Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


五輪もいいけどテニスもね・ランキング更新2/15
2010年02月16日 (火) | 編集 |
WTA

2/15 付

1位 Serena Williams 8995p
2位 Dinara Safina 6480p
3位 Caroline Wozniacki 5995p
4位 Svetlana Kuznetsova 5861p
5位 Venus Williams 5526p
6位 Victoria Azarenka 4960p
7位 Elena Dementieva 4855p
8位 Jelena Jankovic 3765p
9位 Agnieszka Radwanska 3605p
10位 Na Li 3441p


先週はトップ10ではデメたんことデメンティエワが第1シードとしてパリのインドア大会に登場。若手からのすさまじい挑戦を退け、見事優勝、おめでとう!トップシードとして優勝するのは決して簡単なことじゃない、そして今までなんども惜しいところでタイトルを逃してきたこの大会でついに優勝できてうれしいと、語っていました。
これで今年はシドニーに続く2勝目。2つともプレミアと大きな大会ですね。…でもその間のもっと大きな全豪がほんとうに不憫だったよなあんとに…(涙) 。セレナやビーナスがすごいのはわかるけど、こうやってこつこつがんばっているデメたんにもちっとは微笑んでくださいよグランドスラムの女神さま。


そのほか注目

11位 Flavia Pennetta 3230p
14位 Vera Zvonareva 2940p


ペンネッタはフェドカップ明けでしたが元気にベスト4。準決勝で敗れています。最近はトップ10前後を行ったり来たりという感じですね。そういえば「モヤちんの元カノ」ということを最近忘れてた。それだけ最近は本人の活躍がすばらしいということで。

そして先週行われたもうひとつの大会、Pattaya Cityではズボナレワがこちらも第1シードで登場して見事優勝!おめでとう!準決勝はShvedovaに大変苦労しましたが、決勝では地元の第一人者、ツアーでもおなじみのタナスガーンに会心のストレート勝ちです。昨年も優勝してこれで2連覇だそうです。以前メンフィスで連覇を達成したことがあり、これが2大会目の連覇ですね。

39位 Lucie Safarova 1575p

パリの大会決勝進出、デメたん相手に第1セットはタイブレークを制しながら2、3セットとられて逆転負けでしたが見事な準優勝でした。この大会は過去も決勝進出の経験がありそのときも3セットで敗れたそうで、今回雪辱なりませんでした。しかし準決勝では第2シードのペンネッタに逆転勝ち。最後の数ポイントまでどちらに勝負がころぶか全くわからないという緊迫した試合を制しました。バレンタインデーはやっぱベルディヒにチョコを上げたのかな。てかそういう習慣はあちらにはないかな。

42位 Melanie Oudin 1447p
43位 Yaroslava Shvedova 1424p


うどんちゃん(ウダン)が久々に上位進出でした。パリの大会ベスト4入り、準決勝でデメたんに敗れています。しかし第1セットを奪う健闘でした。そういえば去年の全米はこのデメVSうどんちゃんがありましたっけ。あそこからうどんちゃんのシンデレラストーリーが始まったんだよなあ。あれも2回戦だった…デメたんはほんと最近グランドスラムついてないなあ…。そのときの借りを返された格好のうどんちゃんでしたが、負けるにしても十分デメを苦しめたようで、やはり相性いいのかな。全米のときは、テンポよくライジングで打つデメの速いリズムに比べ、一瞬間があるうどんちゃんのストロークのリズムが噛みあわずにデメが苦しんでいたのをよく覚えています。

そしてこちらもベスト4、Pattaya Cityで準決勝進出、第2セットとりかえしてフルセットに持ち込みましたが最後は優勝したズボナレワに敗れましたShvedovaです。ツアーでの準決勝は昨年のタシケント以来ですね。2007年にWTAツアー初優勝をして以来ややタイトルから遠ざかっています。ちなみにこの人は私と誕生日が全く一緒です。どうでもいいかそれは。

75位 Tamarine Tanasugarn 858p

地元タイのPattaya Cityで行われた大会で、さすが地元のエースだけあって活躍、決勝進出。決勝戦はさすがにズボナレワにやぶれてしまいましたが、32歳になるタナスガーン、まだまだ若いもんには簡単には負けません。昨年は芝の大会でも優勝しましたっけ~。あーそういえばタイといえば男子のスリシャパンが映画に出てたなあ。まさかタナスガーンはないよね…いや別にあってもいいんだが。そしてタナスガーンはダブルスでErakovicと組んでこちらは優勝です、おめでとう!

