Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全仏オープンいよいよ開幕! -男子編-
2010年05月22日 (土) | 編集 |
女子につづいて今度は男子です。

ラファエル・ナダル、クレーキング奪回にむけて

まずはやっぱり我らがラファことナダルくん。今年の前哨戦は例年以上にパーフェクトに近い戦いでしたね。去年の教訓があったからか、地元のバルセロナを欠場してマスターズ3大会に絞ったのがよかった。その3大会ですべて優勝!おいしいところを独り占めしてしまいました。とくにモンテカルロは強かったなあ。ローマやマドリッドでは苦しい試合もあったけども、持ち前のメンタルタフネスと勝負強さで乗り切り、自信もまるっとついて満を持してのパリ入りとなりました。

といってももちろん不安要素がないわけではない。サーブゲームで攻められてブレイクのピンチになることが多すぎて…強いといってもそれは結果だけ見てのことであって、内容では相変わらずひやひやの場面も数多くありました。ローマやマドリッドではショットやプレーに精彩を欠く場面もありましたが、それでも負けない。しばらく影をひそめていたバックの強いショットがまた復活してきているなあという印象があります。あれがあるとないとではフォアにかかる負担度もずいぶん違うしね。ちなみに同じ年にマスターズクレー全制覇は史上初、そしてマドリッドの優勝でアガシを抜いてマスターズシリーズ優勝回数でも歴代単独1位となりました。

以前フェデラーが最強だったころ(てか今も1位だけど)、「フェデラーの敵は彼自身」と言われていたことがありました。今のクレーのナダルくんも同じだと思う。今の彼にとって、怖いのは相手以上に自分自身。ひざに爆弾を抱えているし、ただでさえ怪我の多い選手ですからね…だからといって負けたときに怪我を言い訳にするわけではないけれど。試合では何が起こるかわからない。

とはいっても、とりあえず、アクシデントやトラブルが起こらず、ナダルくん自身のいつものプレーができれば、普通に優勝するんじゃね?と例年になく余裕かましているんだがよいのだろうか。。。過去のようなびくびく感は私は持ってない。もちろん負ける可能性はいつだってあるし怖さはなくはないけど、それはほかの選手にも言えることだし、万が一負けたらそれはそれで仕方がないさ。去年の悪夢を経験したので、たいがいのことにはもうびびりませんよ(- -)。せっかく前哨戦こんなすばらしい結果を残してるのだし、ラファを信じてネガティブなことはあまり考えず楽しく応援していこうと思ってます。

そのほか続き以降で。


打倒ナダル候補

去年は、ロビン・ソダーリングという誰も予想しなかった選手が、ローランギャロス無敗のクレーキングだったナダルくんに土をつけ、史上最大の番狂わせといわれました。今年はどんなシンデレラボーイが現れるのかな。
私はナダルくんが敗れる可能性があるならば、やっぱその相手はフェデラーしかいないだろうと思います。たしかにロジェ君は今季クレーではあまり結果を残せてないけど、マドリッド決勝でフェデラーと対戦したときのナダルくんはとても緊張して動きも表情も硬かった。やっぱナダルくんにとってもフェデラーという存在は特別なのだなと改めて思いました。そして、ロジェ君のグランドスラムでの強さははんぱない。実にこれまで22大会連続GSベスト4入りという宇宙銀河的な記録を更新し続けています。やっぱグランドスラムではフェデラーははずせない。

あとはフェデラーにとっては今年は年間グランドスラムのチャンスが残されてます。年齢などを考えても今年最後のチャンスになるかもしれない。私はナダルくんの優勝と同時にフェデラーの年間グランドスラムも見てみたいんだよね…さすがにナダルくんと対戦した場合は応援できないけど、もし去年みたいなことになったら、やっぱロジェ君に優勝してほしいと思う。というか、やっぱグランドスラムの決勝だし、フェデラー、ナダル、偉大な2人の熱い神試合が見たい!てのがやっぱ一番です。

