Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ATP ランキング更新 7/25
2005年07月25日 (月) | 編集 |
大会が終了しまして、月曜恒例ランキング更新。

7月25日付

1位 ロジャー・フェデラー 910p
2位 ラファエル・ナダル 737p
3位 アンディ・ロディック 446p
4位 レイトン・ヒューイット 354p
5位 ニコライ・ダビデンコ 331p
6位 マラト・サフィン 321p
7位 ガストン・ガウディオ 302p
8位 ギジェルモ・コリア 299p
9位 マリアノ・プエルタ 263p
10位 フェルナンド・ゴンザレス 228p


2位のナダル君と7位のガストン君が今週の活躍でそれぞれポイントをまた伸ばしました。ガストン君は300点代突入、順位も1つあげました。そして優勝したゴンちゃんが久しぶりに!トップ10に戻ってきましたね。

ナダル君はエントリーランキングでも2位に浮上。とはいっても3位のレイトンとはほとんど差はないんだけども。これからハードコートシーズン、全米オープンまでのこの2位争いは結構興味をひくところ。ロジェ君と決勝で当たることを願って第2シードの座が欲しくてたまらなかったレイトンでしたが、ウィンブルドンではそれがかないませんでした。全米ではシードはランキング通りにつけられます。全米でレイトンが第2シードの座をものにすることができるのか、それともナダル君がその座をいきなりものにしてしまうのか?

まハードではレイトンのほうが強かろうけど、レイトンは去年この時期のハードで大活躍しているので、その分失うポイントも多い。そして逆にナダル君はハードの実績はないけど、去年の守るポイントそれほどない。だから結構微妙~な状況だと思うんだけど。まナダル君はランキングは気にしていても、それと全米でのシードを結びつけて考える余裕はまだないでしょうし、第2シードとかそういうのには全然こだわりはないでしょう。第一そんなこと君が言うのは100年早い。

そのほか注目

40位(←51位)アグスティン・カレリ 98p

今週はトップ50の動きはかなり少なめなのですが、その中で光っているのがこちら。アメルスフルト決勝進出を果たし、トップ50入りです。

47位(←62位) ジャコ・ニミネン 84p

じゃこくんがじわじわ上がってきましたね~。シュトゥットガルト、大活躍でベスト4進出、うれしいトップ50入りです。

48位(←85位) ロビー・ジネプリ 83p

今週一番のアップ率は当然この人。地元の大きな大会で見事優勝、一気にトップ50入りを決めましたね。

55位(←62位) アンドレアス・セッピ 74p
57位(←66位) マリアノ・サバレタ 73p


シュトゥットガルトでベスト8に入る活躍をみせてそれぞれ順位アップ。セッピはロブレド君を破りました。2人ともトップ50にあと一息。

64位(←79位) カロル・ベック 67p
76位(←91位) イボ・ミナル 55p
78位(←91位) ダビド・サンチェス 54p


それぞれ準決勝まで進出し、ポイント、順位ともに大きく上げてきました。ベックはデ杯翌週の疲れもみせずにがんばりました。ミナルは、強い強い第1シードのプエルタ君に大金星でした。サンチェスも、第3シードのニコちゃん1号を破ってのうれしいベスト4です。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。