139位 Sesil Karatantcheva 421p[GREATEST GAINER]

今回一番のアップ率だったのは、最近すこしずつ名前を見るようになりましたね、カラタンチェワ。Pattaya Cityでベスト4。準決勝でタナスガーンに敗れています。今年全豪でも1回戦でタナスガーンに敗れていて2連敗中かー。若者がんばれ。
薬物違反による停止処分はもうだいぶ前に解けて、最近ツアーでもこうやって少しずつではありますが活躍してくるようになりました。全仏でビーナスを破ったのは、15才だったか16才だったか忘れたけどずいぶん若いころだったよなー。もう20歳になりました。



ATP

2/15付


1位 Roger Federer 11350p
2位 Novak Djokovic 8310p
3位 Rafael Nadal 7370p
4位 Andy Murray 7300p
5位 Juan Martin Del Potro 6355p
6位 Nikolay Davydenko 5290p
7位 Andy Roddick 4210p
8位 Robin Soderling 3855p
9位 Jo-Wilflied Tsonga 2985p
10位 Marin Cilic 2970p


今週はトップ10はいろいろと動きがありますね。上位では昨年ロッテルダム優勝のマレーくんが今年出てなくてランキング4位に下がりました。まあナダルくんも去年ロッテルダム準優勝だからポイントは落としたんだろうけど。

2位のジョコビッチ、6位のダビデンコ、8位のソダりんが今年初のATPツアー500の大会であるロッテルダムに出場。選手からの人気も高い大会だけあってレベル高くていいメンツそろってんな~。て思ってました。そして3人とも順当に準決勝進出。ジョコはしかしそこでユーズニーに敗れました。どうやら3年前もこのロッテルダムの準決勝、同じ状況で同じカードで同じ結果になったようです。歴史は繰り返す。

そしてもうひとつの準決勝、ソダりんVSニコちゃん対決は、ソダりんが勝利!今のってる男ダビデンコをストレートで撃破しました。そしてその勢いのままに決勝もユーズニーを圧倒したようで、最後はユーズニーの途中リタイアとなってしまいましたが、優勝です!おめでとう~!!
今シーズンの不調をひっくり返すすばらしい一週間でしたね。今年はチェンナイ、全豪と初戦敗退、今大会も初戦セラ相手に第1セットを奪われるいや~な流れでしたが、その序盤のもたつきをなんとか我慢して乗り越え、勝ち進むごとに徐々にいいプレーができるようになったとのこと。そして2008年は決勝でファイナルタイブレで惜しくも敗れて準優勝だったのが、ついに頂点に到達することができました。よかったよかった。やっぱソダりんが活躍してない1月はなんかさみしい感じだった。これをいい弾みにして今年もがんばっておくれ。


アメリカではサンノゼでおなじみのSAP Openが行われました。全豪でアンディが負傷して、大会関係者はアンディが無事に出場してくれるかんもう心配で胃に穴でもあきそうな感じだったらしいけど(それは想像)、無事に出場、決勝進出と期待どおりの活躍をしてくれました。この7年ずっとベスト4以上をキープしているらしいね。そして過去3回優勝しているアンディですがしかし、今年は決勝でベルちんに敗れ準優勝でした。まあ第2シードに負けたんだから番狂わせとは言わないよね~。もう肩のほうは大丈夫みたいね。
勝ち上がる過程ではベルディヒやクエリーくんなどとタフな試合を勝ち抜いてきました。そういったいい試合をこなせたのは、練習しているだけよりはずっとためになる、と、まだまだ始まったばかりの今シーズンに手応えを感じているようでもあります。



そのほか注目

11位 Fernando Verdasco 2860p

今年サンノゼ初登場となったベルダスコことベルちん。大会初日だったか、月曜日だったっけ、サンプラスとエキシビジョンをしていましたね~。試合はベルちんが勝ったようではありますが。しかしこのベルちんとふつうにやりあえるサンプラスもすごいわ…そのサンプラス効果かどうかはわかりませんが、レジェンド中のレジェンドだもんね、すごくいい経験になったんじゃないかな、そしてこの大会見事トップ10のアンディをやぶって優勝です!おめでとう~!!第1セットはとられましたが残りの2セットサーブがよく入ったとのこと。決勝だけじゃなく勝ち上がりでもサーブがよかった、といっているのがあった。やはりサーブがいいとほかのプレーにもいい相乗効果があるものですね。