ほかのグランドスラムでは十分ナダルくんを脅かし得るはずのジョコビッチ、マレーくんについては、今年のクレーシーズンは消化不良な感じになってしまっています。特にジョコビッチは…モンテでベルちんに敗れたあとバルセロナでまたもや同じベルちんに破れ、地元のセルビアはリタイア、マドリッドは欠場…大丈夫?かつては全仏でも準決勝などでナダルくんと熱い試合をやっていたジョコですが。全仏は初戦コロレフとちょっと難敵との対戦となりました。
去年ジョコは3回戦敗退だから今年はポイントアップの大チャンスなんだけど…。

そしてマレーくん。全豪決勝で敗れて以来やや元気がない感じです。昨年別れたキムシアーズさんとも復縁したことだし、元気でてくるかなと思ったけどクレーではあまりいいところなくパリを迎えることになりました。しかも全仏初戦が、ガスケ君て…これはきつい…うーむ。

そのほか注目選手

フェデラーナダル以外で今年のクレーで注目な選手。その最たる人物は、ローマ大会準決勝でナダルくんを崖っぷちまで追い詰めたグルビス。あの試合はほんとやばかった…半分以上負けると思いました…。グルビスのビッグサーブとどこからでも打ってくる強烈なショットは、本当にすばらしかった。そしてクレーでのフットワークやナダルスピンにもそれほど苦しんでいなさそうな感じでコート中を走り回り粘りもある。そしてドロップショットがうまかったですね。グルビスは今年デルレービーチでツアーシングルス初優勝を達成し、ローマではマッチポイントを何度も逃したあとフェデラーに勝利、メンタルの強さも見せ付けました。今最も旬な選手と言えるでしょう。

あのローマでのナダル戦はほかの選手に対ナダルの対策のヒントを与えたのじゃないかと思う。ラリーを続けるのは結局ナダルペースになる。一球で仕留めるショットの強さを持って早い段階で仕掛けるハードコートのときのようなスタイルがやっぱナダルくん対しては一番有効なのだろうね。それにビッグサーブが加わればさらにナダルくんにとっては脅威になる。

そして旬な男といえばこちらも、ベルダスコことベルちんもこのクレーは活躍してますね。モンテカルロで自身初のマスターズ決勝進出、翌週のバルセロナ優勝、ローマでもベスト4、そして今週行われているNiceでも現時点で決勝進出を決めています。そしてこのクレーシーズン最中に2回ジョコビッチとあたって2回とも勝ってますね。心配なのはクレーフルにやってるから肝心の全仏で息切れしちゃわないかということだけ…。
それから同じスペインのモンタネスも、エストリルではフェデラーに勝った。あのモンタネスがフェデラーに勝つ日がくるとは…感無量…そしてエストリルは去年に続いて連覇。クレースペシャリストとして存在感を増しています。

あとはちょっと意外なところでフランケンことサム・クエリーくんが今年調子よさそうですね。セルビアの大会で優勝、ヒューストンでも準優勝してます。今週もWTCに出場して3連勝と、アメリカ決勝進出の立役者となってがんばってます。アメリカ人の活躍はうれしいな~。イズナーともども全仏もがんばってほしいな。そしてアメリカといえばアンディは…ウィンブルドンが控えているので、とりあえず怪我なくやってくれれば…。

全仏欠場者

今年の全仏は男子は欠場者が多いです。デルポトロにダビデンコ、シモン、ハース、ナルバンディアン、モヤちん、など。デルポトロは去年の活躍が記憶に新しいだけにとっても残念です。以前から痛めていた手首をついに手術に踏み切ったそうで、復帰は全米以降になるらしい…そして去年から今年にかけて大活躍だったダビデンコことニコちゃん3号も、インディアンウェルズを棄権して以降戦列を離れています。ハースも去年活躍して結構試合たくさん出ていたからそういうことも影響しているのかなあ。活躍して勝ちあがって試合にたくさん出ると体が悲鳴を上げてしまうというジレンマ…。そんな中どうやって怪我を少なくしながらコンスタントに成績を残してくかは、とても難しい問題だと思います。

日本人選手

男子では、手首の怪我から復帰して現在チャレンジャーで活躍中の錦織圭くん。本人も一番好きなグランドスラムはローランギャロスと以前語っていた。その全仏にいよいよ本戦初出場です。2回戦でジョコとあたりそうというのが話題にはなっているけど、初戦で対戦するコロンビアのGiraldoはランキング55位、決して楽な相手ではありません…ていうか格上…。チャンスをつかんで、初戦突破めざしてがんばれ!

