Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年最初のランキング更新
2010年02月02日 (火) | 編集 |
年明け少しさぼってしまったので、これが今年最初のランキング更新です。

WTA

2/1 付

1位 Serena Williams 9195p
2位 Dinara Safina 6480p
3位 Caroline Wozniacki 5995p
4位 Svetlana Kuznetsova 5861p
5位 Venus Williams 5526p
6位 Victoria Azarenka 4960p
7位 Elena Dementieva 4705p
8位 Jelena Jankovic 3845p
9位 Agnieszka Radwanska 3605p
10位 Na Li 3500p
[HOT SHOT]

セレナの独走態勢に入った感じですね。2位と2600ポイント近く差がある…サフィーナは昨年準優勝だったのが今年は4回戦で途中棄権してしまいやや後退、3位に浮上しキャリアハイを更新したウォズニアッキに追い上げられています。しかしやはりデメンティエワの後退が痛いですね。2回戦でエナンと当たってしまうという最悪のドローだったデメたん(泣)しかし、来年はその分がっぽりポイントいただきだぜ!アザレンカも順位をあげています。
そして中国のリーが、自身初のトップ10入りでこのコーナーレギュラー獲得!これはめでたい。全豪ではベスト4に中国勢が2人残るという中国旋風の立役者となりました。

そのほか注目

11位 Samantha Stosur 3165p
20位 Jie Zheng 2260p


ストーサーはトップ10にあと一歩だね!全豪では地元の期待を背負って4回戦進出、セレナに敗れました。昨年ようやく念願のタイトルもとれたことだし、1度とれだすと立て続けに獲れるというのはよくあることだから、今年はストーサーの優勝がたくさん見られるかもしれませんよ。

そして中国旋風のもう一人、ジェンジーも、35位から大幅に順位をあげてきました。グランドスラムでもシードされる場所に入ってきましたね。

37位 Maria Kirilenko 1610p[GREATEST GAINER]

キリレンコことキリちゃんもシングルスで自身初のグランドスラムベスト8入りを果たし、順位も58位から大きく上げてきました。なんといっても1回戦でのシャラポワ戦勝利、あれで勢いもつきました。その功績により全豪のpopcorn awardsの番狂わせ賞に輝いています。

ところで全豪準優勝のエナンですが、まだランキングに名前が載っていません。これは、WTAのランキングシステムの決まりにより、3大会以上出場しなければランキング入りできないという決まりがあるからだと、思います。エナンはまだブリスベンと全豪だけだしね。次どこに出るのかな~。初登場はおそらく30位前後ではないかと言われています。

ATP

2/1付


1位 Roger Federer 11350p
2位 Novak Djokovic 8310p
3位 Andy Murray 7800p
4位 Rafael Nadal 7670p
5位 Juan Martin Del Potro 6400p
6位 Nikolay Davydenko 5290p
7位 Andy Roddick 4150p
8位 Robin Soderling 3375p
9位 Jo-Wilflied Tsonga 3235p
10位 Marin Cilic 2970p
[HOT SHOT]

今回の全豪は、トップ10のうち8人がベスト8入りという上位陣の磐石さが光りましたね。敗れたデルポトロも負けた相手がチリチリだったわけだし。うーんこれはトップ10を目指す下位選手にとっては相当大変な時代になってきましたね。

男子のほうも、グランドスラム終了後とあって上位陣も大きく変化してます。ナダル君ずいぶん下がったね…4位って、2005年にローランギャロス初優勝したときがたしか第4シードだったから、その頃以来かな。今までは調子悪くてもなんとか2位の座をキープしていましたが、久々に2強からおりることになりました。やや淋しいですが、今はランキング以前に5セット戦える体を作り直すことが先決です!
そしてかわって2位に浮上してキャリアハイを更新したのが、ジョコビッチ。あれだけがんばってもなかなか2位になれなかったのが、ようやくここでなれました。全豪はあまりいい終わり方とはいえなかったしナダル君がポイント落としたから棚ぼた的な感じではあるけど、でも昨年後半からずっとがんばっていい結果をだしてきてその総合的なポイントと順位だし、がんばったかいがあったよね。残すは1位だけです。
全豪準優勝のマレーくんも3位と順位をあげました。

しかしこうやってみると、またロジェ君とそれ以外の差がまたずいぶん広がりましたね…ロジェ君は去年準優勝だった全豪を今年優勝だからまたがっぽりポイントが入った…なんだか王者を追いかける2位争いをしている人々がつぶしあってなかなか抜け出せない、という感じもします。一昔前はフェデラーナダルの2強と言われていましたが、今は…1強+3、デルポトロも全米優勝だから加えて4、という感じかな。ジョコからデルポのポイントは少し差があるけど、4人の力加減はほぼ横一線と思われます。この中から誰が抜け出すのかな。特に得点の高いマスターズシリーズでこれまであまり大きな結果を出していないデルポトロの今年の働きには注目ですね。

