Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジネプリには負けられん!-ロサンゼルス 7/26
2005年07月26日 (火) | 編集 |
日本語はしゃべれないなぁ

Kevin Kim

@ATP official


Mercedes-Benz Cup

USオープンシリーズ2戦目突入です。ちなみにここ優勝した人もやっぱりベンツをもらえるのかな。大会名からしてそうなりそうだ。しかしロスか…大都会だな…。あぁ~あぁぁぁぁ~~~はってっしぃ~ない~~ゆぅめを~…失礼。あっリアルで聴いてたわけじゃありません。なつメロでよく出てきますので、覚えちゃいました。

先週は地元のジネプリが心身ともに充実したテニスで見事優勝しました。これに同じアメリカ人が刺激されないはずはありません。今日はキムさんとゴールドスタインの2人のアメリカ勢ががんばりましたよ。

まさに先々週そのジネプリと一緒に練習をしていたというキムさん、今日はほんとに先週のジネプリパート2かと思わせるようなすごいタフな試合を勝ち抜きました。カールセンと、1、2セットをそれぞれお互いタイブレークでとりあいファイナルセット突入。2人ともサーブがあまり調子よくなかったようで、試合全体で9回もブレイクがありました。

ファイナルセット、先に流れをつかんだのはカールセン、サービスブレイクに成功して3-0と一気に優位にたちます。しかし、キムさんがそこから粘ります。第5ゲームでブレイクバック成功、さらに第7ゲームに逆転のブレイクに成功し、最後は自分のサービスをきっちり締めて、長かった試合を勝利で終えました。

「大事なとこでブレイクできたのはラッキーだったね。サーブの確率が低かったから、ずいぶんきつかった。それが彼(カールセン)にチャンスを与えることになってしまったし。なんとかがんばりぬくしかなかった。」。それができましたね。

お次はインディアナポリスでもベスト8まですすんだゴールドスタイン。今回はWCをもらってのこちらは、ソルニエに対してストレートでの勝利です。第1セットではたった1回きた第5ゲームでのブレイクチャンスを見事ものにしました。たった1ポイント、されど1ポイント、第1セット先取に結びついた大きなポイントとなりました。

第2セットに入ると、たたみかけるようにゴールドスタインがオープニングゲームでまたサービスブレイクに成功し、一気に勝負を決めにかかります。しかしソルニエ君もふんばって第6ゲームブレイクバックしますが、やはり第1セットとって精神的にも勢いがついていたのか、ゴールドスタインが第9ゲームでまたブレイクに成功、つきはなして試合を決めました。ゴールドスタインは、1stサーブの確率は59%しかなかったのに、サーブしたとき(2ndも含むのかな)のポイントは69%の確率でとれたそうです。

ゴールドスタインは先週のインディアナポリスのほかにもニューポートでもなかなか調子よかったです。それにはある理由がありました。「結婚1周年を迎えたばかりなんだ。だから、胸をはって、この好調さはワイフのおかげだと言えるよ」。なるほどね…。そういえば、じゃこ君(ニミネン)も最近結婚したばかりなんじゃなかったっけ。だからあんなにバッタバッタと強い人を負かしてしまっていたのか…んで、去年末結婚したルビも翌年初め絶好調でした。自分のためにがんばるのはもちろんだけど、愛する人のために、と思うと、もっとがんばれる、その気持ちはとてもよくわかります。

デ杯2回戦を欠場したグロージャンが久しぶりにツアーに戻ってきましたね。しかし1回戦負けしてしまいました。ん~復帰明けというのは実戦が不足している分やはりなかなか厳しいね…。そして、…ああ~っ、マリオ君まで…がっくり。スリシャパン、不調だと思っていたのに…でもインディアナポリスではちょっと元気を取り戻していたような。しかし今度はマリオ君が心配になってしまった。やはりスーパーマリオはまだまだ先かなぁ…。そして、サビエル君は韓国のリーを破って2回戦進出です。

チェラは、若いバグダティスに先輩の意地をみせてなんとかフルセットで勝ちましたね。第1セットタイブレでとられた後、よくがんばりました。このバグダティスは、キプロス島の選手。ATPの1000人以上いる登録選手の中で、キプロスの選手って、たった2人しかいないのね!そのうちこのバグダティスが現在70位代でがんばっている。こりゃ応援したくなっちゃうね。あーでも負けちゃったのか…。全豪でロジェ君と対戦してたときは毛むくじゃらっていう印象があったんだけど(笑)、クイーンズでは結構すっきりしてましたね。今回はどうかな。

試合結果 1回戦
Paradorn Srichaphan(THA) 7-6(4) 6-7(4) 6-2 ⑥Mario Ancic(CRO)
Ricardo Mello(BRA) 1-6 6-2 6-3 ⑦Sebastien Grosjean(FRA)
Paul Goldstein(USA) 6-4 6-4 Cyril Saulnier(FRA)
Kevin Kim(USA) 7-6(2) 6-7(3) 6-4 Kenneth Carlsen(DEN)
Juan Ignacio Chela(ARG) 6-7(7) 6-3 6-4 Marcos Baghdatis(CYP)
Xavier Malisse(BEL) 6-3 6-4 Hyung-Taik Lee(KOR)


関連記事
Americans Goldstein, Kim Advance in L.A. (ATP official)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。