というわけで予想

QF フェデラー vs グルビス
   イズナー vs ツォンガ
   フェレル vs クエリー
   ベルダスコ vs ナダル

SF フェデラー vs ツォンガ
   フェレル vs ナダル

F  フェデラー vs ナダル

優勝 ナダル


いつもはグランドスラム期間中はいろいろと毎日更新するのですが、今年は…たぶんあんなにたくさんはやらないのではないかと(汗)それなりにちょぼちょぼと書くつもりではありますが…そのかわりtwitterにはちょこちょこ書いてますので、興味ありましたら(まああまりないでしょうが)覗いてみてくださいませ。

今日の1曲
Lose Yourself/Eminem
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/23(金) 11:03:26 | | #[ 編集]
>rymonさん

こんばんは。いよいよ始まりましたね。
ナダルくんは今年は今のところフィジカルの不調もなさそうで前哨戦も万全で死角はなさそうですが、サーフェスが速くビッグサーバーやハードヒッターに有利な感じになっているから、去年のソダりんのような選手に攻められると厳しい場面もあるかもしれませんね。それでも5セットマッチだしなかなか負けるイメージはないですが…
フェデラーは好調のようですね!前哨戦の不調がうそのようです。やはりグランドスラムにあわせた調整のうまさを感じます。ベスト4記録はまた更新しそうですね~。

グルビスは残念ながら1回戦敗退でしたね。前哨戦好調だっただけに意外でしたが、ひとつのアクシデントですべてが変わってしまう、怖いですね。1セット目もとられて多少焦りもあったかもしれません。彼はハードコートでもっと強さを発揮しそうだから夏の北米シーズン大注目ですね。

ハースは息の長い選手ですよね!怪我も多いけど…それでももって生まれた才能と努力でここまで続けてかつトップで活躍しているのはすばらしいです。最近アメリカの市民権を獲得したようですが、デ杯どうするんでしょうかね~。

今回は伊達さんと錦織くんがやってくれましたね!2人とも負け寸前からの劇的なカムバックでした。伊達さんは2回戦敗れてしまいましたが、最近日本人女子がやや元気ない中39才のこのがんばりは、私達を含め考えさせることが多いように感じました。

今年はクレーコーターがちょっとおとなしい感じですね。やはりサーフェスが微妙に変化しているのでしょうか。ラリーを続けるしこりテニスが有効だった昔から、今はクレーでも攻撃的にいかないと勝てない時代になってきてるんでしょうね。ジョコは守りも堅いけど錦織くんの攻撃力で少しでも風穴を開けてくれることを期待しています。


2010/05/28(金) 00:30:03 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
うーん、ナダルはやっぱりクレーでは強いですよ。
昔より色んな迷いがあるように感じられ、単純にファイ、いやバモってたころよりミスも目立ったり、打ちこまれるシーンも目立ったり。
でも、自分から打って前に行く技術やしっかりボレーを浅く角度つけるとか、成長もたくさん見られますし、まだこれから数年で成長していくのでしょうね。膝だけが心配ですね。

グルビスってATPの番組で天才って言われて知ったのがもう何年も前だったんですが、この頃なんだか急に強くなりましたね。フェデラーみたいにメンタルを成長させて、将来トップ5くらいまでもいけるのだろうか…

ハースは確かまた手術したのでしたっけね、しかし何回も手術したりしつつも続けるメンタルの強さは凄い。それにしても、テニスはハードなスポーツですね。故障者多すぎ…。もう少しなんとかならんのかのう…

loseyourselfか。それぞれの決戦、それも本選1回戦にやっと辿り着く選手にとってはその1度のチャンスで自分の可能性をぐっと広げる何かを手にしたい、やるしかないって思いつめて勝負に臨むんだろうなぁ。

全仏はもともとは、そんなに有名ではない選手が名をあげる場でしたよね。俺はジョコを最初に知ったのも、全仏でした。今年はそんなジョコを倒して錦織が旋風を巻き起こしたりしてくれないかなあ。
2010/05/27(木) 10:48:33 | URL | rymon #JUGsyThY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。