全豪では宿敵フェデラーに傷心の逆転負けを食らったニコちゃん3号ことダビデンコですが、全豪ではちょっとした注目の的となりました。「パリス・ヒルトンにはなりたくない」という名言とは裏腹にそのユーモアたっぷりのコメントとキャラクターでどんどん注目度も輝き具合も高まっています。奥さんのイリーナもすっかりおなじみとなりました。そしてめでたく?全豪のPopcorn awardでBest New Personality賞とWhat did you say?賞と、best all-round performance賞の3冠に輝きました!おめでとう~(?)。言ってみれば主演男優賞みたいなもんか。そして、7位のアンディは、ジョンマッケンロー賞というありがたいのかどうかよくわからない賞を受賞しています。

ソダりんはすっかりこのコーナーレギュラー定着したけど全豪1回戦負けでちょっと尻に火がついてきたか。ツォンガが全豪ベスト4で追い上げてます。
そしてリーナ同様全豪の活躍で初のトップ10入りを決めたのが、チリッチ。めでたいランキングコーナーレギュラー入りとなりました。さっそくきたね~☆チリチリはトップ10にいつ入ってもおかしくなかったしね。チリチリの今年も楽しみですね。そのチリッチもpopcorn awardsで線審にやさしい選手賞(?)を受賞しています。足が長くてよかった。

そのほか注目

19位 Lleyton Hewitt 1770p
25位 John Isner 1440p


全豪4回戦進出を果たした2人がそれぞれ3つ順位をあげました。2人ともファイナリストの2人にそれぞれ敗れています。レイトンはしかし、どうやら年初のホップマンカップの直前、臀部を痛めていたようで、全豪敗戦直後に手術をしたそうですね。2008年に手術をした怪我とは違うもののようです。全豪もそんな状態で戦っていたのか…。インディアンウェルズまではツアーを離れて休養するようで、5月のローランギャロスに間に合うように、と今回は早めに手術を決意したようです。

今年29歳になるレイトン、30才近くなると引退の2文字がついてまわるものですが、そういうことは一切考えてないといいます。そして、キムやエナンが復帰して活躍しているのが励みになっているようですね。
怪我がよくなって、レイトンの元気な姿が見られるのを首を長くして待っています。

全米でも活躍したイズナー、オークランドでツアー初優勝をあげた好調さを全豪でも維持しベスト16入り。アメリカNo.2となり、今後はデ杯への出場もありそうですね。イズナーはもう24才くらいだけど、童顔でお人形さんみたいな?顔立ちですね。イケメンなのかどうかは、よくわからないけど…。とりあえずベビーフェイス3号に任命する。ちなみに1号アンチッチ、2号グルビスです。
そしてイズナーは先ほどから既出のpopcorn awardsでマラトサフィン賞を受賞しています。それはどんな賞かというと…ラケットで折り紙できました賞(折り紙って英語でもOrigamiていうんだね~)。

61位 Lukasz Kubot 739p[GREATEST GAINER]

今週一番のアップ度だったのは、全豪4回戦進出のクボト(読み方はこれでいいのかな)。3回戦はユーズニーの棄権というものではありましたが、去年の今ごろは200位近い順位だったのが少しずつランキングを上げて、今年初めにトップ100入り、そして早くもトップ50が見えてきました。27才にしてキャリアハイランキング更新はすばらしいですね。去年北京でアンディにストレート勝ちしたのが印象に残っています。

今日の1曲
Autograph/Bryan Brothers Band feat. Andy Murray & Novak Djokovic
ブライアン兄弟全豪ダブルス優勝おめでとう!

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
>momoさん

ホップマンカップですでに痛めていたにもかかわらずシドニーや全豪も出てたなんて、そんなものを抱えてるとは全くわかりませんでしたね。しかしそれが怪我を悪くしてしまったのでなければよいのですが…

今回は手術しないという選択肢もあったようですが、全仏まで少し期間があるということも手術に踏み切る動機づけになりましたかね。といっても大手術ではないようだし以前の怪我のときよりは早めに復帰できるようだから、期待して待っていたいと思います。
2010/02/05(金) 08:01:52 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
レイトン、また手術!のニュースにがっくりきて、しばらくテニス関係の記事やブログを読めないでおりました(泣)
せっかくTOP20に返り咲いたのに…

でも、フェデラーに負けた後、まったく怪我を言い訳にしなかった彼の姿にあらためて惚れました。(その時は、まさか手術するほどの状態だったとは全く気づきませんでしたが)
しっかり治して、また元気に走り回る姿を見せてほしいです…
2010/02/04(木) 15:56:42 | URL | momo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。