Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スペイン人大暴れ -ウマグ 7/26
2005年07月27日 (水) | 編集 |
トミーボーイ in ウマグ

Tommy Robredo

@Yahoo!sport


Croatia Open Umag

たとえナダル君がいなくても、このウマグには今回12人のスペイン人が参加しています。32分の12…3分の1強か。スペイン率0.375です(笑)。相変わらず多いなぁ…みんなクレー大好きなのね。USオープンシリーズに出る人が一人くらいいないのかなぁ(笑)。

そのスペイン人の中で今大会ではNo.1となるロブレド君が1回戦登場。今年はエストリルの決勝進出が最高。しかしRGではサフィンを破ってベスト8に進出する活躍もみせており、トップ選手としての存在感は十分。今日の相手は、これまた存在感抜群のグーガでした。グーガの復活が心待ちなところですが、今日もまた、ロブレド君がストレートでグーガの2回戦進出を阻みました。グーガ、相手が悪かったね…。

しかし私は、ロブレド君はハードでのほうがいいイメージを持っているんだけど。もちろんスペイン人だからクレーが得意だろうけど、他のスペイン人選手よりかは、比較的ハードでよくやっているんじゃないかなあという気がするんですけど。違うのかな。まとにかく、今回は得意のクレーで今度こそタイトルを狙いたいところです。

そのロブレド君が次に対戦するのは、セルビア・モンテネグロの、相変わらず読み方がわからないTipsarevic。ティプサレビッチ、でいいのかな。書きづらい。今日のTipsarevicは、ベルギーのノーマンに、なんと串刺し勝利です。2タコ串刺しは今季ATPで早くも4度目。こりゃTipsarevicさい先がいいね。先週はプエルタ君に初戦で玉砕してしまっていましたが、ウィンブルドンでは3回戦まで進んでいます。そして今日の串刺し。第3シードに挑戦する準備は整いました。

ランキングは劣っていても存在感、人気では上回っていると思われるフェレロ。今日はちょっと不気味なじゃこ君との対戦でしたが、なんとじゃこ君が胃腸の調子を崩してしまい途中リタイア。労せず2回戦進出となりました。多少の気候の違いはあれ、北半球は真夏。暑さのせいか、体調を崩してしまう選手が多くみられています。

フェレロは、過去2戦、いずれも優勝した選手に退けられています。ウィンブルドンのロジェ君、そしてバスタドのナダル君。ということは、フェレロに勝った選手が優勝、という図式が…こりゃコリア、チャンス!(笑)。ましかし、負けてしまうかもしれないが…。フェレロとしたら、優勝した選手に負けたのだから、準優勝と同じ、と考えたいとこだね(そうか?)。裏を返せば、自分が負けなければ誰も優勝できない、と考えることもできる。今回こそ、そうしたいとこだね。

先週のシュトゥットガルト、先々週のグスタドとあまりいいところのなかったフェレル君ですが、今日は難敵スタラーチェをフルセットで苦しみながらも退けました。そしてそんなフェレル君と次に対戦するのは、これまたスペイン人。ビセンテが予選から勝ち上がってきたIonitaを下し、同国対決を実現しました。

そしてスペインといった忘れちゃいけませんこの人を。モヤちんです。怪我もあり今年不振のモヤちんだけども、今日はチェコのウリラックを無事に退けました。というかウリラックがリタイア。とりあえずフェレル君と対戦するまでは負けないでね、モヤちん。しかしフェレル君はそうすると3連続スペイン人との対決か。

スペイン人がまだまだ続きます。熊男マンティーラも今日は勝ちました。ナダル君の欠場によりLLで入ったイギリスのMackinに快勝です。そして、私がひそかに注目しているG-ロペス君も、こちらはスペイン対決になりましたが、勝ちました。ロペス君はグラスでずいぶんがんばっていましたね。しかしやはり一番好きなのはクレーでしょう。水に戻った魚が大暴れしてくれるかな。

同国対決を除くと唯一負けたスペイン人が、こちら。カタトラバは18才になったばかりのジョコビッチに負けてしまいました。このジョコビッチもセルビア・モンテネグロの選手。最近この国の選手よく目にしますね。女子でイバノビッチが有名だけど、男子もなかなかいい選手がたくさんいるようです。その中でもこのジョコビッチは、若いということもあるし期待の一人。あと数年したらこのセルビア・モンテネグロがデ杯でWGに入って活躍する日がくるかもしれないよ。

というわけで、今日はスペイン人が大活躍でした。9つの勝利のうち7つがスペイン人だもん。しかも同国対決もあったしね。それに割って入れるか、コリア。そしてセルビア勢。ところで今回はナダル君があっさり帰っちゃったけど、スペインの記者はどうしてるのかな。こんなにみんながんばってるんだから、残ってしっかり取材して欲しいね。じゃないとまたフェレロに怒られちゃうよ。ランキングの低い地味な選手は、いい活躍をしていても他の国のメディアは気づきにくいもの。そういう選手に光を当てて外の世界に啓蒙するのも、地元メディアの大切な仕事です。

試合結果 1回戦
③Tommy Robredo(ESP) 6-4 6-4 Gustavo Kuerten(BRA)
④David Ferrer(ESP) 6-3 3-6 6-2 Potito Starace(ITA)
⑥Carlos Moya(ESP) 6-2 ret. Bohdan Ulihrach(CZE)
⑦Juan Carlos Ferrero(ESP) 6-0 3-1 ret. Jarkko Nieminen(FIN)
Fernando Vicente(ESP) 6-2 6-2 Victor Ionita(ROM)
Guillermo Garcia-Lopez(ESP) 6-2 6-2 Oscar Hernandez(ESP)
Janko Tipsarevic(SCG) 6-0 6-0 Dick Norman(BEL)
Novak Djokovic(SCG) 6-3 6-4 Alex Calatrava(ESP)
Felix Mantilla(ESP) 6-2 6-1 Alan Mackin


関連記事
Robredo Stops Guga Return; Spaniards Overrun First Round(ATP official)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。