全豪でダビデンコに敗れたあとは、10日ほど休養したあとロスで練習を再開したとのこと。あそういえばラケットがヨネックスになったんだよね。…前はなんだったっけ?まあ全豪のときにも特集やったけど、以前アガシのコーチをしてた誰とかという人の指導も受けているしダレンケーヒルからも教えてもらってるしベガスに住みたいと言っているようだし、アメリカ好きなのかな。将来ハースみたいにアメリカ市民権までもらっちゃうかも?

15位 Mikhail Youzhny 1980p

昨年の楽天準優勝やクレムリンカップ優勝が記憶に新しいユーズニーですが、今年もこのコーナーよく出てきますね。先週ロッテルダムで準優勝。準決勝では第1シードのジョコビッチにタイブレ2つというタフな内容ながらストレート勝ちです。しかし前のQFのモンフィス戦のときから感じていたという足の痛みがどんどんひどくなったようで、ついに決勝戦は途中棄権となってしまいました。全豪のときもそういえば棄権だったよなあ。ユーズニーはとてもいい選手だけにこういう怪我が惜しいです。それでも、ランキングをまた5つあげ、ついにトップ10も視界に入ってきました。

22位 Juan Carlos Ferrero 1760p

先週30才を迎えたフェレロが、元クレーキングの実力を発揮して見事ブラジル大会優勝、おめでとう~!!意外にも南米では初タイトルらしいですね。決勝は初対戦となったクボトに1ゲームしか与えない圧勝でした。
こんなにワンサイドな展開になるとは思わなかった、とのことですが、たしかにスコアは圧勝だけどほんのちょっとしたことからこういう展開になってしまうことってありますよね。実際の力の差はそんなにないでしょう。しかし以前何年も優勝できなかったのが、昨年久々に優勝して、今年も、決勝ですばらしいプレーぶりをみせてくれました。今年は全豪もオークランドもいまいちな感じの結果でしたが、やはり土を得た王子様は強かった。
しかしフェレロがもう30才か…時の経つのは早いものだ…。

31位 Sam Querrey 1260p
38位 Igor Andreev 1040p


クエリーくんはサンノゼ大会ベスト4.準決勝でアンディに敗れました。そのアンディとの準決勝はすさまじい内容だったようで、クエリー君のほうが序盤は調子よくて2セット目もタイブレまでいきましたが、アンディが勝負どころで大事なポイントをもぎとって、最後もファイナルタイブレでした。クエリーくんはアンディにブレイクチャンスを一度も与えなかくて敗れたというから、いかに接戦だったかわかります。この2人の対戦はいつもこんな感じの接戦になるなあ。

アンドリエフくんはブラジル大会ベスト4、準決勝第1セットはとったものの2、3セットとられて敗れました。しかしアンドリエフ君といえば、やっぱ全豪の1回戦のフェデラー戦がやっぱ印象的でしたね。結果的に優勝したフェデラーを一番苦しめたといってもいいアンドリエフくんの力が証明された大会でした。
2005年に3大会で優勝する活躍をしましたがそれ以降タイトルからは遠ざかっています。2008年のGstaad以来の決勝進出を狙いましたが…。
アンドリエフ君もキリちゃんにチョコもらったのかな。だからそういう習慣は日本だけだっちゅうに。

48位 Lukasz Kubot 877p[HOT SHOT]

クボトはブラジル大会準優勝。昨年のセルビアオープンに続くツアー2度目の決勝ですが初タイトルはまたお預けとなりました。去年は相手ジョコだったし今日はフェレロだし、うーん決勝の相手がつおい…しかし勝ち上がりではクレーでの実力者、アンドリエフ君やモンタネスに下克上勝利、この活躍でどんどんキャリアハイ更新、ついに初のトップ50入りです。クボトは全豪後ヨーロッパのインドアにいくか南米のこっちにくるか迷っていたようですが、外でプレーするのが好きだし南米の雰囲気が好きなのでこっちにきてよかった、と言ってますね。
さてこれからどこまでキャリアハイを更新するか、楽しみだね。そしてもちろん、ツアー初優勝めざしてがんばれ!
ちなみにクボトはダブルスでも決勝進出しましたが、こちらも残念ながら敗れてしまいやや切ないブラジル大会となりました。ちなみにダブルスはこれまでにすでにタイトルを4つ獲得しています。

