えました。

「長い一年だった」。
ゲームから遠ざかっていた2009年を、そう表現していました。今年は、いい年になりそうですね。




(32)Carla Suarez Navarro 7-5 6-4 森田あゆみ

森田さん残念!グランドスラム初勝利は、またもおあずけでした。シードのスアレスナバロに打ち勝つ場面もありましたが、しかしやっぱ勝負どころでうまくいかなかったかなあ。スアレスナバロがしっかり決めました。シングルバックのクロスはキレがあって鋭かったなあ。
杉山さんが引退たあとは日本のエースとして期待されたけど、復活してどんどん強くなっていく伊達さんにランキングも抜かれ置いてけぼりを食らってしまっています。伊達さんはたしかにすばらしいけど、やっぱ19才が39才に負けてほしくはない、という気もするなあ。
なかなか結果が出ないけど、まだ19才、これからですよね!今後の活躍を期待しています。

Marcel Granollers 5-7 2-6 6-4 6-4 6-2 (8)Robin Soderling
(20)Mikhail Youzhny 6-7(9) 4-6 7-6(2) 7-6(4) 6-4 Richard Gasquet
(33)John Isner 6-3 6-3 3-6 5-7 6-4 Andreas Seppi


今日も上位陣は安泰…と思いきや、番狂わせがありました。あらっソダりん…負けちゃった…。昨年はあの全仏のナダル戦勝利で、番狂わせ of the yearを受賞(?)したソダりんが…。これもなんかストーサーがさっき言っていたことと同じだね。以前は番狂わせを演じる側だったのが、今度は自分が番狂わせを起こされることになってしまう…。ソダりんももう堂々たるトップ選手の仲間入りです。
前哨戦もあまり調子よくなかったし、肘の状態もいまひとつみたいだったし、厳しい全豪になるかなあとは思ってはいましたが、初戦で敗れてしまうとは…。
相手のスペイン選手は、ランキング113位。フルセットの熱戦でしたが、すばらしい大金星でした。

1回戦屈指の好カード、ユーズニーVSガスケ、これも予想通り大熱戦。タイブレ3つをとりあう展開、最後はシードのユーズニーが上位の意地をみせました。しかし最終セットはガスケくんがリードしていたようなんだがなあ。
そしてのっぽ軍団のイズナーが1日遅れて登場。シモンの全豪欠場により33シードとちょっと珍しいシードとなりました。こちらもフルセット、セッピはあの強烈なサーブによく耐えたなあ。しかし最後は力つきました。

(1)Roger Federer 4-6 6-2 7-6(2) 6-0 Igor Andreev
Lleyton Hewitt 6-1 6-2 6-3 Ricardo Hocevar
(10)Jo-Wilfried Tsonga 6-3 6-4 6-4 Sergiy Stakhovsky
(3)Novak Djokovic7-5 6-3 6-2 Daniel Gimeno-Traver
Marcos Baghdatis 6-2 6-4 6-4 Paolo Lorenzi


男子の全豪決勝経験者たちは、ほぼ順当に勝ち抜け。ほぼ、と書いたのは、ロジェ君が第1セットを落としたので。その後は3セット連取できたけど、結構苦しんでましたね。ちょこっとだけ夜中の録画放送を見たけど、アンドリエフくんがかなりストローク戦でもいいショット連発してた。1セット落とすだけで大騒ぎになるロジェ君だから、いきなり第1セットとられたときは会場はどよめいたんだろうなあ。
レイトンもいいスタートがきれました。日曜日のハイチ地震チャリティーでは元気な姿を見せてくれていました。なんかレイトン雰囲気変わった?短髪になったせいかな。
ツォンガもスタホスキーに隙を与えなかったみたいですね。うーんちょっとスタホスキーの善戦を期待していたので、残念。
ジョコは今年からタッキーニウェアになっての登場。黒のウェアはなんかタッキーニっぽくないですね。相手の人はヒメノトラベル…いろいろとつっこみどころのありそうな名前ですが、今回はやめときます。スペインはいろんな意味で選手層が厚い。
マルちゃんは前哨戦の好調さを維持していますね。順当に勝ち進むと、このマルちゃんとレイトンが3回戦で対戦するんだよね。応援合戦がすごいことになりそうだね。。

…しかしロジェ君のドローって…かなりタフじゃないか?まず初戦がアンドリエフくんって時点できついし。んでマルちゃんとレイトンとが近くでしかも極めつけがダビデンコ。でもま、タフになればなるほど力を発揮するロジェ君だしね。


Dellacqua's win a big step on the long road back(Melbourne Age)


今日の1曲
Friday I'll Be Over You/Allison Iraheta
WOWOWで試合結果のダイジェストのときに流れてる曲。

Allison Iraheta "Friday I'll Be Over U" Official Video from Allison Iraheta on Vimeo.



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
相互リンクのお願い
はじめまして。
サイト運営をしている者なのですが、相互リンクしていただきたくて、コメントいたしました。
下記のURLから、相互リンクしてもらえると嬉しいです。
http://hikaku.link-z.net/link/register.html
ご迷惑だったらすみません。突然、失礼しました。
85Ef3F9d
2010/01/20(水) 07:21:29 | URL | 相互リンクのお願い #BdFh1f3s[ 編集]
相互リンクのお願いです
ブログを立ち上げたばかりで、相互リンクをしてほしく、コメントしました。迷惑だったら、申し訳ないです。
http://seo.link-z.net/hopstepjumpgo/link/register
ここから、自動で登録できる形になっているのですが、もしよろしければ相互リンクしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

TpP
2010/01/20(水) 06:13:27 | URL | 相互リンクのお願いです #GCNXfkII[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。