77位 Denis Istomin 630p

ウズベキスタンのイストミンが、ATPツアー初のベスト4入りをサンノゼ大会で決めました。準決勝も、優勝したベルダスコとかなりいい試合をやったようですが惜しくも初の決勝進出なりませんでした。しかし、トップの選手とこれだけ戦えたのは自信がついたと、前向きに話していました。


113位 Ricardo Mello 484p[GREATEST GAINER]

ワイルドカードで出場の地元ブラジルのメロがベスト4の活躍でした。準々決勝では前週チリで優勝したベルッチとのブラジル対決を制しました。ほぼ完璧に近いプレーができた、とのこと。ブラジル大会は雨にたたられダブルヘッダーにもなって、1日に2試合シングルスをこなさなければいけないこともあったようですが、戦略やショットが本当によかったと、話していました。
メロはクエルテンが戦列を離れたあとブラジルのエースとして活躍していましたね。2004年にはアメリカのデルレービーチで優勝を飾りました。今シーズンはチャレンジャーでもすでに優勝しており好調とのことで、このブラジルでの活躍も弾みにしてトップ100内への復帰を狙っています。


…ふう~。3大会あるとやっぱ疲れるね(笑)。しかもオリンピックが始まってそっちをよく見てるので、正直最近テニスあんまりまじめに見ていません…なのでいつも以上に内容が薄いですが、どうもすんません。五輪が終わったらもうちょっとまじめに観戦などしたいと思います。

今日の1曲
Luv 4 Luv(Cutmore Remix)/Robin S
なつかしー!90年代よく聴いてたな~。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
>rymonさん

こんばんは。すいませんスパムを削除してたら自分のコメントをうっかり削除してしまいました…orz rymonさんのコメントじゃなかったのでまだよかったけど…ほんとすいません~

えーと、何て書いてたっけ…(涙)

セレナは全豪後は相変わらずいまいちですが、今年クレーシーズンどうなんでしょうね。ローランギャロスは一番苦手な?サーフェスだし今年はキムエナンがいるから厳しい戦いになるでしょうね。

一方デメたんもハードコートよりはクレーは少し難しいのかな。でもクレーは女子もエナン以外は横一線という感じだし、デメにチャンスがくるといいなあと思います。

ダビデンコ、手首を怪我してしまいましたね。昨年秋からずっと活躍していただけにここへきて少しその影響がでているのでしょうか。クレーシーズンは体の負担も大きいですし、うーん心配です。

最近更新が少なくてすみません。いろいろ落ち着いたらまた更新頻度も増えると思いますので…。

2010/04/07(水) 21:30:28 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
女子、当分トップはセレナなのでしょうねぇ。あれだけ動きが重そうなのにきっちりボールに追いついたり、しっかりボールを打ち込めたり…力だけじゃないのだなと思う。しかし、サフィーナはやばそう。

ディメンティエワ、そうですねぇ、なんだかすごく健気にプレイする人になりましたね。応援したくなる。
全豪でも、応援してたんだけどな…
俺のイメージ的にはデンコ的存在です。

うだん、全米の時は使ってるラケットが俺と一緒だった(どうでもいいな)
どうしてもシュビドゥバって読んでしまう人…同じ誕生日ですか、そうですか、なかなかやる人ですよね。伊達もやられた。

ナダルの練習再開映像を見ました。特にファンじゃないけど、最近のジョコのプレイの2位よりはナダルのほうがずっといいので、頑張ってほしいです。

クボタ君、最近よく見ますね。ダブルスもやる選手に頑張ってほしいこのごろ。ダブル、上手だなとどっかで思ったけど、そんなに買ってるのですね。クボトにも期待。

やー、細かく色々チェックされてて、すごく勉強になります。これからも、ちょくちょく読ませてください。
コメント、だらだら書いてすみません…
2010/02/16(火) 18:06:53 | URL | rymon #JUGsyThY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。